個性的な女はパーソナリティ障害だった。妻に振り回されたウツ男の19年目の決意


テレフォン人生相談 2016年10月18日 火曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 鬱病の男45歳 パーソナリティ障害で借金を繰り返してる妻47歳 長女18歳 次女14歳 長男12歳

出会い系サイトに妻がハマり、闇金で借金。離婚すべきかどうか考える。

今日の一言: 悩んでる人は悩んでることが一番楽なんです。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし?

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者:
はい、45歳。

加藤諦三:
45歳。結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、奥さん何歳ですか?

相談者:
47。

加藤諦三:
47歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
上が、長女、18。

加藤諦三:
はい

相談者:
次女、14。

加藤諦三:
はい

相談者:
長男が、12歳です。

加藤諦三:
はい、分かりました。で、どんな相談ですか?

相談者:
えと、妻との離婚についてなんですけれども。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい。えーと、結婚したのが19年前なんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
子供が、生まれてから、ま、妻が、ちょ、ちょっと借金するう、傾向がありまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
あとお、ちょっと虚言癖というか、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、明らかに嘘と分かる嘘をつくと。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、そのたんびに、まあ注意を、いろいろして、なんとか解決は、してきたはずなんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
一昨年、になって、妻がちょっと闇金、に手を出してしまいまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、ま、その闇金に、手を出したっていうのと、あと、出会い系サイトで、生活費を全て、つぎ込んでしまったっていうことが、起こりまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
まあちょっといろいろ、警察とか弁護士さん、に、とお、頼みながら、いろいろ解決はしたんですけども。

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、その時も、家とか、私の、が、携帯とか、私の勤め先にも、嫌がらせの電話が掛かってきてしまいまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、その時は、会社に、は、あのまあ、「もう、責任持って、私、会社辞めます」とは言ったんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
「いや、き、お前が、借りたわけじゃないから、」

加藤諦三:
ええ

相談者:
「あの、やみ、辞める必要はない。奥さんには、注意しろよ」っていう風には、言われて何とか、首は繋がってたんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、去年になって、またあ、妻が、闇金に手を出してしまいまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、丁度、そのお、闇金に手を出したっていうのが分かり始めた頃に、丁度、私があのもう、妻に対して、離婚調停を、申し立ててたんですよね。

加藤諦三:
んー、はあはあ、はい

相談者:
はい。でえ、結局う、調停は不調に、終わってしまったんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、調停員さんが、話(はなし)した限りでは、「ちょっと奥さんの様子がおかしい」と。

加藤諦三:
はい

相談者:
「一度お、病院で診てもらった方がいい」っていう話い、になりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、調停、を打ち切りにした後で、まあ、妻を説得して、精神科の病院に連れてったんですけども。

加藤諦三:
はい

相談者:
そうしたところ、パーソナリティ障害の、A群になると、

加藤諦三:
はい

相談者:
診断されまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、私い、は、あのお、まあ、元々妻のそのお、結婚当初からの、あのお、借金とか、あとお、子供が3人、いたことで、まあ妻が、度々ヒステリーを起こすっていうことで。

加藤諦三:
うん

相談者:
まあ、あのお、日勤夜勤の交代、勤務の仕事をしてたもんですから、

加藤諦三:
はい

相談者:
夜勤の時、昼間から、やっぱり子供のことで、あの、妻の大声で、よく眠れない、あとお、落ち着かないっていうことで、ちょっと、不眠だったり鬱状態だったりっていうことで、あの、12年ぐらい前から、う、あのお、心療内科に通って、鬱病って言われてたんですけども。

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ・・どうだっけかな?すいません。

加藤諦三:
いえいえ

相談者:
えーっと、ああ、診断受けた先生から、あの、「鬱病で、奥さんがパーソナリティ障害であるから、」

加藤諦三:
はい

相談者:
「あの、病病介護になってしまうから、同居するのは無理だよ」っていう風に言われまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、その時に、「あ、やっぱり無理なんだな」っていう風に、私、その中でもう、確信、持つものがありまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ・・調停は打ち切ったんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、その最中、に、また二度目の、闇金っていうことで、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ会社の方にも、また、電話が掛かってくるっていうことで、

加藤諦三:
はい

相談者:
結局もう、会社の方からも、もう、いい加減、二度目で、もう、会社を辞めてくれっていう話、にまでなってしまったんですよね。

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、私もお、その頃には、精神安定剤を騙し騙し、ほんとに1時間おきに服用するような感じで、必死に働いて何とか、

加藤諦三:
うん

相談者:
警察にも、行ったりして、

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
まあ何とか、やり繰り、してたはずなんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、どうしようもなく、ない、何ですかね?怒り、が、出てきまして。

加藤諦三:
物凄い怒りだ、でしょうねえ。

相談者:
はい。ただあ、もう、

加藤諦三:
うん

相談者:
それがもう、自分に、向けられるような怒りで。
結局う、薬を大量に服用してしまいまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、自殺未遂、をしてしまいまして、あの、まあ、救急搬送で、そんまんま、入院っていう風になってしまいました。

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、退院して、から、結局、まあ、自殺未遂っていうのも会社の方にも分かってしまいまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
結局もう、自主退社っていう、退院してから自主退社っていう形になりました。

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、まあ、もう、仕事も辞めてしまって、まあもう、正直、入院してた、ことで、まあ心の安定が、戻せたっていうところもあったもんですから。

加藤諦三:
はい

相談者:
まあ、今、私、自分の実家の方に、いるんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、妻は私名義の、マンションに住んでます。子供達と一緒に。

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、入院生活で、心の平安を取り戻せたっていうところで、まあ、新たな・・

加藤諦三:
この入院はどのぐらいですか?長さ。

相談者:
2か月入院してました。

加藤諦三:
2か月ですか?はい。

相談者:
はい。でえ、まあ、今までになかった心の平穏を取り戻せたっていうところで、ほんとになんか、今まで、もう、死ぬこととか、悪いことしか考えてなかったんですよね。

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
だけどお、何とか薬を飲んで、騙し騙し必死で、借金を返すために働いてたんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
まあもう、この妻とは、ほんとに、縁を、縁を切って、

加藤諦三:
うん

相談者:
新たなスタートを、しようっていう風に、思ってた矢先に、まあちょっと、たまーに子供達い、の様子を見るために、私の、名義の、マンションに、ちょっと、たまに行くことあるんですけども。

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
あのお、そのたんびに、ちょっと一応家の電話の着信を、調べてるんですけども。

加藤諦三:
はい

相談者:
どうやらまた、何か変なところから電話が掛かってる感じがありまして。

加藤諦三:
変なとこっていうのはやっぱり、また闇金ということですか?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、私も今、無職で、就職活動をしてる身で、で、離婚裁判も、これから、起こそうっていう風に、もう割り切って、あの、再スタートしようとは思うんですけども。

加藤諦三:
はい

相談者:
どうも、再就職したと、タイミングで、また闇金から、電話が掛かってくるような、感じなんですよね。離婚、裁判も並行して、再就職ってなると。

加藤諦三:
うん

相談者:
まあ、再就職、するにしてももう、怖いんですよね今。

加藤諦三:
で、お、も、そもそもあれですか?奥さんがそういうんじゃ、最初の、言葉だと、その、借金、をするっていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
お、その原因は贅沢?単なる?それともなんか他に・・?

相談者:
それか、はい、もう、聞くたんびに分からないんですけども、

加藤諦三:
はい

相談者:
ただ、唯一言えるのは、家には、贅沢品は全くないっていうことで、

加藤諦三:
はい

相談者:
交遊費、で使ってるのか?

加藤諦三:
しかしあれですね?話聞いていて、

相談者:
はい

加藤諦三:
全くあなたと奥さんとは、違うんですよね。あなた、物凄い生真面目で義務責任感が強くて、

相談者:
はい。ただあ、

加藤諦三:
でえ、はい

相談者:
あのお、やっぱり、ま、結婚する、理由っていうのは、きま、その逆だったっていう、ところもあったんですよね、正直。まあ、個性的に見えたっていうか。

加藤諦三:
うーん

相談者:
まあそういう、ほんとに、自分にないものが、感じられて、それが魅力に思えて、結婚、したっていうか。

加藤諦三:
でえ、だから物凄く、も、好きになってパッと結婚しちゃったら、こういうことが出てきたっていうことね?
それで今日のそうすると、相談ていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
あのお、さっき、就職活動しようとするけれども、途中でその気がなくなっちゃうとかってい、言ってたけども、

相談者:
はい

加藤諦三:
離婚裁判をどうするか?っていう相談?

相談者:
あのお、離婚裁判も、起こす、つもりでいるんですけども、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、何よりも、就職も、大事、ですし、子供達もいるもんですから。あのお、もう、コテンパンに、やられてしまった、後なんで(笑)

加藤諦三:
うん。もう自分の力では、この現状を打破することはできないっていう感覚なんです、今。

相談者:
はい、そうです。全くそうです。

加藤諦三:
ですから、ここのところをですね。

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、これはもう、離婚以外にはないん、ので、

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はスタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてるので、

相談者:
はい

加藤諦三:
今の、話を含めて、お話を伺ってみたいと思います。

相談者:
はい、あ、よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


個性的な女はパーソナリティ障害だった。妻に振り回されたウツ男の19年目の決意」への2件のフィードバック

  1. 私名義、というのは、
    「自分の名義だ」と主張している、と解釈できなくもないですが、

    弁護士に離婚の相談をしているので、
    名義がどちらか、という情報を伝えるのは、
    非常に重要です。
    (もしくは、重要だと勘違いしているか)

    ローンの問題、権利の問題になりますから。
    (もしくは、そのあたりの法律知識が薄いか)

    私は、「自分の名義だという自己主張」とは感じませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。