「ケツ貸せ、舐めろ」職場でからかわれる51歳はアルコール依存症の元で育ったモデル


テレフォン人生相談 2016年9月20日 火曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: タクシーの運転手の男51歳 未婚 79歳の母と2人暮らし 父は5年前に他界 既婚離婚係争中の弟48歳

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
あの、よろしくお願いしますう。

今井通子:
はい、今日はどういったご相談ですかあ?

相談者:
わたしのお・・・これからのお・・人生を・・どう生きて行ってらいいかっていう、事で、ちょっとご相談したいなと思ったんですけども。

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
あなたはおいくつですかあ?

相談者:
51歳ですう。

今井通子:
51歳?

相談者:
はい

今井通子:
おひとり?

相談者:
ええ、独身なんですう。

今井通子:
親御さんはいらっしゃる?

相談者:
父親は5年前に、他界したんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
えっと、母親が79歳で、母親とふたり暮らしです。

今井通子:
あ、なるほどね。

相談者:
で、あとお、48歳の弟がいまして、これは今あ、ちょっと離婚のお・・係争中なんですよね。

今井通子:
ああ・・

相談者:
ええ

今井通子:
まず、あなた自身は、

相談者:
ええ

今井通子:
これあの、今までずーっと独身でいらっしゃるの?

相談者:
そうですう。あのお・・・

今井通子:
結婚した事がない?

相談者:
結婚した事ないんです。

今井通子:
ないんですね?

相談者:
ええ、ええ

今井通子:
で、あの、ずっとご自宅は実家にいらしたわけ?

相談者:
24年ぐらい前からあ、んーと、10年間ほどは、外で暮らしてました。

今井通子:
あ、なるほど。

相談者:
うー、実家を出て、あのお、あの、ちょっとお、都会の方に出てね、アパート、1人でアパート暮らししてたんですけども。

今井通子:
はい

相談者:
ええ

今井通子:
で、この時は、お仕事のために、都会に出られたっていう事?

相談者:
そうですう。

今井通子:
はい

相談者:
アルバイト的な仕事でした。

今井通子:
ああ、なるほどね、

相談者:
ええ、うん

今井通子:
アルバイトをされていたと。

相談者:
そうですう。

今井通子:
はい。でその後・・

相談者:
実家に戻って来たんですよお。

今井通子:
実家にお戻りになったんですね?

相談者:
え、それで今の仕事に・・それで・・

今井通子:
で、その、今、今の仕事は、アルバイト?、それとも・・

相談者:
いえ、正社員です。

今井通子:
あ、正社・・なるほど・・

相談者:
今は正社員で働いてます。

今井通子:
会社にお勤めになってらっしゃるのね?

相談者:
そうです。

今井通子:
はいはい

相談者:
はい

今井通子:
で、そうすると、もう10年以上、14年間は、

相談者:
うん

今井通子:
会社に勤めてらっしゃるって事?

相談者:
そうです。

今井通子:
はい

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
でえ、お母さまとご一緒に暮してらして、

相談者:
ええ

今井通子:
な、何をお、感じて・・今、ここで、人生を考えなきゃならなくなっちゃったんですか?

相談者:
わたしのお・・死んだ父親っていうのが、ふ、あのお、酒乱でしてねえ。

今井通子:
はい

相談者:
暴力を振るうような人だったんですよお。

今井通子:
はい

相談者:
それであの、さ、特に酒が入るとねえ?

今井通子:
はい

相談者:
始めは怒鳴ってるだけなんですけど、暴力が、飛んだり、物を投げたりねえ、

今井通子:
あらあ

相談者:
し、酷い時だったら、包丁やバットを持って追っかけまわして、外へ・・追い出して、鍵を掛けちゃうとか、そういうような事までもしてたんです。

今井通子:
それは、あのお、被害者はあなた?

相談者:
あ、わたしよりも、どっちかってと、母です。

今井通子:
あー、お母さまにねえ?

相談者:
そです、それをね、ずっと見てたんですよ、わたし。

今井通子:
はい

相談者:
で、す、それをお、見るたびに、いつも暗い気持ちになって、なりましてねえ。

今井通子:
はい

相談者:
学校行っても、す、す、なんか、暗い、に、人間で、苛めとかにも遭っちゃってえ、

今井通子:
はい

相談者:
トラブルを起こした事もあったんですよ。友だち誘って、どっか遊びに行っちゃったりとかねえ?

今井通子:
あ、えっと?、それは何?

相談者:
はい

今井通子:
あの、あなたが?

相談者:
そうですう。

今井通子:
あなたが学校行って、勉強しなきゃいけないのに(笑)

相談者:
うーん

今井通子:
友だち誘って、

相談者:
ええ

今井通子:
どっかに遊びに行っちゃった?

相談者:
うん、それとか、あとは、友だち・・

今井通子:
うん、それは、あえーと、小学校の時?、中学校の時?

相談者:
小学校の時です。

今井通子:
小学校の時?、はいはい(苦笑)

相談者:
で、中学校の時にもね、やっぱり、そん時は友だちは誘わなかったんですけど、

今井通子:
うん

相談者:
あの、やっぱり、1人でね?え、学校行くのが嫌になっちゃってえ、

今井通子:
はい

相談者:
どっか遠くの方に遊びに行って、ん、何日も帰らないとか、そういう事があったんですよねえ?

今井通子:
はい

相談者:
でえ・・それ、高校に行ってからも、あ、そういう事あったんですう。

今井通子:
はい

相談者:
でえ、何とかま、学校は卒業して社会人になったんですけどもお、

今井通子:
はい

相談者:
やっぱりい、すす、学生時代人間関係が上手く行かなかったせいもあるか、

今井通子:
はい

相談者:
あるってか、やっぱり、社会に、は、出てからもね、仕事が長続きしなくて、いくつか転々変わったりねえ?

今井通子:
はい

相談者:
やっぱり、苛めみたいな事もあってえ、

今井通子:
ええ

相談者:
随分、辛い思いしたんですけどもね?

今井通子:
はい

相談者:
で、24年前に家出たっていうのも、実はやっぱり、父親の・・酒乱が嫌にな・・

今井通子:
うーん

相談者:
たんでえ・・それで、嫌気が差しちゃって、あの、す、仕事も・・家も放り出した形で、家出、同然みたいな形で家出ちゃったんですう。

今井通子:
はい

相談者:
で、都会に出て、アパート借りて1人暮らししてえ、

今井通子:
はい

相談者:
あのお・・そう、そんな状態だからあ・・アルバイト的な仕事しかなくてえ、

今井通子:
ええ

相談者:
でも、その仕事は、10年間続けたんですけどもねえ?

今井通子:
はい

相談者:
あの、とにかく、ま、家のお・・という酒乱から離れて良かったと思うんですけどもお、

今井通子:
はい

相談者:
い、10年間、る、あのお、離れてる間に、だいぶ父親の方もお、態度も柔らかくなって来たようだったんでね?

今井通子:
うーん

相談者:
もう、いいかな?、と思ってえ、

今井通子:
はい

相談者:
帰って、家、同居するようになったんですけどもお、

今井通子:
はい

相談者:
今度、今、勤めてる会社なんですけどもね?

今井通子:
はい

相談者:
ま、わたしあの・・タクシーの運転手してるんですけどお、で、ライバル会社の人、一緒な、いるんですけどね?

今井通子:
はい

相談者:
そん中の1人の人が、わたしに目つけてね?

今井通子:
はい

相談者:
なんか、変な事言うんですよねえ?

今井通子:
はい

相談者:
「俺の、俺のを舐めろ」だとかねえ?
「ケツ貸せ」だとか、変な事、い、い、言って来てねえ?

今井通子:
はい

相談者:
わたしはその時、その場では、冗談で、「いいです、いいです」なんてえ、やってたんですけどお、

今井通子:
はい

相談者:
なんか、そ、そういうのも、疲れちゃって、ウツみたいになっちゃいましてねえ?、わ・・

今井通子:
その方が、

相談者:
うん

今井通子:
まだ、お付き合いがあるわけ?

相談者:
今ですか?

今井通子:
うん

相談者:
今は、わたしも持ち場が変わりましたんで、お付き合いはないんで、

今井通子:
うん、それは、何ヵ月ぐらいあったわけ?

相談者:
わたしが今の持ち場に、移って来たのが、大体い・・3年前だから、5、6年ぐらいは、あったか、ありましたかねえ。

今井通子:
なるほど。
それで、今後の事については、どういう事なんでしょ?、その、人生どうしようかな?、っていう風に(含み笑い)、最初、おっしゃってたから。

相談者:
ええ、時々、気持ちが煮詰まっちゃう時があるんですよお。人間関係が上手く行かなくてねえ?

今井通子:
うん

相談者:
あのお、ちょっと失言し、して、相手を怒らしちゃったり、する事も、あるん、あるんですよねえ。

今井通子:
はい

相談者:
最近、2ヵ月ぐらい前なんですけどお、あのお、弟の嫁が、やって来て、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、弟に不利にな、なるような証言をね、のこのこ書いちゃってね?

今井通子:
ええ

相談者:
弟に大激怒されたりした事もあるんですねえ。

今井通子:
はあ

相談者:
こういう失敗とかもお、するん、す、するんですよねえ。

今井通子:
はい

相談者:
だから、わたしいい年してね、ホントに・・50も過ぎて、いい年してえ、こういう人間関係も上手く行かないし、こやって、粗相や失言もするんでね?

今井通子:
はい

相談者:
あのお、これから、どういう心持ちでね、生きて行ったら良いのかね?、自分でちょっと分からなくなっちゃ、てえ・・

今井通子:
あ、そういう意味なのね?

相談者:
ええ

今井通子:
なるほど。

相談者:
う、ええ

今井通子:
お、お母さまは何ておっしゃってんの?

相談者:
ええ、母はね?、ちょっと、わたしとしては、あんまり、相談したくない(苦笑)・・相談しな・・うん

今井通子:
じゃ、ご相談はしてらっしゃらないわけね?

相談者:
ええ

今井通子:
はい

相談者:
子ども時代、やっぱり、母親にもね、随分、折檻(せっかん)みたいな事された事もあってね?

今井通子:
ええ

相談者:
なんか、母親に対しても、ちょっとお、反抗的な気持ちもあってえ、

今井通子:
ええ

相談者:
まあ、あんまり、は、腹の底から、話すって事は、どうしても、し難いんですよね。

今井通子:
お母さんにはね?

相談者:
ええ・・こんな話し、してにしても、笑われるだけだと思って、誰にも、出来なかったんですけどお、うーん

今井通子:
だけどお、

相談者:
ええ

今井通子:
今後どうしたらいいか?、っていう事ですよね?

相談者:
そうですね、ええ

今井通子:
今日はですね、

相談者:
ええ

今井通子:
精神科医の、高橋龍太郎先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。

相談者:
あ・・

今井通子:
先生、よろしくお願い致します。

相談者:
はい、よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。