37歳の息子が献血失敗でラーメン屋が休業3ヶ月目。補償してもらえるか?


テレフォン人生相談 2016年7月29日 金曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女68歳 夫70歳 夫婦でラーメン店をやっている一人息子37歳

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談でーす。

相談者:
はい、こんにちは、

今井通子:
こんに・・

相談者:
よろしくお願いします。

今井通子:
はい、今日はどういったご相談ですか?

相談者:
えーっと、息子の事でちょっと、お伺いしたいんですけども。

今井通子:
はい。
あなたおいくつですか?

相談者:
わたくしい、は、68です。

今井通子:
68

相談者:
はい

今井通子:
8歳、ご主人は?、ごけん・・

相談者:
70です。

今井通子:
70歳?

相談者:
はい

今井通子:
息子さんは、おいくつですか?

相談者:
はい、30・・7(しち)ですね。

今井通子:
さん、37歳?

相談者:
はい

今井通子:
お子さん、お一人?

相談者:
・・え、そうです。

今井通子:
で、息子さんがどうなさいました?

相談者:
医療ミスと、言うんでしょうか、何ていうんでしょうか?

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと、献血に行きまして、

今井通子:
はい

相談者:
そいで、失敗しちゃったらしくて、

今井通子:
え?献血に行ってえ、

相談者:
はい

今井通子:
失敗?

相談者:
はい

今井通子:
はい。

相談者:
で・・

今井通子:
どういう失敗でした?

相談者:
なんか、漏れ・・たん・・ですね。

今井通子:
血液が?

相談者:
け、つ、液、って言うんですか?

今井通子:
あのお、

相談者:
はい

今井通子:
これ、1回ですか?

相談者:
いや、初めてじゃないんです。何回、も・・・こう、

今井通子:
あ・・献血にはよくいらしてるの?

相談者:
よく・・ええ

今井通子:
うん

相談者:
なんか、趣味か、そういう人っていますよね?

今井通子:
とても社会性のある、良い、息子さんじゃないですか?

相談者:
さ、どうなんでしょ?(苦笑)

今井通子:
うん、で、献血をされたあ?

相談者:
はい

今井通子:
はい、じゃあ、何回もやっていらっしゃるから、慣れてらっしゃったわけね?、はい

相談者:
はい、はい

今井通子:
で?

相談者:
そいで、

今井通子:
今回失敗した?

相談者:
はい

今井通子:
その、失敗というのは、献血をした、時にい、

相談者:
はい

今井通子:
例えば、針をね?

相談者:
うん

今井通子:
1回刺したんですか?、それとも、

相談者:
いや

今井通子:
上手く入らないで、何回も刺した・・

相談者:
それはちょっと・・本人・・じゃないから、ちょっと分かんないですけど・・

今井通子:
あー、なるほど。

相談者:
本人から聞いた話だと、

今井通子:
はい

相談者:
今の献血って、ただ採る、だけじゃなくて、

今井通子:
ええ

相談者:
必要なもんだけを、

今井通子:
うん

相談者:
採って、

今井通子:
うん

相談者:
入れるっていう、返すっていう、

今井通子:
うんうん、そうです。

相談者:
事なんですか?

今井通子:
はい

相談者:
そういう動作をして、

今井通子:
うん

相談者:
なんか、漏れたらしいんですよ。そいで、凄く、こう、腫れて、

今井通子:
うん、そうすると、もう、献血した位置、御覧になりましたあ?

相談者:
はい、

今井通子:
お・・

相談者:
紫色に、腫れました。

今井通子:
紫色にはって、腫れてたですよねえ?

相談者:
はい

今井通子:
どこお、ぐらいま、どれぐらいの範囲腫れてました?

相談者:
だーいぶ腫れましたね。

今井通子:
距離にして、何センチぐらい?

相談者:
なーんセンチだろ?

今井通子:
うーん

相談者:
いや、こう、カメラでえ、

今井通子:

相談者:
撮っては、あったんですけど?

今井通子:
ええ

相談者:
うん、かなり。広かったです。

今井通子:
か・・広かった?

相談者:
はい

今井通子:
握り拳より広かった?

相談者:
ええ、そうですね。

今井通子:
ああ・・あ、それは相当漏れちゃいましたね?

相談者:
はい

今井通子:
うーん

相談者:
そいでえ、

今井通子:
うーん

相談者:
あのお、息子お、は、個人で、

今井通子:
うん

相談者:
ラーメン屋をやってんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
夫婦で。

今井通子:
はい

相談者:
そうなった時点でえ、

今井通子:
はい

相談者:
仕事があるんで、

今井通子:
はい

相談者:
「仕事をしても良いか?」っていう事をお聞きしてえ、

今井通子:
はい

相談者:
そうしましたら、そっちの方で、「いや、良いですよ」っていうお話だったんで、

今井通子:
はい

相談者:
次の日、仕事をしたらしいんですよ、ちょっと我慢して。

今井通子:
・・うん、あ、腫れてんのにね?

相談者:
ええ

今井通子:
これ、腫れちゃったっていう状態でえ、ん、何か圧迫止血か、なんかで、処置はしてもらった?

相談者:
・・いや、なんか、機械が止まって、大騒ぎにはなったらしいんです?

今井通子:
うん

相談者:
そこで。

今井通子:
はい、いや・・

相談者:
そいで、

今井通子:
ええ、機械が止まって大騒ぎになりましたあ。

相談者:
はい

今井通子:
そのあとでえ、

相談者:
ええ

今井通子:
そこの場所の、

相談者:
ええ

今井通子:
えー、止血、圧迫止血う、をするなり、

相談者:
あー、その辺は、ちょっと・・

今井通子:
なんか、す、あの、手に包帯、ぐるぐる巻いて帰って来た?

相談者:
いや、一緒に同居じゃないもんで、

今井通子:
ああ、分からない?

相談者:
ちょっと分からないです。

今井通子:
うーん

相談者:
だけど、お店をやってるんで、

今井通子:
ええ

相談者:
次の日に、

今井通子:
ええ

相談者:
いっつも、献血する時は、お休みに行くらしいんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
で、次の日が仕事なもんで、

今井通子:
ええ

相談者:
「明日、仕事をして良いんですか?、この後、仕事、しても、症状的には良いんでしょうかね?」っていう、お聞きしましたら、
「良いですよ」っていうお話だったんで、

今井通子:
うん

相談者:
動いたらしんですね?、次の日。

今井通子:
はい

相談者:
そうしましたら、やっぱ、どうしてもやっぱし、腕が・・調子が悪いと。

今井通子:
うん

相談者:
そいで、そちら様に、言って、一緒に?、病院に、行ってもらったらしいんです。

今井通子:
あ、病院行ったんですね?

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
そうしましたら、あ、これは握力とか、色々して、「あ、漏れた結果だね」っていう、ふうな状態にはなったらしいんです。

今井通子:
ああ、なるほど、はい

相談者:
そいで、握力も全然なくてえ、

今井通子:
うん

相談者:
痺(しび)れて、

今井通子:
うん

相談者:
今、仕事が、お店を休んでる状態なんです。

今井通子:
握力低下が起こりました、はい

相談者:
はい。そいでお店今・・

今井通子:
で、しびれ、しびれは・・どこが痺れてますかね?

相談者:
指の、小指とお、薬指が痺れ、てるらしいです、今は。

今井通子:
全く感覚ないのかしら?

相談者:
感覚は、若干は、うんん

今井通子:
若干はある?

相談者:
あるみたいな言い方はしますけど、

今井通子:
はい

相談者:
握力が全然ないと。

今井通子:
あー、ちょっとそうすると・・

相談者:
そいで右手でえ、

今井通子:
うーん

相談者:
ラーメン屋なもんで、

今井通子:
うーん

相談者:
仕事が今、3ヵ月目、

今井通子:
はい

相談者:
出来ないんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
お店は、お休みしてます。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい。
で、こう、色々な、ところに相談には、行ったりは、やっぱ、本人あ、焦ってまして、そいで、何か、知り合い、の、知ってる人に、

今井通子:
うん

相談者:
弁護士さん、知ってるような人に、

今井通子:
はい

相談者:
声掛けてもらったりはするんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
「運が悪かったねえ」の一言で、

今井通子:
あー・・

相談者:
らしいんですよ、ほとんどが。

今井通子:
なるほどお。

相談者:
だからあ、もう、何て言うんですか?、夜も寝られないし、

今井通子:
うん

相談者:
・・っていう感じでえ、は、非常に焦っててえ、

今井通子:
うーん

相談者:
もう、イライラしてんです。

今井通子:
なるほど。

相談者:
ええ、そいで、家も買ったばっかりなんですよね(苦笑)

今井通子:
あー・・

相談者:
そいで、「1年間掛かる」って言われましたね。

今井通子:
うーん、なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
だから、

今井通子:
で、い、い、じゃあ、

相談者:
あの・・

今井通子:
この治療はしているんですがあ、

相談者:
はい

今井通子:
この治療は、あのお、あれですかね?、保険で?

相談者:
いやいや、保険じゃなく、そこで、

今井通子:
うん

相談者:
の、病院の?

今井通子:
・・はい

相談者:
あん、なんて言うんですか?、病院代は出して頂いてんです。

今井通子:
あー、なるほど。

相談者:
はい。
だけど、

今井通子:
うん

相談者:
その休業補償っていうんですか?

今井通子:
うん、あ

相談者:
仕事を、辞め、やってないっていう保障は、

今井通子:
うん

相談者:
やっぱり、取れないっていうんですか?

今井通子:
ああ、なるほどね?

相談者:
はい

今井通子:
あの、収入がない分の、

相談者:
はい

今井通子:
保障があ、

相談者:
はい

今井通子:
してもらえない、という事か。

相談者:
はい

今井通子:
そうするとやっぱり、経済的な問題の方が、先行き困ってるんですよね?

相談者:
今はね?、はい

今井通子:
あー・・なるほど。

相談者:
それに、1年掛かるっていう不安っていうんですか?、これが、

今井通子:
そうですね。

相談者:
絶対的に、1年したら治るっていう、

今井通子:
うん

相談者:
ハッキリしたもんでもないんです。

今井通子:
ま、まあ、ふふ(笑)

相談者:
何センチだったか、神経だったか、が、伸びるう、に、1年間ぐらい?、掛かるっちゅうだけで。

今井通子:
うん

相談者:
っていう、話だったですね。

今井通子:
そう、あのお、人によって、全く違いますしね?

相談者:
あ、そうですか?

今井通子:
うん

相談者:
だから、本人は・・・

今井通子:
ただ、そのお、全体的にい、考えると、大体、1年ぐらいで、人間の体って、

相談者:
うん

今井通子:
自然治癒力もあるので、

相談者:
ああ、そうですか。

今井通子:
あん、「戻って来ますよ」っていうお話だと思いますよ。

相談者:
はは、あー、はあ、はあ

今井通子:
はーい、で?、弁護士さんにも聞いたけどお、

相談者:
うん

今井通子:
「運が悪かったね」って言われちゃったとかっておっしゃってたけど、

相談者:
そうです。

今井通子:
それも、全部、息子さんが、色々こう、あちこち声掛けて・・

相談者:
動いてます。はい

今井通子:
動かれてえ、

相談者:
はい

今井通子:
そして、そうなっちゃったのね?

相談者:
はい

今井通子:
うん、で、お母様としては、

相談者:
はい

今井通子:
じゃあ、こ、息子さんが、ね?

相談者:
うん

今井通子:
今後どうしたら良いんでしょう?、というので、

相談者:
うん

今井通子:
お電話をこちらにくだすったわけ?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
お母様が、率先して弁護士さんとかなんかに聞いて回ったわけじゃあない?

相談者:
ないです。

今井通子:
あ、違うんですね?

相談者:
いや、うん、何か、わたしが、もう所帯も持ってえ?

今井通子:
ええ

相談者:
やってるもんで、

今井通子:
ええ

相談者:
そこら辺は、本人結構、そういう点では、積極的なもんで、

今井通子:
はい

相談者:
それにわたしも、まだ働いてますもんで、

今井通子:
はい

相談者:
あー、本人たちに任しといた方が、

今井通子:
うーん

相談者:
いいのかな?、とは、

今井通子:
思ってらっしゃる?

相談者:
思ってますけども、

今井通子:
ええ

相談者:
いや、心配もしてるんですけどもお、

今井通子:
うーん

相談者:
もう・・・

今井通子:
まあ、でも、ちょっとね?
今日はですね、弁護士の、坂井眞先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。
先生、よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。