実家と夫とアタシ、三方よしのハズだった週末婚。火種を作った自覚のない女40歳


テレフォン人生相談 2016年6月23日 木曜日

パーソナリティ: 柴田理恵
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

相談者: 3姉妹の長女で再婚女40歳 次男の初婚夫50歳 結婚3年 7ヶ月の娘

スポンサードリンク

柴田理恵:
もしもしい?
テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、こんにちはあ。

柴田理恵:
こんにちは。
今日は、どんなご相談ですかあ?

相談者:
あ、えー、今、週末婚をしていましてえ、

柴田理恵:
はい

相談者:
え、平日は、わたくしは実家で、

柴田理恵:
はい

相談者:
え、主人は持ち家に1人で暮らしておりますがあ、

柴田理恵:
ああ、はいはい

相談者:
えー、「半年後ぐらいから、主人と一緒に暮したい」というわたしの希望に、

柴田理恵:
あ、

相談者:
わたしの両親が、猛反対しておりましてえ、

柴田理恵:
ああ・・

相談者:
その事についてご相談ですう。

柴田理恵:
あ、はい。
えっと、今あなたはおいくつですか?

相談者:
はい、えー、わたくしは40才。

柴田理恵:
40才。

相談者:
えー、

柴田理恵:
はい

相談者:
主人が、50才。

柴田理恵:
はい、あ、50才。
はい。

相談者:
長女が、7ヵ月です。

柴田理恵:
あ、7ヵ月?
はい、分かりました。

相談者:
はい

柴田理恵:
結婚なさったんですよね?

相談者:
ええ、結婚は、

柴田理恵:

相談者:
3年前に結婚致しました。

柴田理恵:
結婚なさったけれども、

相談者:
はい

柴田理恵:
えっとお、何で御実家あ、に、今いらっしゃるんでしょうかね?

相談者:
え、えっとお、元々は、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたくしが、ま、む、えー、長女で、家業もあるという事で、婿取り希望を、

柴田理恵:
ああ・・・

相談者:
で、主人は、あのお、ま、次男なんですがあ、

柴田理恵:
うん

相談者:
1人暮らしで、既に持ち家もあるという事で、む、まあ、婿は、来れないという事だったんですけれども、

柴田理恵:
ああー、なるほど。

相談者:
ま、それでも、あのお、ま、2人結婚したいという事でえ、

柴田理恵:
はい

相談者:
えっと、平日は、わたくしが実家で家業を手伝いながらあ、

柴田理恵:
うーん

相談者:
あの、こちらに住んで、週末だけ夫の家に行くという事と、

柴田理恵:
うんうん

相談者:
あのお、結婚する際には、

柴田理恵:
うん

相談者:
主人の姓になりますが、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、主人が退職した際にはあ、

柴田理恵:
うん

相談者:
あのお、名字をわたくしの実家のお、姓に変えるという事などを、約束してえ、

柴田理恵:
うん

相談者:
あの、結婚を許してもらいました。

柴田理恵:
ああ、なるほど。

相談者:
はい

柴田理恵:
じゃ、その半年後に、いき・・

相談者:
ええ

柴田理恵:
普通に考えたら、

相談者:
ええ

柴田理恵:
何の問題もないような気がするんですけど、

相談者:
ええ、ええ

柴田理恵:
そのままの、

相談者:
ええ

柴田理恵:
ご主人と一緒に暮しても、

相談者:
ええ

柴田理恵:
その、今、ご長女さんで、

相談者:
ええ

柴田理恵:
家業をおつ、手伝ってらっしゃるんだったらば、

相談者:
ええ

柴田理恵:
そういう人、いっぱいいるんじゃないですか?

相談者:
そうです。

柴田理恵:
え、その、要するにお勤めを・・

相談者:
そうですね、ええ

柴田理恵:
実家でなさってて、

相談者:
ええ

柴田理恵:
お家が、

相談者:
でも、うーん、そうですね、

柴田理恵:
自分家っていうのは、

相談者:
半年後には、あの、

柴田理恵:
うん

相談者:
子どもも保育園に預けながら、

柴田理恵:
うんうん

相談者:
主人の家から、まあ、わたくしの家まで、ま、50分ほど掛りますけれども、

柴田理恵:
うんうーん

相談者:
ま、車で通いながら実家の事も、

柴田理恵:
うーん

相談者:
ま、家業の事も手伝いながら、

柴田理恵:
うーん

相談者:
両親の面倒も見て行きたいとは、

柴田理恵:
うんうん

相談者:
思っているんですけれども、

柴田理恵:
はいはい

相談者:
ま、そのお、話をですね、

柴田理恵:
うん

相談者:
両親に伝えましたところお、

柴田理恵:
うんうん

相談者:
ま、「当初との約束が違う」と、「筋が通らないし、ま、子どもの、顔を毎日見たいならあ、ま、わたくしの主人が、こちらで一緒に暮せば、良い」という事でえ、まあ、「孫育てを奪うのか」とか。
ま、「いつになったら楽をさせてもらえるのか」という事で、あのお、も、反対されております。

柴田理恵:
うーん。
わたし、言い、って良いですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
随分、理不尽な話だなって、

相談者:
ふー(笑)ふふふ・・

柴田理恵:
あのお、

相談者:
ええ・・

柴田理恵:
自分の娘え、を、何と思ってるんだろうって、

相談者:
あっ、

柴田理恵:
ちょっと思ったりしたんですけどお。

相談者:
そうですか。

柴田理恵:
その、娘の幸せ考えたら、その、旦那さんとお子さんと一緒に、

相談者:
ええ

柴田理恵:
住むのが当然だしい、

相談者:
ええ、ま、通常であれば、そのような考えが一般的かと思うんですけれども、

柴田理恵:
うん

相談者:
主人とは再婚なんですけれどもお、

柴田理恵:
あっ、えっと一度お、あなたは、

相談者:
え、そうですね。
ええ、離婚しておりますけども、

柴田理恵:
あの、ご結婚なさってて、再婚なさってる?

相談者:
ええ、そうです。

柴田理恵:
ご主人は?

相談者:
あ、わ、初婚です。

柴田理恵:
あ、初婚ですか?

相談者:
はい

柴田理恵:
はいはいはい、うん

相談者:
ええ、で、まあ、今までえ、ま、両親が言うには、「今まで、自分勝手して来たんだからあ」

柴田理恵:
うん

相談者:
「これからは、家のためえ、に、生きて行っても良いんじゃないか?」っていうような話で、

柴田理恵:
うーん

相談者:
ま、わたしも・・それで、ま、納得して今までえ、ま、罪滅ぼしのつもりで、

柴田理恵:
うーん

相談者:
家の事を手伝って来たような・・意識ではありました。

柴田理恵:
うん、あの、跡継ぎは、あなた以外にはいらっしゃらないわけですか?

相談者:
あの、ま、3人姉妹なんですけれどもお、

柴田理恵:
ああ、

相談者:
まあ、妹1人は、す、既に嫁いでおりますしい、

柴田理恵:
はい

相談者:
ま、もう1人の妹も、別に、ま、勤めがありまして、遠方に住んでおります。

柴田理恵:
ああ、なるほど。

相談者:
ええ

柴田理恵:
じゃ、「長女の・・勤めとして」

相談者:
ええ

柴田理恵:
「家を継ぎなさい」っていうことなんですね。

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
ああ・・・

相談者:
ま、出来れば、そうして行くのがわたしの希望でもあったんですけれども、

柴田理恵:
うんうんうんうん

相談者:
やはり、あのお、ま、子どもの事を考えましてえ、親子離れ離れ、では・・このあと、まあ、後悔するんじゃないかなっていう気持ちもあったので。

柴田理恵:
そうですね、

相談者:
子どものためにも、ええ・・

柴田理恵:
その日曜日だけしかお父さんと会わないっていうのも、

相談者:
そうですねえ、

柴田理恵:
なんかね、

相談者:
はい

柴田理恵:
寂しい話ですよね。

相談者:
ええ

柴田理恵:
うーん

相談者:
何か、もっと、こう、父親っていう感覚を、子どもにも知ってほしいなっていう希望はあるんですけれども。

柴田理恵:
その事は、

相談者:
ええ

柴田理恵:
娘、要するに、「娘さんにとって、お父さんっていう、ものは大事でしょ」っていう話は、ご両親にはなさいましたか?

相談者:
あ、ええ、そうしましたらあ、

柴田理恵:
うん

相談者:
ま、「それは、親のエゴだ」とかあ、
ま、「母親ぶるな」とかあ、

柴田理恵:
え?

相談者:
「そんなの子どもは分からない」とか、

柴田理恵:
「親のエゴ」っていうの、どっちの親のエゴなんだ?

相談者:
あ、あの、わたしたち・・

柴田理恵:
いや、逆じゃないですか?

相談者:
の・・

柴田理恵:
その、りょう、ご両親の方が、

相談者:
はは(笑)ふふ(笑)ええ・・

柴田理恵:
ジジババのエゴじゃないんですか?

相談者:
まあ、そう思うんですけれどもお、

柴田理恵:
うん

相談者:
もう、ホントに、そのように、言われてしまいましてえ、

柴田理恵:
うーん・・

相談者:
ええ・・まあ、わたしたち夫婦もお、まあ、あまり、争いを大きくしないで、丸く、こう、収めた形で、一緒に住めれば良いなと思って、ま、そこで、こう、感情的に反論したりとか、あんまりしないんですけれども。

柴田理恵:
あ、何かあ、凄くこう・・ご自分の、ご両親にい、

相談者:
ええ

柴田理恵:
遠慮なさってる感じがするんですけどお、

相談者:
ああ・・

柴田理恵:
・・何かあ・・例えば、経済的な援助をして頂いてるとか、なんか、

相談者:
えええ

柴田理恵:
過去に、何か、えらい失敗したとか、そういう何かあったりするんですか?

相談者:
あ、いいえ、あの、特にふ、普通に、極々普通、だと思うんですけれども、

柴田理恵:
普通ですか?

相談者:
えええ、ま、そ、そういった事で、ま、わたしの両親とお、話し合いを持っても、お互い、全く平行線で話しが折り合わなくて、ですねえ、

柴田理恵:
うーん

相談者:
「わたしたちの考えてる事が、間違ってるのかな?」なんて、主人とも話しながらあ、

柴田理恵:
ああ・・

相談者:
もう、半年ぐらい、ずっと悩んでるんですけれどもお、

柴田理恵:
うーん

相談者:
まあ、

柴田理恵:
結婚ん、を、親に許してもらうっていう事自体が、わたしおかしな話だなと思ってるんですけど、

相談者:
うーん、ま、普通でしたら、自分たちの意志で結婚できる年齢ではあるんですけれども、

柴田理恵:
そう、そうです。

相談者:
やはり、でも、両親ん、に、

柴田理恵:
うん

相談者:
今まで、こう、面倒見てもらった、っていう事も、

柴田理恵:
親孝行、うん

相談者:
あれば、やはり、そうですね。

柴田理恵:
もう一度、結婚許してえ、もらった条件を、

相談者:
ええ

柴田理恵:
言ってみて下さい。

相談者:
あ、あの、まず、平日は実家に居て、週末だけ、夫の家に行くという事とお、

柴田理恵:
うーん

相談者:
主人が退職した際には、

柴田理恵:
うん

相談者:
わたしの実家の、姓に変えるという事。

柴田理恵:
うーん

相談者:
ま、「子どもが、小学生になる前に、まあ、出来れば、姓は変えて欲しい」っていうような希望も、言われて、ま、それを約束に結婚を許してもらいました。

柴田理恵:
ほおー、なるほど。

相談者:
ええ、なので、まあ、「筋が、通らない」っていうような、話の一点張りでえ、ちょっと前に進めなくているんですけれども。

柴田理恵:
うーん。
お父さんお母さんとはあ、

相談者:
ええ

柴田理恵:
あのお、昔からよく色々お話なさってたんですか?
ま、そりゃ・・

相談者:
えっと、ま、そんなに、こう、よく話をする方ではないですけれども、

柴田理恵:
うーん

相談者:
まあ、何か、こう、問題があった時にはあ、

柴田理恵:
うーん

相談者:
色々話しては、来ましたけれども。

柴田理恵:
うん、そんな特別、こう、こう・・話もできない、あんまり心が通い合わない・・

相談者:
そうですね、ええ

柴田理恵:
あ、間柄でもないわけですよね?
うん

相談者:
そうですね。

柴田理恵:
旦那さんのお、

相談者:
ええ

柴田理恵:
ごしゅ、ご両親っていうのは・・うん

相談者:
あ、主人の父は、もう既に他界しておりましてえ、

柴田理恵:
はいはい

相談者:
義母は、もう、ま、高齢っていう事もあるんですけれども、

柴田理恵:
うんうんうんうん

相談者:
はい

柴田理恵:
では、ちょっと、先生に聞いてみますかね?

相談者:
はい、お願い致します。

柴田理恵:
はい、えー、今日の回答者の先生は、

相談者:
はい

柴田理恵:
幼児教育研究の、大原敬子先生です。
先生、よろしくお願いします。

相談者:
あ、お願い・・

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。