娘の姑を追い出すのを手伝った父親。サシで呑んでも婿の離婚の決意は固く


スポンサードリンク

(回答者に交代)

三石由起子:
こんにちは

相談者:
あーこんにちは、お世話になります。

三石由起子:
これ、難しいですよね。

相談者:
そうですね。

三石由起子:
ホントに、難しいと思うけれども、ま、結論を言うとお、

相談者:
はい

三石由起子:
やっぱりあの、親があ、対処・・することは、一つもないと思うんですよね。

相談者:
ええ、そうなんですよね。

三石由起子:
こ、ええ、これあの、戻る可能性があるとすれば、

相談者:
ええ

三石由起子:
このお嬢さんがね、

相談者:
ええ

三石由起子:
直談判しかないですよね。

相談者:
あはあ

三石由起子:
あのお・・ご主人に対してね。

相談者:
ええ

三石由起子:
あの、反省文、あはは(笑)反省文・・

相談者:
ええ

三石由起子:
分かっているんであれば。反省文ですよね。

相談者:
ええ、ええ、ええ

三石由起子:
でもそこまでする気があるのかないのかっていう話じゃないですか。す・・

相談者:
あの、

三石由起子:
うん

相談者:
旦那に・・

三石由起子:
うん

相談者:
言われた時には・・

三石由起子:
うーん

相談者:
すぐ、反省文で、手紙書いたんだけど。

三石由起子:
ええ、ええ

相談者:
その、か、お返しのメールう・・まあ

三石由起子:
はい

相談者:
あのお、「見してみろ」っていうことで、

三石由起子:
はい

相談者:
わたし、見さしてもらったんですがあ、

三石由起子:
ええ

相談者:
「お前の言うことは分かる」と。

三石由起子:
うん

相談者:
「だけど俺は、ずっと我慢してたんだ」と。

三石由起子:
ええ、ええ

相談者:
・・で「子どもに対しては、もう・・お、お前が育てられなかったら俺が育てる」と。

三石由起子:
はいはい

相談者:
・・あのお、「でも、い、一緒に、顔合わせてると」

三石由起子:
うん

相談者:
「俺が病気になって死んじゃいそうなんだ」と・・

三石由起子:
うん、じゃそれ反省文じゃないですよ。

相談者:
はい

三石由起子:
「お前の言うことが分かる」っていうふ、返事が来るっていうことはあ、

相談者:
ええ・・ええ

三石由起子:
多分、弁解書いたんですよね。お嬢さん。

相談者:
そうですね、弁解・・だと思うんですけど・・

三石由起子:
ん、だから、弁解じゃ話にならないんですよ、もう・・

相談者:
そうですね。

三石由起子:
この段階だと。

相談者:
ええ

三石由起子:
うーん。
「わたしが100%(苦笑)悪うございました」で、

相談者:
うん

三石由起子:
「わたしはあ、あのお、離婚はしたくないので、どうかもう一度嫁にして下さい」っていう、

相談者:
うーん

三石由起子:
そういう話しか、もうないと思うんですね。

相談者:
そうですねえー

三石由起子:
だから、それができるかできないかだけなんですね。

相談者:
ええー

三石由起子:
で、ただね・・良かれと思ってえ、

相談者:
あはい

三石由起子:
やったことって、間違うんですよね。

相談者:
ええ

三石由起子:
あのお、結局ほら、「向こーうのお母さんが」

相談者:
ええ

三石由起子:
「県外に、一人暮らしをするにあたってはあ」

相談者:
ええ

三石由起子:
「わたしも補助して家具を買った」っておっしゃったでしょ?

相談者:
ええ

三石由起子:
それね、向こうにしてみればね?・・家具まで・・新しいの買って追い出されたって話なんですよ。

相談者:
ああ

三石由起子:
それとね、このお嬢さんなんだけどお、

相談者:
ええ

三石由起子:
あの、外でえ・・働いた方がいい女の人っているじゃん。

相談者:
えー、えー

三石由起子:
ねえ。で、今からもう、このお嬢さんは、せっかく手に職があるんだし、ね

相談者:
ええ

三石由起子:
あの、お母さまの・・あの、手も借りることができるんでえ、

相談者:
ええ

三石由起子:
あのお・・決してね、こう、あの、不幸せにはならないと思うんですよ。

相談者:
ええ

三石由起子:
あのいや・・離婚しても・・

相談者:
そうね・・仕事してる間は楽しい・・みたいです。

三石由起子:
そうでしょう?

相談者:
はい、えー、生き抜き出来てるっつったらおかしいけど、

三石由起子:
ええー、ええ

相談者:
ま・・あのお、いろんなこと考えないで済むからあ、

三石由起子:
うーんうん

相談者:
(咳払い)あのお・・兄にも、兄がいるんですが兄に・・

三石由起子:
ええ

相談者:
「楽しいか」って言われたら、

三石由起子:
ええ

相談者:
「うーん」つって言ってたようなんで、

三石由起子:
うーん

相談者:
まあ・・外へ出てった、方が、

三石由起子:
ええ

相談者:
良かったなあと・・

三石由起子:
うん

相談者:
思いますね。確かに先生言う通り。

三石由起子:
あのお・・結論を言うとお、

相談者:
はい

三石由起子:
このお、あのご主人がね、

相談者:
はい

三石由起子:
「今年中に、離婚してくれ」ってこう、せっついてるう、わけですよね。

相談者:
あはい

三石由起子:
だけどあの・・別にあのお、新しい、女性がいるとかってそういう・・感じでもないわけでしょ?

相談者:
そうですね。

三石由起子:
うん、そういう感じでもないんだったらあ・・ご主人の方が先に、離婚届けを送って来るでしょうからあ、

相談者:
ええ

三石由起子:
うん、タラタラしてればどうですか。グズグズ。

相談者:
うーん・・そうですね。はい

三石由起子:
うん、やっぱりこのお嬢さん、もっといっぱい考えなくちゃ駄目よ。

相談者:
そうなんですよねえ。

三石由起子:
ほんっとに、離婚したくないんだったらあ、

相談者:
ええ

三石由起子:
なんかすることを思いつくはずですよね、このお嬢さんがね。

相談者:
そのお、娘の、本心がね、

三石由起子:
ええ

相談者:
親としては、ちょっと分かりにくいもんだからあ・・

三石由起子:
えーだから分かる必要はないんですって。

相談者:
ね・・ないんですね。

三石由起子:
うーん

相談者:
はい、分かりました・・

三石由起子:
分かろうと思うとお、

相談者:
ええ

三石由起子:
余計なアドバイスしちゃうんですよ。

相談者:
そうですねえ。

三石由起子:
こう、「こうなんじゃないか」

相談者:
うーん

三石由起子:
「だったらこうしたらどうか」・・なんて言っちゃうでしょ?

相談者:
ええ、ええー、

三石由起子:
うん、だからもう、それは駄目なんですよ。

相談者:
ま、娘も、お母さんにはあ、

三石由起子:
うん

相談者:
そのお・・「頼んだ事だけやってくれればいい」っていう・・

三石由起子:
そうでしょう。うーん

相談者:
#$%◆ですよね。

三石由起子:
ええ、ええ、ええ、えー

相談者:
だからそういう風にしてるつもりなんですけどね。

三石由起子:
うーん、でもね、やっぱりね、

相談者:
ふふ(笑)

三石由起子:
甘いからね、そうなっちゃうのよね。

相談者:
えー

三石由起子:
親はね。

相談者:
一緒にいると、どうしてもね、

三石由起子:
うーん、うーん

相談者:
言いたくなっちゃうの・・我慢して、

三石由起子:
うーん

相談者:
こっちがあ・・胃が痛くなるなあなんていう状況で。

三石由起子:
ああ。そうでしょう、そうでしょう。

相談者:
うん(苦笑)

三石由起子:
うーん、そうだけどお、

相談者:
なんですよね。

三石由起子:
わたしは何にもしないのがいいと思います。

相談者:
はい

三石由起子:
うーん

相談者:
うん

三石由起子:
で、この夫ねえ、わたしが思うに、

相談者:
はい

三石由起子:
かなり本気ですよ。

相談者:
ああ・・そうですね。

三石由起子:
やっぱり・・あのお、別れたがってると思いますね。

相談者:
ええ

三石由起子:
うん

相談者:
そのお、2人で・・飲ん、で

三石由起子:
ええ

相談者:
ちょっと話したときね、

三石由起子:
ええ

相談者:
「ま、お父さんの気持ちもよく分かるし」

三石由起子:
ええ

相談者:
「あれだけど」

三石由起子:
ええ

相談者:
「わたしの気持ちは変わりません」って彼は言いましたね。

三石由起子:
ああ、そうでしょ。

相談者:
ええ

三石由起子:
あーそうだと思います。うん

相談者:
うん、本気なんですね。

三石由起子:
うーん。でも、今から長いからあ

相談者:
うん

三石由起子:
これだけの人生じゃないし、

相談者:
うん

三石由起子:
お嬢さんだって。

相談者:
ええ

三石由起子:
ええ、どうなるか分からない、ですからあ。

相談者:
ええ

三石由起子:
うん。あのお、そんなに長いこと・・掛からないと思いますよ、静観も。

相談者:
あ、そうですか

三石由起子:
ええ、え、思いますよ。

相談者:
ああ

三石由起子:
例えばね、も、3年って決めちゃえば?

相談者:
あ、あ・・えーえー

三石由起子:
3年はなんにも言わないようにしとこうって。

相談者:
ええ、ええ

三石由起子:
ええ。もう全ん、然状況違うと思います。3年経ったら。

相談者:
そうですねえ。

三石由起子:
そう

相談者:
待ってくれれば、嬉しいんですが。

三石由起子:
ええ、ええ

相談者:
あ、そうですか、ありがとうございます。

三石由起子:
はい、はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もしもし?

相談者:
はい

ドリアン助川:
今あの横で、話を聞いておりまして、

相談者:
はい

ドリアン助川:
うん、確かにその、離婚という言葉あ、は、あまりいいイメージじゃないですけども、

相談者:
はい・・はい

ドリアン助川:
しかし・・なんかどっちに転がっても、幸せえ、の道はき、あの、切り開かれてるような気がして来ましてね?

相談者:
あーあそうですかね。ありがとうございます。

ドリアン助川:
ええ、考えてみればあ、

相談者:
はい

ドリアン助川:
あのお、お孫さん二人が、キャッキャッ、キャッキャッって走り回ってるわけですし、

相談者:
ええ、そうですね

ドリアン助川:
でえ、お嬢さんは、元気に働きか、に、行かれてるわけですしい。

相談者:
あ、はい

ドリアン助川:
如何様にも、今後道が切り開かれて行くような気がしました。

相談者:
そうですね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
ありがとうございます。

ドリアン助川:
はい

相談者:
頑張ってみます。

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
ありがとうございます。

ドリアン助川:
ん、失礼しまーす。

スポンサードリンク



「娘の姑を追い出すのを手伝った父親。サシで呑んでも婿の離婚の決意は固く」への1件のフィードバック

  1. うーん、よく分からない。

    娘は、姑と同居して、
    人格否定されコテンパンにやられて、
    うつ状態になったというけど、
    でも先に家を出てったのは、姑のほう。

    姑というストレスがなくなり、
    二人目も生まれ、
    自分たちだけで暮らせてパラダイス!
    のはずが、夫から「ずっと我慢していた、離婚したい」と。

    夫、何の我慢????
    母親と嫁の板挟みで?ってなら分かるけど、
    それもなくなったんだし。

    で、嫁が夫に反省文???
    なんの反省??
    「姑を追い出してごめんなさい。」?
    「至らない嫁でごめんなさい」? 

     あのさ、
    もともと、姑と嫁が、
    うまくいくと思う方が間違い。

    うまくいかなくて当たり前。

    同居してみたけど合わなかった。
    だから、同居解消した。
    もとの生活に戻っただけ。
    それでも夫が離婚を言い出したのなら、
    姑は関係なく、
    もともと夫婦の間で、
    問題があったということ。

    ま、姑と嫁の詳しいいざこざは分からないけど、
    私=嫁の立場からすると、
    嫁は悪くない。

    同居で、うまくいかないのは何故か。
    それは、夫が息子に成り下がって、
    母親の味方するから。

    嫁側につかない夫は最低。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。