言葉を持たない4歳に「なぜ?」攻撃。恥ずかしがり屋の孫に発達障害を疑う婆さん


テレフォン人生相談 2017年1月3日 火曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大原敬子(幼児教育研究家)

相談者: 18年前に離婚した女68歳 娘2人 近くに住む38歳の次女家族(夫35歳、長男4歳半、次男1歳半)

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?

相談者:
はい、もしもし

今井通子:
テレフォン人生相談でえす。

相談者:
はい、こんにちは、お世話になりますう

今井通子:
はい
今日はどういったご相談でしょう?

相談者:
えーと、ちょっと孫のことでえ、相談したいと思いましてえ

今井通子:
はい

相談者:
アドバイスを貰いたいなと思って、お電話しました

今井通子:
はい、あなたはおいくつですかあ?

相談者:
わたくしはあ、68歳です

今井通子:
68歳

相談者:
はい

今井通子:
ご主人は?

相談者:
あー、離婚しましたあ

今井通子:
何年前?

相談者:
えーと、18年ぐらい前ですかね

今井通子:
はい
で、えー、お孫さんと言うからには、お嬢さんか、坊っちゃん、いらっしゃるわけよね?

相談者:
はい、えーと、娘が2人おりまして

今井通子:
はい

相談者:
2人ともお、家庭を持っています。

今井通子:
はい

相談者:
そして、あのお、次女の

今井通子:
はい

相談者:
子どものことで、ちょっと、アドバイスが欲しいなと思って電話しました。

今井通子:
じゃ、下のお嬢さんはおいくつ?

相談者:
38歳です

今井通子:
38歳

相談者:
はい

今井通子:
で、ご主人いらっしゃるんですよね?

相談者:
はい

今井通子:
おいくつ・・

相談者:
35歳です

今井通子:
35歳のご主人がいてえ

相談者:
はい

今井通子:
で、お孫さんは、何歳の、

相談者:
えっとお、長男があ、4歳半ですね。

今井通子:
4.5歳、はい

相談者:
次男が、一歳半ですね

今井通子:
あ、男のお子さん2人

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
でえ、ま、その長男の、ことでちょっと・・

今井通子:
4歳半の、

相談者:
はい

今井通子:
坊っちゃんのことね?

相談者:
はい

今井通子:
で、どういう、何がありました?

相談者:
あのお、ま、異常に恥ずかしがり屋っていうかですね、

今井通子:
ああ

相談者:
保育園に行ってもですね、「おはようございます」とか、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと、帰りに「さようなら」とか、言わないんですよね。
小さい声で、「おはようございまあす」って言ったり、するんですけどお、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと、自分のお、意見をはっきり、こう、言わないんですよ。

今井通子:
はい
あなたはあ、

相談者:
はい

今井通子:
その、次女の方と一緒に住んでらっしゃるの?

相談者:
いえ、住んでないんです。
住んでないんですけどもお、

今井通子:
あん

相談者:
あの、ま、近くうなもんですから、

今井通子:
はい

相談者:
しょっちゅう、まあ、いたり、行ったり来たり、してるもんですがあ、

今井通子:
あの、例えば、

相談者:
はい

今井通子:
そのお、保育園にい、

相談者:
はい

今井通子:
お孫さんを送り迎えしたことがあるの?

相談者:
えっとお、母親があ、ま、向こうの方に一緒に泊まってたりして、一緒にい、朝、送っていったりすることはあるんですけどお

今井通子:
うん

相談者:
あの、そのお、挨拶をするところは見てないんです。

今井通子:
あ、じゃあ、この話は何?

相談者:
はい

今井通子:
あなたのお嬢さんから聞いた話?

相談者:
はい
まあ、だってあのお、こっちに来たときも、あのお、大きな声で「おはよう!」じゃなくて、来ないんですよね。
こっちから大きな声で挨拶をすれば、あ、まあ、気が向いたときは、挨拶はするけど、黙あってるときもあるし、

今井通子:
うん

相談者:
うん

今井通子:
ちっちゃいときからそうなの?

相談者:
ちょっと言葉が遅かったことは遅かったんですよね。

今井通子:
ん、何歳で・・

相談者:
一歳半ん・・

今井通子:
そんなに遅くないな・・

相談者:
ぐらいかな・・

今井通子:
一歳半で、

相談者:
はい

今井通子:
ま・・

相談者:
ちょっとわたしもあの、保育園でえ、お遊戯会とか、運動会とかで、お遊戯い、とかありますよね?発表会とかで。

今井通子:
はい

相談者:
練習はよくするみたいなんですけど、いざ、本番になると、いっぱい人がいると、恥ずかしがってしないんですよね。

今井通子:
そうすると、そのときに、

相談者:
はい

今井通子:
えー、例えば、どういう状態になるわけ?
みんながバンザイの手、上げてたりい、

相談者:
ええ

今井通子:
うん

相談者:
まあ、その場面にはいるんですけど、

今井通子:
うん

相談者:
しないですよね、立ってる、たり・・なんかあ、

今井通子:
立ってるだけなの?

相談者:
はい、はい、立って、ま、踊りは、ま、そう、手えを、足を動かしたりはするけど、そんな、踊りにはなってないんですよね。

今井通子:
だけど、踊りは一緒に動いてはいるのね、じゃあ。

相談者:
はあい
ん、で、自分のお、意思をはっきりい、ま、言わないですよね、だから。

今井通子:
あのお、それは、どういうことでですか?

相談者:
ま、どうしてしないの?って言っても、黙あってるし、

今井通子:
うん

相談者:
「なんでしないの?」って言っても、ほら、「恥ずかしいの?」とか、こっちが言えば、黙あってるしですね、

今井通子:
これはなに?
「お遊戯をなんでしないの?」って言ったの?

相談者:
はい、「何でみんなと一緒にしないの?」って、「練習は出来るんでしょ?」って言えば、「うん」って言うんですよね。

今井通子:
うん

相談者:
「恥ずかしいの?」、「照れてんの?」とかって言うんですけどお、なあんか、はっきりしないんですよね。
自分の意思をはっきり言わないもんだから、ちょっとこっちが、◆#$%

今井通子:
あのお、例えばですね、

相談者:
はい

今井通子:
おやつう、とか言って、

相談者:
はい

今井通子:
なんか、何種類かの、ま、食べ物があったりして、

相談者:
ええ、はい

今井通子:
「どれが欲しい?」とかって聞きますか?

相談者:
はい

今井通子:
そういうときは?

相談者:
は、ま、自分の好きなものに手を出しますよね。

今井通子:
うん
で、

相談者:
ま、あの、ま、あんまり、兄弟ケンカも、しないし、優しいんですよ、ものすごく

今井通子:
うん

相談者:
弟に対しても。

今井通子:
で、あのお、保育園の中でえ、

相談者:
はい

今井通子:
いじめられっ子になっちゃったり、怪我させられたり、

相談者:
いや、それはないみたいです

今井通子:
ってことはないですね?

相談者:
はい、ないみたいです、はい

今井通子:
で、そのことについてえ、

相談者:
はい

今井通子:
えー、なんか、恥ずかしがり屋なんじゃないか?、えー、要するに、意思をはっきりさせないんじゃないか、っていうことについて、

相談者:
はい

今井通子:
あなたは、お嬢さんから相談されたの?

相談者:
いや、お嬢、あの、娘もそう思ってるんですけど、わたしも、なんか思ってるもんですからあ、

今井通子:
うん
で、お家にいるときはどうですか?

相談者:
お家にいるときは、もう、大きな声も出すし、

今井通子:
要は昔で言う、内弁慶の、

相談者:
んん、そおなのかなと思うんですけどねえ、ええ

今井通子:
でえ、それでえ、今日のご質問はそうすると何でしょう?

相談者:
あのお、どうなんでしょうね?
発達障害とか、そういうのが、あるんでしょうかね、もし、あれだったら、病院に連れて行ってえ、診察してもらった方がいいのかな、と思って。
どお・・

今井通子:
なるほど

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、

相談者:
はい

今井通子:
幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。