途中で電話を妻に代わる男。笑わない娘27歳が陰口を耳にして堪らず打ち明けた過去


テレフォン人生相談 2016年7月4日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

相談者: 男64歳 妻58歳 子ども3人(長男32歳、?28歳、女27歳) 長男と母85歳と4人暮らし

今日の一言: 姑と夫への憎しみを子どもに向ける。攻撃性の置き換えと言います。よくある事です。でも解決できません。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもしい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願い致しますう。

加藤諦三:
はい
最初に、年齢教えて下さい。

相談者:
はい、わたし64歳の、

加藤諦三:
64歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
してますう。

加藤諦三:
えっと、奥さん何歳ですか?

相談者:
58歳です。

加藤諦三:
58歳。
お子さんは?

相談者:
3人おりましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
32、

加藤諦三:
はい

相談者:
28、

加藤諦三:
はい

相談者:
27、

加藤諦三:
はい

相談者:
男、

加藤諦三:
で、今一緒に暮してるのはあ、

相談者:
えー、長男です。

加藤諦三:
長男?

相談者:
はい

加藤諦三:
32歳?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
と、3人で暮らしてるんですか?

相談者:
えっと、あと、おふくろがおりまして、85歳です。

加藤諦三:
あ・・はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、どんな相談ですか?

相談者:
3番目の子が女の子なんですが、

加藤諦三:
27歳の子ね?

相談者:
はいはい

加藤諦三:
はい

相談者:
その子について、ちょっと相談させて頂きたいんですがあ、

加藤諦三:
あ、はい

相談者:
つい、1ヵ月ほど前まで、ま、ワーキングホリデー行ってまして、帰って来たんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
また、今日、違うとこへ、また出てって、行ってしまったんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
今回分かった事なんですがあ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
小学生の高学年の頃に、いじめを受けてたいう事が分かりましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、それがあ、多分原因だと思うんですがあ、中学の頃から、親に対して、ちょっとよそよそしくなってしまってですねえ、笑わんくなってしまった、りい、

加藤諦三:
はい

相談者:
甘えて来るって事が無くなってしまったんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、その時にい、あの、娘はあ、えー5、6年だったと思うんですが、ちょうど長男がですねえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
高校へ入ったとたんに、登校拒否、が、ありましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
えーと、両親はちょっとそっちの方へ、もう、ずーっとお、意識が行ってたもんですからあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
一番下の娘が、そういう事になってるっていう事は、知らなんだですねえ。

加藤諦三:
はいはいはいはい

相談者:
で、娘が、そして今回言ってくれた事は、「その時に、もう、死ぬ・・」
まあ、色んないじめを受けたらしいんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
「これは、親に相談してもダメだし、親はもう全然、わたしの方に向いてくれない」という事でえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
もう、小学生の時から、独り立ちしようという事で、どうも、

加藤諦三:
は、はい

相談者:
あのお、意識持ったらしいんですう。

加藤諦三:
はい

相談者:
ほんで、親としては、そこらへん、分からんかったんですが、ま、中学、高校も部活活動を一生懸命してましたしい、

加藤諦三:
はい

相談者:
仕事の方でも、一生懸命やってたもんで、まあ、しっかりした子だなあ、つう、まあ、思っとったんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、今回、ワーキングホリデーに行って来て、2年間行って来たもんですから、「ちょっと変わるかなあ」と思って、夫婦で話しとって、えー、
「ちょっと変わらんかったな」っちゅう、話がちょっと、漏れたんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
そしたらあ、その理由を色々説明してくれましてえ、

加藤諦三:
その、「話が漏れた」っていうのは、どういう事ですか?

相談者:
あ、すみません、あのお、夫婦で、あのお、「2年間行っとれば、もうちょっと明るくなって帰って来てくれるかなあと思ったら、そうにもならんかったね」って、話とったのがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、隣りの部屋におった、娘に聞こえたんですね。

加藤諦三:
あー、なるほどね。

相談者:
ええ・・それでえ、

加藤諦三:
これ、2年間行ってたの?

相談者:
え、ワーキングホリデー2年間行ってました。

加藤諦三:
ああ

相談者:
それでえ、今回、そういう訳で帰って来てえ、あの、またあ、「ゆっくりしてってもいい、良いんだよ」っちゅうな事、言うんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんとなく、もう、帰って来んような雰囲気でおるんですがあ・・
ただ、わたしどもとしては、ちょっと、そういう娘に対して、何とか上手く、これからどうふうに接して行って、いた、いいのか、えー・・教え・・て頂きたいと、おも・・

加藤諦三:
うーん、なるほどね。

相談者:
ええ

加藤諦三:
あのお、ま、「小学校の時にい」

相談者:
はい

加藤諦三:
「高学年でいじめを受けた」って言いましたよねえ?

相談者:
はいはい

加藤諦三:
これはあのお、深刻ないじめですか?
それとも、ま、よくある・・

相談者:
あの、本人が、そこで言ったのはあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
「閉じ込められたリ、殴られたりい」

加藤諦三:
ああ

相談者:
「まだ、他にもいっぱい居れん事もされたと。」
ほいで、「もう、その時に死のうと思った事も何回もあった」って言うんですね、小学校の5、6年の時に。

加藤諦三:
はい

相談者:
その時に、親が親身になってえ、あの、対応してやれば良かったんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
今言ったような理由で、分からんかったもんですからあ、

加藤諦三:
はいはい、そうすると、ただ・・このお嬢さんだけの、問題い・・というよりもお、

相談者:
はい

加藤諦三:
32歳、28歳、27歳、まあ、10年前、15年前・・の、家族関係っていうのかねえ、ふ・・

相談者:
あ、あのねえ、あんまり、家庭環境が、親が言うのもアレなんですが、良いとは言えなかったような気がするんです。

加藤諦三:
あー・・・

相談者:
ええ、あのお、わたしはわたしで、ちょっと、仕事お、の方が、目いっぱい忙しい仕事をやっていたもんですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、女房は女房で、子ども3人、おったもんですからあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
何かにつけて、ちょっとイライラしてたようなとこもお、あったような気がしたんですね。ヒステリックみたいなとこが。
こ、長男に言わせると、「常にヒステリックだった」って言われるっつうんですね。

加藤諦三:
あー、お母さんがね?

相談者:
はーい

加藤諦三:
うんうーん

相談者:
そういう事で、

加藤諦三:
まあ、そうですねえ、そうですよねえ、

相談者:
ええ

加藤諦三:
それで、一緒に住んでたわけでしょう?、お母さんと。

相談者:
一緒に住んでました。

加藤諦三:
お姑さんとねえ?

相談者:
はい、でえ

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日は、あのお、スタジオに、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので、

相談者:
ああ、すいません、お願いします。

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


途中で電話を妻に代わる男。笑わない娘27歳が陰口を耳にして堪らず打ち明けた過去」への2件のフィードバック

  1. いつも読ませていただいてます(^-^)
    ありがとうございます
    ひとつだけお願いが…
    スマホで読んでいるのですが、ひどいマンガの広告がいつも目につくのです
    (ダンボールで育ったとかなんとか…) 毎日みるのでもうウンザリ?
    なんとかなりませんかね

    1. ブロックできるかちょっと調べてみます。

      お手数ですが、よろしかったらもう少し情報を教えていただけないでしょうか。
      (タイトルとか、文言とか、社名とか・・)
      ここにでも構いませんし、お問い合わせページからでも構いません。

      【追記】
      広告の右上に小さく「×」印がありますので、これをクリックしてください。
      すると、以下の2段のメッセージが表示されますので、2段目の「この広告の表示を停止」をクリックしてください。

      ・ページ上の位置が不適切な広告
      ・この広告の表示を停止 ←←←←←←←これをクリック

      すると、「この広告の表示を停止しました」と表示されて、今後、その広告は出なくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。