息子家族と同居して元気に働く女75歳がそれでも不満なワケ。目指すべきは内的成熟


テレフォン人生相談 2016年11月17日 木曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女75歳パート勤め 夫は53年前に他界 次男と嫁、孫3人と同居 長男は39歳の時に孫3人残して他界 最近ひ孫が出来た

長男が亡くなってから、嫁と孫と疎遠になってしまった。嫁や孫たちと親密にやっていくには?

今日の一言: 何事も当たり前と思うな(アルフレッド・アドラー)

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもしい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に、年齢教えて下さい。

相談者:
はい、75歳です。

加藤諦三:
75歳。

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してます?

相談者:
えー夫とはあ、

加藤諦三:
う・・

相談者:
死に別れなんですがあ、

加藤諦三:
あはい何年前ですか?

相談者:
53年ぐらい前です。

加藤諦三:
・・53年ぐらい前って事は、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたが20う、2、3っていう事?

相談者:
ん・・そうです。

加藤諦三:
じゃ、結婚したのは、何歳なんですか?

相談者:
えー、二十歳です。

加藤諦三:
二十歳で結婚して、

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、その時にお子さんは?

相談者:
二十歳で結婚して、

加藤諦三:
うん

相談者:
その年、に、あのお、長男を出産しました。

加藤諦三:
今長男は、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたとは別に暮らしてるんですね?

相談者:
別です長男と。

加藤諦三:
そうすっとあなたは今、一人で暮らしてんですね?

相談者:
次男ん、夫婦と同居し、しました。

加藤諦三:
あ、次男夫婦と、で今、次男は何歳ですか?

相談者:
えー、二つ違いだから、50#$%◆・・

加藤諦三:
50・・4、5ね?はいはい

相談者:
ええ、ええ

加藤諦三:
・・はい。それで、えー、次男夫婦と一緒に暮していると。

相談者:
今は、はい

加藤諦三:
はい分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、どんなご相談ですか?

相談者:
・・はい、えーっと、長男が亡くなってるもので・・あの・・

加藤諦三:
長男は、いつ亡くなられたんですか?

相談者:
えー・・39歳の時にい、はい

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、孫お、が、3人、いるんですが、

加藤諦三:
はい

相談者:
・・嫁え、さんとはあの、始終、始終っていうか、たまに電話で連絡が取れるんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
孫たちは、全然、家の方に来ない?

加藤諦三:
はい

相談者:
来た事がないん(苦笑)ですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしの孫ですからあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
会いたい気持ちもあるしい、

加藤諦三:
はい

相談者:
孫の一番おっきいのは、もう、ひこ・・わたしにとればひこですけどお・・ひこが生まれえて、そういう、連絡も全然・・あの、してくれないんでえ・・行き来がないんですよね。

加藤諦三:
という事は、

相談者:
はい

加藤諦三:
長男が亡くなったところで、

相談者:
ええ

加藤諦三:
この家族との縁は切れてるという事ですね?

相談者:
うーん

加藤諦三:
行き来がなくなってるという事ですね?

相談者:
そうですねえ。

加藤諦三:
はい

相談者:
はい

加藤諦三:
それで、今、次男の方の、家族と一緒に住んでんですね?

相談者:
ええ

加藤諦三:
次男は、の家族っていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
どう、どういう構成ですか

相談者:
えーやはり、3人子どもがいます。

加藤諦三:
はい

相談者:
孫が、◆#$%孫が3人います。

加藤諦三:
孫が3人と・・はい

相談者:
お・・

加藤諦三:
それで、今日のあなたの相談っていうのはどういう事ですか?

相談者:
はい、えっと長男ん、の方とお、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、行き来したいんですよね、もっと。

加藤諦三:
そのお嫁さんとお、の、話は、行き来はないけど、話は、し・・できてんですかね?話もない・・

相談者:
たまに・・

加藤諦三:
電話もない?

相談者:
たまに、電話すれば、わたしの方からですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
電話にはあ、出て話を・・ま、必要な話はできますけどお、

加藤諦三:
・・用事、だ、例えばどういう用事があるわけですか?、あの・・

相談者:
えーそうですね、あの、お彼岸ん、の、時なの、かはあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
「お墓参り、一緒に行こう」とかあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
そういう事、言うんですけどもお、

加藤諦三:
はい

相談者:
えっと嫁さんの方が、「もう行って来たから」・・っていう風なね?

加藤諦三:
うん

相談者:
ええ、だからわたしはわたしで行くっていうな、感じ・・

加藤諦三:
うん

相談者:
なんですよね。

加藤諦三:
うん・・で今、次男、と一緒に暮してるわけですから、

相談者:

加藤諦三:
次男とは上手く行ってんでしょ?

相談者:
・・ええ、やはりあのお・・途中からあ、い、い、え同居したものでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお・・若い人たちの話に入って行けないところがわたしにはあります。

加藤諦三:
気持ちの上で、

相談者:
ええ

加藤諦三:
ギクシャクしてるって事はないんですか?、心の触れ合いが、も、な、なくなってるというような事なの?

相談者:
あ、そうですね、やはりわたしの方が、黙ってる方・・話に入って行けないからあ、

加藤諦三:
・・食事は一緒ですか?

相談者:
ええ、食事はあ、夜だけですね。

加藤諦三:
んま、夜だけだけどもう、じゃ、お孫さん・・

相談者:
ええ、一緒です。

加藤諦三:
さ、3人と、その次男と、

相談者:
はい

加藤諦三:
お嫁さんとで・・

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、6人で食事してるわけね?

相談者:
ええそうです。

加藤諦三:
でえ、しかもそれはそのお、お互いに憎み合ってるって関係でもないわけですよ・・

相談者:
そ、そういうあれじゃないんです、があ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
話に入れない。

加藤諦三:
っていう事はあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
話に入れないっていう事で、むしろお・・あれですか?、このお孫さん達が、楽しそうにしているとお、

相談者:
ええ

加藤諦三:
逆にあなたは落ち込んで来ちゃうって事?

相談者:
ええそうですね。あのお、嫁さん、とお、長女とお、次女があ、

加藤諦三:
うん

相談者:
3人で話し、している、女ばっかりでね?

加藤諦三:
うーん

相談者:
そこにわたしが(苦笑)いるわけなんですが、

加藤諦三:
うん

相談者:
黙ってるしかないんで、

加藤諦三:
うん

相談者:
それで食事が終わればすぐに、自分の部屋行ってしまって、そのまんま朝まで、部屋から出て来ないし、

加藤諦三:
うん

相談者:
で朝は、まあ、わたしまだ仕事してるんで、パートで。

加藤諦三:
あーそうですか?

相談者:
ええ

加藤諦三:
はい

相談者:
出掛けちゃうんですよね。

加藤諦三:
うーん、その仕事は、今あなた面倒くさくはないのね?、75歳で。

相談者:
そうですねあのお・・家(うち)にいるよりもお、仕事してた方が、生き甲斐が、あるっていうか、

加藤諦三:
うん

相談者:
そういう感じで、疲れますけどお、おほほ(苦笑)仕事はしたいですねえ。

加藤諦三:
あーうん、結構元気じゃないですか?

相談者:
あは(笑)あの元気って言えば元気ですけど、

加藤諦三:
元気だよお。

相談者:
んとだから、あは(苦笑)長男の方の嫁の・・嫁とか・・

加藤諦三:
長男の嫁が気に入らない?

相談者:
ええ、嫁とか、あの、長男の方の孫。孫たちが気にかかる、っていうか、

加藤諦三:
う、「気にかかる」っていうか、

相談者:
ええ

加藤諦三:
何か・・結構贅沢だねえ、

相談者:
はは(苦笑)

加藤諦三:
欲張りで。

相談者:
はは(苦笑)そうかもしれない。

加藤諦三:
だって、次男の方のお・・お孫さん3人いてえ、

相談者:
ええ

加藤諦三:
ご飯も一緒に食べていてえ、

相談者:
ええ

加藤諦三:
・・で、もう一人の方の長男の方の、孫3人が、

相談者:
うん、ええ

加藤諦三:
「ちゃんと家に来い」と。

相談者:
ええ

加藤諦三:
・・そういう事言ってるわけよね?

相談者:
そうですね。「たまには顔見せてくれ」とか、

加藤諦三:
うーん

相談者:
あの、わたしの方から行ったりするんだけど、全然・・

加藤諦三:
あ・・

相談者:
「今仕事に行くとこだから」って、いないんですよね。

加藤諦三:
おんであの、連絡もしないでい、行く事あるわけ?

相談者:
あります。あのお、側まで行ってえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、電話するんですけどもお、

加藤諦三:
うん

相談者:
「今、いる、下にいるからあ、あの、行くね」って、嫁さんに言うんですけど、嫁さんはあ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
「今から仕事に出ちゃうから」っていうふな・・・

加藤諦三:
あー

相談者:
そういう答えなんで、入る事もできない。

加藤諦三:
いや、でもさ、

相談者:
ええ

加藤諦三:
「今下にいるんだけれども」って電話掛ける関係っていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
それほど、険悪な関係でも何でもないんと思うだけど、分かりました。

相談者:
すいま・・

加藤諦三:
今日はスタジオに、弁護士の、中川潤先生がいらしてんので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。