「左様でございます」。海外生活が長くて日本の縦社会が不安な女35歳


テレフォン人生相談 2016年8月4日 木曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 最上雄基(心理療法研究)

相談者: 女35歳 イギリス人の夫32歳 子供はいない

今日の一言: 人間関係を第一にしない。第一にすると自分が自分にとって頼りなくなります。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願い致します。

加藤諦三:
はいー、最初に年齢教えて下さい。

相談者:
はい、35歳です。

加藤諦三:
35歳。
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
はい、32歳です。

加藤諦三:
32歳、お子さんは?

相談者:
あ、いません。

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
あ、はい。あのお、幼少の頃から、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、何か、結構、日本、と海外を、親の仕事の関係で行き来しておりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
あまりい、日本、で、あのお、住んだ事がなく、友達も、あの、誰もいなくですね(苦笑)

加藤諦三:
はい

相談者:
ほとんど海外で過ごして来た日本人なんですけれども(苦笑)

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
あのお、ちょっと親のお、都合でですね、

加藤諦三:
はい

相談者:
家業を継ぐ事になりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
来月から、日本に戻る事なったんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
日本人なんですけど、その日本の文化や、

加藤諦三:
うん

相談者:
習慣に慣れていなくてですね、

加藤諦三:
うん、はい

相談者:
あのお、特にその、日本の縦社会と、

加藤諦三:
はい

相談者:
建前社会というのが、

加藤諦三:
はい

相談者:
どうすればよろしいか、あのお、助言を頂きたく、

加藤諦三:
はい、はい

相談者:
お願い致します。

加藤諦三:
そすっと、幼少の頃は、あのお、日本と海外とを行ったり来たりという事で、小学校は・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ど、どちらですか?

相談者:
はい。4年生までは、日本に、過ごし・・

加藤諦三:
はい

相談者:
ました。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい。
・・小学4年生から、えー、高校2年生まで、また海外に、過ごしまして、はい

加藤諦三:
はい、そうすと、その小学生は高校2年生まで、というのは、1つの国ですか?、アメリカならアメリカ、じゃなくて色んな、

相談者:
あ・・

加藤諦三:
色んな国は行ってるんですか?

相談者:
あ、左様でございます。

加藤諦三:
あー、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
そうするとお、いくつぐらいの、

相談者:
全部で、5か国う、

加藤諦三:
5か国?

相談者:
に、

加藤諦三:
5か国もあれ?、あのお、アメリカ行ってえ、そして、オランダ行って、フランスで、というように、

相談者:
はい

加藤諦三:
欧米だけか、それともお、ん、フィリピンに行ってという、アジアも入ってんのかと。

相談者:
あ、欧米え、と、東南アジア、あと、中東お、になります。

加藤諦三:
そうすと、小学校4年生までだと、アイデンティティーとしては日本ですね?

相談者:
あ、そうですね、あのお、自分の性格も(苦笑)内気な部分がありまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
建前を、ま、悪く言えば、嘘お、と言いますか(苦笑)

加藤諦三:
はい

相談者:
そういう事を言ってしまう事があるんですけど・・はい

加藤諦三:
はい、あのお、あなたは、ん、自分のアイデンティティーっていうのかなあ?、そこら辺が揺らぐ事はなかったんですか?、わたしは日本人だと。

相談者:
あ、揺らあ、ぎい、ました。

加藤諦三:
揺らいでました?

相談者:
はい

加藤諦三:
んー、あの、小学校4、5年で行った場合ね?

相談者:
はい

加藤諦三:
例えば、2つあって、1つは非常に、揺らいで、その国にい、

相談者:
はい

加藤諦三:
同化してしまう場合とね?

相談者:
はい

加藤諦三:
から、もう1つはあのお、自分を日本人だと、

相談者:
はい

加藤諦三:
いう事もしっかり、こう、何故かも、小学校の頃からしっかりしていてえ、

相談者:
はい、はい

加藤諦三:
俺は日本人なんだ、っていう、

相談者:
あは(笑)そうで・・

加藤諦三:
だから、そういうケースと、相手に同化するケースと、あって、非常に違うんですけど、あなたの場合は、どちらかっていうと、

相談者:
はい

加藤諦三:
相手の国に同化してっちゃったん・・

相談者:
おっしゃる通りでございます。はい

加藤諦三:
そうですよね?

相談者:
はい

加藤諦三:
そして、自分が、内気、うー・・そうすと、友達も、それぞれの国にはいないんですね?

相談者:
ま、居ますけれども、やはり、本音、が言えない・・

加藤諦三:
本音が、

相談者:
はい

加藤諦三:
言えない。

相談者:
そうです。

加藤諦三:
そうすると、逆に自分の、強い感情っていうの今、あまりないですか?

相談者:
あんまりないです(苦笑)

加藤諦三:
つまり、ん、物凄い嬉しい事とかね?

相談者:
はい

加藤諦三:
ん、物凄い、これだけはわたし嫌なんだ、これだ、わたしって、これは出来ないんだとかね?

相談者:
はい

加藤諦三:
なんか、物凄い深い感動を覚える、喜びとかね?

相談者:
はい

加藤諦三:
なんか、感情そのものがあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
深いものでは、なくなって来てるん・・可能性があるね?

相談者:
あ、はい、そうですね。はい

加藤諦三:
うーん
それで、あなたがあ、こんで、

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
外国を終わって、日本に帰って来たんですね?

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
で、そこで、

相談者:
はい

加藤諦三:
その、大学はどこですか?、日本ですか?

相談者:
あ、え、日本ん、に、来まして、二十歳の時に、あの、日本の大学を中退しまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
またアメリカに、戻りました、はい

加藤諦三:
で、大学中退、日本中退でアメリカに戻って、アメリカの、

相談者:
はい

加藤諦三:
大学に戻ったんですか?

相談者:
あ、はい、そうです。

加藤諦三:
だけど、一応大学の、中では日本人じゃなくて、あなたは・・ほとんど、アメリカ人だったわけ、友達は?

相談者:
あ、そ、ま、あの、各国の、友達だったんですが、でも、なかなかあのお、親友っていう、親友が、あの、一度も出来た事がなくてですね、

加藤諦三:
うーん

相談者:
はい

加藤諦三:
あのお、親友っていう親友が一度も出来ないっていう事は、やっぱり・・あなたからするとあれですか?・・こう、自分の内気なものを持ってえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
・・んー、分かってくれるかな?、と思ってたら、非常に分かんない、

相談者:
はい・・

加藤諦三:
で、あなたとしては非常に積極的に、自分ん・・の感情を表現して行く事に、抵抗があるという事ですね?

相談者:
あ、そうですね。あ、自分の感情を出せるのは、あのお、その、夫、のみなんです(苦笑)

加藤諦三:
で、

相談者:
はい

加藤諦三:
ご主人はな、何人(なにじん)ですか?

相談者:
あ、は、イギリス人ん、になります。

加藤諦三:
あ、イギリス人ですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
あー、で、ご主人の職業から言って、日本にそのまま落ち着くという事は何の問題もないんですか?

相談者:
5年間は、あの、遠距離婚、という形で、

加藤諦三:
はい

相談者:
あ、あのお、ちょっと、母の、介護を、しなければいけなくなりまして、

加藤諦三:
あなたが母の介護でもって、日本?

相談者:
あ、と、あのお、この家業を、受け継ぐという、

加藤諦三:
てことで、日本?

相談者:
はい

加藤諦三:
それでご主人は、そうすと、イギリス?

相談者:
あ、はい、5年間は、あの、えー、イギリスのままで、居てもらうという事で。

加藤諦三:
あー、そうですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
それでえ、まあ、今のあなたの、悩みというのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
日本で、これで家業を継ぐ、これは、お父さん、お母さんの、

相談者:
ちょっと・・

加藤諦三:
要求?

相談者:
あ、はい、すみません、あの、父が他界しまして、あの・・

加藤諦三:
あ、もう、お父さまいらっしゃらないの?

相談者:
はい・・はい

加藤諦三:
で、これ何年前ですか?、お父さん亡くなられたの。

相談者:
あ、あのお、もう、あの、申しぬけるんですが、あの、先月に亡くなりまして、

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
あの、急な事だったんですけれども、

加藤諦三:
んー

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、家業を継ぐっていうのは、どんな仕事ですか?

相談者:
あ、はい、クリニックなんですけれども、

加藤諦三:
あ、クリニック?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい。
それで、お父さまが、やられていたクリニックをあなたが継ぐと。

相談者:
あ、はい、そうです。小さな病院なんですけど。

加藤諦三:
はい・・んで、内科とか小児科とか、

相談者:
はい

加藤諦三:
まあ、その、それぞれの、先生が、

相談者:
はい

加藤諦三:
いらっしゃると?

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすると、あなたとしては何?・・そうすと、そういう先生との、コミュニケーションも、非常に・・難しいと?

相談者:
あ、そうですね、あのお、皆さまあの、あのお、わたしよりも、10歳も、上の方ですので、

加藤諦三:
う、うん

相談者:
はい、日本の縦社会い、というのは、

加藤諦三:
うん

相談者:
初めててで。あの、どうすれば良いか、あの、ご教示頂ければ、

加藤諦三:
うー

相談者:
はい、お願いいたし・・

加藤諦三:
あのね?

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたの思っているよりも、

相談者:
はい

加藤諦三:
もう、すでに縦社会は崩れてると思います。

相談者:
あ、そうですか、はい

加藤諦三:
日本を離れてる、方が、よく誤解するのはね?

相談者:
はい

加藤諦三:
離れた時点で身に着けた日本文化が、

相談者:
はい

加藤諦三:
そのまま続いてると思うんですよ。

相談者:
ああ、そうですか、はい

加藤諦三:
だ、外国にいてる、居る人の方が、遙かに日本文化を身に着けてるっていう、日本人は随分いるんです。

相談者:
ああ・・

加藤諦三:
日本にいる日本人の方が、日本文化・・全く身に着けてないっていうのは・・

相談者:
ああ・・

加藤諦三:
特に最近のお、若い人の、については、

相談者:
はい

加藤諦三:
もう、驚くほど日本文化身に着けてませんし、

相談者:
はい

加藤諦三:
だから・・

相談者:
あー、そうですか・・

加藤諦三:
それほど、あなたがお、思うほど、

相談者:
はい

加藤諦三:
恐れる事では、ないと思うんですけれども、要するに、あなたが今あ、あ、今日の相談ていうのは、そういうあなたの、生活環境、

相談者:
はい

加藤諦三:
で、あなた自身は、自分は、内気なものだと、内気と思っていると。

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、だけどお・・このクリニックを、自分は、受け継がなければならない。

相談者:
はい

加藤諦三:
じゃあ、そういう、そのお、非常に不安な、中で、どういう風な、心構えでいいか?、という事ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい、ありがとうございます。

加藤諦三:
今日はスタジオに、あのお、心理療法研究の、

相談者:
はい

加藤諦三:
最上雄基先生がいらしてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。