詐欺被害の息子は親を騙した。学生が作った借金3百万。自己破産の影響は?


テレフォン人生相談 2016年6月28日 火曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女55歳 夫60歳 大学中退した23歳の次男と3人暮らし 他に子ども2人(35歳と30歳)

今日の一言: 失敗は対処の仕方によって幸運に結びつきます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、こんにちは。

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えて下さい。

相談者:
55です。

加藤諦三:
55歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい、しております。

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
60です。

加藤諦三:
60歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
3人おります。

加藤諦三:
はい。
上から・・

相談者:
35

加藤諦三:
はい

相談者:
30

加藤諦三:
はい

相談者:
23です。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今あ、は、一緒に暮してるのは、

相談者:
23の、

加藤諦三:
ああ、そうですか。

相談者:
次男です。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると、3人で暮らしてるわけですね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんなこ、相談ですか?

相談者:
あ、昨年息子が、あの、詐欺に遭いまして。

加藤諦三:
えっと、息子というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
この3人のうちの、ど、どの方ですか?

相談者:
一番下です。

加藤諦三:
はい、あ、その・・・

相談者:
大学、

加藤諦三:
最悪・・

相談者:
在学中に、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、詐欺に遭いまして、も、学校も、中途退学を致しまして、

加藤諦三:
あのお・・どういう詐欺に遭ったんですか?

相談者:
「株を買えば儲かる」っていう話に、

加藤諦三:
はい

相談者:
はい、乗りまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
で、その「株を買えば儲かる」って言われて、

相談者:
はい

加藤諦三:
その株を買うお金は、誰が、何処から、

相談者:
あのお、消費者金融から、4ヵ所ぐらい借りておりました。

加藤諦三:
ああ、そうですか。
そうすると、あれですか?
詐欺をす、する、した人がですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
あー、「紹介するから、ここから借りれえ、ばあ、良いんだ」という事を言って、

相談者:
そうです。

加藤諦三:
で、お金を、そっから、い、いくらですか?、4ヵ所全部で。

相談者:
えっと、大体、も、300万円、近くです。
あのお、現金だけじゃなくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
時計を一回買わして。

加藤諦三:
よ・・時計を買った?

相談者:
はい、「買って来い」って言って。
で、それを・・

加藤諦三:
そうすると、これ300万の中から、時計も買わされたっていう事?

相談者:
そうです、その時計は200万だ、ったん・・

加藤諦三:
あー・・

相談者:
て、言うんですけど。

加藤諦三:
っていう事は、「株を買えば」って言っても、株は100万・・ぐらい?

相談者:
あ、そうです。
最初は儲け話で、

加藤諦三:
はい

相談者:
段々、それがもう そういう話になって行った。

加藤諦三:
で、儲け、えっとお、おー・・

相談者:
最初は、儲け話で近づいて、来・・来てですね、

加藤諦三:
来てですね?、はい。

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
ほいでえ、段々と、「この時計を買えば」というふうに、

相談者:
はい

加藤諦三:
エスカレートして行ったという事ですね?

相談者:
はい、はい、はい、はい、そうです。

加藤諦三:
それで、その、最終的に「あ、これは詐欺に遭ってるんだ」というのが、分かるまでは、に、どれぐらい、時が経ってます?

相談者:
1年ぐらいだと、息子・・あの、大学に行ってると思ってたら、

加藤諦三:
はい

相談者:
行ってなくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
こういう事になってたんです。

加藤諦三:
行ってなくて、

相談者:
2年ん、しか行ってなくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
あとは、もう、こういう事、やってた・・
詐欺。

加藤諦三:
こ、あ、そうですか。

相談者:
なんで・・

加藤諦三:
あ、そうすと、すと、2年間とにかく、大学に・・

相談者:
行ってなかったんです。

加藤諦三:
行ってなかった・・

相談者:
はい、でも、それをわたしたちが、気付いたのは、

加藤諦三:
はい

相談者:
それから、また、2年ぐらいしてから、

加藤諦三:
それから、2年か・・

相談者:
そういう状況だったって、
はい

加藤諦三:
1年間騙され続けていて、さらに2年っていう事は、3年間、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたは、分かってなかったんですよね?

相談者:
そうなんです。
あのお、春夏の休みには、きちっと帰って来て・・

加藤諦三:
そうすっと、休みの時は、きちんと帰って来て、何の、

相談者:
あ、ちゃんと・・

加藤諦三:
あなたが見て、不自然な・・

相談者:
ないんです、ちゃんと学校の報告も、するん・・です。
「こうだ、あーだ。」って、それが、ま、嘘だったわけなんですけど。

加藤諦三:
うーんうん
そうするとですね、さっきのあなたの話を伺うと、まず最初の1年間、騙されて、詐欺師の言う通りに動いてた訳ですよね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
それから、その・・後の2年間っていうのは、

相談者:
「何をしてたのか?」って・・聞くんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
「何にもしてなかった」って。

加藤諦三:
あ、あ、あ

相談者:
「ボーってしてた」って言うんです。

加藤諦三:
「ボーっとしてた」?

相談者:
「心が病んでた」とか言うんです。

加藤諦三:
あー、「心が病んでいた」という言い方したのね?

相談者:
はい

加藤諦三:
うーん

相談者:
でも、あのお、何ですかね?
サラ金の会社から、

加藤諦三:
はい

相談者:
請求書が来たんです、家の方に。

加藤諦三:
はい、それはいつですか?

相談者:
それで、わたしが・・
先月です。

加藤諦三:
という事は、もう、だいぶ経ってから・・の話ですよね?

相談者:
はい・・
そしたら、その犯人も、

加藤諦三:
はい

相談者:
逮捕されてまして、騙した人。

加藤諦三:
ほお、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
んー・・・分かりました。
そうすると、そのお、人が、もう、逮捕、されてるんだったら、その詐欺師については、もう色んな事は分かるわけですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
あー・・
それで、あなたの、今日の相談というのはあ、

相談者:
息子名義で、お金を借りてるので、

加藤諦三:
はい

相談者:
も、これは、どうしようもないってのは分かっ・・たんですけど。

加藤諦三:
これを、どう返してもらえるか?っていう話ではないんですね?

相談者:
うん、違います。

加藤諦三:
じゃあ、今日・・

相談者:
もう、これは・・息子・・

加藤諦三:
今日の相談っていうのは、そうすと、どういう事ですか?

相談者:
あの・・自己破産をして良いものだろうか?
も、返せないと思うんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
まだ、23、これからの、ま、人生に、

加藤諦三:
はい

相談者:
自己破産をして良いものだろうか?、と悩んでるんですけど。

加藤諦三:
あー、なるほどね、分かりました。
そうするとお、そちらの今日の相談っていうのは、まあ、自己破産しかあ、道がないのかどうか?、という事・・

相談者:
あ、そうです。そうです。

加藤諦三:
それと、もう一つは、もし、それしか道がないとしてもお、

相談者:
はい

加藤諦三:
それが、この子の一生に、どういう影響を与えるんだ?、という事ですね?

相談者:
はい。
はい、そうです。

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はあの、スタジオにですね、弁護士の塩谷崇之先生がいらしてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。