両親とギクシャク男子大学4年生。再現する父親の説教がどう聞いても妻への不満


テレフォン人生相談 2017年2月13日 月曜日

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 男22歳大学4年生 父54歳 母50歳 弟20歳4人暮らし 隣りに祖父母が住んでいる

今日の一言: あなた自身の歌を歌いなさい。あなた自身の絵を描きなさい。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、はい、よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えて下さい。

相談者:
えー、22です。

加藤諦三:
22歳。まだ独身ですね?

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
んでえ、今あ、お父さんお母さんと、暮して・・住んでんですか?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
お父さん何歳?

相談者:
えー、父が54歳です。

加藤諦三:
お母さんは?

相談者:
えー50歳い、です。

加藤諦三:
兄弟は?

相談者:
えー、弟お、が、

加藤諦三:
はい

相談者:
一人

加藤諦三:
何歳?

相談者:
は、二十歳です。

加藤諦三:
はい。で今あ、は、働いてんですか、学生ですか?

相談者:
えと今、学生です。

加藤諦三:
学生で、も、そうすると・・大学4年生?

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
で、どんな相談ですか?

相談者:
んと、両親とのお、

加藤諦三:
うん

相談者:
関係が、ちょっと上手く行かなくて、

加藤諦三:
はい、この54歳のお父さんと50歳のお母さんね。

相談者:
はい

加藤諦三:
「両親」って言いましたけど・・どっちとも上手く行ってないの?、あるいは主としてどっちとかってのは・・

相談者:
そうですね、どっちともお、上手く行ってないです。

加藤諦三:
あ、どっちとも上手く行ってない。

相談者:
はい

加藤諦三:
どっちとも上手く行ってないで、今、一緒に住んでるわけですね?

相談者:
そうですね・・今、大学4年なんですけれど、

加藤諦三:
はい

相談者:
・・ホントはあのもう卒業だったんですけれど、

加藤諦三:
はい

相談者:
留年、してしまいまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
なので、ま、もう一年は、ちょ学生え、っていうことですね。

加藤諦三:
・・と・・ごくごくごく普通に、常識的なこと言うと、

相談者:
はい

加藤諦三:
お父さんお母さんに、「もう一年、授業料払って」・・「学費払って」とか、

相談者:
はい

加藤諦三:
「もう一年働かないよ」とかっていうことで、

相談者:
はい

加藤諦三:
お父さんお母さんとの話があると思うんだけど、そこら辺ん、はどうなの?

相談者:
家族う、会議といいますか、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま話し合いみたいのがあってえ、

加藤諦三:
家族会議っていうことは・・弟まで入って?

相談者:
あ、弟は入ってないです。

加藤諦三:
じゃ、3人で、ということね?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい。で家族会議で?

相談者:
えーま、その当初お・・留ねーん、もししたらあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま「学費はちょっとま、払わないよ」みたいなことを・・ま言われてて、

加藤諦三:
うん

相談者:
でま、それはちょっと・・本気かどうかっていうのは、ちょっと分からなかったんですけれど、

加藤諦三:
うん

相談者:
でまあ・・僕としては、結構・・ま、本気、に、ま、捉えててえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
まちょっともう・・こうなってしまったからあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま学校については、ちょっともう、ま・・学費もちょっとま、自分で払って行くっていう、ま、考えで・・ま、いたんですけれどお、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、父もちょっとまさか・・留年するとは、ま、思ってなかったのでえ、

加藤諦三:
うーん

相談者:
もう「学費についてはまあ、仕方ない」と・・なんかまた「それでえ、変にアルバイトとかされてえ」

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、ちょっと「学校に行かなくなっても」

加藤諦三:
うん

相談者:
ま「困るから」っていうことで、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま学費に、ついては、そういうことで、

加藤諦三:
うん

相談者:
話が納まって、ていうような感じですかね。

加藤諦三:
ということは、さっき「お父さんとお母さんと上手く行ってない」と言ったけれども、別に・・こ、家族が会議があって、意見があ、

相談者:
はい

加藤諦三:
必ずしも、い・・同じにならないというー・・ぐらいの話なのかな?

相談者:
・・うん

加藤諦三:
それ・・かなり、もうちょっと深刻なのかな?

相談者:
・・まちょっと自分が、

加藤諦三:
うん

相談者:
両親に対してえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
自分の考えを言えないというかあ、

加藤諦三:
んあー・・はいはい

相談者:
こ、母、と父、があ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
こう望むような・・こうちょっとお・・ちょっと演じて来たような、部分もあって、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・ま、結構弟があ、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま割とお、中学の頃にい・・まちょっと、自由に、やっていた・・

加藤諦三:
うん

相談者:
のもあってえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
その分、ちょっと母とかもお・・ま自分に対してちょっとお、ま、期待い、してるとことかも・・ま、あったのか分からないんですけどお、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、ちょっとお、そういうことを演じるようなことが強くなってえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
でここ、段々、こう、本当の自分との、なんかギャップみたいなものが・・強くなって来て、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、それでえ、うーん、ま、高校の終わりぐらい・・ですかね、

加藤諦三:
うん

相談者:
ま、ちょっと、両親と・・に対して、ちょっともう付いて行けないなっていうのがあって、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・ま、ちょっとそれについて、今悩んでるっていうことです。

加藤諦三:
うんうん・・要するに、本当の自分でない自分を演じて、ずっと高校の3年まで来たと。

相談者:
はい

加藤諦三:
単純に言えば、良い子を演じて、生きて来たと。

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
ん、ん、で、そこで・・

相談者:
はい

加藤諦三:
そのお・・なんか非行に走るとかですね、

相談者:
はい

加藤諦三:
鬱になる、逆に鬱になるとかっていうことではてえ、なんか・・お父さんお母さんに対して、

相談者:
はい

加藤諦三:
素直な気持ちになれない・・ままで、大学生活がスタートしたということですね。

相談者:
・・そうですね、ま、あのお・・ま非行とかしたらあ、ま、父とかが、凄い、ま、怒るっていうのも、

加藤諦三:
うん

相談者:
なんか目に見えて・・

加藤諦三:
うん

相談者:
るし・・高校のま、終わりぐらい、からはあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・思春期だから仕方ないというか・・まその、父とか母もお・・ま自分のことを・・考えて・・やってくれるっていう風に、考えて・・まちょっと・・自分から改善、しようというか、まちょっと、母とかと、なか、仲良くしようとも思ったんですけれど、

加藤諦三:
うん

相談者:
まちょっと・・思うようにもいかないで、

加藤諦三:
うん

相談者:
でもうちょっと諦めて、

加藤諦三:
「仲良くしようって・・んー、思った」といっても、やっぱりそのお・・ホントの・・自分ん、で・・生き始めるという、決心もちょっとできなか・・ったんでしょうね。

相談者:
あー、そうかもしれないですね。

加藤諦三:
うーん、ま、要するに、お父さんお母さーん・・に、があ、心を縛られていて、

相談者:
はい

加藤諦三:
自由になりたいんだけれどもお、

相談者:
はい

加藤諦三:
いざ自由になる、とすると、なかなか自由にはなれないと。

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、いうことですよね。

相談者:
はい

加藤諦三:
んで、

相談者:
はい

加藤諦三:
今日の相談っていうのはあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
ま具体的には、そのりょ留年ん・・ということになって、

相談者:
はい

加藤諦三:
この親子の・・両親との関係を、どうしたらいいかっていうことですか?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
ていうことですね。

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、分かりました。今日はあの、スタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。