娘の胸ぐら掴んだら児相に逃げ出して会えなくなった。毒親が連鎖する


テレフォン人生相談 2016年9月28日 水曜日

パーソナリティ: 加藤諦三:
回答者: 最上雄基(心理療法研究)

相談者: 女41歳 夫41歳 13歳(中1)の娘は現在児童相談所にいる

今日の一言: 親が子どもに甘える親子の役割逆転とボールビーが言ってます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願い致します。

加藤諦三:
はい、最初に、えー、年齢教えて下さい。

相談者:
はい、えー41歳です。

加藤諦三:
41歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
41です。

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
えー、中学1年生13歳です。

加藤諦三:
はい、男の子、女の子どっちですか?

相談者:
あ、娘です。

加藤諦三:
お嬢さん。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、今、3人で暮らしてるんですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。
で、どんな相談ですか?

相談者:
はい、えー、娘え、が、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、わたしを凄く拒絶しておりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、その心を取り戻したいと思っております。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
どういう時に、娘は自分を拒絶してるなあ、と感じたんですか?

相談者:
はい、えーと・・4ヵ月前に、主人の方から、離婚ん・・の話が出ましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、その際に、娘の方が、

加藤諦三:
はい

相談者:
「パパと一緒に暮したい」という事で、

加藤諦三:
はい

相談者:
言われました。

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、その間ずっと、3、4ヵ月ずーっとわたしの方で、あの、説得、は、「わたしの方と一緒に住んでいただきたい」という事で、話をすれ・・

加藤諦三:
いや、住んで・・あの、子どもにですね?、直接、

相談者:
はい

加藤諦三:
あのお、「ママと一緒に住もうよ」という事を言ったっていうわけですね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
で、あの、そのような形でお、お話をしていたんですけれども、

加藤諦三:
うーん

相談者:
すればするだけえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお・・拒否反応が出てしまいまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
焦ってしまって、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと感情的に、なってしまいまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
最終的には、あのお、娘に、ビンタ・・

加藤諦三:
はい

相談者:
をしてしまいました。

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、胸ぐらも掴んでしまいまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、あのお、その出来事があった4日後に、学校の方から、

加藤諦三:
ええ

相談者:
あの、学校を通して、

加藤諦三:
はい

相談者:
本人が、「児童相談所の方に行く」と。

加藤諦三:
はい

相談者:
「家には帰りたくない」という事で、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、現在、児童相談所の方に、おります。

加藤諦三:
あーはあはいはい
で、離婚の話が出る前から、要するに、家の中は、あれですよねえ?、ん、温かい雰囲気ていうの当然なくて、

相談者:
そうですね、あのお、日頃から、夫婦喧嘩は、ありました。

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、4年前も、かなり大きな喧嘩をしまして、その時も、かなり、あの、離婚をするしないで、揉めてはいたんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、ま、一旦、子どももまだ小さかったのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
落ち着いてという事でえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
やり直してたんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
きっちりと、話をしないまま、スタートをしてしまったのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
お互いにきっともう、いっぱいいっぱいに、なってしま・・って今回、主人の方から、「離婚ん、して欲しい」という形で、

加藤諦三:
うんうん

相談者:
言われました。

加藤諦三:
どういうところで、その、大きく食い違って来たんですか?

相談者:
んー、なん、ホントにしょうもない、些細な事お、なんですけれどもお、

加藤諦三:
はいはい

相談者:
そうですね、えー、7年、ほど前にい、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、ちょっとご近所さんと、わたしの方で、トラブルう・・をしてまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、ま、言いがかりをつけ、られてしま・・てえ・・

加藤諦三:
はい

相談者:
うーんあのお、叩かれたので、叩き返したっていう事で、警察沙汰になったっていう事も、

加藤諦三:
うん

相談者:
ありますしい、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま・・もっとほじって行けば・・主人は良かれと思ったんですけど、あのお、わたしの実家の方で、

加藤諦三:
はい

相談者:
面白おかしくう、わたしの事を言ったんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
クソ真面目な(苦笑)わたしの両親は、それを真面目に受け取ってしまって、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしの事を、電話で、

加藤諦三:

相談者:
毎日、1日に何百回って電話が掛かって来て、「何をやっているんだ」と。

加藤諦三:
うーん

相談者:
あのお、延々、1ヵ月う、ちょっと、責められましたね。

加藤諦三:
うん

相談者:
うーんで、そこからわたしもちょっと、疎遠に、なってしまったんですけれどもお、

加藤諦三:
それで、あなたは、その、あなたの事を面白おかしく、言った、あの、ご主人が許せないっていう事ですね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
うーん、なんか、話を聞いてると、

相談者:
あっ(笑)

加藤諦三:
夫との関係も深刻だけど、あなたの両親との関係も深刻ですね。

相談者:
そうですね。あのお・・

加藤諦三:
両親は、もうほんっとに、物凄い、憎しみを、心の底に、抱いてますねえ。

相談者:
わたしが、持ってますね。

加藤諦三:
いや、あ・・

相談者:
あ・・

加藤諦三:
あなたが両親を、憎んでるのは、も、もちろんですけど、両親自身があ、

相談者:
うーん

加藤諦三:
物凄い、隠された敵意がありますね。

相談者:
うーん、わたくしが小さい時から、も、両親はあ、家庭内別居、のような状態で、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしを挟んで、お互いが話すっていう形い、を、取っていました。

加藤諦三:
うんうーん、恐らくあなた自身もそういう環境の中で育ってるからあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
こう、人と上手く、その気持ちを理解し合うっていうのが、難しいんじゃないのかなあ?

相談者:
うーん、そうだと思います。

加藤諦三:
そうだよねえ?

相談者:
はい

加藤諦三:
うーん、だからあ、そのお嬢さんがあ、あなたと一緒に、居たくないっていう・・事は、あなたあ、は、何となく、う、理解できるわけ?

相談者:
うん、何となくは、理解はしています。

加藤諦三:
父親の方に・・行くという姿勢は許せないわけね?

相談者:
許せないというか、

加藤諦三:
うん

相談者:
悔しいですよね。

加藤諦三:
うん

相談者:
あ、母親なのに(涙声)

加藤諦三:
うん

相談者:
選んでくれなかったっていう気持ちがいっぱいで(涙声)

加藤諦三:
うん

相談者:
うん

加藤諦三:
あなたあ・・この、お嬢さんとの関係以外でえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
やっぱり人間関係で色々・・ゴタゴタしたっていう事はあります?
さっきあの、近所の、トラブルってありましたけど。

相談者:
いや、大きな事はなく、あまりこう、言われると、すーっと引いて行く、感じですね。わたしは。

加藤諦三:
あ、引い、く、方ですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
攻撃的になる方じゃないのね?

相談者:
えっとお、主人には、かなり、攻撃的かもしれません。あの、自分の気持ちを分かってもらいたくって、かなり・・主人には、わーっと言います。

加藤諦三:
ていう事は、あなたあ、一番ん、頼ってるのはご主人なんだ。

相談者:
そうです。

加藤諦三:
うーん、一番た、

相談者:
いや

加藤諦三:
大切なのも、お嬢さんなんだ。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、その両方を、今、失っちゃうんだよね?

相談者:
そうです。あのお、娘が、わたしに、「会いたい」と、

加藤諦三:
うん

相談者:
言わなければ、会っていただけないんですね。

加藤諦三:
うん

相談者:
で、それが、結局、娘の心が、解けない限り、わたしは、会えないし、

加藤諦三:
うん

相談者:
私の方から、何かする、とま、警察も動きますし、

加藤諦三:
うん

相談者:
行政も動きますしっていう、

加藤諦三:
うん

相談者:
状態なので、

加藤諦三:
うん・・で、今日の相談というのはですね、

相談者:
はい

加藤諦三:
心を解かすにはあ、どうか?、っていう・・

相談者:
そうですね、もう、はっきり、言ってしまえば、

加藤諦三:
うん

相談者:
娘が・・そのわたしに対して、拒絶をしている、

加藤諦三:
うん

相談者:
気持ちを・・どうしたら、解いていただけるのかな?と。

加藤諦三:
うーん

相談者:
わから・・

加藤諦三:
今日はスタジオにですね、

相談者:
はい

加藤諦三:
心理療法研究の、最上雄基先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、はい、お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「娘の胸ぐら掴んだら児相に逃げ出して会えなくなった。毒親が連鎖する」への1件のフィードバック

  1. 子供が施設に行きたいと学校に相談して即効施設に行く 
    なんて事が本当にあるのでしょうか
    今までもそういうことがあって
    目に見えるあざとかがあったとかいうならわかるけど

    この相談者何かトラブルがあると引く方ですって答えてたけど
    そんな人が近所で警察沙汰になるようなことにならないはずだし
    家庭での【些細な事】も家族にとっては些細な事ではなかったはず
    親から一日何百回も電話がかかってきて・・・・・
    なんてどう盛っても数十回のはず
    なんとも納得のいかない相談でしたね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。