無職、パチンコ、幼い娘にビンタ。ご主人のどこを直して欲しいですか?


テレフォン人生相談 2016年7月28日 木曜日

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女44歳 夫45歳 結婚7年 長女7歳 次女5歳

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし?
テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもし?

ドリアン助川:
よろしくお願いします。

相談者:
あ、お願いします。

ドリアン助川:
今日、どんなご相談でしょうか?

相談者:
離婚について、考えてます。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ていうのが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、ちょっと、主人の、子供に対する躾についてえ、が、ちょっと納得いかなくて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ええとお、ちょっと、考えてます。

ドリアン助川:
はい。
えー、まず、あなたあ様はおいくつでしょうか?

相談者:
は(わ)、44です。

ドリアン助川:
44歳?

相談者:
はい

ドリアン助川:
旦那さんは?

相談者:
え、45。

ドリアン助川:
45歳?

相談者:
はい

ドリアン助川:
お子さんの年齢は?

相談者:
は(わ)あ、上が7歳、

ドリアン助川:
え、お・・

相談者:
下があ、5歳。

ドリアン助川:
男の子?女の子?

相談者:
あ、女の子です。

ドリアン助川:
2人共女の子で、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、7歳と5歳?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい。
え~、その躾という、こと、が、なんか今、問題になってるようなんですけども、

相談者:
あはい

ドリアン助川:
具体的にはどんなこと起きてるんですか?

相談者:
あ、主人の考えとしては、「叩いて躾ないと、子供は言うこと聞かなくて、」

ドリアン助川:
はい

相談者:
「躾にならない」と。

ドリアン助川:
はい

相談者:
でえ、そんなに頻繁ではないんですけども、まあ、結構、激しい時にい、は、もう、不意打ちで、ビンタしたりとか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あとは、一時期、ちょっと、仕事辞めてしまうことになって、

ドリアン助川:
うん

相談者:
その時い、も、ちょっと酷くて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、子供はもう、主人が怖いので、一生懸命なんかこうして、褒められようとするんですけども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それが、また余計にこう、主人にとっては、なんかこう、イラッてくる、ことだったみたいで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
良いことしようとしても、その時はなんか下の子が、髪の毛を、掴んで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
部屋に、引き戻されたとか?そんなことがあったみたいで、も、週1・・

ドリアン助川:
下の子の髪の毛を、旦那さんが掴んで、

相談者:
掴んで・・

ドリアン助川:
ま、引きずりまわすようなことですか?

相談者:
あ、引きずりまわすではなかったんです。
何(なん)かの手伝いをしようとその場に、行った時に、

ドリアン助川:
はい

相談者:
「も、そんなことせんでいい!」って言って、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
「髪の毛掴んで、引っ張られたんだよお、頭が痛かったんだよ」って、話してくれてそん時に、分かったんですけど。

ドリアン助川:
そうですか。
あのおー、お子さんに向かう暴力というか、

相談者:
はい

ドリアン助川:
これがあなたにも向かうことはあるんですか?

相談者:
は(わ)、ないです。

ドリアン助川:
ないですか。

相談者:
ないです。
あの、言葉は、こう、きつかったり、声を荒げたりは、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あったり、あと物に当た、物に当たるというかまあ、ドアを、激しく閉めたりとか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
冷蔵庫の戸を(笑)激しく締めたりとか。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
そういうのはあるんですけど、直接はない。
あ・・

ドリアン助川:
そういうことはある?うーん。

相談者:
でも結婚する前には、1回、あったかな?
あ、ありましたね、はい。

ドリアン助川:
それ、何でそんなことになったんですか?

相談者:
なんか、私が、浮気をしているかなんか?

ドリアン助川:
はい

相談者:
勘違いして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
それを、じ、お、我慢してたんだけど、それがもう抑えきれなくて?みたいな、風だったと思います。

ドリアン助川:
ああ。
実際には・・

相談者:
全然そんなことはない。

ドリアン助川:
そんなことなかったん・・?

相談者:
実際で、ないです、ないです(笑)

ドリアン助川:
うん

相談者:
はい

ドリアン助川:
勘違いしちゃって、イライラして?

相談者:
はい。
ですです。

ドリアン助川:
うーん。
え、えー、結婚、を、まあ、恋愛結婚ですよね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、何年、ぐらいなんですか?結婚されて。

相談者:
えーとお、7(しち)年、です。

ドリアン助川:
7年?

相談者:
はい

ドリアン助川:
じゃああの、上のお子さんが出来て、ということですかね?

相談者:
あ、そうです、はい。

ドリアン助川:
でもこの7年の間、あなたには、その暴力は、なかったんだけども、

相談者:
%$#、はい

ドリアン助川:
子供に向かってそれが起きてるってことですね?

相談者:
結構、はい。

ドリアン助川:
で、あのお、ちょっとお伺いしたいのは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなたのその、ご主人は、そういうことを、つまり、あなたのご主人が小さい頃に、

相談者:
はい

ドリアン助川:
そういう躾を、受けてきたんでしょうか?

相談者:
ん、はっきりは、分からないですけど、「結構厳しかった」とは言われます。

ドリアン助川:
うーん、自分も、その、そういう目に遭ってきたということ?

相談者:
「遭った」とははっきり言わないですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ご飯、は、あ、それはご飯の時に、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
子供が箸を落とした、ま、ふざけてですけど。

ドリアン助川:
はい

相談者:
箸を落ちてしまったとか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あと姿勢が悪いとか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
になると、またやっぱ、頭パシッてやるんですけど。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
で、「俺もそうやって育ってきた」みたいな、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
ことは言うので、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
はい。
そんな節はあったと思います。

ドリアン助川:
うん。
あの、現在、旦那さんは、まあ仕事されてるんですよね?

相談者:
あ、今は、ええ、してないです。

ドリアン助川:
してない?

相談者:
はい

ドリアン助川:
ああ。
どうして、前の、会社、あの、仕事を辞めてしまったんでしょう?

相談者:
詳しくはあんまり知らない、んです。

ドリアン助川:
無職ということですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
いつ頃から?

相談者:
半年前、です。

ドリアン助川:
半年前から?

相談者:
はい

ドリアン助川:
今収入はどうなってるんですか?

相談者:
収入は主人の退職金で、主人は主人で、なんかこう、いろいろ、買い物されてるみたいなんですけど、私は私い、の収入があるので。

ドリアン助川:
あなたは働いてる?

相談者:
はい。
で、主人の方から、

ドリアン助川:
はい

相談者:
まあ何万かもらって。

ドリアン助川:
先程その、お子さんに対する躾ということもおっしゃってましたけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
ん、それがやっぱり一番おっきいんですか?
それプラス、

相談者:
はい

ドリアン助川:
この、仕事、もうなくなってしまったご主人への見切りというか、

相談者:
ああー、は、はい

ドリアン助川:
そういうのも含めて?

相談者:
は、はい

ドリアン助川:
最近はコミュニケーションもあんまりないような感じですか?

相談者:
ですね。
あのお、あたしが一度ちょっと、心を入れ替え、て、「子供のこともあるので、子供の前でこういうのはいけない」と思って、

ドリアン助川:
はい

相談者:
まあ、できるだけえ、話そう、話そうとするんですけども(笑)、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
もう、なんか、気持ちが付いて行かなくて。

ドリアン助川:
あ、はあ

相談者:
なので、離婚までいかなくても、

ドリアン助川:
うん

相談者:
一度、ちょっと別居って形で距離を置いて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
一度、こう、考え直すのも一つかな?とは思っ、ては、いるんですけども。

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなたとしては、こういう方向に今後なる、と、まあベターだなってのはどういうことですか?

相談者:
まずは、

ドリアン助川:
うん

相談者:
離れてみて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ちょっと考える?

ドリアン助川:
はい

相談者:
が、一番、ちょっと今固まりつつある、気持ちなんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
またそれを、主人に言ったとこで、子供に何か言ったりとか、なんかこう、手上げられたりとか?するのも、ちょっと怖いな、ていう、思いがあります。

ドリアン助川:
まあでも、気持ちとしては、割と切羽詰まってきてるということなんでしょうかね?

相談者:
「なんかこのままじゃ、いけない、だろうな」って、思います。
あのお、「子供にい、も、なんかこういう夫婦の姿を見せるのも、嫌だろう、し、」

ドリアン助川:
うん

相談者:
「なんか家の中も、楽しくないだろうな」、と、今思ってるので、はい。

ドリアン助川:
あなたとしては、えー、一度別居をしてみて、

相談者:
はい

ドリアン助川:
考えてみたいと?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい。
でえ、ま、そういう、う風に、持ってく為にはどうしたらいいか?っていうことも含めての相談ですね?

相談者:
あ、はい

ドリアン助川:
分かりました。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、それでは、えー、今日の先生紹介します。
弁護士の、塩谷崇之先生です。
よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


無職、パチンコ、幼い娘にビンタ。ご主人のどこを直して欲しいですか?」への1件のフィードバック

  1. この回はホントにしょーもない回答だな~と思いました
    こんなダンナに対して出来る限りの努力てどんなん
    おっしゃる通り、加藤・大原ペアの回答が聞いてみたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。