「5歳の娘のお尻を友人の男に拭かせますか?」親権が欲しい男のズサンな育児計画


テレフォン人生相談 2016年12月12日 月曜日

12歳長男のDNA鑑定をしたら自分の子ではないことが分かったので離婚をしたい。長男以外の子供2人の親権だけが欲しいんだが、可能か?

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 男45歳 妻34歳 結婚12年 子ども4人(女16、男12、男8歳、女5歳)
一番上の女の子は妻の連れ子
2番目の男の子のDNAが自分と一致していないことが分かったばかり

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもし?

今井通子:
はい

相談者:
こんにちは

今井通子:
今日はどういったご相談でしょう?

相談者:
あ、ちょっとあの、親権の件で、ちょっとお話したいんですけど

今井通子:
はい
まず、あなたはおいくつですか?

相談者:
えー、45です

今井通子:
奥さまいらっしゃいますか?

相談者:
ええ、います、はい

今井通子:
はい、何歳?

相談者:
えー、34歳

今井通子:
お子さんは?

相談者:
えー、子ども、4人おりまして、

今井通子:
はい

相談者:
女16歳、

今井通子:
はい

相談者:
男12歳

今井通子:
はい

相談者:
えー、男8歳

今井通子:
はい

相談者:
で、女の子5歳

今井通子:
はい
で、その親権というのは、どなたと・・

相談者:
あ、一番上え、の子が元々結婚する前の連れ子お、なんですよ。

今井通子:
ああ、なるほど

相談者:
それで養女にして、おるんですけれども、結婚してから。

今井通子:
はい

相談者:
で、2番めの子がですね、

今井通子:
はい

相談者:
DNA鑑定ってのが、ちょっと一時世間で流行ったんで、

今井通子:
はい

相談者:
ま、わたしも、ちょっと疑いがあったんで、で、大きくなると、顔おが、アレ?、これオレの子かな?っていう・・とこがやっぱ段々、感じては来てたんですけどお・・

今井通子:
はい

相談者:
まあ、ちょっと一回やってみるか、ってことで、つい最近調べましてね、

今井通子:
はい

相談者:
そしたら、やっぱり、あのお、ゼロ%っていう数字が出ましてですね、

今井通子:
はい

相談者:
えー!、やっぱりっていう感じだったんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
ま、そのことはまだ嫁には言ってなんですがあ、

今井通子:
はい

相談者:
やあ、もう、ちょっと一緒に居るのは無理だろうって思いまして、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと離婚を考えてるんですけど。

今井通子:
あー、はい

相談者:
ただ、下2人はもう、わたしの子だと分かるもんでえ、

今井通子:
はい

相談者:
この2人をなんとか、別れた後、僕が親権を取りたいんですよね。

今井通子:
なるほどねえ

相談者:
で、2人はもう要らないんでえ

今井通子:
とりあえずう、あなたはあ、

相談者:
はい

今井通子:
初婚?再婚?

相談者:
えー、初婚です・・

今井通子:
で、奥さまは、そうすると再婚でらっしゃるの?

相談者:
はい、えーとね、未婚の母なんですよ。

今井通子:
あー、なるほど

相談者:
うーん・・

今井通子:
えーと、何年前に結婚されたの?

相談者:
えー、12年前です。

今井通子:
あ、12年前

相談者:
はい

今井通子:
でも、12年前に結婚されて、12歳のお子さんがいるってことは、あなたのお子さんじゃないってのは、始めから分かってない?

相談者:
ちょおどね、妊娠して、じゃ結婚しようか、ってなったんですよ。

今井通子:
あ、そういうことか

相談者:
でえ・・子どもがいるってのは分かんなかった、当初。

今井通子:
はあ

相談者:
一人目が生まれる、付き合ってる直前ぐらいに、

今井通子:
はい

相談者:
いや、実は、という話があって、

今井通子:
ええ

相談者:
考えたんだけど、でも子どもお、も出来るし、ま、しょうがないか、ってことで、結婚しようか、ってなったんですよ。

今井通子:
はい
でえ、彼女はそうすると、一人で何をやって生活してたの?

相談者:
そうですね、なんか、飲み屋さんとか働いていたみたいなんですけど

今井通子:
え、じゃ、

相談者:
そいで、僕がお客さんで行って、

今井通子:
あー、

相談者:
知り合ったってのが、キッカケなんですけど、はい

今井通子:
なるほどねえ

相談者:
はい

今井通子:
お客さんだったのね。

相談者:
うん

今井通子:
そこの飲み屋さんの

相談者:
そうですね、はい

今井通子:
ふうん
で、離婚を考えちゃってるっていうことはあ、

相談者:
はい

今井通子:
今の現状、お家はどうなの?

相談者:
会話は少なくなりましたね。
ま、でも、わたし、あの、DNAのことはまだ言ってないんで、一切。

今井通子:
はい

相談者:
それ以前に、まあ、そんなに会話は、多くはないんですけれどお、

今井通子:
あ、元々?

相談者:
元々、うん

今井通子:
ふーん

相談者:
ただこのお、結果があ、出てから以降は、ちょっと僕の方が、態度に出るようになってますね。

今井通子:
んん、だ、だろうと思うんですよ?

相談者:
うーん、かなり

今井通子:
奥さんの方も、「あらあ、どうしたのかな?」と思ってると。

相談者:
うん
ただ、それに対して、DNAで違う、それを調べたっていうふうな疑いはないと思いますね、今見てる限りでは。

今井通子:
うん

相談者:
なんか、別件で怒ってるのかな?っていう

今井通子:
なるほど

相談者:
感じで、見られてると思う・・

今井通子:
でも、やっぱり、ちょっと無口になっちゃったり・・

相談者:
そうですね、はい

今井通子:
うん

相談者:
とにかくもう、一緒に居たくねえな、っていうぅ・・のが、先走っちゃってて・・

今井通子:
なるほどね

相談者:
ただ下2人はね、なんか、これから、たぶん裁判とか、っていう話に、なる、として、

今井通子:
うん

相談者:
2人はどうしても、こっちに置きたいんですよ。
下2人は。

今井通子:
はい

相談者:
うん・・

今井通子:
で、あなたがあ、えーと、男のお子さんと女のお子さん、で、下のお子さんは、だって、まだ5歳よ?

相談者:
5歳ですね、はい

今井通子:
うん、もしかして、離婚してえ、

相談者:
はい

今井通子:
引き取ろうと思ったときにい、

相談者:
はい

今井通子:
男手一人で育てる気?

相談者:
そうです

今井通子:
・・あ、

相談者:
まったく問題なく出来ると・・

今井通子:
あなたはなに?、会社員・・

相談者:
会社員ですけどお、その子どもおの、そういった色んな行事とか、そういうのが結構合わせられるう、時間帯の仕事なんで、

今井通子:
あー、なるほど

相談者:
うーん
そういうの考えた上で、もう、

今井通子:
じゃ、昼間は、大丈夫そうなのね?

相談者:
んん、問題無いですね、はい

今井通子:
ふうん・・

相談者:
あと、もう一つ、あのお、たとえ全員取られたとしてえ、

今井通子:
はい

相談者:
養育費払うっていう、そういう・・ことは許せないわけですよね。
こっちは何も悪くないのにっていう頭なんで。

今井通子:
なるほど

相談者:
だから2人引きとって、もう、一銭も払いたくないっていう・・とこなんですけど。

今井通子:
あー

相談者:
うん・・
でも、もう・・(笑)そこまでね、

今井通子:
うん

相談者:
うん、やってることが・・普通じゃないってのが分かるんで・・

今井通子:
うん

相談者:
そこまで、面倒看るつもりもないし、っていう頭・・

今井通子:
かなり怒ってるのね?今

相談者:
おー怒ってますね、はい

今井通子:
で、今日のそうすると、ご質問としては、

相談者:
はい

今井通子:
下2人のお子さんの親権を取るにはどうしたらいいか?っていうことなんですよね?

相談者:
そうですね、そこお、ですね、はい

今井通子:
分かりました。
今日は弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので、

相談者:
あ、はい

今井通子:
伺って見たいと思います。
先生よろしくお願いいたします

相談者:
よろしくお願いしますう

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。