両親が嫌いで家族から孤立してしまった29歳の男。親孝行したいけど勇気がない


テレフォン人生相談 2016年5月11日水曜日

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 三石由起子(作家・翻訳家・三石メソッド主催)

相談者: 家族から孤立する派遣社員の男29歳 癌を患う父54歳 同い年の母 弟23歳 4人暮らし

スポンサードリンク

柴田理恵:
もしもしい?
テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願い致します。

柴田理恵:
はい。
今日はどんなご相談ですか?

相談者:
自分の、

柴田理恵:
はい

相談者:
不安症だったり、

柴田理恵:
はい

相談者:
人を信用できない、

柴田理恵:
うん

相談者:
性格と、

柴田理恵:
はい

相談者:
あとは家族関係がちょっと、悪いので、

柴田理恵:
うん

相談者:
それの、修復の、仕方を教えていただきたいなあと思いまして。

柴田理恵:
はい、分かりました。
あの、まずじゃ、あなたは、何歳ですか?

相談者:
えー、29歳です。

柴田理恵:
29歳、はい。
えっと、ご結婚なさってますか?

相談者:
独身です。

柴田理恵:
はい。
えっとお、お1人暮らし?じゃなくて、ご家族と一緒に・・

相談者:
実家ですね、はい。

柴田理恵:
実家?はい。
お父さんおいくつですか?

相談者:
54歳です。

柴田理恵:
54歳。
お母さんは?

相談者:
54歳です。

柴田理恵:
あ、同い年の、

相談者:
はい

柴田理恵:
ご夫婦なんですね?

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
はい。
あと、ご兄弟、とかも、いらっしゃいますか?

相談者:
えー、弟が、1人いますね。

柴田理恵:
あ、おいくつ?

相談者:
23歳です。

柴田理恵:
23歳。
はあ、そうですか。

相談者:
はい

柴田理恵:
え、えっと、今あなたお仕事は、どんなことなさってるんですか?

相談者:
えー、今、派遣社員で、働いてます。

柴田理恵:
ああ、そうですか。

相談者:
はい

柴田理恵:
不安症っていうのは、一体どういう、あれなんでしょうか?

相談者:
んー、やっぱり、仕事もそうですけど、やっぱり、派遣ていうだけで、

柴田理恵:
ええ

相談者:
ちょっと、仕事してても、

柴田理恵:
うん

相談者:
ちょっと、正社員ではないので、

柴田理恵:
はい

相談者:
常に不安ですし、やっぱり。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
あとは、ちょっと、何をやるにしても、ちょっと無気力な、

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
状態が、ちょっと最近続いちゃってるんで、

柴田理恵:
はあはあはあはあ。
もしね?ご病気だったらば、

相談者:
はい

柴田理恵:
お医者さんに、行かれた方が良いかな?と思うんですけども、

相談者:
はい

柴田理恵:
お医者さんには行ってらっしゃいますか?

相談者:
あ、過去に、行きました。

柴田理恵:
はい。
その時はどういう、治療というか病名というか?

相談者:
一種の鬱病で、

柴田理恵:
はい

相談者:
一応、薬で治療したんですけども、

柴田理恵:
ああ、はいはい

相談者:
その時は何となくこう、自分の中で治った感じがしたんで、

柴田理恵:
うんうん

相談者:
まあ、3か月ぐらい通院して、

柴田理恵:
うん

相談者:
それからは行ってないんですけども。

柴田理恵:
うん、あのお、あれですか?
それって、おいくつぐらいの時なんですか?

相談者:
えー、3年、ぐらい前ですかね?

柴田理恵:
ええ、そうか、それじゃ、その、時の鬱の症状と、ちょっと今、似てる感じですか?

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
うーん

相談者:
はい

柴田理恵:
お医者さんには、かかられました?

相談者:
いえ、行ってません。

柴田理恵:
行ってない?はいはい。
んー・・

相談者:
あと、どうしても人を、

柴田理恵:
うん

相談者:
疑っちゃうんで、

柴田理恵:
はい

相談者:
なかなかこう、裏の裏を読んで、信用できないんですよね。

柴田理恵:
ああ・・
えと、先程あの、家族関係、が、ちょっと良くないって、

相談者:
はい

柴田理恵:
おっしゃってたのは、どういうことなんでしょうか?具体的に。

相談者:
ま、十数年、ちょっと、口を利いてなくて。

柴田理恵:
だ、誰と?

相談者:
僕とみんながです。

柴田理恵:
ああー!
十数年って長いですね?

相談者:
ええ

柴田理恵:
じゃ・・

相談者:
ま、他のみんなは、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、仲良くやってるんですけど、僕だけ、ちょっと・・

柴田理恵:
えっと、他のみんなってことは、弟さんもまだご実家にいらっしゃるってことなんですね?

相談者:
そうですね、はい。

柴田理恵:
ああ、はあ、はあ。
十数年って、つまり高校生ぐらいの時からですか?

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
何があったんですか?

相談者:
ちょっと僕が、幼稚園ぐらいの時に、

柴田理恵:
うん

相談者:
ちょっと両親の、喧嘩が、酷くて、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、父親がちょっと、お酒飲んで、

柴田理恵:
うん

相談者:
母親に手出したり、

柴田理恵:
うん

相談者:
まあ、家の、物を、壊したり暴れたり、

柴田理恵:
うん

相談者:
するのが結構、毎日のようにあって。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
ま、それは、ちょっと、当時まだ、小さかったんで、

柴田理恵:
はい

相談者:
ん、ちょっと毎日のように、怯えていたんですけども。

柴田理恵:
はい、はい

相談者:
ま、それがちょっと、未だに、忘れられなくて。

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、ちょっと正直、父親のことも、少しまだ、んー、ま、恨んでるというか、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
好きになれないん、

柴田理恵:
うん

相談者:
ですよね。

柴田理恵:
うんうんうん。
お母さんは?
だって、お母さんの、味方になるんじゃないんですか?

相談者:
最初はそうだったんですけども、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
まあ、自分も、大きくなるにつれ、

柴田理恵:
うん

相談者:
「母親もどうして、こんな人と、いつまでも一緒に、いるんだろう?」って。
母親も今度、嫌いになってきちゃったんですよ。

柴田理恵:
はあー。
弟さんとも喋らないんですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
弟さんは何で?
だって、別にその、トラウマ、ではない、ですよね?

相談者:
はいはい

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、タイミングう、が、ちょっとなかなか、分からなくて。
どういう風に、家族の、間に、自分が、入っていく、か?とか。

柴田理恵:
うーん、うん・・

相談者:
ま、きっかけもちょっと・・

柴田理恵:
うーん

相談者:
んー、まあ、2年前に、それに父親が、

柴田理恵:
うん

相談者:
病気で癌になったんですけども、

柴田理恵:
ああ、はい

相談者:
ま、「それがきっかけで、自分の中でも、」

柴田理恵:
うん

相談者:
「何か変わるかな?」と思ったんですけども、

柴田理恵:
うん

相談者:
やっぱりそれでもちょっと、変わらなかったんで。

柴田理恵:
ふうん。
あの、例えばね?
家族のひ、人、あなたが喋らなくても、

相談者:
はい

柴田理恵:
その、みんなから話しかけてくると思うんですよ。

相談者:
はい

柴田理恵:
そういう風にはして・・

相談者:
最初は、

柴田理恵:
うん

相談者:
はい、最初は話しかけて、きてくれました。

柴田理恵:
はい

相談者:
ただやっぱり自分が、そこで、嫌な顔をしちゃうんで。

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、あとは家族は、気遣って多分、そっとしといてくれてると思うんですけど。

柴田理恵:
あー、あなたあ、は、全然喋らなくて平気なんですか?

相談者:
いや、やっぱり、もう親も歳なんで、

柴田理恵:
うん

相談者:
心の中では、もう、ま、父親も、

柴田理恵:
うん

相談者:
病気になっちゃっ、たんで、

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
親孝行したいっていう気持ちはあるんですけども。

柴田理恵:
あ、あるんですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
うんうん

相談者:
あの、多分、このままだとほんと、父親が亡くなった後に後悔しそうな感じなんで、

柴田理恵:
うんうんうん

相談者:
もう生きてる間に、

柴田理恵:
うん

相談者:
ちゃんと、修復して。

柴田理恵:
ふうーん

相談者:
ええ。
ただその勇気が、

柴田理恵:
うん

相談者:
なくてですね、僕に。

柴田理恵:
うん、うん

相談者:
・・

柴田理恵:
うーん。
お食事とかは、どういう風に、してらっしゃるんですか?

相談者:
食事はま、

柴田理恵:
うん

相談者:
みんな仕事してるんで、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、そろって食事することが、まあ、週にあっても、1、2回で、

柴田理恵:
うん

相談者:
あとはもう、みんな時間が違うんで、

柴田理恵:
うんうん

相談者:
ま、一人ひとり、食べてる感じですね。

柴田理恵:
ふうん、じゃ、その、週に、揃って、い、1、2回の時に、は、一緒にご飯は食べるんですか?

相談者:
いや、そこには僕は、参加してないです。

柴田理恵:
参加してないのか。

相談者:
はい

柴田理恵:
うーん、そこから始めれば、いいのに。

相談者:
はい

柴田理恵:
黙ってでも。

相談者:
はい

柴田理恵:
黙っててでも、一緒にご飯食べるっていうだけで、変わってくるんじゃないんですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
うーん、勇気なかなか、最初っから急にね?

相談者:
はい

柴田理恵:
仲良く、できないけど、そんな気持ちがあれば、いけるんじゃないのかなあー?なんて思いますけれども。

相談者:
はい、はい、はい

柴田理恵:
うーん。
じゃあ、ちょっと回答の、先生に聞いてみますかね?

相談者:
はい、お願い致します。

柴田理恵:
はい。
えー、今日の先生は、三石メソッド主催、作家で翻訳家の、三石由起子先生です。

相談者:
はい

柴田理恵:
お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


両親が嫌いで家族から孤立してしまった29歳の男。親孝行したいけど勇気がない」への1件のフィードバック

  1. ウルヴェさんに見習って欲しい。「先ずは、日記にその日あった楽しかったことや嬉しかったことを書きます…」ってなりそうだから。
    解決の方向性をしっかり提示してからでなければ、それが素晴らしい方法論だったとしても納得しづらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。