怪我のメリットを考えましょう♪ 60肩でスーパー勤務がツライ男へ


テレフォン人生相談 2016年9月1日 木曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 田中ウルヴェ京(シンクロ銅メダリスト、メンタルトレーナー)

相談者: 男61歳 妻62歳 2人暮らし 長女38歳 長男36歳

今日の一言: 几帳面で義務責任感が強い真面目人間、人から認められたいという気持ちが強すぎます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願い致します。

加藤諦三:
はい。
最初に年齢を教えてください。

相談者:
61歳。

加藤諦三:
61歳。
えー、結婚してます?

相談者:
はい、結婚してます。

加藤諦三:
奥さん何歳ですか?

相談者:
え、62歳です。

加藤諦三:
62歳。
お子さんは?

相談者:
え、2人いまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
38歳の長女と、

加藤諦三:
はい

相談者:
さんじゅうー、ろく(36)歳、長男です。

加藤諦三:
はい。
で、このお2人・・

相談者:
えー、2人共独立してます。

加藤諦三:
独立してる?
すと、今お2人で暮らしてんですね?

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
ま、10か月ぐらい前に、ちょっと肩を痛めまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
会社あ、のお、内容が、ちょっと厳しくなってきたんで・・

加藤諦三:
あ、会社の内容ってことは、あなたあ、自分で、仕事をされてんですか?

相談者:
いや、いや、自分じゃないんですけど、えー、某スーパーで、勤めてます。

加藤諦三:
あ、そうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい。
要するに、ず、勤めている、その勤め、場所でちょっと、体がしんどくなったっていうことです?

相談者:
ええ、ちょっとしんどくなったんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、このままあー、勤めようか?勤めまいか?・・ま、やる気はあるんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと仕事の内容に、体が、ついていけないんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
心もちょっと、折れかかってるうー、みたいで。

加藤諦三:
はい

相談者:
ええ。
でえ、まあ、歳も歳なんで、今あたらあー、しい(新しい)ものが、頭の中に入っ、てきづらいんですよ。
いろんなあ、ことを、覚えなきゃいけないっていうか。
ま、そこにはもう何年も勤めてるんですけど、

加藤諦三:
あ、はい

相談者:
ちょっと内容が変わりまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
ええ。
覚えることもあるんで、それが頭ん中に入ってこないから、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっとついていけない状態になってるんですよね。

加藤諦三:
はいはい

相談者:
体も、ちょっと悪い状態になってるんで。

加藤諦三:
はい。
で、この肩を傷めるっておっしゃいましたけども、これは、あれですか?
あの、お医者さんかなんかに・・?

相談者:
ええ、一応あのおー、医者に行きまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、肩、ま、筋肉が腱板断裂っていう、診断をもらってるんですよ。

加藤諦三:
はい

相談者:
ええ。
それで、まあ、腕に力が、ま、握力もなくなっ、てるし、腕に力が、え、肩以上に、腕が上がらない、から、あと、左、え、まあ左手なんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
後ろに、回らないっていうことなんですけどね。

加藤諦三:
腕が上がらないっていうと、スーパーで仕事をしていても確かにキツイね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
荷物運ぶ時もね・・

相談者:
荷物運ぶ時には、ま、持てることは持てるんですけど、肩以上に、上がらない、から、結局右手で、持ち上げたりするんですよ。

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
でえー、ま、結局、右手ばっかり負担に、かかっちゃって、

加藤諦三:
ええ

相談者:
ええ、ま、右手もおー、ちょっと今、腱鞘炎みたいな状態に、なってるんですけどね?

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
ええ。
だからこのまま会社を続けて、いこうか?

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、このまま休職になるか?有休も、ま、40日ぐらい残ってるんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、使えたら使いたいんですけど、結局、私が休むと、私の上司が休めない状態になっちゃうんで、

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、悩んでるのもあるんですよ。

加藤諦三:
肩の痛みの問題っていうのは、分からないんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
あのお、これはあの、治るのは治りにくいん・・?

相談者:
治りにくい、

加藤諦三:
ですか?

相談者:
ですね。
このお、腱板断裂したとこは、ま・・お医者さんが言うには、「他の筋肉を、つけろ」と、

加藤諦三:
はい

相談者:
周りの、痛めたとこじゃなくて、

加藤諦三:
ええ

相談者:
えー、痛めてないところに、筋肉をつけて、

加藤諦三:
うん

相談者:
動かすような。

加藤諦三:
うんうんうんうん

相談者:
うーん

加藤諦三:
ということは、あのお、40日の、休職で、有給休暇を取っても、

相談者:
もう治せないんですよね。

加藤諦三:
まあお医者、お医者さんが言うには、良くはならない?

相談者:
と、思います。
医者からも、「良くなるか?良くならないか?は、分からない」って言われてますし、

加藤諦三:
あ、「分からない」って言われてんですか?

相談者:
そうなんですよ。

加藤諦三:
ああ、ていうことは良くなる可能性もあるわけね?

相談者:
あ、そうなんです。
良くなる、可能性もあるんですけど、まああのお、私の本人しん、次第っていうか、「痛いとこを無理矢理、少しでも動かして、」

加藤諦三:
あはい

相談者:
「筋肉をつけてくれ」って言うんですけど、やっぱり、1人で、ストレッチやったり、何かしたりするのも、結局痛いから、無理しなくなっちゃうんですよね。

加藤諦三:
うん。
あの今あなた、「心が折れかかってる」って、お、

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
言われましたけどね?

相談者:
結局、自分の、この、左手があまり動かないから、

加藤諦三:
ええ

相談者:
やっぱり、思うような仕事があっても、

加藤諦三:
ええ

相談者:
こう、急いだり、なんか、できないじゃないですか?

加藤諦三:
ええ

相談者:
ええ。
だから、仕事も遅くなっちゃったりするから、

加藤諦三:
ええ

相談者:
上司に迷惑かけてるなっていうのもありますから。

加藤諦三:
ええ、ま、その上司に、とかね、周りに迷惑をかけてるってのは、恐らくあなた凄い生真面目だから、

相談者:
んん、はい

加藤諦三:
あのお、そこら辺のところは、凄い辛い、

相談者:
ええ

加藤諦三:
とこなんだろうと思うんですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
自分が迷惑をかけてるっていうことがね?

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
だけど何となく、そのお、肩の問題ってのはあるけれど、気持ちの、方も、せ、一つ、こう、退行気味っていうか、

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
前向きに、なれなくなってしまったり、

相談者:
ええ

加藤諦三:
いて、だからそれが、す、ストレッチをやる、つも、気力も出ない、

相談者:
ええ

加藤諦三:
他の筋肉をつける、

相談者:
うん、そうなんですね。

加藤諦三:
ということをお医者さんに言われても、なんかそう、そういうことをする気力もできないと?
うん、出てこない・・

相談者:
うーん、今、ちょっと、そういう状態になっちゃってますよね。
体が疲れてるのもありますし。

加藤諦三:
うん、だから体あ、の問題もあるけど、

相談者:
うん、心の問題もありますね。

加藤諦三:
心の問題もあるよね?

相談者:
はい、ええ

加藤諦三:
心があれで、だからほら、いや、あまあ、「お医者さんは、『良くなるかもしれない』って言ってんだから、」

相談者:
ええ

加藤諦三:
「やってみようか」

相談者:

加藤諦三:
というように気持ちが・・

相談者:
と、ちょっと前までは思ってたんですよ(笑)

加藤諦三:
ああー

相談者:
でえ、それなりに、のことはやってたんですけど、

加藤諦三:
ええ

相談者:
で、今もたまに、ちょっと体の調子が良いと、動かしたりやなんかしてるんですけどね?

加藤諦三:
ええ、ええ。
それでえ、先程お、その周りに、ま、そういう状態で周りに、そのお、いろいろね?

相談者:
はい

加藤諦三:
迷惑をかけてるってのは、す、凄くあなたが、心配してるってのはよく分かるんですけど、

相談者:
ええ

加藤諦三:
上司、は、どういう風に、言われてんですか?

相談者:
えーとですね、一応あの10か月前に、あのお、ここ痛めた時に、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、10日間ほどおー、お医者さんから診断書貰いまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
休んでたんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
別に一向にも良くならないし、お医者さんに相談したら、

加藤諦三:
うん

相談者:
「家(うち)に居ても、しょうがないんで、ある程度、動かした方が良いよ」と言われたんですけど(笑)、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、ある程度動かすような仕事じゃ、結局、今のところなくなってきちゃったんですよね。
普段の仕事お、の状態になってるんで。

加藤諦三:
ああ、ああ、ああ

相談者:
で、結局私の代わりに、やる者が、結局いない、ですから、

加藤諦三:
うん

相談者:
会社も休めないし。

加藤諦三:
うんうん。
んー、ま、それで悩んで今、どうしよう?と思ってるか、っていうことですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
分かりました。

相談者:
ええ

加藤諦三:
今日はですね、

相談者:
はい

加藤諦三:
スタジオに、シンクロの、銅メダリストで、

相談者:
はい

加藤諦三:
メンタル、トレーナーの、

相談者:
はい

加藤諦三:
おー、田中ウルヴェ京先生がいらしてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、お願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。