定年後に嘱託勤務の夫。お酒を飲むと当たりキツくなる


テレフォン人生相談 2017年1月21日 土曜日

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 塩谷崇之(弁護士)

相談者: 女60歳 結婚35年 定年になって同じ職場で嘱託勤務の夫63歳 長女28歳 長男25歳 4人暮らし

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、もしもしお願いいたします。

ドリアン助川:
よろしくお願いします。
えー、今日どんなご相談でしょうか。

相談者:
あのお、夫とのお、あのお・・今後上手くやって行くには・・どうしたらいいのかっていう、ご相談なんですが。

ドリアン助川:
えーと、すいません、弟さんとですか?

相談者:
あ、夫です。

ドリアン助川:
あ・・ご主人と。

相談者:
主人です。

ドリアン助川:
はいはい、旦那さんと。

相談者:
はーい

ドリアン助川:
旦那さんと、今後どう上手くやって行くか。

相談者:
そうですねえ

ドリアン助川:
えーっとお・・ご結婚されてどれぐらいになるんでしょうか。

相談者:
えっと35年くらいでしょうか。

ドリアン助川:
35年。

相談者:
はい

ドリアン助川:
大変失礼ですけど、今あ、おいくつでいらっしゃいますか?あなた様は。

相談者:
わたくし60う、です。

ドリアン助川:
60歳。

相談者:
はい

ドリアン助川:
旦那さんは?

相談者:
63

ドリアン助川:
63歳。

相談者:
はい

ドリアン助川:
ということは、20代の頃に・・

相談者:
そうですね

ドリアン助川:
ご結婚なさったわけですね。

相談者:
はいはい

ドリアン助川:
お子さんはいらっしゃるんですか。

相談者:
はい・・#$%◆

ドリアン助川:
何人いらっしゃいますか。

相談者:
二人です。

ドリアン助川:
男、女?

相談者:
女に男です。

ドリアン助川:
女に男。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、もう、独立なさってるんでしょうか。

相談者:
いえ(苦笑)自宅で、

ドリアン助川:
自宅で、

相談者:
4人で・・

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
生活しております。

ドリアン助川:
お姉さんは、おいくつですか?

相談者:
28

ドリアン助川:
28歳。

相談者:
はい

ドリアン助川:
弟さんが、

相談者:
25です。

ドリアン助川:
25歳。

相談者:
はい

ドリアン助川:
この4人で、生活をされていると。

相談者:
はい

ドリアン助川:
具体的にはどんなこと起きてるんでしょう?

相談者:
あのお・・よく・・う、暴言をは、吐くんですよ。お酒飲むと、尚更こう・・カーッとなって来るていうか。

ドリアン助川:
はい

相談者:
わたしたちに対して、子どもにも、だいたい、あの、干渉し過ぎ?

ドリアン助川:
はい

相談者:
るところがありまして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
それに対して、あの、自分でこう、上手く・・話ができれば良いんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あまり・・こ、コミュニケーション取るう、のが、上手くない人なもんだからあ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで、お酒え、飲んだ時にこう、何か・・言うんですよ。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
ん、それに対してはあの・・何か、い、わたしたちが言おうとすると・・
「もう、うるさい。黙ってれ」っていう感じでえ、

ドリアン助川:
はい

相談者:
もう・・話に・・ならないというか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
自分の、一方的に、自分の・・言いたい事を言って、

ドリアン助川:
はい

相談者:
で自分ん、の、こう・・メンツが、立たないというか、悪いところ指摘されるとお、「黙ってれ」っていう感じで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
話にな(苦笑)ならないっていう感じなんです。

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
それであのお、何か、ちょっとした口論とかに、な、なるともう、尾を引いて、翌う、日ももう、口を利かない、状態・・ま1週間とも何・・ん、掛かりませんけど2、3日、するとお、ん、ま、普通にこう、なって行きますがあ、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
それまでがあ、もう・・

ドリアン助川:
あの、元々・・そういう方だったんですか?、それともお、変わって、来られたんですかね?

相談者:
前からこう、強い、態度っていうか、それはありますけど、お酒を飲んで、こう、言うようになったのは・・5、6年前でしょうかねえ。

ドリアン助川:
ご主人はあ、仕事の方はどうなさってるんですか?

相談者:
あのお・・定年になって、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あれえ、また延長で、働いてはおります。

ドリアン助川:
はい、えー、60歳で、一度・・辞められて、

相談者:
そう、そうなんです。

ドリアン助川:
そのあとはあ、嘱託か何かで、

相談者:
ええ、同じ職場なんですが、

ドリアン助川:
ええ、同じ職場で。はい

相談者:
ん、何か、その、退職・・後っていうのか、それえ、あたりからこう・・老後のこと考えてみたり(苦笑)

ドリアン助川:
はい

相談者:
子どものこと考えてみたり、そういうなんか・・悩み?

ドリアン助川:
一種のまあ、分岐点みたいなものがあるとしたとしたら、それはそのお、

相談者:
そう・・そうなんですね。

ドリアン助川:
退職う、のあたりだということですね。

相談者:
そうな、そうなんですね。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
でえ、まだ、口も利かないで(苦笑)あえて、いる場合に、なんか・・わたし達も、どうしていいか、まあ、普通に、してえ、は、いるんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
主人に大して、こう、悪いところ、みたいなところ言った方がいいのかあ・・そのまま、黙ってえ、いればいいのかっていう、そういう、点もちょっと・・分かんないんで、

ドリアン助川:
あー

相談者:
お聞きしたいんです。

ドリアン助川:
はいはい。あのお・・旦那さんが、お子さんが小さい頃はどうだったんですか?

相談者:
あのよく、子どもはあの、遊んでくれましたし、

ドリアン助川:
はい

相談者:
キャンプに行ったりとか、

ドリアン助川:
はい

相談者:
旅行とかも・・行きます。

ドリアン助川:
穏やかな日々もあったわけですね。

相談者:
はいはいはい、今もまあ、

ドリアン助川:
うん

相談者:
穏やかではあるんですがあ(苦笑)

ドリアン助川:
はい

相談者:
こういった、やなんかが、あーり、あーるともう、手のひら返したみたいに・・

ドリアン助川:
うーん

相談者:
変わるんですよ。

ドリアン助川:
あの何か・・えっと、差し支えない、程度で結構なんですが、

相談者:

ドリアン助川:
具体的に・・こういうことがあったっていうのを、教えていただけますか?

相談者:
(笑)

ドリアン助川:
そのた、例えば暴言、といっても、どんな言葉なのか。

相談者:
あのお・・長男が、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ちょっとあのお・・夜に、あのお・・「友達とい・・飲みに行く」とか言って、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
「出掛ける」とは言ってたんですが、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それを主人は勘違いして、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
なんか、いったん、スッと出たんですよ。

ドリアン助川:
はい

相談者:
そしたらもう、「行って来ます」って挨拶もしないで行ったって・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
勘違いしたみたいで。

ドリアン助川:
ええー

相談者:
そしたら・・「何で挨拶していかないんだ」と・・いう風になって、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
ほで、わたし達い、わたしと、娘もその場にいましたから・・
「お前たちが、あー、ちゃんと言わないから・・悪いんだ」みたいな、感じで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
言って来まして(苦笑)

ドリアン助川:
ええ

相談者:
そいで、そこに(苦笑)来てまた、食事にも結構うるさいんですよ。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
「しょっぱい」だの、「甘い」だの、

ドリアン助川:
はい

相談者:
ほでまたそこに、出た、ものがちょっと、しょっぱかったんですよ。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
そいだらそれに対して、またもう・・「しょっぱいじゃないか・・何やってる」って・・いう風に、

塩谷崇之:
(咳払い)

ドリアン助川:
それ・・な、何がしょっぱかったんですか?

相談者:
あはは(笑)ちょっと、煮豆え、したんで・・

ドリアン助川:
あ、煮豆がしょっぱかった。

相談者:
うふふふ(笑)

ドリアン助川:
それ、「煮豆、ちょっとしょっぱいなあ」って言い方じゃないわけですね。

相談者:
そうなんです。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
この間・・

ドリアン助川:
ま、威圧的なものの言い方、さ、すると。

相談者:
あん、食事に対しては、わたしい、は、主婦だからあ、
「お前が、食事ちゃんと管理するのがお前の・・仕事だ」っていう感じで、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
ん、「仕事行けば、こんなもんじゃない」っていう風に、こう、説教じみた・・

ドリアン助川:
あー

相談者:
ようなことを言うんです(苦笑)

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
で、この間は、そのことで、もう、自分はプイっと、もう、部屋に・・2階に行って。で、翌日は、もう、あれかな、直ってるかなと思ったら、もう、全然・・口も利かないもんだから、んふふ(苦笑)

ドリアン助川:
うんふーん

相談者:
そういう感じ・・になんです。

ドリアン助川:
その、何かあ、ご主人のお・・普段、心中が今もう、全然、穏やかではなくて、

相談者:
そう

ドリアン助川:
面白くないっていう・・

相談者:
そうなんです。

ドリアン助川:
ものが、家族に向かって来ちゃってるっていう感じなんですかねえ?

相談者:
そうです、職場の・・ことも、昔はそんなに、あの、会社のことは言わなかったんですが。

ドリアン助川:
はい

相談者:
最近ん、職場のことも言いますね。愚痴こぼします。(苦笑)

ドリアン助川:
うーん、という風に、変わって来てしまったお父さん。

相談者:
そう・・なんです。

ドリアン助川:
ええ。お父さんも、多分、お辛いんでしょうね。

相談者:
そうだと思います。

ドリアン助川:
うーん、でそれに対して・・えー、今日のご相談というのは、

相談者:
はい

ドリアン助川:
まその、現状のお、問題があるんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、立ち向かって色々、話をするべきか、

相談者:
はあ

ドリアン助川:
或いは、これやり過ごして、行けばいいのか、

相談者:
そうなんです。

ドリアン助川:
という、部分ですね。例えば・・

相談者:
うー、立ち、向かうってもお、わたし達も、上手く、あの、話(苦笑)せないもんだから、なんか、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
こう、堂々めど・・同じような、繰り返しみたいなんですけど・・

ドリアン助川:
分かりました。ではあ、何とかそのお、もう一度穏やかな家庭に・・

相談者:
あは(笑)

ドリアン助川:
戻したいという、ことですね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい、それでは、、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、今日の、回答者の先生ご紹介します。

相談者:
はい

ドリアン助川:
弁護士の、塩谷崇之先生です。

相談者:
はい

ドリアン助川:
よろしくお願いします。

相談者:
お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。