9年間養育費が払われないんです。弁護士「娘を交渉役に」


テレフォン人生相談 2017年2月15日 水曜日

9年前に夫と離婚。月3万円の養育費をもらう約束だったが、ほぼ払ってもらっていない。遡って未納の養育費を請求できるか?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女48歳9年前に離婚 元夫48歳 両親と長女20歳 次女18歳 長男16歳の6人暮らし

今日の一言: なし

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもしい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、よろしくお願い致しますう。

加藤諦三:
はい、最初に年齢教えて下さい。

相談者:
はい。48歳ですう。

加藤諦三:
48歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してますう?

相談者:
あ、えーと9年前に離婚いたしましたあ。

加藤諦三:
あそうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
んで、今はそうすとお一人では、お暮らしですか?

相談者:
あ・・えーと今あ、は、えーとわたしの両親ん、と、

加藤諦三:
はい

相談者:
子ども3人と、

加藤諦三:
はい

相談者:
えーと

加藤諦三:
子ども3人、何、なな、何歳ですか?

相談者:
はい、えーと、長女が、二十歳

加藤諦三:
はい

相談者:
次女が18歳

加藤諦三:
はい

相談者:
長男が16歳です。

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、どんなご相談ですか?

相談者:
はい、えーっと9年前に、

加藤諦三:
はい

相談者:
離婚しました、

加藤諦三:
はい

相談者:
夫への、養育費の未払いを・・請求すべきか、しない方がいいのかということで、ご相談させていただいたんですが。

加藤諦三:
あーそうですか。

相談者:
はい

加藤諦三:
で9年前の時には、あのお・・あの養育費というのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
どういうような決まりだったんですか?

相談者:
はい、えーと、家庭裁判所において調停離婚、

加藤諦三:
はい

相談者:
致しました。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、えーと一人1万円の3人で3万円。

加藤諦三:
はい

相談者:
ってことであと、面接交渉権月1回、子ども達と会うということで、

加藤諦三:
はい

相談者:
それで、合意のうえ

加藤諦三:
はい

相談者:
あの離婚しました。

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、ま、このまま・・あの何もなくう、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたしたちい、あ、わたしの、えっとお・・一応生活費だけでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
子ども3人を育てようっていう・・気持ちでいたんですけれども、

加藤諦三:
はいはい

相談者:
あの、今・・上の子が大学2年なんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
奨学金で、大学に今行っております。

加藤諦三:
はい

相談者:
んで、あのお・・ま、奨学金で行っているのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのま、このまま・・健康であれば、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの普通に自分で、しょう、就職をしたらあ、払って、

加藤諦三:
はい

相談者:
行ける、と思ってたんですが、ちょうど3年前にい、

加藤諦三:
はい

相談者:
病気が発覚しまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、あのお・・もう、ま何とか、大学に進むことができたんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、この未払いの、

加藤諦三:
はい

相談者:
えーっと養育費、を・・この長女の、将来の奨学金に、

加藤諦三:
うん

相談者:
充てることができないかということをちょっと、

加藤諦三:
うんーん

相談者:
最近思うようになりましてえ

加藤諦三:
いつ頃からですか?その払わなくなり出したの。
最初は払ってた?

相談者:
えーと、最初のお・・ご、5回6回は、あの飛び飛びで・・払って・・

加藤諦三:
5回6回・・

相談者:
あの催促すれば・・はい

加藤諦三:
っていうのは、随分少ない、毎月払っ・・

相談者:
そう

加藤諦三:
って行くって・・

相談者:
いえいえ、あの、連続でってことはほとんどなく、あの、こちらが催促してえ・・何とか渋々払う。

加藤諦三:
この日に3万円、はい、入って来るなあという、そういう安心感はなかったわけです?

相談者:
あ、全くなかったですね。

加藤諦三:
あー

相談者:
はーい

加藤諦三:
んで、子ども3人抱えてえ、

相談者:
はい

加藤諦三:
でご両親・・と一緒でえ、

相談者:
そうですね、まあ、まだ両親がいて、くれたのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、何とか、助けてもらったってところは、

加藤諦三:
うーん

相談者:
ま何とか、ここまで(苦笑)育てて来たんですけれども。

加藤諦三:
でその夫、

相談者:
はい

加藤諦三:
あの元夫への、その不信感っていうのは、ほん、この人は・・

相談者:
はい

加藤諦三:
3万円っていうのは、決めても・・払ってくれないだろうなあっていうような、そういう不信感はあったんですか。それとも・・

相談者:
あ、あの、離婚の・・原因が、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、夫のお、借金だったので、

加藤諦三:
はあ、はあ、はあ

相談者:
ま、調停の時に、

加藤諦三:
はい

相談者:
一応ちょっとあのお・・金額も上げたんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
もうちょっと高い金額を、請求したんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、親権が(苦笑)親権で争うことになったので、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、だ、あの、主人の方が・・「これだったら・・あの親権を譲ってもいいよ」っていう金額が、この金額だったんですね。

加藤諦三:
あー・・なるほどね。

相談者:
はーい

加藤諦三:
元々働くのはよく働いてない?

相談者:
えーと最初は働いていたんですがあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
えーと結婚10年、間・・のうち、

加藤諦三:

相談者:
最後の1年ぐらいは、ほ、ほぼ、無職でした。

加藤諦三:
うん

相談者:
はーい

加藤諦三:
しかし、最後の1年間無職っていうのは、お、若い頃ですよね?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
それで無職でブラブラしてたんですか。

相談者:
あは(苦笑)そうです、はい

加藤諦三:
子ども3人いて。

相談者:
んそうですね。でわたしがあ、あのお、二つ三つ掛け持ちで、

加藤諦三:
うん

相談者:
は、仕事はしてましたけど。

加藤諦三:
うーん

相談者:
はーい

加藤諦三:
であなたが、子どもを抱えながらね、

相談者:
はい

加藤諦三:
二つ三つ掛け持ちをしていて、

相談者:
はい

加藤諦三:
彼え、は、平気な顔し、顔しているような、ふ・・

相談者:
そう・・でしたね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
最後はもう、そうでしたね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
はー、うーん

加藤諦三:
そうすと、あなたから見ると、

相談者:
はい

加藤諦三:
父親の資格はなかったということ?

相談者:
あ・・えっと、ホントにそこだけは、げ、あのお、悪いところというか、あとはホントに、子どもお、と、のことを、よく面倒見てくれましたし、

加藤諦三:
ああ

相談者:
あの家事もやってくれましたし、

加藤諦三:
あれまあ、そうですか。

相談者:
はーい、そうなんですね

加藤諦三:
そうすと、

相談者:
はい

加藤諦三:
もう気持ちが冷たくてね、

相談者:
はいはい

加藤諦三:
もう、家のことから気持ちが離れていてえ、ギャンブルやって、お酒飲んでというんじゃないんですね?

相談者:
もう、最後の方は、もう、あの、ちょっとお・・おみ、昼間、家にいる時は、も、ビールを・・ずっと飲んでる、状態でしたね。

加藤諦三:
あーま、

相談者:
うーん、最後は。

加藤諦三:
職は・・ないのは、心の荒廃で、その最後の方はそうなるけれども、

相談者:
はーい

加藤諦三:
元々は要するに、心のない人ではなかった。

相談者:
あ、そう元々はそうでもなかった、はいそうですね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
はーい

加藤諦三:
そうすと、経済的なことは別として、結婚生活の内容そのものにはそんなに不満はなかったんですか?

相談者:
あ、そうですね、なかった・・です。で、時々、こう、まあわたしも、ちょっとそこは甘かったんですがあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
通帳のお金が引き、

加藤諦三:
うん

相談者:
子どもの通帳のお金が引き出されたりとか、

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
そういうことはあったんですけれども、

加藤諦三:
うーん

相談者:
ま、それは、えっと、「車検代だ」とか、ふ(苦笑)なんだとかは言って、持っては行って、いました。

加藤諦三:
ん持って・・だけどそれは車検、実際に車検代ではなか・・んん

相談者:
あ、ない・・ないですね。はい

加藤諦三:
んー、ほんで離婚してからも当然きちんと働いてない、ということ、でっすね?、こやって払わない・・

相談者:
そうですね、そうですね、恐らく。はーい

加藤諦三:
そうすっと・・今例えば、あの、未払いのものを請求つっても、あなたの、か、側からすると・・彼まだ、はず、きちんと働いて・・

相談者:
うーんと、

加藤諦三:
ないんじゃないかなって、

相談者:
気はしてます。(苦笑)

加藤諦三:
気はしてるわけね?

相談者:
(笑)うーん、そうですね。

加藤諦三:
で今・・

相談者:
はい

加藤諦三:
そのお・・元夫お、の、消息っていうのは、よく分かってんですか?

相談者:
あのお、実家は分かってますがあ、

加藤諦三:
ええ

相談者:
恐らくそこに、い・・いるとは思うんですけれども、

加藤諦三:
うん

相談者:
結婚してるだとか、どういう状況かとかってのは、ちょっとわ、全く分からないですね。

加藤諦三:
全く分からない。

相談者:
はい、はい、はい

加藤諦三:
で今あ、は、夫は、なあ、何歳ですか。あなたは48歳・・

相談者:
えーっと、わたしと一緒なので、

加藤諦三:

相談者:
48になると思います。

加藤諦三:
え、40、48歳ですか。

相談者:
はい、はいはい

加藤諦三:
はい、それで今日はまあ、そういう状況の中・・だけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
とにかく、

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、あなたも大変だと思いますけ、3人抱えてますからね。

相談者:
はー、はい、はい、はい

加藤諦三:
それでその、未払いのものを、請求・・しようと思うけど、どうか?っていうことですね。

相談者:
はい

加藤諦三:
分かりました。今日はあの、

相談者:
はい

加藤諦三:
スタジオに、弁護士の大迫、恵美子先生がいらしてんので、

相談者:
あ・・はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
よろしくお願い致します。はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。