度重なる娘からの無心。22歳年上婿が脱サラして始めたコンビニは消費税も払えない


テレフォン人生相談 2016年6月24日 金曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女66才 夫72才 息子42才 3人暮らし
遠くで暮らす結婚10年の娘38才 コンビニ経営の婿60才

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?
テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いします。

今井通子:
はい、今日はどういったご相談ですか?

相談者:
えーっと、あの、娘からの、度々の、借金の申込みで、困ってますう。

今井通子:
あら。
まず、あなたは、おいくつ?

相談者:
えっと、66です。

今井通子:
66才。

相談者:
はい

今井通子:
ご主人いらっしゃいますか?

相談者:
はい、72才。

今井通子:
72才。

相談者:
はい

今井通子:
お子さまは、

相談者:
はい

今井通子:
そうすると、お嬢さんと?

相談者:
え、あとお、長男が家にいます。

今井通子:
ご長男の方が、

相談者:
うん

今井通子:
上ですか?下ですか?

相談者:
42才です。

今井通子:
42才。

相談者:
はい

今井通子:
そのお、借金をしようとしている(含み笑い)娘さんは?おいくつ?

相談者:
えっと、38です。

今井通子:
38才。

相談者:
はい

今井通子:
はい。
で、まず、ご長男は、独身でお家にいらっしゃるの?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
お嬢さんの方は?

相談者:
はい

今井通子:
外に出てるの?

相談者:
え、そうです。
あの、だいぶ、遠くで。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
ご結婚されてんですか?

相談者:
はい

今井通子:
ああ、なるほど。
お子さんもいらっしゃるの?、じゃ。

相談者:
いえ、子どもはいません。

今井通子:
えーっと、そうすると、お婿さんっていうか、

相談者:
え、あ

今井通子:
おいくつ?

相談者:
えっと、旦那さんですね?

今井通子:
ええ、旦那さん。

相談者:
えっと、60才です。

今井通子:
お嬢さんは38才?

相談者:
はい

今井通子:
で、そのお、ご主人は、60才?

相談者:
そうです。

今井通子:
ああ、なるほど。

相談者:
フッ・・

今井通子:
で、60才っていうと、ご主人の方が、もう定年なのかな?

相談者:
自営です。

今井通子:
あ、自営の方?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
あ、最初は、あのお、せ、サラリーマンでした。
あの、4、5年前に、自営をやって、

今井通子:
はい

相談者:
で、それで、お金が、足りなくなって、っていう感じみたいです。

今井通子:
あー・・ま、元々は会社に、

相談者:
はい

今井通子:
お勤めだったのに、

相談者:
はい

今井通子:
という事なんですかあ。

相談者:
はい

今井通子:
はーい、でえ、今やってらっしゃるお仕事が、順調じゃないって事?

相談者:
えーっと、お店はあ、普通なんでしょうけども、

今井通子:
はい

相談者:
なんか、消費税の季節になると、「消費税が払えない」とか、あのお、「督促状が来た」とか、「車のローンが払えない」とか。
なんか、そんなこんなで、今までえ、だいぶ・・・

今井通子:
うーん

相談者:
で、わたしも、あの、サラ金から借りられるとお、困ると思って、

今井通子:
ええ

相談者:
ま、何とかやり繰りして、あの、わたしの旦那と、

今井通子:
うん

相談者:
今までえ、送ってたんですけども、

今井通子:
そうすると、ちょっと待って。
まず、ご結婚何年目ぐらいなの?お嬢さんたちは。

相談者:
えっと、10年ぐらいです。

今井通子:
10年。

相談者:
はい

今井通子:
はい。
で、最初サラリーマンをやってらした頃は、

相談者:

今井通子:
そういう貸し借りっていうか、

相談者:
え、そんなのなかったです。

今井通子:
なかったのね?

相談者:
ええ

今井通子:
それが、じゃ、5年ぐらい?

相談者:
え、それ、お店え、や、始め出した・・

今井通子:
始める前・・ですね?

相談者:
え、え

今井通子:
だから、最初の5年間ぐらいは、大丈夫だったのね?

相談者:
ええ

今井通子:
それで、退職されてからあ、

相談者:
はい

今井通子:
その、お店を出されて、

相談者:
はい

今井通子:
これ、何関係のお店なんですか?

相談者:
あ、コンビニです。

今井通子:
あ、コンビニでらっしゃるの?

相談者:
はい。
なんか、「やりたい」って言って、早期退職したみたいなんです。

今井通子:
ああ・・なるほど。
じゃ、退職金を、つ、入れて、作られたのかな?

相談者:
ま、だと思いますね。

今井通子:
うん

相談者:
いくらかお金掛かるんでしょうからね。

今井通子:
はい。
そこからなんですが、

相談者:

今井通子:
まず、あなたのところお、に、してしまった借金はどれぐらいあるの?

相談者:
あ、一番最初、なんかあのお、契約金みたいなので、150万っていうのは、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、「退職金もらったら返すから」って、それは返されたんですよね。

今井通子:
まず、でも、借金としては、えー、150万でした?

相談者:
ええ

今井通子:
はい

相談者:
あの、始める前に、

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
で、これはもう、行って返って来たわけね?

相談者:
え、え、ちゃんと返って来ました。

今井通子:
はい。
で、その後は?

相談者:
す、その後は、あとお・・娘の方から、

今井通子:
うん

相談者:
「やっぱり足りない」っていう事で、200万ぐらい、なってますかね?
何回かに分けて。

今井通子:
一気に200万じゃないのね?

相談者:
じゃ、ない、ないんです、何回も、何回も。

今井通子:
その何回もの・・1回の、か、金額とお、

相談者:

今井通子:
それから、その理由を教えて頂ける?

相談者:
あ、えーっと、最初のうちい、のはねえ、

今井通子:
うん

相談者:
ちょっと分かんないとこもあるんですけども。
「旦那が歯医者に行くのにお金足りないから」って、15万ぐらい貸した時もありますし、あと・・

今井通子:
15万。

相談者:
ええ、あとう・・
「車のローンが、ボーナス払いなので、それのお金が足りないからって、50万くらい・・車検とか何かもあるしい」って、「50万ぐらい」って言われて。

今井通子:
うん。
で、その次は?

相談者:
あとお、は、「消費税、が、払えない」って言って、

今井通子:
それは、店のですね?

相談者:
そうです。
それが、どういうシステムになってるか・・

今井通子:
店の、売上の消費税が払えない?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
え、あと、何か、「国税からあ、督促状が来た」とか何とかって言って、

今井通子:
うん

相談者:
「今、45万」とかって。

今井通子:
ちょっと待って、ま、えーと、最初に、店の消費税をっていう事で、言われたの、おいくらでし、すかね?

相談者:
あ、店の消費税って言われたのは、「100万」っていうの・・

今井通子:
ここまでは、全部貸されちゃったお金なわけ?

相談者:
え、あの、わたしが、もう、入れました。

今井通子:
うん、で、要するにあなたから、言ったら、義理の息子さんだわね?

相談者:
そうですね。

今井通子:
義理の息子さんからの、お金はもう、かい、

相談者:
ええ

今井通子:
「150万は、返って来てます」と。

相談者:
はい、返して来ました。うん

今井通子:
だけどお、そのお、お嬢さんが言って来るう、

相談者:
うん

今井通子:
えー

相談者:
お金は、

今井通子:
ごしゅ、「ご主人(娘の)があ、歯医者さん行くから」っていう、

相談者:
うん

今井通子:
15万とお、

相談者:
はい

今井通子:
それから、車のローンがあ、

相談者:
ええ

今井通子:
で、車検も含めっていう、50万とお、

相談者:
ええ、あと、もっとあるんですけど、わたしも・・

今井通子:
それから・・にせ・・

相談者:
記憶ないんですよ。

今井通子:
コンビニの、

相談者:
ええ

今井通子:
えー、ま、主に消費税え、がらみで、

相談者:
ええ

今井通子:
「お金足りないから」という、100万と、

相談者:

今井通子:
45万。

相談者:

今井通子:
これだけは確かなわけね?

相談者:
え、え

今井通子:
うん

相談者:
あと、ま、通帳見れば、あの、ハッキリした金額は分かるんですけども。

今井通子:
なるほど。

相談者:
ええ、なんか、しょっちゅう、しょっちゅうなもんで、あまり・・

今井通子:
で、これってなんかあのお、ま、親子ではあんまり、取らないだろうけれども(笑)

相談者:

今井通子:
あのお、

相談者:
あ、

今井通子:
借用書みたいのっていうのは、

相談者:
ええ、そんなの何にも取んない(苦笑)です。え。

今井通子:
あ、そう。

相談者:
ええ、だから、わたしとすれば、

今井通子:
うん

相談者:
この先、ずっとこんな状態続けて行ったら、

今井通子:
うん

相談者:
娘は絶対、破産するって。
もう、わたしたちもお、いつまでも手伝ってやれないしい、

今井通子:
うん

相談者:
だから、何とかそこをね?、考え方を変えて、

今井通子:
うん

相談者:
あのお、やって行ってもらいたいと、おも、思って、それには、どういうふうに言ったら良いかっていうか、

今井通子:
あ、要はだからあ、あの、えーと、この金額う、とかは、問題じゃないんですね?、じゃあ。

相談者:
問題じゃないんです。

今井通子:
あ、もう、まあ、とりあえずは、あなた方のお、そのお、えー、ご自身の、働きで、

相談者:
そうそうそうそう

今井通子:
今のところ、ご自身の生きるう、だけの、

相談者:
うん

今井通子:
資産は、お持ちなわけね?

相談者:
ええ、ええ、

今井通子:
うん

相談者:
その金額は、

今井通子:
うん

相談者:
まあ、あのお、ま、ちょっとこまい事言うと、あれですけども、大学にも入れてやんなかったし、結婚式もしないから、

今井通子:
うん

相談者:
ま、その分でしょうがないやと思ってね、ずっとこう、何回か援助して来たんですけども、

今井通子:
ちょっと計算してみたけど、今んところ、210万なんだけど。

相談者:
ああ、そうですか。

今井通子:
うん

相談者:

今井通子:
で、「それぐらいは、ま」

相談者:
ええ、ええ

今井通子:
「今は、いい」と。

相談者:
え、言ってる・・

今井通子:
で、「今日のご相談は、違うんだ」と。

相談者:
ええ、これからも、

今井通子:
いうお話ね?

相談者:

今井通子:
うん、そこが、どういう、ご相談ですか?そうすと。

相談者:
ええ、あのお、これから、自分たちで、

今井通子:
うん

相談者:
あのお、やって行けるように、してもらいたいんですけども、そのためには、どういうふうに言ったら良いか。

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、弁護士の坂井眞先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生、よろしくお願い致します。

相談者:
はい、お願いしまーす。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。