「困っている人を助けたい」優越する事で安心を得る。2つの世界を生きる女45歳


テレフォン人生相談 2016年7月15日 金曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女45歳バツイチ 夫46歳 2人暮らし 結婚3年目

今日の一言: 自分自身であるなら恐れる事は何もありません。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えて下さい。

相談者:
45歳です。

加藤諦三:
45歳。結婚してますう?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
46歳です。

加藤諦三:
46歳。お子さんは?

相談者:
いません。

加藤諦三:
じゃ、今、お2人で暮らしてるんですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
・・まず、わたし、の事・・なんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
う・・ま、よく、困っている人、助けたいなあ、とか、あーん、ま、馬鹿みてもいいかなぁ、って、なんか諦めてしまって、はっきり言えないわたしが、いるんですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
で・・

加藤諦三:
言いたい事が言えないっていう事?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、犠牲になってれば、いいんかなあ、って、相手が分かってくれるんかなあ、って・・
なんか、期待して待ってしまって、

加藤諦三:
あー、相手が、何にも自分が言わなくてもお、相手が自分の事を分かってくれる、のを待っているという事?、ですね?

相談者:
う・・察してくれるのかな?って、なんか、逃げ腰でえ、

加藤諦三:

相談者:
ハッキリ言えないわたしがいるからあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
んー、いけないんだと思うんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、夫はあ、ちょっとネガティブう、な人、なんですが、ま、頼まれたら嫌と言えない、人が良い人でえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
いつも、優しくしてくれる、っていうのが縁で、まあ、「愛が分からん」ってえ、言われた時に、まあ、じゃ、「愛を2人で探し合いっこしようね」って言って、結婚したんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
最近ちょっと、あのお、被害妄想というか、凄い劣等感っていうか、ま、「お金の繋がりだ」ってこの間言われたんです。

加藤諦三:
・・はい、ご主人がね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
はい

相談者:
「もう、お前とは、お金の繋がりなんだ」と。

加藤諦三:
はい

相談者:
んで、「俺の夢を果たすために、こう、邪魔な人を切らんといけん」って、

加藤諦三:
はい

相談者:
ほんで、わたしが、「な、あー、いいよお、ま、あなたの夢、果たしたらいいじゃん」なんて、なんか、心にもない事を言ってたあ、ような、気もしますが、そんなにお金が掛かる物を買うっていうふうには、思ってなかったのでえ、

加藤諦三:
はい、あ、なんか、お、大きな物、買い物したの?

相談者:
「を、したい」と、

加藤諦三:
あ、何を買いたいって言ってんの?

相談者:
そうですねえ、あん、ま、車だったり、

加藤諦三:
はい

相談者:
自分の家だったりとか、ま、「大きな買い物を、将来、独身の時に買えなかった物を、お金を貯めて買いたい」と言い始めてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
「だから、その夢を果たすために、邪魔なもんを切らんといけん」って言われて、まだ、結婚して間もないんですがあ、

加藤諦三:
どのぐらい経つの?、結婚して。

相談者:
ま、2年。3年目に入りますかね?

加藤諦三:
ま、2、3年ね?、はい

相談者:
2年・・

加藤諦三:
で、先程言ったように、「2人して愛を探そう」っていう事は、恋愛結婚ん、というか、お互いにもう、好きで好きで、っていう訳ではなかったのね?

相談者:
それを、なんか、最近凄く、考えたりするんですがあ、

加藤諦三:
うーん

相談者:
うーん、ま、困ってる人、助けたいっていうところから、あってえ、わたしがあ、

加藤諦三:
うん、あと、もう1つ、あなたさっき、「被害妄想」って言った、言葉、使いましたけども、

相談者:
そうですねえ。

加藤諦三:
え、被害を実際に受けてないのに、こういう被害を受けたと思い込んでるって、そういう事、意味じゃないの?

相談者:
そういう意味です。お金を、

加藤諦三:
あっ・・

相談者:
使い過ぎ、過ぎだと・・

加藤諦三:
なるほど、なるほ、分かり・・

相談者:
あ、そういうじ・・

加藤諦三:
要するに、あなたが実際に、

相談者:
ええ

加藤諦三:
お金を使ってないのに、お金を使い過ぎると。

相談者:
その、お金っていうのは、ま、保険代だ、まあ、生活するための、必需品ですよね?

加藤諦三:

相談者:
絶対必要な物。あの、薬代とかあ・・

加藤諦三:
要するにい、あなたが、

相談者:
とか、はい

加藤諦三:
ご主人にとっては、被害だという事ね?

相談者:
そうなんです。

加藤諦三:
「俺の夢のお、果たせないのは、お前が悪いからだ」って言ってる訳ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、今日の相談っていうのはどういう事ですか?

相談者:
わたし、たちは、なんか、今、見抜いてない本質を見抜いて下さればと思って、相談しました。

加藤諦三:
あ、こう、そうすっと、結局今、その別れようとかなんとかっていうんじゃなくてえ、

相談者:
ええ

加藤諦三:
まあ、具体的に言えば、「わたしたち夫婦の関係を、より良くするために」

相談者:
うんうんうんうん

加藤諦三:
「どこに気が付いたら良いんでしょうか?」という事ですね?

相談者:
そうです、そうです。

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日は、あのスタジオに、心についてのエッセイストとしてお馴染の、マドモアゼル愛先生がいらしているので、伺ってみたいと思います。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。