基本の相続。悲惨な生い立ちの女47歳は前科持ち行方知れずの父と縁を切りたい


テレフォン人生相談 2016年9月16日 金曜日

パーソナリティ:  ドリアン助川
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女47歳 結婚している 子どもはいない 行方知れずの父 母とは物心つかないときに生き別れ

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談ですう。

相談者:
あ、もしもし?よろしくお願いします。

ドリアン助川:
よろしくお願いします。
えー、今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
あ、父とのお、えー実の父とのお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
関係をお、あのお・・・ま、出来れば絶ちたいな、というのお、が、主お、な、相談でえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
父い、が・・ま、今、全然、交流はないんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、もし、その、父親があー、亡くなった事お、があ、分かった時にい、もし、その時にい、ま、例えば、あそのお、父親が借金を残してるとか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そういう、事があった場合、そのお・・わたしい、は、どしたら良いのかな?、という・・相談、です。

ドリアン助川:
あー・・今借金を残してるという風に、いー、ま、その推測でしょうけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
財産が、たくさんあるという事は・・逆にないんですか?

相談者:
いえ、あのお、多分、財産はないと思うんですけども、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
えっと、わたしいー・・元々あの、父、とは、ほ、ホントに子どもの頃から、あまり一緒に住んだ事もなくてえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そのお、逆にその、大人あー・・わたしが大人になって、就職してからあ、あの、連絡が・・一時期、ついたりつかなかったりっていう事があ、も、あったんですけどお、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
その、連絡は、つ、ついてた時にい、ま、お金の、む、無心ん、されてえ、んで、わたしとしてもお、その、自分一人い、の、生活う、が、いっぱいだったので、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ホントに、貸すお金もなくてえ・・あの、それでもなんか、しつこく無心して来てえ、結局あのお、当時の消費者金融から、お金え・・を借りてえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、それをお、まあ、父に渡してたっていう、感じなんですけど、

ドリアン助川:
あなたがね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あなたがあ、お金をお父さんのために借りてえ、

相談者:
はい

ドリアン助川:
そして、それを渡したという事があったわけですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい
で、その後、今、交流がないわけですよね?

相談者:
うん全然ないです。

ドリアン助川:
うーん、じゃもう少し詳しく教えて下さいね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、ほとんどお父さんとは暮してないという事は、これ、お、あん、離婚されたんでしょうか?

相談者:
父と母あー・・そのお、わたしがまだ物心つく前にい、

ドリアン助川:
はい

相談者:
一度離婚してましてえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、わたしが物心ついた時にはあ、も、2番目の母が、いたん・・ですね。

ドリアン助川:
えーと、あなたの実のお母さんが、

相談者:
はい

ドリアン助川:
出てってしまったって事ですね?離婚をして。

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
で、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あ、あ・・

相談者:
出てったのか、追い出されたのか分からないんですけどお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、まあ、今まで会った事がないんですけど、あのお、ま、祖母お・・父方あ、の、あの、祖母から、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのおー・・ま、「あんたには1個ひとつ、し、下の、妹がいるよ」っていう事も、をお、聞いた事が、あるんー、ですけどお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、その妹にもお、まだ、わたしは会った事がないんです。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
う、あのお、ま、父も、あの、凄く(吐息)ほ、ホントにわ・・うん、長い事(鼻をすする)一緒にい、暮した事がなくて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、わたしの記憶があるのは、幼稚園の時、とお、ま、中学校卒業するうー・・時、ぐらい、い、ぐらいしかもう、全然、も、それ以外あ、一緒に暮した、記憶が、あんまり、ホントになくてえ、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
あのお・・一時期その、ま、父が、こう、いろん・・その・・ま、犯罪、(吐息)犯罪いー、を、犯して、#$%◆服役してたりい、

ドリアン助川:
あー、そうなん・・大変・・

相談者:
してえ、でえ、あの、その時は祖母と住んでたん・・です、けどもお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
・・っていうのが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま・・

ドリアン助川:
わ、若い頃ね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
うん、あん、ごめんなさい。今ね、えーと、おいくつでいらっしゃいますか?

相談者:
あ、今あ、47です。

ドリアン助川:
47歳?

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、えー、ま、その、これまでの、辛かった過去、語って頂いてるわけなんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーと、もう一回整理していいですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、あなた・・を、お産みになった、お母さん、実のお母さんの記憶は、ほとんどないんですね?

相談者:
あー、もう、全然ないですね。

ドリアン助川:
ええ、というのは、あなたがおいくつの時離婚されたんでしょう?

相談者:
んー・・・あの、ま、祖母から聞いた話ではあ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、1つか、2つって、言ってましたけどお、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
あの、

ドリアン助川:
でも、ま、ホントに分かんない頃に・・

相談者:
はーい

ドリアン助川:
ええ、それで、えーと、あなたがその物心ついたってのは幼稚園ぐらいのこ、こ、話かな?

相談者:
はい

ドリアン助川:
その、その時には、もう、新しいお母さんがいたという事ですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
んで、この新しいお母さんとお父さんとの家庭で暮らして行くはずだったんだけど、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、お父さんは、その後なんですか?、犯罪を犯して服役したというのは。

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
またあの、ふらふらと、なんかどっかに、行ってしまってえ、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
んでえ・・その2番目の母も、あの、結局う、わたしが小学校ご、4年生か5年生ぐらいまで?

ドリアン助川:
はい

相談者:
一緒に暮してたんですけどお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その、母が、あのお・・置き手紙してえ、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、出て行っちゃったんですね。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
でも、その頃も、父も、行方不明だったので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ホントに、あの、服役してんのかどこを、ウロ、ウロウロしてんのか分かんなくってえ、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
でま、たまたまそのお、2番目の母と、その、じさ、住んでた場所があ、そのお、祖母お、があ、暮してた、親戚の、家の近くだったので・・ま、たまたま、あのお、こう・・迷子に、なる事はなかったんですけどお、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
うーん

ドリアン助川:
ま、親戚い、の、おー、おじさんやおばさん、ん、に、と、時には頼りながら、その後は、暮して来たという事、ですかね?

相談者:
そうです、はい

ドリアン助川:
はい。で、えー、それ以来、つまり、もう、あなた小学校よ、4、5年生で、えー・・ま、ホントに、天涯孤独になられてしまって、

相談者:
はい

ドリアン助川:
でえ、しかし、おばさんとかおじさん、が、ある時期は支えてくれたと。

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
ね、ま、ホントにご苦労、でしたねえ。

相談者:
あ、はい(苦笑)

ドリアン助川:
ええ、それで、今、あなたは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーとー、47歳、ご家族はいらっしゃるんですか?

相談者:
はい、あのおー・・結婚して、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
えーとー・・はい、今、結婚してます。

ドリアン助川:
結婚してます?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、なんかちょっと今、口ごもりましたけども、

相談者:
あ、いえ、いやあ(笑)

ドリアン助川:
ええ

相談者:
今、あのお、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
えっとお、結婚してえ、あのお・・その、今のお、だん、主人の、

ドリアン助川:
はい

相談者:
住んでる場所にい、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのおー・・ん、来たんですね。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
でえ、あの、結婚する時にい、まあ、わたしの父があ、こういう事でえ、ま、色々、まあ、自分の親戚にも迷惑かけたし、でえ、父から無心された・・お金の、借金も持ってるっていう事を、も、含めてえ、それを受け入れてくれてえ、そのお、ま、主人ん・・・や、あの、主人の両親ん・・が、ま、迎えてくれたんですね。

ドリアン助川:
ああ、お子さんはいらっしゃるんですか?

相談者:
いえ、いません。

ドリアン助川:
いらっしゃらない?

相談者:
はい

ドリアン助川:
うんふん、あなた、は、これ、最初の結婚なんですか?

相談者:
はい、そうです。

ドリアン助川:
あ、そうですか?・・分かりました。
あのお、ほ、ホントにご苦労、が、多かった、半生だというふに、思いますが、

相談者:
はい

ドリアン助川:
え、じゃ、専門的には、法的にはどうなのかという部分を、

相談者:
はい

ドリアン助川:
え、今から、あの、今日の先生に、教えてもら、いたいと思います。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、弁護士の塩谷崇之先生です、よろしくお願いします。

相談者:
はい、よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「基本の相続。悲惨な生い立ちの女47歳は前科持ち行方知れずの父と縁を切りたい」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。