離婚後も同じ屋根の下。私に尽くしてくれた自分のアソコにナニ塗る夫に結婚して欲しい


テレフォン人生相談 2016年6月7日 火曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女65才 元夫63才 2、3ヵ月前に離婚したが同じ家屋に住んでいる

スポンサードリンク

今井通子:
もしもし?
テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、すいません、お願いしまあ、す。

今井通子:
はい、今日はどういったご相談ですか?

相談者:
あのお・・・離婚をしたものの、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、向こうの女性と、はっきりしないんで、わたしと方、としては、結婚して欲しいっていう意思があるんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
あの、元わたし達は夫婦なんですけれども、あの、主人が車を持って行ったら、あのお、ま、引っ越しの時にヘアピン落としてみたりい、あの、傘が、あの、プラスしてあったりい、っていう事を、少しずつ見え始めて来たんです。

今井通子:
はい

相談者:
そして、その・・それを、彼女が、引っ越して来た時にも、やっぱり、あの、ん・・金槌とか、あの、ゴミ袋とか、全部、家(うち)のもんを持ってかえ・・行って、その余りを持って帰るんです。

今井通子:
・・・

相談者:
ほいて、あの、「これも直した」「これも直した」っていうふうに、すべて、全部を並べて行くんです。釘とか、並べてくれるから、わたしは気になって、あのお、「夫婦として、そんな事は、あの、隠すべきじゃないか」って言うたんです。ものを、ものを。

今井通子:
あ、元々は、

相談者:
隠して、

今井通子:
あなたが結婚されていたご主人・・

相談者:
はい、そうなんです。

今井通子:
が、彼女が出来たんですね?

相談者:
そうなんです。

今井通子:
はい

相談者:
そして、

今井通子:
それで、えー・・

相談者:
その・・

今井通子:
彼女が出来たという事で、離婚されたわけね?あなたが。

相談者:
はい、わたしは読み取ったから、離婚したな、しました。

今井通子:
うん。
で、離婚をしたんだけどお、

相談者:
うん

今井通子:
その「結婚して下さい」っていうのは、どういう事?

相談者:
・・あの、そんなに、あの、す、あのお、車貸したら、アッシーくんになって、そして、あのお、何て言うの、傘、傘を余分に置いてたり、ヘアピンを並べてみたり、あの、釘を並べてみたりするから、それで離婚した。
そして、あの、今でも、それが続いてるんです。

今井通子:
あ、続いてるっていうのは、何?
離婚したけど、一緒にあなた住んでらっしゃるの?

相談者:
そうなんです。
2階と下で、過ごしています。

今井通子:
んお、なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
えー、まずあなたおいくつ?

相談者:
65・・才です。

今井通子:
65才。

相談者:
はい

今井通子:
ご主人は?

相談者:
63です。

今井通子:
63才。

相談者:
はい

今井通子:
えー、離婚されたのは、い、何年前、もしくは、何ヵ月前ぐらいですか?

相談者:
そうですね、2、3ヵ月前です。

今井通子:
その離婚の時は、どういうふうな感じでした?

相談者:
あのお、

今井通子:
ご主人とあなたで話し合ったの?

相談者:
はい

今井通子:
うん

相談者:
そうなんです。
話し合って、

今井通子:
うん

相談者:
わたしの方から、あのお、「離婚してあげるけん、一緒になったら良いんじゃないの?こんなに、あの、物事見せつけられたら、わたしも辛いから、自分の好きな通り、やってみて下さい」っていう感じで、言いまし・・はい

今井通子:
なるほど、話し合って、離婚は、あなたの方から、言い、言い出した?

相談者:
はい

今井通子:
で、ご主人は、二つ返事でOK?

相談者:
オッケーだったんです。
その時には。

今井通子:
うん、オッケーだったの、はい。
で、にも関わらず、あなたとお、ご主人は、元ご主人ですが、

相談者:
はい

今井通子:
元ご主人は、えーと、1階と?2階に分かれて?

相談者:
はい

今井通子:
同じ、家屋の中で住んでらっしゃるの?今。

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
で、そこは、借り家ですか?それとも、ご自身の持ち家?

相談者:
持ち家です。

今井通子:
で、あのお、離婚の時は、どういう条件で離婚したんですか?
あなたが、出て行くの?
それとも、ご主人が出て行くの?

相談者:
その時には、ま、言い出したわたしの方が、出て行くべきかな?って思ったんです。

今井通子:
思っただけで、

相談者:
はい

今井通子:
「出て行く」とは、言ってないのね?

相談者:
「出て行く」とは言ってないです。

今井通子:
うん

相談者:
「ちょっと待ってくれ」っていう事で、

今井通子:
うん

相談者:
今の状態が続いてます。

今井通子:
はい。
それで、うんー、ご主人は、今でもお、相手はよく分かんないんですが、Aさんとしましょう。

相談者:
はい

今井通子:
Aさんと、付き合ってんですか?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
・・でえ、「いずれ、結婚する気だ」と言っているの?ご主人が。

相談者:
それは、濁して言わないんです。

今井通子:
あ、言ってないのね?

相談者:
言ってないんだけれども、あのお・・突き詰めると、

今井通子:
結婚する気はないかもしれないよね?そうすると。

相談者:
だけど、「俺は女がいるんだ」っていうような事を、・・あのお、見せつけるから・・

今井通子:
いや、「女が居るんだ」って言っても、もう離婚しちゃったんだから、結局、その人がいようがいまいが、関係ないですよね?

相談者:
ああ、そうやって、い、言われたら、そうなんですけれども。

今井通子:
そうですね。

相談者:
はい

今井通子:
それで、えーっとお、あなたが、

相談者:
はい

今井通子:
今日じゃあ、ご相談になりたい事は何ですか?

相談者:
あのお、元主人の方が、

今井通子:
ええ、

相談者:
あの、「出て行こう」って言わないんです。

今井通子:
うん、出て行こうっていうのは?

相談者:
出て行こう、女の人が・・

今井通子:
だって、あなたが出て行こうと・・う、うん?

相談者:
女の人のところに行ってもらって、

今井通子:
うん

相談者:
結婚してもらったら、あのお、それで済む事なんですけれども、言わないから、自分で、これを、どうやって切り抜けて行こうかなっていうのが本音です。

今井通子:
うん、要するにい、ご主人は、

相談者:
はい

今井通子:
その女の人のところに、行く、

相談者:
うん

今井通子:
もしくは、「その女の人と結婚する」とは一度も言ってない訳でしょ?

相談者:
そうなんです。

今井通子:
うん

相談者:
だけど、並べてくれるから・・行かないで・・

今井通子:
いや、あなたが離婚をしちゃったけれどもお、

相談者:
うん

今井通子:
ご主人としては、離婚する気もなかったかもしれないですよね?(笑)
ちょっと浮気してただけかもね?

相談者:
うー、そう・・そう言われ・・

今井通子:
じゃ、じょ、「自分には女性が居るんだ、女性が居るんだ」という事をお、

相談者:
あん

今井通子:
うん、あなたに一生懸命言ってえ、

相談者:
うん

今井通子:
あなたに振り向いて貰いたかったのかもしれないですねえ、えへ(笑)

相談者:
そんな事ってありい、えるんですかねえ?気持ちの上で。

今井通子:
もしくは、本当にご主人に、女の人居るの?

相談者:
居るの。
会社にいられ、い、おられるんで、い、居るんです。
あの、

今井通子:
そうするとあなたとしては、今日はどういうご相談なんですか?

相談者:
あの、やっぱり、自分としては結婚して欲しいんです、その女性の方と。

今井通子:
・・・

相談者:
それは、先生が、「いかん」って言うけど、結婚して欲しい方向に持って行きたいんです。

今井通子:
うん、ダメとは言ってないですけど(笑)

相談者:
ああ、

今井通子:
要するに(笑)何ですか?

相談者:
(笑)

今井通子:
その、えーっと、ご主人にい、

相談者:
うん

今井通子:
離婚した以上お、

相談者:
うん

今井通子:
彼女と結婚して欲しい、どうしたら良いでしょう?

相談者:
それが、じょう・・

今井通子:
っていうのが、

相談者:
そうなんです。

今井通子:
ご質問?

相談者:
そうなんです。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、弁護士のお、坂井眞先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います(苦笑)
先生、よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。