腹を叩き流産を望んだ長男は障害児。施設に預けて6年後に引き取ったけど可愛くない


テレフォン人生相談 2016年6月14日 火曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(作家・翻訳家・三石メソッド主催)

相談者: 女32歳 一年前に離婚し、2人の息子(7歳小1と4歳)と3人暮らし

スポンサードリンク


今井通子:
もしもしい?
テレフォン人生相談です。

相談者:
もしもしい?

今井通子:
はい

相談者:
よろしくお願い致します。

今井通子:
はい、今日はどういったご相談ですか?

相談者:
えっとお、長男との接し方について、お伺いしたくて、

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
あなたはおいくつ?

相談者:
うんと、32才です。

今井通子:
32才。
ご主人は?

相談者:
は、離婚しました。

今井通子:
離婚された?

相談者:
はい

今井通子:
えーっと、そうすると、離婚されたのは、何年前?

相談者:
は、去年だったと思います。
1年・・

今井通子:
1年前。

相談者:
はい

今井通子:
はい。
で、お子さんは・・・男のお子さん?

相談者:
はい、男の子2人で、

今井通子:
はい

相談者:
7才と4才です。

今井通子:
7才と、4才。

相談者:
はい、上の子は、えっと生まれえ、て、すぐに、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、ま、別れた夫があ、

今井通子:
はい

相談者:
ま、お腹の中に居る時からなんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、やっぱりその、経済的い、にも困難で、

今井通子:
はい

相談者:
あの「育てたくない」と、

今井通子:
はい

相談者:
いう事をお・・言ってて、

今井通子:
はい

相談者:
で、あのお、産まれたあ、のと同時にい、

今井通子:
はい

相談者:
あの、もう、施設に、預けてしまったんです。

今井通子:
はい

相談者:
はい、で、それで、面会もないままあ、

今井通子:
はい

相談者:
もう、ずっと、来てたんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
で、あのお、まず、離婚が成立して、

今井通子:
はい

相談者:
小学校に上がるう、時にい、

今井通子:
はい

相談者:
引き取って、一緒に暮らし始めたんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
やっぱり、丸6年間、7ね、年間?
やっぱり知らない時代があって、

今井通子:
うーん

相談者:
なのでえ、やっぱり、1つも、こう、可愛いっていう感情が、全く芽生えなくて。
で、下の子もいるんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
下の子の場合は、あのお、お腹の中に居る時い、から、

今井通子:
はい

相談者:
夫も、ま、わたしに休むように言ってくれたりとか、産まれて来るう、の、こう楽しみにしていたような、感じもあって、

今井通子:
はい

相談者:
なので、やっぱり下の子お、にはあ、産まれてからも、ずっと一緒に居るので、可愛いっていう思いい、でしか無いんですけれども、

今井通子:
で、ご主人との離婚の原因は何でした?

相談者:
は、夫のDVです。

今井通子:
あー、はい

相談者:
はい

今井通子:
で、お2人お子さんいらして、1人で育ててらして、

相談者:
はい

今井通子:
結構、大変だと思うんだけど、お仕事されてます?

相談者:
はい、パートで働いてます。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
で、4才のお子さんは、保育園かどっか行ってる?

相談者:
あ、保育園に通ってます。

今井通子:
保育園に行ってますね?

相談者:
はい

今井通子:
でえ、7才のお子さんは、学校に、

相談者:
はい

今井通子:
行った帰りは、ご自身でしてるの?

相談者:
学校からは、あと1人で、ってか友達とかと・・はい

今井通子:
すと、帰宅した後、なんですけど、

相談者:
はい

今井通子:
まず、夕食は?
あなたが作ってる?

相談者:
あ、そうです、はい。

今井通子:
そういう時の会話は?

相談者:
あのお、こう「学校でこんな事あったよ」とかあ、

今井通子:
うん

相談者:
まず、色んな事は、話してはくれえ、てます。

今井通子:
ああ、話してくれるの?、はい

相談者:
はい、ただ、それ・・はい

今井通子:
そうすると、長男の方の方は、お母さんだと思っているわけね?

相談者:
はい、段々、やっぱりその家族っていうのが、分かって来たあ、ようでえ、

今井通子:
うん

相談者:
あのお、今まで、やっぱり施設に居たので、家族っていう事自体が分からあ、なくて、

今井通子:
うん

相談者:
自分にとって、ママっていう存在が分かんない状態だったのがあ、

今井通子:
うん

相談者:
最初は出来なかったんですけどもお、やっぱ、下の子の真似してえ、

今井通子:
うん

相談者:
わたしに、こう抱き着いて来て、「ママ、大好き」とかあ、

今井通子:
うん

相談者:
言って来たリい、とかはするようには、なって来ました。

今井通子:
なるほどお。

相談者:
はい

今井通子:
だけれども、

相談者:
うん、それに対し・・てえ、

今井通子:
うん

相談者:
の、わたしの気持ちが、何かこう、いっこうに芽生えなくて、

今井通子:
うん

相談者:
施設にやってしまったのは、自分の責任だしい、

今井通子:
うん

相談者:
申し訳ない事したっていうのは、分かるんん、ですけども・・

今井通子:
うん

相談者:
なんかこう、お腹の中に居た時からあ、

今井通子:
うん

相談者:
・・何だろ、夫もDVい、してた人なので、

今井通子:
うん

相談者:
で、あのお、経済的にもちょっとな、っていう事もあって、

今井通子:
うん

相談者:
で、妊娠が分かれば怒られるっていうのも、あったので、

今井通子:
うん

相談者:
ずっと、隠してたんですよ、夫に妊娠したって事言えなくて、

今井通子:
なるほど、はい

相談者:
で、それで、ずっと、もう、ひたすらわたし、お腹を、叩いてたんです。上の子、居る時。

今井通子:
うん

相談者:
で、「もう、居なくなればいいのに」っていう思い、しか無くて、

今井通子:
うん

相談者:
健診になんて、あの、連れてってもらえなかったので。

今井通子:
うん

相談者:
出産の予定日がいつなのかも分からないし、

今井通子:
うん

相談者:
お腹の状態がどうなのかも、全く分からないままあ、でえ、出て来た、状態の、みど、お、もう、「8ヵ月ぐらいだろう」って、千ちょっとぐらいの、大きさだったんですけども、

今井通子:
あらあ・・・

相談者:
それで、あのお、片方の耳が、欠損してるう、んです。
障害い、者で生まれてしまって、

今井通子:
はい

相談者:
はい。
で、また、それえ、が、夫がまたそれ、気にくわなくて。
ただ、聞こええ・・

今井通子:
耳は聞こえるの?

相談者:
は、ほ、ま、ほぼ聞こえ・・てない?、その、無い方の耳から喋りかければあ、顔をちょっとぐるっと変えて、聞こえる方の耳から聞くような形なんです。

今井通子:
うーん

相談者:
ただ、片方の耳はあ、普通通りに聞こえてるので、普通の小学校にも行けてるんですけども、

今井通子:
はい・・す

相談者:
は、そういうのが、あるう、のでえ、

今井通子:

相談者:
なんか、今まで一つも可愛いと思わないい、でお腹の中に居て、そんで、出て来て、こんな状態でえ、ちょうど小学校に上がって、けじめだと思って、あの、児童相談所の方とかとも、相談して、引き取ったのは良いんですけどもお・・

今井通子:
これは、あなたがあ、

相談者:
はい

今井通子:
そのお、小学校、けじめだ、引き取ろうっていうふうに、自発的に思われたの?

相談者:
はい・・思いはありました。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
で、引き取ってみたところお、

相談者:
#$%□

今井通子:
下のお子さんの方しか可愛くなくて、

相談者:
はい

今井通子:
どうやって対応したらいいのかが分からない?

相談者:
はい

今井通子:
他には、なんかどっか、障害ある?

相談者:
あとは、やっぱりその、耳がないい、せいで、

今井通子:
うん

相談者:
ちょっと、顔の歪みがあって、

今井通子:
ああ、

相談者:
ちょっと、見た目え、で、片っぽの、ほっぺたが、こう、ふっくらしてるけどもお、片っぽはこう、吊り上がったような感じですかね。

今井通子:
うーん・・・
まあ、あのお、大きくなって気になるようだったら、せ、形成手術とか、いくらでもあるしね。

相談者:
はい

今井通子:
はい、それで、今日のご相談が、

相談者:
はい

今井通子:
お子さんが可愛くない。

相談者:
・・はい

今井通子:
うん

相談者:
子どもは、頑張ってこう、わたしに着いて来ようとしてる・・

今井通子:
うーん・・うん

相談者:
っていうかあ、わたしがこう、いくら怒ったあ、としてもお、

今井通子:
うん

相談者:
家族になろうとしてるっていうのは、分かるんです。

今井通子:
うん

相談者:
できないなりにも、話を聞こうとしてくれてるなっていう、姿勢は段々こう、見えて来てるんですけども、

今井通子:
うん

相談者:
でも、なんかこう、下の子お、と同じようには、褒める事もできなければあ、

今井通子:
うん

相談者:
つっけんどんな、か、態度でし、か、接する事が出来なくて、

今井通子:
うん

相談者:
買い物をしててもお、

今井通子:
うん

相談者:
あ、下の子にこれ着せたいな、とか思っても、

今井通子:
うん

相談者:
こう、上の子の、分ん、は、「いいや、面倒くさいから買わなくていいや」とか、

今井通子:
うーん、うん

相談者:
これが何年か続いて、自分の気持ちが変わるのか・・
何か、全然変わるう、予感がしなくって、

今井通子:
うん

相談者:
どういうふうに、わたし接したらいいのかな?と思って、

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、三石メソッド主催で、作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので、伺ってみます。

相談者:
はい

今井通子:
先生、よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。