見たくない現実を見ない女。終わったハズの不倫相手と連絡取り合う夫の言い訳


テレフォン人生相談 2017年2月23日 木曜日

夫が社内不倫中。そんな中、心筋梗塞で入院。別れてほしいが、相手から「会社にバラす」と脅され言いなり状態。この浮気相手を訴えたい。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 女44歳 夫43歳 子ども2人(13と11)

今日の一言: ご機嫌取りをすると、ズルい人は図に乗るだけです。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
はい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

加藤諦三:
最初に年齢おしえてください。

相談者:
44歳です

加藤諦三:
44歳
結婚してます?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー、ご主人何歳ですか?

相談者:
43です

加藤諦三:
43

相談者:
はい

加藤諦三:
お子さんは?

相談者:
は、2人

加藤諦三:
2人
今、何歳ですか?

相談者:
じゅう・・3歳と11歳

加藤諦三:
13・・
はい、分かりました。
そいでどんな相談ですか?

相談者:
えーと、主人の不倫・・浮気のことなんですけどお

加藤諦三:
と、どういう?

相談者:
何年か前にい

加藤諦三:
はい

相談者:
転勤いたしましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、転勤先でえ、あの、会社内の女性と、そういうことありましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
それで転勤が終わってえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
帰って来たんですけどもお、

加藤諦三:
向こうに居るときに既に分かってたの?

相談者:
も、分かってました。
だけど、もう、

加藤諦三:
はい

相談者:
「終わりました」ってことでえ、帰って来たんですけれどもお、

加藤諦三:
はい

相談者:
帰ってきてからあ・・2年、ぐらい経つんですけどもお、

加藤諦三:
はい

相談者:
なんか、未だに連絡取り合っているんでえ・・

加藤諦三:
連絡取り合っているっていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
あん、どこで分かるんですか?メールかなんか・・

相談者:
電、メール・・の履、

加藤諦三:
あ、電話?

相談者:
電話の履歴だったり、LINEであったり、はい

加藤諦三:
ということは何?かなり頻繁に連絡し合ってる可能性がありますね?

相談者:
連絡は毎日し合ってますね。

加藤諦三:
あ、
そいで、相手の女性っていうのは会社内っていうことですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
あの・・どういう女性ですか?独身とか、年・・

相談者:
会社内・・

加藤諦三:
年齢とか

相談者:
バツイチで、子供が2人いてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
今はもう、会社辞めてます。

加藤諦三:
何歳くらいの女性ですか?おおよそ。

相談者:
多分、30、5,6だと思います。

加藤諦三:
35、6ね。
で、未だに、

相談者:
はい

加藤諦三:
そのお、連絡取り合っているということは、このお、女性は今は独身だからあ、

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚したいとか、なんかそういうふうなことを思ってる?

相談者:
と思います

加藤諦三:
うん・・

相談者:
うん

加藤諦三:
そいで、あなた・・は今どう思ってらっしゃるんですか?

相談者:
わたしは離婚する気もないし、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、主人に聞いても、

加藤諦三:
はい、あのお、

相談者:
たとえもし、

加藤諦三:
はい

相談者:
夫婦が仲悪くなって別れたとしても、

加藤諦三:
はい

相談者:
向こうと結婚するつもりはない?

加藤諦三:
ふうん・・

相談者:
うん。
って言ってるんですよ。

加藤諦三:
・・

相談者:
で、あのお、つい最近なんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
心筋梗塞で倒れたんですよ。

加藤諦三:
あれま・・

相談者:
主人はちょっと入院中・・なんですけれども、

加藤諦三:
はい

相談者:
でえ、なんて言えばいいんですかね、

加藤諦三:
そ、症状は重いんですか?

相談者:
死ぬ死なないの危機は脱したところなんですけれどもお

加藤諦三:
あ、そうですか、はい

相談者:
うん
なんですけどお、結局ね、

加藤諦三:
はい

相談者:
ほぼ、半年の生活で言うとお、会社行きますう、

加藤諦三:
はい

相談者:
会社終わりますう、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、多分、会社終わってからどっか、ずっと電話してんです、長電話して帰って来ますう、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、帰って来んのが3時とか4時?

加藤諦三:
夜中?

相談者:
うん、2時、3時、4時に帰って来る生活を、結局6ヶ月間続けてるんですよ。

加藤諦三:
ええ

相談者:
わたしい、カレンダーに毎日、

加藤諦三:
ええ

相談者:
帰って来た時間チェックして、あん、二重生活してんのかな?と思ってたんですよ、最初。

加藤諦三:
うーん・・

相談者:
だからあ

加藤諦三:
それはもつはずがないよね、身体が。

相談者:
んん、まあ、そうですね。

加藤諦三:
ええ

相談者:
あたしい・・との仲は、

加藤諦三:
ええ

相談者:
悪くないんですよ。

加藤諦三:
・・

相談者:
決して

加藤諦三:
いや、悪くないっていうより、その・・
ま、それは悪くない・・ないって言われてもお、

相談者:
うん
ま、向こうがどう・・

加藤諦三:
言うこと事態が、あの、普通のご主人のように家には居ないわけですよね?

相談者:
そうですね

加藤諦三:
で、食事も一緒にはしてないですよね?、夜中に帰って来るとなると。

相談者:
夜中に帰って来るのもを、わたしも待っててえ・・

加藤諦三:
・・
はあ・・

相談者:
夜ご飯出して・・

加藤諦三:
あのお、仲が悪くないっていうぅ・・理由っていうか、感覚っていうのはどういうことですか?
家帰って来ると、夜中であっても、

相談者:
うん

加藤諦三:
「お疲れさまあ」って迎えて、

相談者:
うん

加藤諦三:
一応笑顔は見せて、

相談者:
うん、で、普通にその日あったことを話してえ、今日こんなことがあった、あんなことがって、仕事どうだって、

加藤諦三:
ええ

相談者:
「ちょっと帰んの遅すぎない?」とか話してえ、

加藤諦三:
ええ、そうすると、「帰りが遅すぎない?」言うと?

相談者:
ああ、そうすと、まあ、「仕事こうこうこう、今日はこんな仕事した、あんな仕事して」、とかあ。
うん、いう話い・・

加藤諦三:
なわけですね・・

相談者:
うーん・・そおだしい・・

加藤諦三:
んで、こ、ここら辺の話はどうなんですか?
あ、あなたと離婚する気はないと。
ま、これは、ほん、本・・気の可能性は強いですね?
そいで、

相談者:
うん

加藤諦三:
離婚はしないけど、もしするということを仮定したとしても、相手の、と一緒になるつもりはないと。

相談者:
うん・・

加藤諦三:
つまり、あの、相手、さっき言ったように相手を、ほんとに好きではない。

相談者:
や、分からない、それは分からない。

加藤諦三:
・・

相談者:
だけど、ここまでえ

加藤諦三:
うん

相談者:
あん、うーん・・2つ考え方があって、まあ・・
あのさあ、旦那があ、子どもも好きだしい、子どもも可愛いし、

加藤諦三:
うん

相談者:
世間体もあるし

加藤諦三:
はい

相談者:
家族、ね、親戚って、等のことがあるから、

加藤諦三:
はい

相談者:
だけど、向こうは向こうで、好きだから・・連絡取り合ってたい・・

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
っていうのか?

加藤諦三:
うん

相談者:
も一個、主人がチラッと言ったのが、脅されてるって言うんですよ。
あたしがね、

加藤諦三:
ああ・・

相談者:
「いつまで連絡取ってんの?」って言うと、
「向こうに脅されてるんだ」と。

加藤諦三:
はい

相談者:
で、向こうに居たとき、

加藤諦三:
脅されてるってのは具体的に言うとどういうことですか?

相談者:
向こうに居た時にい、ま、ちょっと、ほら、別れる別れないの話になったときに、ちょっと突き飛ばしたときに怪我したらしいんですよ。
ちょっとアザみたいのが出来たのを写真に撮って、それを、「訴えるぞ」みたいなことを、言うらしいんですよ。

加藤諦三:
はいはいはい・・

相談者:
あともう一つう、「会社に言うぞ」っていう・・

加藤諦三:
そうすと、今でも、この女性と切れないのは、

相談者:
うん

加藤諦三:
あなたから見ると、ま、こういう、脅すような女性だし、

相談者:
うん・・そお

加藤諦三:
なんか、言いなりになってえ、ならざるを得なくて・・こうしてるという・・

相談者:
主人の言葉を信じるならば、家族に手出されたくないし、会社にも言われたくないから、向こうが、別に遠いし、会えるわけじゃないからね、

加藤諦三:
うん

相談者:
向こうの気分を、害さない?

加藤諦三:
ええ

相談者:
ように、ご機嫌取りをしているだけであってえ、

加藤諦三:
ああ、はあ、はあ、はあ

相談者:
うん・・
まあ、いつかほら、遠くて、遠いし、会えないしい、

加藤諦三:
はい

相談者:
結婚してくれるわけでもないしい、

加藤諦三:
はい

相談者:
向こうが諦めてくれたらいいな、って言うのでえ・・

加藤諦三:
はい
そいで、今日のあなたの、相談というのはどういう、ことでしょうか?・・

相談者:
最終形としてはとにかくう、ね、会ってなければいいって問題じゃなくて、そもそも連絡を取り合ってほしくないのとお、

加藤諦三:
はい

相談者:
今回、こういうふうに主人が倒れた?

加藤諦三:
うい

相談者:
うん・・り、したのはやっぱり・・その人のせいだと思うのでえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
訴えたら、もう、二度と連絡も取らないかなと。

加藤諦三:
あなたが、

相談者:
はい

加藤諦三:
この女性を、訴えると。

相談者:
はい、そうです

加藤諦三:
ということは、ま、法的にそういうことが可能で

相談者:
うん

加藤諦三:
どういう意味を持つか?ということですね?

相談者:
そうです。

加藤諦三:
はい、分かりました
今日はスタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしているので、

相談者:
はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います

相談者:
よろしくお願いしまあす

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。