左半身不随の夫を支えて30年の妻が三行半。焦る横暴男に女弁護士の冷たい宣告


テレフォン人生相談 2017年2月22日 水曜日

妻から「近々、娘を連れて出て行く。退職金の半分貰う」と言われた。私は半身麻痺なのでサポートが必要。どうすれば?

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 男60歳 妻58歳 息子25歳 娘22歳学生 4人暮らし

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、すいません、よろしくお願いしますう。

今井通子:
はい。今日はどういったご相談ですか?

相談者:
ええ、家内の方からですね、

今井通子:
はい

相談者:
「近々・・娘を連れて・・出て行くから」っていう、ことを言われまして、

今井通子:
はい

相談者:
というのは、「わたしの言うこと、は何も聞いてくれない」と。

今井通子:
はい

相談者:
ええ、で、あの「何回」・・い、「言っても」・・「同じことの繰り返しだから」、あー、何回も謝ったんですけども、
も、「何回・・も謝ってもダメだ」と。

今井通子:
うん

相談者:
いうことで。

今井通子:
なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
あなたはおいくつですか?

相談者:
60歳です。

今井通子:
60歳。

相談者:
はい

今井通子:
奥様は?

相談者:
58です。

今井通子:
58歳。

相談者:
はい

今井通子:
お嬢さまは。

相談者:
えー、22歳です。

今井通子:
22歳。

相談者:
はい

今井通子:
お嬢さままだ独身でらっしゃる?

相談者:
いやあのお、学生です。

今井通子:
あ学生さんです・・

相談者:
はい

今井通子:
はい。ご家族はそうするとこの、ご、お3人ですか?

相談者:
もう一人・・長男がおります。

今井通子:
あ、はい

相談者:
はい

今井通子:
ご長男おいくつ?

相談者:
えー25歳ですね。

今井通子:
25歳。

相談者:
はい

今井通子:
家にお住まいなのは、そうすると、4名さん?

相談者:
今、そうですね、4、4人で住んでます。

今井通子:
はい。それで・・奥様はあ、

相談者:
はい

今井通子:
「近々、出て行くから」と

相談者:
ええ

今井通子:
おっしゃったのは、今から、何ん、か月前ぐらい?

相談者:
えっと、大体1ヵ月う・・

今井通子:
1ヵ月前ぐらい?

相談者:
前ぐらいですかね。

今井通子:
はい。で、今はまだ出て行ってないのね?

相談者:
え、まだ居ます。
「そのうち」と言いまし、言ってました。
「そのうち・・娘を連れて出て行くから」

今井通子:
で・・今あなたは、お仕事何かされてますか?

相談者:
あ、もう定年で退職になりまして。

今井通子:
あ、はい

相談者:
あん、ま、ま、ま無職・・

今井通子:
奥様は?

相談者:
あ・・妻は働いてます。

今井通子:
フルで、働いてらっしゃる?

相談者:
はい、ええ

今井通子:
どっかの会社の正社員?

相談者:
しゃ、正社員で。

今井通子:
あ正社員で働いてらっしゃる。

相談者:
はい

今井通子:
それで・・先程おっしゃったようにい、

相談者:
はい

今井通子:
あなたがあ、

相談者:
はい

今井通子:
奥様のお・・言うことを何も聞いてあげない。

相談者:
はい

今井通子:
それはご自身ではあ、思い浮かぶことありますか?

相談者:
ま、人の付き合い方あ・・とか・・玄関口に、訪ねて来た人の対応と応対とか、

今井通子:
はい

相談者:
電話のかけ方とか受け取り方の・・えー、言葉の喋り方が、

今井通子:
はい

相談者:
あの、乱暴だと。

今井通子:
はい

相談者:
いうこととかですね・・色んなその・・

今井通子:
これはあ、いつ頃からそういう話になった・・

相談者:
もう、9ヵ月ぐらい前からですね。

今井通子:
あ、9ヵ月ぐらい前から言われてる。

相談者:
ええ

今井通子:
ていうことは、割り合いと最近のことね。

相談者:
はい、そうですう。

今井通子:
失礼ですけど、ご結婚何年目ぐらいですかね。

相談者:
えーと・・もう、30年以上なりますね。

今井通子:
30年余り。

相談者:
はい

今井通子:
はい。でえ、今まではあ、あなたもフルで、フルタイムでお仕事、どこか、会社に勤めてらしたのね。

相談者:
ええ、そうです。勤めてました。はい

今井通子:
はい。で定年になられてえ、

相談者:
はい

今井通子:
まだそうすると、1年ぐらいなのかな?

相談者:
まだ1年もならない、半年ぐらいですね。

今井通子:
あ半年ぐらい。

相談者:
はい

今井通子:
はい・・ということは、あなたが定年になって・・

相談者:
あと、うん

今井通子:
お家に入られ、いる、いらっしゃるからあ、

相談者:
はい

今井通子:
近所付き合いも含めてえ、

相談者:
はい

今井通子:
対応は、あなたがなさる。

相談者:
あ、そうですね。

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
で、そのことについての・・お、あのお、クレームっていうかね、

相談者:
ええ

今井通子:
奥さん・・

相談者:
そで、自分にあの、

今井通子:
うん

相談者:
妻自身に対しての、

今井通子:
うん

相談者:
暴言を吐く・・わたしが吐いてるわ・・時もあるわけです。

今井通子:
はい

相談者:
ま、お酒を・・ちょっと飲みすぎちゃってえ、

今井通子:
はい

相談者:
ひっくり返ったりとかしてえ、

今井通子:
はい

相談者:
ま、怪我までしちゃってえ、
「お酒もほどほどにしなさい」と言う・・われているんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
それが治らないと。

今井通子:
これはいつ頃から言われてんの?

相談者:
在籍中、の時・・にやはり、疲れて帰って来て、お酒飲むと、もうすぐ、酔いが回っちゃって、

今井通子:
ええ

相談者:
そういうふになっちゃうわけですね。

今井通子:
「怪我して」っておっしゃいましたね。

相談者:
はい

今井通子:
それはいつのこと?

相談者:
え、2回ほど、も、怪我し・・したんですけど、

今井通子:
ええ

相談者:
約1年ぐらい前ですね。

今井通子:
1年前ぐらいにそういうことがあったのね。

相談者:
はい、あの肋骨を折ったりとか、

今井通子:
はい

相談者:
左腕を折ったりとか。

今井通子:
これは何?両方転んだの?

相談者:
そうですあのお、台所の、ところで転んで、

今井通子:
うん

相談者:
ちょうどゴミ箱の角に・・胸をぶつけて、

今井通子:
んおー

相談者:
折れちゃったんですね。

今井通子:
それで、奥様としてはあ、

相談者:
はい

今井通子:
昔のことはあんまり言わ、おっしゃってないのね?

相談者:
・・ええ、そうですね。

今井通子:
うん。と最近ん・・のことが目につき出しちゃったってことかな。

相談者:
そうなんです。ええ、そうなんです、そうなんです。

今井通子:
うーん、なるほど。

相談者:
はい

今井通子:
あなた自身はあ、

相談者:
はい

今井通子:
このお話をお・・今日こちらに、相談されたということは、

相談者:
ええ

今井通子:
何を、どうしたいんですか?

相談者:
えーと、一応まあ、出て行くう、時にい、

今井通子:
はい

相談者:
あのお・・ま、「定年、退職金の、半分をわたしにちょうだい」と。

今井通子:
・・はい

相談者:
あの、「もらえなかったら・・裁判にでも掛けて・・分けるから」って言われたわけですね。

今井通子:
まだあげてないわけね?

相談者:
ええまだ、やってないです。

今井通子:
はい。奥様が、「退職金を半分ちょうだい」ということね?

相談者:
はい・・ええ

今井通子:
はい

相談者:
「ずーっとあの、面倒は、いん・・あの、在職中の面倒も、わたしが見て来たんだから」ということで、あの・・
「病院に入院してる時にも」

今井通子:
はい

相談者:
「わたしが・・ちゃんと世話して来てあげたんだから」っていう・・

今井通子:
はい

相談者:
ふうな感じで言ってるわけですね。

今井通子:
はい

相談者:
でえ・・謝っても、許してくれないわけですから、どうしたらいいのかなと思いまして。

今井通子:
で、「出て行く」という言葉の裏にはあ、

相談者:
はい

今井通子:
離婚っていうことは入ってんですか?

相談者:
2回ほど言われました「別れる」って。

今井通子:
・・あ、そう、それいつ頃?

相談者:
えーと・・そうですね、やか、ひゃと6ヵ月前え、とお・・9ヵ月ぐらい前に2回ですね。

今井通子:
ろ、6ヵ月前とお、はい

相談者:
9ヵ月ぐらい前です。

今井通子:
9ヵ月前に、言われたわけね?

相談者:
はい、そうです。

今井通子:
はい。それで、その・・あなたは出て行って欲しくないの?離婚して欲しくないの?、どっち?・・もう

相談者:
出て行って・・離婚もしたくないし、出て行ってもらいたくもないわけですね。

今井通子:
家から出て行って欲しくないってこと。

相談者:
そうです。

今井通子:
そのいれ、家から出て行って欲しくない理由はなに?

相談者:
あのお、ちょっと病気、しまして、

今井通子:
はい

相談者:
あのお・・体が不自由なわけですね、わたし。

今井通子:
あ・・ちょっと待って病気は、何ですか?

相談者:
あのお・・左肩麻痺・・半身不随です。

今井通子:
あ、脳卒中か何かになったの?

相談者:
そうです、はい

今井通子:
あー・・これはまあいつ頃な、今、何年前ぐらいですか?

相談者:
えー、約う・・30年前ですね。

今井通子:
え?・・30年前に?

相談者:
はい。あのお、脳内出血になりまして。

今井通子:
ん、あ・・脳内出血してえ、

相談者:
はい大手術したわけですね。

今井通子:
はい

相談者:
それで・・あの半身麻痺になったわけです。

今井通子:
はい。これはあ・・左側?

相談者:
左側です。

今井通子:
生活に対しては、その、支障はあるの?

相談者:
あ、あのやはり、両手を使・・って何か物事をやらなくちゃダメなことについては、できないもんですから、

今井通子:
はい

相談者:
やってもらってる状況なんですね。

今井通子:
あーなるほど。

相談者:
えーあのお、右手で出来ることは何でもやってます。

今井通子:
ただ、ここ30年間の間はあ、

相談者:
はい

今井通子:
結構、奥様に、サポートしてもらってたわけ?

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん。結局う、そうすると、あなたとして、あ、あなたが出て行って欲しくないっていうのはあ、

相談者:
はい

今井通子:
ある程度サポーターとしての、奥様が必要なわけよね。

相談者:
そうです。

今井通子:
うん・・それで、えー、奥様の方は、30年間、その・・仕事もし、

相談者:
はい

今井通子:
サポートもし、

相談者:
はい

今井通子:
えー・・ちょっと静か、例えば、お酒飲んで・・ねえ、転んで骨折なんかするっていうことが、あったわけだけどお、

相談者:
はい

今井通子:
実は、その・・普通の方より、もっと慎重に、

相談者:
はい

今井通子:
自分自身を、の、身を守ってほしかったのに、

相談者:
はい

今井通子:
そういうことも、聞いてくれなかったと。

相談者:
そうですね。

今井通子:
うん・・分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、弁護士の、大迫恵美子先生がい・・

相談者:

今井通子:
いらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
あ、すいません。

今井通子:
先生よろしくお願い致します。

相談者:
お、お願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。