別れ話をしに行った夫が傷だらけで帰ってくる。ストーカーまがいの不倫相手への恐怖


スポンサードリンク

(回答者に交代)

塩谷崇之:
はい、はいこんにちはあ。

相談者:
お願いします。

塩谷崇之:
あのお・・要は、ま、ご主人がね?、正直に話をしているっていうのが前提なんですけれどもね。

相談者:
はいはい

塩谷崇之:
ご主人がもし、正直に話して、をしてるんだとすればあ、

相談者:
うん

塩谷崇之:
ま、その女性のお、ま、えー、やろうとしている事、やってる事、やろうとしている事というのはあ、

相談者:
うん

塩谷崇之:
ま、いわば一種のストーカーのような状態になってるわけですよね。

相談者:
はいはい、そうなんです。はい

塩谷崇之:
でえ、ま、今まだ、その奥さん宛てに、そやってメールをして来ているう、だけ・・ですけれどもお、

相談者:
はい

塩谷崇之:
例えば、これがま、もう少しエスカレートしてね?

相談者:
うん

塩谷崇之:
家に押しかけて来るとか、

相談者:
はい(涙声)

塩谷崇之:
えー、或いはあ、あのお、ま、ご主人に対して、何か嫌がらせをしてくる、

相談者:
はい

塩谷崇之:
或いは、家族に対して何か嫌がらせをして来るという事になって来るとね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
やはりちょっとかなり、大事になってしまいますんで、

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、その、女性の方も、精神的にかなり追い詰められているのでえ、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま何を、して来るか、分からない状態・・だと思うんですよね。

相談者:
はい、そうです(涙声)

塩谷崇之:
うーん、で、そういうー状態い、である、時にい、

相談者:
はい(涙声)

塩谷崇之:
ま、

相談者:
(鼻をすする)

塩谷崇之:
あなたがその女性と直接会って話を、してもお、

相談者:
はい

塩谷崇之:
何も、あのお、発展的な・・事、まあ、そんなにか、解決に繋がるような事にはならないと思いますしい、

相談者:
(鼻をすする)はい

塩谷崇之:
恐らく、ご主人の方は、ご主人の方で、頑張ってそういう、ん、その女性との縁を、切ろうとして、言ってるけれども、それが、ま、功を奏してないという状態ですからあ、

相談者:
はい、うん

塩谷崇之:
ま、そうだとするとね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、1つの方法としてえ・・ま、あなたがというか、やっぱりあなたのご主人がなのかな?・・ま、直接言ってもダメなのであればね?、えー、代理人を立てて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あー、「自分はまあ、あなたに対して」まあ、あのお、あなたに対してっていうのは、その相手の女性に対してね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
「気を持たせるような事を、お言ってしまった・・かもしれないけれどもお」

相談者:
はい

塩谷崇之:
「自分としては、あー、家庭を守って行くつもりであって、あなたとはもう交際するつもりはありません」と。

相談者:
はい

塩谷崇之:
うー、したがって、えー、「もう、あの自分んー、に、或いは自分の家族には、付き纏わないで下さい」というね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
そういう文書を、まあ、弁護士い・・の、名前でね?代理人弁護士の名前で、

相談者:
はい

塩谷崇之:
相手の女性にい、送って、

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、そこで、そのお、あなたのご主人のね、決意をお、きちんと相手に示すという事が、ま、1つう、の、方法なのかな、とは思うんですよね。

相談者:
はー

塩谷崇之:
うん

相談者:
はい

塩谷崇之:
ま、これ、ね、あのお・・見方を変えると、凄く虫のいい話なんですよね、ご主人ん、が、自分でそういう事し・・

相談者:
そうです、そうです、悪いのは・・悪いのは主人なので、

塩谷崇之:
うん、だから、何かこう、今更何を被害者面すら、するんだみたいな話い、にも、

相談者:
うん

塩谷崇之:
成り兼ねないんだけれども、

相談者:
はい、はい

塩谷崇之:
そこは、やはりそういう、ま、ご主人、は、あなたに対しても、非常に、いー、罪深い事をしてしまった、わけだし、

相談者:
うん

塩谷崇之:
でも、相手の女性に対しても、気を持たせるような事を言ってしまったという意味では、

相談者:
うん、うん

塩谷崇之:
ま、相手の女性も、わ、悪いんですけれども、でも、相手の女性も、あー、ある意味、こう被害者・・なのかもしれないわけですよ。

相談者:
うんうんうんうんうん

塩谷崇之:
ま、気持ちっていうのは、ホントは会って話をすると、一番伝わるんでしょうけれどもお、

相談者:
はい

塩谷崇之:
うんー・・

相談者:
ちょっと普通じゃないんです、精神状態が。

塩谷崇之:
うん、そうなんですよね。

相談者:
何日か前に、「とにかく最後に話をする」って言って、行った時も、

塩谷崇之:
うん

相談者:
もう、包丁であっちこっち傷つけられて帰って来たんです。

塩谷崇之:
うーん・・あ、ご主人が傷つけられたという事ですか?

相談者:
そうです、そうです。

塩谷崇之:
あーなるほどね。

相談者:
もう、電話もじゃんじゃん掛かって来るし、

塩谷崇之:
うーん

相談者:
何十件も入って来るし、

塩谷崇之:
うーん

相談者:
このまま放っといたらあ・・何されるか分かんない。

塩谷崇之:
うーん

相談者:
ていうのが、凄くこわ、怖いのが出て来て、

塩谷崇之:
うーん

相談者:
もちろん子どもも守らないといけないし、

塩谷崇之:
うーん

相談者:
で、代理人っていうのは、じゃ、弁護士さんを立てて・・話をした方が良いって事ですね。

塩谷崇之:
そうですね、恐らくそれが一番良いと思います。
あのお・・非常に構図は難しいんですよ、ご主人は、本来加害者なわけですから、あなたとの関係ではね?

相談者:
そうです、はい

塩谷崇之:
で、その女性との関係でも、もしかすると、加害者なのかもしれないし、

相談者:
うんうんうんうん

塩谷崇之:
ま、でも、被害者っていう側面もあるわけで、

相談者:
うんうんうん

塩谷崇之:
だから、決してその女性の方、だけをね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
一方的に悪者にするのではなくて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あの、あなたの言いたい事は、聞くけれども、直接話すんではなくて、代理人として、きちんと聞きますよという事で、間に、えー、弁護士を入れると。

相談者:
はい

塩谷崇之:
で、えー、きちんとそこでまあ、ある意味交通整理をしてもらうという事ですね。

相談者:
あーはい

塩谷崇之:
で、えー、そこでこう、きちんと冷静に、弁護士を入れてきちんと対応したにも関わらず、

相談者:
はい

塩谷崇之:
女性の方がね?

相談者:
うん

塩谷崇之:
それに対して、きちんとその、言葉で、え返して来るのではなくて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
何かその嫌がらせのような行為に出たり、

相談者:
うん

塩谷崇之:
え、或いはそのお、おーまご主人を困惑させるようなね?

相談者:
うん

塩谷崇之:
自殺をほのめかしてたりとかですね?

相談者:
はいはい

塩谷崇之:
そうやって、その、ほー、そういう事によって、自分の要求を実現させようとするような行為に、

相談者:
うんうんうん

塩谷崇之:
出た場合にはね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
場合によっては、そのお、えー、ストーカーという事でね。

相談者:
はい

塩谷崇之:
あのお、警察に入ってもらう事が、必要に・・・えー成って来る、かもしれないです。

相談者:
うーん

塩谷崇之:
ただ、いきなりそれを、警察に話を持ってってもね、

相談者:
はい

塩谷崇之:
あのお、「いや、悪いのは、あなたのご主人でしょ」みたいな話になってしまうでしょうし、

相談者:
うんうんうん

塩谷崇之:
あの、警察の方も、お、事情はよく分からないでしょうから、

相談者:
はい

塩谷崇之:
まずは、きちんと、おー、ま、え代理をできる人をね?

相談者:
はい

塩谷崇之:
ご主人の方の、おー、代理人として、話ができる人を、間に入れて、

相談者:
はい

塩谷崇之:
話をしてみるという事が大事なのかなとは、思います。

相談者:
はい

塩谷崇之:
はい

相談者:
分かりました。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。