居眠りする妻を毎晩叱るモラハラ夫。メンタル壊れた娘は離婚できる?


テレフォン人生相談 2016年10月4日 火曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女59歳 結婚4ヶ月で戻って来た娘29歳 婿29歳

スポンサードリンク

今井通子:
もしもし?
テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、よろしくお願い致します。

今井通子:
はい、こちらこそ。
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
えーっと、

今井通子:
はい

相談者:
29歳になる一人娘なんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、結婚してまだ4ヶ月しかなってないんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
突然帰ってきて、「別れたい」っていうことでちょっと、ご相談したいと思いまして、お電話しました。

今井通子:
はい、分かりました。
あなたはおいくつですか?

相談者:
私は59歳です。

今井通子:
59歳。

相談者:
はい

今井通子:
ご主人は?

相談者:
60です。

今井通子:
で、お嬢さまから、離婚をしたい理由を、お聞きになりました?

相談者:
はい。
えーっと、結婚してからですけれども、旦那様が、些細なことで怒るようになりまして、

今井通子:
はい

相談者:
その怒ることが、会社が終わってから、ご飯食べてから、なんか延々怒るらしくて、

今井通子:
はい

相談者:
なんかちょっと、夜も遅いもんですから、ちょっとうつうつと寝てしまったりすると、その寝てることにも怒って、

今井通子:
はい

相談者:
相手の人が、寝てからでないと自分が寝られないような状況に怒られるっていうことで、それが毎晩のように続いてるものですから、「昼真寝れば良いかな?」と思ってても、なかなか昼も寝てると、またそれで怒られると思って、何か自分の思考回路が、おかしくなったみたいで、考えがまとまりつかず、悪いのか?良いのか?あのお、少し娘が、パニック状態になりまして、

今井通子:
はい

相談者:
それで戻ってきたみたいでした。

今井通子:
はい

相談者:
それであの、私達も、最初は分からず終いで、

今井通子:
ええ

相談者:
「娘のわがま、まで、そんな風になってるんだ」と思って、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、「帰りなさい」っていう感じで、勧めてたんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
あ、泣きじゃくるばかりで、なんかそういう話になると?自分のふり、あの、左腕を?強く掴んだりして、傷つけて、痣(アザ)がたくさん出来てるような状態になってるんですよ。

今井通子:
えーっと、左腕を傷つけてってのはご本人がっていうこと?

相談者:
そうです。
痛みつけてるみたいな感じで、

今井通子:
なるほど。

相談者:
痣が残ってるんですよ。

今井通子:
で、痣が出来てる?

相談者:
はいはい

今井通子:
はい

相談者:
娘に聞くと、「どういう怒り方?」っていうか、「どんな風に?」って言うと、なんか、「ベッドに寝たままでも?怒る」とかって言うんですよね。
なんですから「そんなので一緒にはやっていけない」って今、ちょっと落ち着いてきてからそんな風に言うんで、

今井通子:
はい

相談者:
いや、「そん、な風な離婚なんてできるのかしら?」と思って。

今井通子:
なるほど。
まずですね、

相談者:
はい

今井通子:
えー、お嬢さんの、ご主人は、おいくつ?

相談者:
同い年です。

今井通子:
29歳?

相談者:
はい

今井通子:
自営ですか?それとも会社か何かにお勤め?

相談者:
会社に勤めてます。

今井通子:
大体どれぐらいお付き合いになった?もしくは最初、どこで会ってっていうのはご存知?

相談者:
大学で知り合ってたみたいですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
え、それからあ、卒業してから、しばらく5年ぐらいは会ってなかったみたいですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
あるきっかけがあって、1年ぐらい前にそのきっかけがあって、その後5ヶ月ぐらいで結婚したんですよ。

今井通子:
あ、なるほど。

相談者:
その時はもう、なんか、すごくあの、積極的に、娘のことを、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、「結婚してほしい」っていうことで、

今井通子:
はい

相談者:
あ、「自分も幸せになれる」と思って、結婚したみたいなんですけれど、

今井通子:
はい

相談者:
なんか一緒に暮らし始めてから?

今井通子:
はい

相談者:
一緒になってから、すぐみたいだったんですよ。
その新しい家具を?買うことに?相談してるうちに、あのお、夜が遅かったら、ちょっと、うつうつとしてしまったのが、最初の、きっかけみたいでした。

今井通子:
なるほど。
お嬢さんは、

相談者:
あと・・

今井通子:
今、じゃあ、専業主婦でいらっしゃるの?

相談者:
ええ。
あの、他県に嫁に行ったものですから、

今井通子:
はい

相談者:
仕事を辞めて、

今井通子:
はい

相談者:
あの、嫁いだ形になってます。

今井通子:
あ、なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
で、何かにつけて気に食わないっていう感じ?

相談者:
みたいです。
何かに反論をすると、「それは間違ってる」みたいな?
何をしても、

今井通子:
うん

相談者:
気に食わない感じで。

今井通子:
で、その、ご主人の方(ほう)、お酒飲むんですかね?
例えばお酒を飲むと、

相談者:
はい

今井通子:
怒り出すとか?

相談者:
いや、そうでないみたいなんですよ。

今井通子:
もう初めっから?

相談者:
あの、「夜になると、そう怒る」って言うんですよ。

今井通子:
ん?夜になると?

相談者:
なると、そう。

今井通子:
それでお嬢さんは、えー、今結婚4ヶ月目でらっしゃって、

相談者:
はい

今井通子:
いつ頃実家に戻られたの?

相談者:
2週間ぐらい前です。

今井通子:
戻られることは、ご主人に、告げてこられたのかしら?
逃げてきちゃったのかしら?

相談者:
逃げてきた、感じです。

今井通子:
で、その後じゃあ、ご実家の方に、問い合わせありますか?

相談者:
あ・・一回追いかけて来たみたいな感じで、

今井通子:
はい

相談者:
来てくださったんで、

今井通子:
はい

相談者:
最初、事情も知らなかったから、

今井通子:
うん

相談者:
娘が悪いものだと思って、「あなたが我が儘を言って、そんな風になってるんだろう」と思って、

今井通子:
ええ

相談者:
「帰りなさい」と説得はしたんでしたけれども、

今井通子:
はい

相談者:
「どうしても帰らない」っていう、何かちょっと、変わった感じのあの、お、な、泣きじゃくり方、ちょっと様子がおかしかったもんですから、

今井通子:
はい

相談者:
「家(うち)にいて、少しずつ話を聞くから、迎えに来てほしい」みたいなことは頼んだんでしたけれども、

今井通子:
はい

相談者:
そして、少しずつ娘が落ち着いてから、徐々に聞き出したら、毎晩のように、夜は、こう、責めるように、怒られるってことを聞いて、

今井通子:
うん

相談者:
それで、もうなんか怯えて怖くて?

今井通子:
うん

相談者:
そうしてまた気持ち悪くなるみたいな?

今井通子:
はい

相談者:
夜になると、吐き気がするような、落ち着かずに、

今井通子:
はい

相談者:
いるっていう感じで、

今井通子:
はい

相談者:
「そんなので離婚はできるのかしら?」と思うし、また、それを、向こうの方に伝えても、なんか分かってもらえる、ことができるのか?と思って、ご相談したいんです。

今井通子:
で、結局じゃあ、その、迎えに、お、あ、追いかけてっていうか、迎えに来たのは、出てきてすぐの頃?

相談者:
そうですね、出てきてすぐの頃です。

今井通子:
はい。
で、その後は何か連絡ありますか?

相談者:
その後はだから、「話し合いがしたい」なんていう電話はありました。

今井通子:
それは頻繁に?

相談者:
いえ、一回きりです。

今井通子:
あちらの方の、

相談者:
はい

今井通子:
親御さんとかご兄弟とかっていうのは、どうなってるか?お分かりになります?

相談者:
ご両親は、いらっしゃいます。

今井通子:
はい。
お兄さん、お姉さんとか・・

相談者:
いえ、向こうも、一人、です。

今井通子:
一人っ子?

相談者:
はい

今井通子:
で、あなた自身、今、ご相談をされたいのは、そうすると、離婚の理由として、成立するんでしょうか?っていうことですかね?

相談者:
そうですね。
そして、それを、どういう風に進めてったらいいのか?っていうことです。

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、弁護士の、お、大迫恵美子先生がいらっしゃってますので伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、よろしくお願いします。

今井通子:
先生、よろしくお願い致しまあす。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。