借金、万引き、女の後をついて行く父84。息子「わたし達から見ても認知はありません」


テレフォン人生相談 2016年12月7日 水曜日

父84歳がカードローンで借金して万引。認知症の疑い。どう向き合えば?

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 男54歳 父84歳と母 妹がいる

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談ですう。

相談者:
はい

ドリアン助川:
よろしくお願いします。

相談者:
よろしくお願いします。

ドリアン助川:
今日はどんなご相談でしょう?

相談者:
えーと、父のお・・借金なんですけども。

ドリアン助川:
お父さんの借金?

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい。どういうことですか?

相談者:
先日、1か月ぐらい前に、

ドリアン助川:
はい

相談者:
発覚う、しましてえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
カードのリボで借金をしてたという感じい、なんですけど。
で、この間あ、ついこの1週間ぐらい前にあのおー・・家族会議を、したんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ま、わたしいー、の、いや、妹いまし、が、いまして、

ドリアン助川:
はい

相談者:
母親とお、父と4人で話をし、してえ・・でま、
「今あるう、借金を、3人で、えー綺麗にするんで、もう止めてくれ」っていうようなあ・・話を、したんですよ。

ドリアン助川:
あなたと妹さんと、お母さんとで分けると?

相談者:
そういうことです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで本人も、「もうやらない」っていうことでえ・・あの、カードなんかもわたし達が預かって、

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、その場は、あのお、納得う、したと思って、るんですけどお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
したら、今朝ほどおー、母の方から電話があって、

ドリアン助川:
はい

相談者:
で今度母にい、「お金を貸してくれ」っていうふうに・・言って来たと。

ドリアン助川:
うん

相談者:
いうことで、母も、どうしていいか分かんなくてえ・・ほで、ちょっと今回、ご相談してみようと思ってえ、お電話さし、したんですけども。

ドリアン助川:
はい、えじゃ、これから少し、詳しいこと教えて下さい。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーっと、まずあなた様おいくつですか?

相談者:
54です。

ドリアン助川:
54歳。

相談者:
はい

ドリアン助川:
お父さんはおいくつでしょう?

相談者:
えーと84です。

ドリアン助川:
84歳?

相談者:
はい

ドリアン助川:
定年退職されてから、お仕事っていうのは、

相談者:
70ぐらいまで仕事をしてたと思うね。

ドリアン助川:
70歳ぐらいまでお仕事なさってた?

相談者:
はいはい

ドリアン助川:
はい。で、年金とかはもらってるわけですよね?

相談者:
もちろんです。はい

ドリアン助川:
はい。で?、この借金というのが、総額、どれぐらいでしょう?

相談者:
100万弱ですね。

ドリアン助川:
100万弱?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あのお、お父さん、このお、100万弱の借金を作ってしまうってことは、貯蓄が全然ないってことなんですかね?、お父さん・・

相談者:
うん、っていうのは、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あのお、70代、仕事辞めるきっかけっていうのが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの癌をやりまして、

ドリアン助川:
ほう

相談者:
まあ、治ったんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
その時にその、「もう長生きはできないだろうからあ」

ドリアン助川:
はい

相談者:
その「一生分の小遣いをよこせ」っていうふうに、母に・・言って、

ドリアン助川:
はい

相談者:
母があ、退職金ん、等の有り金を・・ま、全部ではないんでしょうけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ある程度渡してるみたいなんですよね。

ドリアン助川:
あー。どれぐらいー、の、お金もらったんでしょうね、そん時。

相談者:
1000万、2000万近くですね。

ドリアン助川:
うーん、2000万近く。それで、ん2000万、を何に使っちゃったんでしょう?

相談者:
も、とにかく、買うことが好きな人でえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
特に、こう大きい買い物お、じゃないと思うんですよね、しょっちゅう洋服買ってみたりい、

ドリアン助川:
はい

相談者:
やたら高い爪切り買って来たり、みたいな。

ドリアン助川:
ど、どれぐらい高いんですかね?

相談者:
2万円ぐらいするやつですね。

ドリアン助川:
2万円の爪切りは高いですねえ。

相談者:
ええ、ははは(笑)

ドリアン助川:
はー、なんかそういう、ま、昭和の頃苦労もあったでしょうからあ、物に憧れた世代でもあります、よね?

相談者:
ええ、ただあのお・・

ドリアン助川:
それが、うん

相談者:
父のお、実家ってのは、凄く恵まれててえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
「お金に苦労したっていうことがない」っていうのは聞いたことがあるんですよ。

ドリアン助川:
うーん・・あのお、この・・百万の借金、を、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
返さなきゃいけなくなったってことは、返済を迫られてるということなんです、か?

相談者:
いや、あのおー、それは違う、返済迫られてるわけではないんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
どうも発見した時にい・・その借金をして返してるっていうような、とば口(*)だったみたいでえ、

(*)とば口:
入り口、 物事の始まったばかり

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、これはちょっとも、膨れ上がる一方だっていう、ところでえ・・一旦綺麗にしようっていうふうに思ったんですよね。

ドリアン助川:
うーん。であのお、このちょっと2万円の爪切りい、が不安なんですけども、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
認知症が少し、入られてるって、そういうことはないんですか?

相談者:
いや、あのお、わたしもそれをちょっと、疑・・ってるんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
実は、あのお・・2か月弱ぐらい前に、万引きで捕まってるんですよ。

ドリアン助川:
はー

相談者:
でえ・・ちょっと昔い、から、人となりを考えるとお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ちょっと考えられないんですよね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
その時はあ、お金を持ってたんですよね。

ドリアン助川:
ええええ

相談者:
ちょお、っと信じられない、のとお、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それからちょっと、最近、昔考えられなかった奇行っていうか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そんな感じい・・も、見受けられるんですよね。

ドリアン助川:
ん、奇行というと、例えば?

相談者:
うん例えば・・あの老人会で気に入った近所の奥さんだと、付いていったらい、とかあ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それからまあ、あと深酒して夜中に騒いだりとかあ、

ドリアン助川:
あー

相談者:
でえ、あのお、実はその車の運転が、も、好きでえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
今から半年ぐらい前、ですかね、ちょっと接触事故を起こしましてえ、

ドリアン助川:
ええ、ええ

相談者:
で、元々その家族は「もうちょっと危ないから止めてくれ」っていうことでえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
で、運転は止めてる、状態なんですよね、今。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ただ異常な運転好きだったことは確かなんですね。

ドリアン助川:
あー・・いずれにしろ、今、起きてることが、

相談者:
はい

ドリアン助川:
かつてのお父さんからは、ちょっと想像しがたいという・・

相談者:
そういうことです。

ドリアン助川:
とこですか?

相談者:
はい

ドリアン助川:
お金の使い方も含めて?

相談者:
えー、ま、ただお金の使い方はあ、

ドリアン助川:
うん

相談者:
かなりい、こう、人におごるのが好きだったりみたいなとこはあったのでえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
うんまあ、それは、ちょっと想像はつくかなっていう感じは、感じですね。

ドリアン助川:
となると、えー、今日の問題、を、この絞っていきますと、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
えー、まず、お父さんのその金遣いの部分を、そう改めてもらおうかということ、

相談者:
はい

ドリアン助川:
ですね?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あとは、その・・ん、今・・
「お小遣いくれ」と言ってるんだけど、これもどうするかということです、よね?

相談者:
あはいはいはい、はい

ドリアン助川:
その辺り、やっぱり中心ということでよろしいでしょうか?

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、では今日の先生紹介いたします。

相談者:
はい

ドリアン助川:
弁護士の、塩谷崇之先生です。よろしくお願いします。

相談者:
はい、はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。