薬剤師合格を見越して就職。不合格だった息子の親離れに戸惑ってるにしか見えない母


テレフォン人生相談 2016年12月3日 土曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女55歳 夫58歳 長女29歳 長男26歳会社員一人暮らし

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもしよろしくお願いいたします。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
今日はどういったご相談でしょう?

相談者:
あ、はい。えっと息子のことで、

今井通子:
はい

相談者:
対応の仕方を、ご相談したいんです。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
あなたはおいくつですか?

相談者:
はい、55歳です。

今井通子:
55歳。

相談者:
はい

今井通子:
ご主人は?

相談者:
58歳です。

今井通子:
58歳。

相談者:
はい

今井通子:
あの、お子さんは息子さんお一人?

相談者:
えっと、その上に、長女が、おります。

今井通子:
はい。お嬢さまおいくつ?

相談者:
長女は29歳。

今井通子:
29歳、で、そのお、今日、

相談者:
はい

今井通子:
問題の、息子さんは何歳?

相談者:
26歳です。

今井通子:
26歳。

相談者:
はい

今井通子:
はい、どういったことでしょう?

相談者:
はい、息子がですね、

今井通子:
ええ

相談者:
えと、大学を卒業お、して、

今井通子:
はい

相談者:
そのあとあのお、国家試験ん、が、ある大学なんですが、

今井通子:
はい

相談者:
その国家試験を・・落ちまして、

今井通子:
はい

相談者:
それで、国家試験の予備校に、1年間・・去年通ったんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
えと、半年を過ぎたあたりで、

今井通子:
はい

相談者:
えと、通えなくなってしまいまして、

今井通子:
通・・えなくなった?

相談者:
不登校に、はい

今井通子:
はい

相談者:
なったんですね。

今井通子:
はい

相談者:
それでえ、あのお、精神的なものかもしれない、ということで・・精神科に掛かったんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
あの、「うつとかではない」と言われまして、

今井通子:
はい

相談者:
「無気力な状態・・」

今井通子:
はい

相談者:
と言われて、「それは、今に始まったことではなく、10年ぐらいかけて、そういう状態になって来たのが、今回の躓(つまず)き、で、出たんです」ということを先生に、お話いただきまして、

今井通子:
はい

相談者:
それで、わたしと主人で、先生に、話を聞きましたら・・
「親からは、あまり働きかけを、試験までの間はしないようにしてください」って、

今井通子:
はい

相談者:
「そっとしてあげてください」ということなので、

今井通子:
はい

相談者:
その半年間は・・見守るように、して・・国家試験受けたんですが、やはり、結果は・・不合格・・だったんです。

今井通子:
はい

相談者:
はい、でも本人は、仕事を、して、働いています。

今井通子:
はい

相談者:
はい。それで今現在なんですが、

今井通子:
はい

相談者:
こちらから、メールしても、返事はなかなか来ないん、ですね。

今井通子:
はい

相談者:
で、事務手続きなどで、どうしても必要な、要件が入っているときは、向こうから、「それは、大丈夫」とか、返事が来るので、メールは見ているんだなとは思うんですけれども、

今井通子:
はい

相談者:
これから先ですね、わたしが・・息子、から・・連絡が来るまで、じっと待っていた方が息子のためになるのか、それとも・・ときたま、安否を気にしてるよっていうことを、メールで、こちらから送・・ったりしても、いいのか、最終的には、以前のように、普通に・・関わりを持てるように、なるといいなとは思っているんですが。

今井通子:
そうするとた、息子さんの、に対する、

相談者:
はい

今井通子:
現在の、対応を、

相談者:
はい

今井通子:
どうしたらいいでしょうか、っていうご質問?

相談者:
そうなんです。はい
あの、間違いたく、間違いたくないっていいますか、息子お、の、ま人生の邪魔を、これからしたくないって、思いまして、その精神科のお話聞いた時に・・自分たちの間違いというのもすごく気づきまして、あの、育て・・

今井通子:
それは先生から言われたの?

相談者:
あ、いえ、そうではなくて・・わたしと主人で・・わたしたちの対応は、良くなかったのかなということは、話したんです。その・・

今井通子:
それは・・

相談者:
はい

今井通子:
ん、どういうふうに?・・「良くなかった」って。

相談者:
あ、えーとお、子どもの、小さい頃、主人は、ま、ちょっと厳しかったんですよ息子に対して。

今井通子:
はい

相談者:
で、すごく厳しかったので、どうしても、主人に懐かずに、

今井通子:
はい

相談者:
わたしの対応としましても、「お父さんに怒られないように、しようね」みたいな・・その方が、こ、丸く収まるというか・・そういう対応の仕方をわたしもずっとして来てしま・・ったんです。
だから、息子がどうしたいとか、そういうことを、(涙声)尊重しないで・・

今井通子:
あーなるほど。

相談者:
(涙声)しつけてしまったのかな、って。

今井通子:
なるほどね。

相談者:
#$%◆・・ですから・・

今井通子:
でえそのお、息子さん、反抗期とかは、じゃあんまりなかった?

相談者:
そうなんですね反抗期といいますか、ま、高校生の頃、あまり口を利かなくな・・ったのはあるんですが、

今井通子:
うん

相談者:
大きく、何かを、こ、言って来るとか、そういうことはないんですね。

今井通子:
うん

相談者:
ま、元も・・と、ま、

今井通子:
なんか・・

相談者:
静かな・・

今井通子:
だってほら、

相談者:
子ではあるんです・・

今井通子:
お父さんが厳しいから、

相談者:
はいはい

今井通子:
「お父さんに叱られないようにしようね」って、お母さんがずっと言ってたわけですよね?

相談者:
そうですねえ、はい

今井通子:
でえ、分かったっていう形で、こ、子どもの頃は、従うけど、

相談者:
はいはい

今井通子:
そのうち、例えば中学高校生ぐらいになるとお、

相談者:
はい

今井通子:
「うるせえ、バカ野郎」とかあ、「うるせえ、ババア」とかっていうふうになって来る可能性はあるんだけど、そういうことは、ない、なかったわけね?

相談者:
あー、なかったですねえ。

今井通子:
うーん。まあ、そいじゃ・・その、お父さんの、

相談者:
はい

今井通子:
その、厳しいっていうのは、

相談者:
はい

今井通子:
な、何に対して?勉強に対して?

相談者:
いやあ、なんか、ちょっと騒いでも、

今井通子:
うん

相談者:
「うるさい」みたいな感じだったり、

今井通子:
はい

相談者:
あと、でも、期待はあったんだと思うんですね、中学の頃は勉強をみてあげる・・とか、

今井通子:
うーん

相談者:
そういうことはあった、それまで全然こう、例えばキャッチボールもしてあげなかったので、キャッチボールとか自転車乗りもわたしと一緒にやってた、練習とかも。

今井通子:
うーん

相談者:
そういう感じだったんですが、勉強に関しては、ま、主人も苦労してる人なので、あ、そういう期待が、あるんだなということは・・感じましたけれども。

今井通子:
ご主人が、息子さんにだけ、厳しかったの?

相談者:
そうですね。うん、娘・・

今井通子:
あなた方には、厳しくなかった?

相談者:
わたしとか、娘には、はい、厳しくなか・・で、それを聞いたんです、理由を。

今井通子:
ええ

相談者:
「どうして、息子にだけ、あんなに厳しかったのかな」って。

今井通子:
うん

相談者:
そしたら、「男たるものお・・という気持ちだった」っていうふうに、

今井通子:
うーん、なるほど。

相談者:
もう主人も反省してる感じですね、今は。

今井通子:
うーん。ご主人はそれで反省しちゃってるわけね?

相談者:
してると思います。ま、

今井通子:

相談者:
口に出しては言わないんですが。

今井通子:
うーん、で、あな・・だってほら、「ご主人と相談して、お互いの育て方が、悪かったんじゃない?」っていう、

相談者:
はいはい

今井通子:
反省をしたわけでしょ?

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん

相談者:
はいはい

今井通子:
であなたの場合には・・「お父さんに、怒られないように」っていうことで、

相談者:
あ、はいはい

今井通子:
息子さんの意思を・・尊重をしてあげなかったっていう反省をしてるわけでしょ?

相談者:
そうですね。

今井通子:
うーん

相談者:
はい

今井通子:
まあ反省はいいんですけど、

相談者:
はい

今井通子:
そのお、後、

相談者:
はい

今井通子:
結局だから、今度はどうしていいか分からなくなっちゃったのね?

相談者:
・・そうですね、これからあ

今井通子:
うん、なので、

相談者:
はい

今井通子:
今日のご質問になるわけですね?

相談者:
はい

今井通子:
あのお、これからあ、そのお、な、なるべく放っといた方がいいのか、それともお・・健康にしてるかどうかは、

相談者:
はい

今井通子:
「いつも気にしてるよ」って言った方がいいのか、

相談者:
はい

今井通子:
っていうことでしょ?

相談者:
はい

今井通子:
うん。でも、息子さん、その何か、もう10年ぐらい前から、無気力だったっていう話?

相談者:
そのお、先生のお話い、によると、そういう、でも、確かに思い当たります。

今井通子:
でも中学高校の、

相談者:
はい

今井通子:
時にはちゃんとだい、えー、学校には行ってたんですよね?

相談者:
そうです。休まず、行ってました。

今井通子:
で、大学もだから、結局、

相談者:
はい

今井通子:
休んだりはしてないんですよね?

相談者:
と思います、はい。特に、休んだというような知らせはないので。

今井通子:
あああ

相談者:
はい。大丈夫だと思います。

今井通子:
で、今、一人住まい?

相談者:
そうです。

今井通子:
というのが現状なんですね?

相談者:
はい、そうなんです。

今井通子:
ただ、その事務的に必要なことはちゃんと言って来るっていうことは、メールもちゃんと見ているし、

相談者:
見ていると・・はい

今井通子:
それから、会社でも、

相談者:
はい

今井通子:
会社からなんか・・親御さんに言って来てるわけじゃないので、

相談者:
ではないです、はい

今井通子:
真面目に働いてもいるんでしょうね。

相談者:
と思います。はい

今井通子:
ええ、分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
じゃ、どうしたらいいかを、

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、弁護士の、坂井眞先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:
あ・・

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


薬剤師合格を見越して就職。不合格だった息子の親離れに戸惑ってるにしか見えない母」への1件のフィードバック

  1. さすがです
    感想が秀逸です❗️
    薬科大の接待のような勧誘、異常だなと
    思ってました。説明会のお土産が高価らしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。