母娘2人が背負う重すぎる過去。女「娘はアスペ?」医者「あなたがアスペかも」


テレフォン人生相談 2016年11月16日 水曜日

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰・作家・翻訳家)

相談者: 女37歳 長女12歳(中1)二人暮らし 子どもが1歳半の時に離婚

活発だった娘が、中学に入ったらクラスの中で孤立。再び明るい娘になるには?

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談ですう。

相談者:
はい、こんにちはあ。

ドリアン助川:
あ、こんにちは。よろしくお願いしますう。

相談者:
よろしくお願いします。

ドリアン助川:
はい今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
えとお、子どもが、中学1年生なんですけどお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あのお、孤立う、してしまっていてえ、あのお、子どもに、どのようにこう、声掛けして行ったらあ、いいのか見守って行けばいいのか?っていう事をちょっと、ご相談したいと思ってお電話しました。

ドリアン助川:
あはい、お子さんは、男の子女の子?

相談者:
はい女の子です。

ドリアン助川:
女の子?、お嬢さんですか。

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
あの、お子さんお一人ですか?

相談者:
はい、一人です。

ドリアン助川:
一人。あなた様おいくつですか?

相談者:
は、37歳です。

ドリアン助川:
37歳。でお嬢さんが、中1ですね?

相談者:
はい、中学1年生・・

ドリアン助川:
えー13歳?

相談者:
えと、12歳です。

ドリアン助川:
12歳。

相談者:
はい

ドリアン助川:
孤立というのは、学校で孤立してるんですか?

相談者:
はい、クラスの中でも、お友達があ、いないようで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、これは、小学校までは、そうじゃなかったんですか?

相談者:
小学校まではいたんですけども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい、中学に入ってから、友達があ、できないまま・・あの、過ごしてるようです。

ドリアン助川:
うーん、えっと、普通の公立の中学校に行かれたあ、んですかね?

相談者:
そ、ん、私立の中学にい、行きました。

ドリアン助川:
あ、私立(わたくしりつ)のしょ、あの、中学校に入って、

相談者:
はい

ドリアン助川:
じゃ、あの環境が丸っきり、変わってしまったわけですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
その小学校の頃とは。

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、新しい、いー、メンバーと、出会ってって事ですね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
そこで、その「友達がいない孤立してるようだ」というのは、具体的にはどんな事から・・お母さん感じているんですか?

相談者:
そうですね、本人が、あのお、「友達が、欲しいけれども、なかなかできない」という事で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
であのお、グループが、女の子がクラスで二つに分かれていて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
一応、どちらかには所属しているようなんですけれども、

ドリアン助川:
ええー

相談者:
グループにいるけれども、話す人がいなくって、でえ、例えば、グループで行動する時も、一人で後から一生懸命追いかけて行くような感じで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、「話し掛けても、嫌な顔をされたりとか、するう・・」という風にい、言っています。

ドリアン助川:
それを、お母さんにそう話したという事ですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はーい

相談者:
で、実際参観日とかで、様子を見ていても、

ドリアン助川:
はい

相談者:
小学校まではそんな事なかったんですけども、こう、猫背になってて、姿勢が悪くって、

ドリアン助川:
うん

相談者:
こう・・ビクビクオドオドしたような感じで、またちょっと・・うん、話し方も声がちっさーくて、もう、とっても・・弱々しい感じい、の、確かに、こ話し掛けずらい雰囲気になっています。

ドリアン助川:
はい。あのお、部活動は、入ってないんですか?

相談者:
ん、あ、えと、文化部で、英会話クラブう、に、入ってます。

ドリアン助川:
英会話クラブ?

相談者:
はい

ドリアン助川:
普通あのお、クラスでこう、雰囲気悪くても、

相談者:
はい

ドリアン助川:
この部活に行くと、こ、友達い、いーいそうなものですけども、この英会話のクラブでも、あまり友達は出来てないんでしょうかね?

相談者:
ですね、えーとお、人数が少ないようで、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
活動が、週に、い、一回、みたい、です。で、

ドリアン助川:
あー

相談者:
えと、先輩は、優しいみたいなんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そこまでえ、親しくはないような事、話してます。

ドリアン助川:
うーん。あっと、旦那さん、は、いらっしゃいますね?

相談者:
は、えとお、すいません、と、子どもが、1歳半の時に離婚ん、しました。

ドリアン助川:
あ、そうなんですか。

相談者:
はい

ドリアン助川:
それからはじゃあ、母一人子一人?

相談者:
はい、そうです。

ドリアン助川:
あーそうなんですか。母一人子一人でやって来られて、じゃ・・あのお、心配ですねえ。

相談者:
はい

ドリアン助川:
あとお・・離婚ん、の・・理由ってのは、伺ってもよろしいんでしょうか?

相談者:
そうですね、ちょっとお、わたしがあ、あの若かったので、こ夫を支えきれなかったのかなあ、ていう風に、今はちょっと反省してます。

ドリアン助川:
ふーん

相談者:
あのお・・えとお、一度失業をしてしまってえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、それから、ちょっと生活が、荒れてしまって、

ドリアン助川:
はい

相談者:
でえ、そのお、荒れてる状態のところを、支えきれずに、ちょっと、逃げ出してしまったというか、こう、段々こう、DVの方向に走って来てしまってえ、それまでえ、とても、優しかった・・のでえ、ちょっとビックリしてえ、飛び出してしまって、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
そのままという形で、

ドリアン助川:
それは、ねえ、

相談者:
はい

ドリアン助川:
ビックリもしますよねえ。うーん

相談者:
うー

ドリアン助川:
あの、何か、

相談者:
はい

ドリアン助川:
起きてる事に対してえ、わたし、全部自分のせいじゃないかなんて、お母さん考える質い、じゃないんですかね、ひょっとしたら。

相談者:
あ・・え、ちょっと厳しく育て過ぎてしまったかなあ、という、こ母子家庭なので、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その・・とにかく、しっかり育てなければと思って、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
厳しく、し過ぎてしまって、ちっさい時は、凄く活発で、元気な子だったんですけども、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
でもお、それから・・ちょっと、厳しくう、しすぎて、あの、結構、話し掛けるのも、相手の気持ちを考え過ぎてしまったりとかいうところが・・あるみたい、です。

ドリアン助川:
あー

相談者:
はい

ドリアン助川:
あの、そのお・・・離婚した旦那さんからは、あのお、生活費とかそういうのは貰ってるんですか?

相談者:
いえ、えとお、一切貰ってなくてあの、離婚してすぐにあのお、自殺う、相手がたされ・・た、みたいです。

ドリアン助川:
あ、そうなんですか。

相談者:
はい

ドリアン助川:
あのお・・お嬢さんはその事知ってるんですか?

相談者:
は(わ)えとお、亡くなった原因は知らないんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
もう亡くなっている事は知っています。

ドリアン助川:
うーん、そうですか。今あ、住まわれてるう、のは、アパートとかマンションのようなところでしょうか?

相談者:
はい、二人でアパートで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
生活しています。

ドリアン助川:
はい

相談者:
あと一つ、気になるのが、ちょっともしかして、アスペルガーがあるのかなあ、という・・

ドリアン助川:
うーん

相談者:
ところが・・例えばあの、会話の中で、ちょっと幼稚なところが、あったり、するのと、

ドリアン助川:
はい

相談者:
こう人の気持ちが分からないで、結構・・そのお、指示待ち症候じゃないんですけれども、あの、も、言った事しか、しなかったりとか、

ドリアン助川:
うん

相談者:
手伝いが率先してできないとかいうところがあるので・・

ドリアン助川:
・・うん

相談者:
あの・・はい

ドリアン助川:
ま、あのお、皆さんそれぞれ個性はありますのでね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、色々会話の、スタイルもありますので、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あのお、ん、い、一概には言えないと思いますけども、その、

相談者:
はい

ドリアン助川:
喋ってる時にその、話しが続かないような部分があるわけですか?

相談者:
えっと、よく知ってる友達とかの間では、そんな事ないんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
やっぱり、初めての人とか、では全く喋らない、です。

ドリアン助川:
はい

相談者:
で何て喋っていいか分かんないみたいで、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
ずっとお、黙ったまん、まです。

ドリアン助川:
はい、うん、でもあのお、んや、やがてこう、知ってる、となると、あ、話すわけですよね?

相談者:
うん、はい

ドリアン助川:
うん

相談者:
なので、そうなってくれる事を期待して待ってたんですけれども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
なんか、段々、悪循環になって行って、こう、見るからに・・その、陰気、な感じに、なって、行ってしまってる状態です今。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
なのでこう、何とか、こう元の元気な姿に戻って欲しいなって、思うので、こう、どうしたらまた元のように、元気に・・なってもらえるかなというか、

ドリアン助川:
うーん、お母さん、どうですか?、ご、ご自分で今、ご自分の姿あ、あの、お嬢さんより先にね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
お母さんは元気あるんでしょうか?

相談者:
とお、わた、わたしい・・は、あまり、ない、です。

ドリアン助川:
あまり・・

相談者:
あ、ないというか、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの、元々が、あまり明るい方の性格ではないので、特にこ、離婚をしてからはあ、

ドリアン助川:
ええー

相談者:
そずっとお、しめて来てたところがあるのでえ、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
もうはい

ドリアン助川:
お母さんがなんかこうー、もしね?

相談者:
うん

ドリアン助川:
えー湿っけたっぷりな感じい、ですとお、

相談者:
はい

ドリアン助川:
お子さんだけ明るくっつても難しいですよねえ?

相談者:
そう、そう、そうなんです、なのでえ、

ドリアン助川:
ねえ、

相談者:
ちょっと、二人っきりだったのでえ、

ドリアン助川:
えええ

相談者:
もなん、何だろう?、会話も少ないですし、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そのお、食事中とかに、色んなお話聞いてあげれば良かったんですけど、も、聞く、話しを聞く余裕もなかったりとかで、

ドリアン助川:
うーん、これをどうしたら良いか?

相談者:
うーん

ドリアン助川:
うん、それではあの、今日の先生紹介しますので・・・多分、元気、を貰えると思います。三石メソード主宰、作家で翻訳家の三石由紀子先生です。よろしくお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。