妻の嘘。跡をつける夫。苦しさゆえに離婚を告げる62歳を見捨てられない妻


テレフォン人生相談 2016年7月19日 火曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者:男62歳少々身体が不自由 妻56歳会社勤め 再婚どうしの結婚20年 長女37歳 長男33歳 2人共結婚して家庭を持っている

今日の一言: 何事も当たり前と思うな。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、お世話になります。

加藤諦三:
はい、最初に、年齢を教えて下さい。

相談者:
えーと、62歳。

加藤諦三:
62歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい、してます。

加藤諦三:
奥さん、何歳ですか?

相談者:
えーっと、56歳です。

加藤諦三:
56歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
お、お子さんは?

相談者:
長女が37。

加藤諦三:
37歳。

相談者:
長男が33歳です。

加藤諦三:
それで今、お2人共、家を出てるんですか?

相談者:
はい、もう両方とも結婚してます。

加藤諦三:
あー、そうすと、今、お2人で暮らしているんですね?

相談者:
はい、はい。

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
えーと、私ども、あの再婚同士なんですけど。

加藤諦三:
はい

相談者:
妻がですねえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
去年からちょっとお、不倫の疑惑がありましてえ、

加藤諦三:
あー、疑惑?、してるという事が分かった訳ではないんですね?

相談者:
あのお、旅行にですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
「行く」と言ってですねえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、それまあ、半年前になるんですけどお。

加藤諦三:
はい

相談者:
「友達と旅行に行く」って言ってですねえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、その「旅行に行く」っていうの、嘘だったんです、「友達と行く」っていうのが。

加藤諦三:
ああん

相談者:
泊まりでですね。「泊まりに行く」って言ってたんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、突然、その前の日に、あのお、旅行を、キャンセルしたわけです。

加藤諦三:
「旅行に行く」と言っていながら、

相談者:
ええ

加藤諦三:
キャンセルした、という事ですね?、はいはい

相談者:
はい、前日にですね?

加藤諦三:
はい

相談者:
あ、友達のお母さんが、具合が悪くなるからって。

加藤諦三:
はい

相談者:
旅行をキャンセルしたわけなんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
おかしいなあ、思って、色々・・調べたら、その、友達に、聞いたわけです。

加藤諦三:
はい

相談者:
そしたら、あのお、「わたしの妻と旅行に行くように予定は・・してないですよ」って言われたんです。

加藤諦三:
うーん

相談者:
して、それまでも、あのお、ちょっとおかしいから、跡をつけて・・みたり、したらですね?

加藤諦三:
はい

相談者:
全く方向・・違う方向に行くわけです、友達の家じゃない方に。

加藤諦三:
あ、この友達っていうのは、その「旅行に行く」と言った、

相談者:
あ・・

加藤諦三:
友達の話ですね?

相談者:
あ、また違う話です。

加藤諦三:
また、違った友達の話?

相談者:
はい、違う友達のとこに・・行くからって、遊びに出て行ってですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
跡ちょっとつけに行ったら、真反対に行くわけです。

加藤諦三:
はい

相談者:
「おまえ、今日、そこの、ちゃんと、友達んとこ、真っ直ぐ行ったのか?」言ったら、
「うん、そのまま真っ直ぐ行った」って言う訳です。

加藤諦三:
はい

相談者:
「ああ、そうか」って聞いてたんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、またあ、次の週、「どこどこの駐車場で待ち合わせして・・友達と行くから」って、また出て、出掛けて行ったわけです。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、おかしいなあ、って、その駐車場見に行ったら、車が無いんですよね。

加藤諦三:
はい

相談者:
ほんで、帰って来て、尋ねると、また、「車・・停めて、ちゃんと行ったんか?」言うたら、
「ちゃんと行った」言うわけです。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、「車は、駐車場どうだ?」と、あの・・「いっぱい停まってたかい?」言うたら、
「うん、停まってた」ちゅって、

加藤諦三:
はい

相談者:
そやって、まあ、嘘を付くわけなんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
んで、ま、それからあのお、「旅行に行く」っていうのが、今から半年前の事ですけど。それから、ずーっとですね?

加藤諦三:
うん

相談者:
自分に、き、気持ちが整理が付かなくて、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、4日前ですか?、りこ、妻に、ま、「離婚・・したいから」っちゅう事で・・「財産、この、こういうふうに分けるから、いいか?」っちゅって話したわけです。

加藤諦三:
そんな4日前に、突然、離婚を言い出したんですか?

相談者:
わたしが、もう、あのお・・言ったんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
妻はまあ、「いつでも、離婚はしてもいいよ」っちゅって言ってたんです、けんか・・

加藤諦三:
あ、あのお、要するに、離婚の話はあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、4日前以前から、ずーっと前から出ていたという事ですね?

相談者:
うん、それはあのお、あの、「離婚・・は、いつでもしてもいいよ」っていうのは、言ってたんです。

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、わたしが、その、色々問い詰める時にですね?

加藤諦三:
はい

相談者:
言った時に。

加藤諦三:
はい

相談者:
ほいで・・ま、4日前にわたしも、自分の気持ちに、もう、整理付けよう、思ってですね?

加藤諦三:
はい

相談者:
4日前に「離婚したい」と。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、「財産・・こういうふうに分けるから、いいか?」って言ったら、ま、女房も、それで了解してくれたわけです。

加藤諦三:
はい

相談者:
で・・あくる日にですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
朝になったらですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、わたし、ちょっと体が若干、不自由な、面があるんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
どうしても、わたしを、あのお、置いて出るに、のはですね?

加藤諦三:
はい

相談者:
いけないんじゃないか、いう事で、なんか色々考えたらしいんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、「ご飯も・・作るのは大変だろうから」って、まあ言い始めてですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そういう話は、わたし、して来たわけです。

加藤諦三:
うん

相談者:
はあ、すると、わたしもちょっと、そういう事を思ってくれてるんかな?、思ったら、あの離婚するって、勢いがちょっと・・無くなってですねえ、どうしたら良いか、ちょっと悩んでるんですけどねえ。

加藤諦三:
うん・・お互い再婚同士という事ですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
要するに、結婚してから、どのぐらい経つんですか?

相談者:
20年です。

加藤諦三:
20年?

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすっとお、20年前は、今と違って、信頼関係はあったわけですね?

相談者:
ありました、ありました。

加藤諦三:
それで、いつ頃からですか?、その信用出来ないっていうふ・・なっと、

相談者:
だから、ちょうど、も、1年ま、ぐらい前ですかね?、もう・・

加藤諦三:
い、1年ぐらい前ぐらいからあ、

相談者:
信用がいえ始めたのが。

加藤諦三:
んまあ、い、あのお、言う事お、が、信頼、信用できないと。

相談者:
はいはい、はいはい

加藤諦三:
それまでは、

相談者:
それまで仲良くですね?、いってました、ちゃんと・・

加藤諦三:
あー・・ごく普通の、信頼関係であったんだけど、

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
なんか、あなたの中にい、

相談者:
はい

加藤諦三:
気持ちの変化みたいの、この間には、なかったんですか?

相談者:
いや、なかったですねえ。

加藤諦三:
なかったですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
うーん・・そうすっと、あなたから見ると、奥さんの側の気持ちの変化という事ですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
それまで、奥さんは、非常に真面目な・・

相談者:
はい、普通に会社あ、勤めしてます。

加藤諦三:
あ、会社勤め?

相談者:
はいはい

加藤諦三:
で、あの、要するに、家庭でも、

相談者:
はい

加藤諦三:
会社でも、

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、会社は見てないでしょうけど・・要するに、推測すると、非常に真面目な、女性であったわけですね?、あなたから見て。

相談者:
普通です、普通でしたね。

加藤諦三:
普通?

相談者:
はい

加藤諦三:
普通の主婦だった?

相談者:
はいはいはいはい

加藤諦三:
うーん、ん、なんか、心が触れ合・・ってないな、っていうような感じはなかったんですか?

相談者:
なかったですねえ・・思いつかないんですよ。

加藤諦三:
それで、あなたとしては、どういう事なのかな?、ま、一旦、「もう、別れよう」っていう事になって、ちゃんと財産まで、「こういう形で、別れよう」って事の、

相談者:
はいはい

加藤諦三:
話が、

相談者:
しました。

加藤諦三:
4日前に、

相談者:
はい

加藤諦三:
きちんとして、

相談者:
はい

加藤諦三:
ところが、翌日、

相談者:
はい

加藤諦三:
朝になってみたら、

相談者:
はい

加藤諦三:
ちょっと話が違っていた、と。

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、離婚しようと思った決心が、ちょっと揺らいでしまってると。

相談者:
うん、そうです。

加藤諦三:
それで、どうしたら良いか?、っていう事ですね?

相談者:
そう、そう、そういう事です。

加藤諦三:
はい。今日はスタジオにですねえ、心についてのエッセイストとしてのお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるので、

相談者:
はい、はいはい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
すいません。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。