女「母の依存がスゴイんです」。加藤諦三「違います。あなたが恐れてるのは自分です」


テレフォン人生相談 2017年1月27日 金曜日

実母も同居の義母も依存心が強い。この母たちにどう対応して良いかわからなくなった。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女47歳 夫48歳 娘19歳 義母82歳と同居 実家の母75歳

今日の一言: ホントの自分を恐れるな。失敗は恐れから生じます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもしい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
よろしくお願いしますう。

加藤諦三:
はい・・最初に、年齢教えて下さい。

相談者:
47歳です。

加藤諦三:
47歳、結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
え、ご主人何歳ですか?

相談者:
48歳です。

加藤諦三:
48歳、お子さんは?

相談者:
19歳です。

加藤諦三:
19さ、男の子、女の・・

相談者:
娘え、です。

加藤諦三:
おーお嬢さん。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい分かりました。それで、どんな相談ですか?

相談者:
実う、の母、からの、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、依存・・依存心が強い母なので、

加藤諦三:
依存心が強い。あの・・何歳ですか?この・・ご主人のお母さんていうのは。

相談者:
あ、えーと、実の母なんです。

加藤諦三:
あ、実のは、あなたのお母さんですか、はいはい

相談者:
はい

加藤諦三:
えーね、

相談者:
えーと・・

加藤諦三:
何歳ですか?

相談者:
70う、5歳です。

加藤諦三:
75歳。その、依存心が強いっていうのは、まあ・・具体的に言うと、例えばどんな・・ことでしょうか。

相談者:
あの、わたしい・・主人の母が、80い、2歳でいるんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
はい。とお、もう、結婚当初から、わたし・・は、あのお、主人が長男なので、

加藤諦三:
うん

相談者:
同居しようと思ってまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしの、実の、父い、は・・
「それは、そうなんだし、それがいいだろう」ということで、賛成してくれて、

加藤諦三:
はい

相談者:
同居お、も、今も・・20年間に、なりますけど、同居してるんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま・・その時い、も、母は気に入らなかったと思うんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのあと、ま、娘も生まれましたし、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんとか、今までやって来まして、

加藤諦三:
あのお・・「お母さんが気に入らなかったでしょうね」っていうのは・・表立っては反対しないけれども、あなたが#$%◆きて、お母さんが・・も反対だろうな、ていうことですか?

相談者:
はい、母は・・その、時には言わないんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
あとから、何でも、

加藤諦三:
はい

相談者:
文句を言う人なんです。

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
でえ、ま、わたしだけえ、ではなく、父に対してもそうですし、

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
あのお、で、あとから・・言われてま・・事あるごとに・・同居してる母の、文句は・・わたしい、に、対して、主人とか娘には一切言わないですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
気に入らないことをすべてわたしに、

加藤諦三:
はい

相談者:
対してぶつけて、来るう、ので、ま、あ・・

加藤諦三:
それであれですね、

相談者:
はい

加藤諦三:
あのお、あなたのご主人とか、あのお嬢さんとかにはあ、あのお、凄く、いい顔するの?

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
んですね、はいはい

相談者:
外お、での・・世間に対してもそうです。

加藤諦三:
はいはい

相談者:
はい

加藤諦三:
あの凄くいいお母さんを演じてるわけですね。

相談者:
あは(笑)、そうですね。で・・

加藤諦三:
んで、あなたあ・・「え?」と驚くほど、なんか違った面が、あなたに・・だけは出て来ると。

相談者:
そうですね、はい

加藤諦三:
そういうことね、はい

相談者:
で、わたしも、ま・・主人と、結婚して・・母から、離れ、て、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、わたし、の、感情のもう、こう・・蓋が、開いてえ、しまって、この20年間、自分なりに・・色んな、ことを、お、経て、20年・・経って今、ここにこうしているんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、先日、母が、手術を伴う、入院をしまして、

加藤諦三:
はいはい

相談者:
で、1週間入院をしたんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、1週間・・病院に、毎日・・行く事に・・なりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
母は・・「あし・・たあ、もお・・来るね」っていう、と、ま、それが当たり前だろうっていう、顔をするので、

加藤諦三:
はい

相談者:
はい。あのお、何とか1週間だからって、自分自身に言い聞かせて、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたし、の、自己満足で、1週間・・行ったんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのあと、何・・ヵ月か、経ってるんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
そこお、に、もう、また昔のような・・わたしに対しての、こ依存が・・始まり・・

加藤諦三:
うん

相談者:
まして、

加藤諦三:
うん

相談者:
で、わたしとしては、

加藤諦三:
と、#$%◆

相談者:
はい

加藤諦三:
1週間が終わって、毎にき、いく、日行くのお、が、終わりましたね、

相談者:
はい

加藤諦三:
そのあと、あなたとの、接触の仕方ってのは、どういう、し、接触の仕方なんですか?

相談者:
いや・・1週間に、1度ぐらい、

加藤諦三:
あ、行くという・・

相談者:
様子を見に、行く、形い、を、

加藤諦三:
うん

相談者:
ん、あの・・わたしもいけないとは思うんですけど、母のその、無意識に、

加藤諦三:
うん

相談者:
言葉あ、に出てる・・う、裏あ、が、凄く・・こう、無言の圧力が、来るので(苦笑)わたしが・・あのお、例えば、何か違う方向向いてるって分かると、

加藤諦三:
はい

相談者:
母、の、方で・・色んな問題を、投げかけて来るう、んです。

加藤諦三:
ふん・・例えば具体的に言うと、ん、どんな事ですか?

相談者:
あのお、母の、姉の・・ことだったり、

加藤諦三:
うん

相談者:
わたしいー・・と母でしか知らないような、

加藤諦三:
うん

相談者:
ことを・・言ってく、来て、「どうしようね、どうしたらいいかなあ」っていう、

加藤諦三:
うーん

相談者:
ふうに、こ、ボールを投げて・・

加藤諦三:
うん

相談者:
来るので、「じゃあまた今度行った時に、話そうね」って・・いう事お、で、電話は、終わるんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
うん

加藤諦三:
「電話は終わる」って、実際に会った時はどうなんですか?

相談者:
実際に会った時は、自分のことお・・を、すべて全部喋ってえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
自分、母は満足・・して、終わるっていう形(苦笑)

加藤諦三:
はあ、そうですか。

相談者:
なのでま、わたしい、は、小さい頃から・・わたしの話を聞いてもらった記憶がないので・・わたしい、のことは、好きじゃないん・・じゃないかなって思うときがあるんです。

加藤諦三:
いやあ、違いますね。
あな・・たに頼ってるんです。
あなたが一番頼りなんです。
大変、その、失礼なこと・・これからね、

相談者:
はい

加藤諦三:
聞きますけど、その・・お母さんとお父さんの関係はあ・・あんまり上手く行ってないですね。

相談者:
あう、そ、も、全然上手く行ってな、かったです。

加藤諦三:
上手く行ってれば、お母さんは・・お父さんの方に、内面(うちづら)を見せて・・お父さん以外の人には・・凄い立派な、人になっちゃうの、ですよ。

相談者:
はい

加藤諦三:
ところが、お母さん、お父さん・・に、おた、頼ってないから、っていうか・・お母さんは、お父さんに甘えてないんで、あなたに甘えちゃってるんですよね。

相談者:
・・ああ

加藤諦三:
であなた一人っ子?

相談者:
はい

加藤諦三:
うーん・・あなた優しいんだよね。

相談者:
・・あは(苦笑)

加藤諦三:
であなたの今日の相談っていうのは恐らくう・・どうしていいか分からないっていうことですか?

相談者:
そう・・ですね、はい

加藤諦三:
今日はスタジオにですね・・心についての、エッセイストとしてお馴染の、マドモアゼル愛先生がいらしてるので・・

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「女「母の依存がスゴイんです」。加藤諦三「違います。あなたが恐れてるのは自分です」」への1件のフィードバック

  1. 28歳、結婚まであと2ヶ月の女性です。
    この相談内容・回答を読み、おいおい泣いてしまいました。
    素敵な言葉をありがとうございました。
    救われました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。