認知症の母90歳の真の味方は娘か?50年来の同居人か?


テレフォン人生相談 2017年3月10日 金曜日

母が認知症のため施設に入院。現在母の財産管理は母の知人が行っている。自分が財産管理をするには?

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女51歳 双子の息子10歳 5年前に離婚 2年前から施設に入居している認知症の母90歳

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい?テレフォン人生相談です

相談者:
あ、よろしくお願いいたします

今井通子:
はい
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
えーと、ちょっと母あーの、ことでえ、

今井通子:
はい

相談者:
ご相談したいんですがあ

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
あなたはおいくつ?

相談者:
えっと、わたし51歳です

今井通子:
51歳

相談者:
はい

今井通子:
ご結婚されてますか?

相談者:
あ、えーと、5年前に離婚して、今、2人い、子ども、と3人暮らしです。

今井通子:
お子さんは、年齢と、あの、

相談者:
えっと、10歳、ですね。

今井通子:
男女の別を

相談者:
えっと、男の子です

今井通子:
はい、双子さん?

相談者:
ふた、双子、はい、そうです

今井通子:
双子さんなのね、はい

相談者:
はい

今井通子:
それで?

相談者:
それで、えーと、今、母が90歳に、なんですがあ、

今井通子:
あー、はい、ご長命ですね。

相談者:
はい、で、えーと、2年前くらいからあ、

今井通子:
はい

相談者:
えーと、ちょっと施設の方に入所してましてえ

今井通子:
はい

相談者:
えー、

今井通子:
これは、ち、認知障害?

相談者:
あっ、そうですね、もうほとんど認知症、なのでえ、

今井通子:
何度ぐらい?

相談者:
介護お、度、4ん、なので、も、ほとんど分からない、状態ですね。

今井通子:
はい

相談者:
はい
それでですね、えっとお、お、ちょっとあの、商売をやってまして、

今井通子:
はい

相談者:
うちい、の母がずっと。

今井通子:
あ、はい

相談者:
でえ・・はい
それでえ、従業員が何人かいたんですがあ、その一人い、の方と、

今井通子:
はい

相談者:
ま、50う、5,6年一緒に住んで・・

今井通子:
ああ・・

相談者:
一緒に住んでたんですね

今井通子:
はい

相談者:
んでえ、その方、今、76ぐらいだと思うんですがあ

今井通子:
はい

相談者:
で、まあ、

今井通子:
あ、男性、女性?

相談者:
えーと、女性ですね。

今井通子:
はい

相談者:
はい
それで、ま、いっとき、あのお、ちょっと結婚したみたいでえ、

今井通子:
ええ

相談者:
3,4年はいなかったみたいなんですけど、また戻ってきてっていう形で、

今井通子:
はい

相談者:
でえ、ま、母が入所するまで一緒にい、住んでたんですね。

今井通子:
はい

相談者:
そいで、えーとお、んん、最初はあの、母があ、家を借りてましてえ、

今井通子:
ええ

相談者:
そこに住んでたんですがあ、

今井通子:
はい

相談者:
12,3年前からその、えーと、元従業員方のお家を建てましてえ、

今井通子:
ええ

相談者:
で、ま、母をどうするかてことになって、ま、一緒に連れてっちゃったんです。

今井通子:
はい

相談者:
そいで、ま、ま、とにかくずっと一緒に居たんですがあ、

今井通子:
はい

相談者:
ま、ちょっとお互い依存してる形でえ、

今井通子:
ふうん

相談者:
で、わたしもお、あのお、ま、高校卒業してからちょっと・・出てきちゃったので、家の方を。

今井通子:
あ、はい
ていうことはなに?、お爺さん、お婆さんとご一緒だったとか?

相談者:
あ、いえ、あのお、母の妹が今87でえ

今井通子:
はい

相談者:
えーと、近くにいましてえ

今井通子:
はい

相談者:
でえ、母があ、えーとお、40年ぐらい前に、土地を買っ・・たんですね。

今井通子:
はい

相談者:
で、そこの、う、い、え、土地の上に叔母が家を建ててましてえ、

今井通子:
はい

相談者:
ま、そこに一緒に住んでたっていう形、従兄弟とかと一緒に。

今井通子:
うん

相談者:
近くには居たんですがあ

今井通子:
はい

相談者:
母とは一緒に住んでは・・いなかったんです。

今井通子:
はい

相談者:
それでえ、まあ、そんな、ことがありまして、ちょっと認知症の症状が出てきたって言ってえ、と、3年ん・・くらい前ですかね、入所する1年くらい前にい、

今井通子:
はい

相談者:
えっとお、母がちょっと粗相(そそう)してしまってえ、

今井通子:
はい

相談者:
えー、で、その従業員の方、あのお、元従業員の方があ、「もうあたしは面倒看れない」と。

今井通子:
ふうん

相談者:
んでえ、じゃわたしが、も、あのお、引き取りますってことでえ、

今井通子:
ええ

相談者:
あたしの方に引き取る、つもりで、いたんですがあ、ま、すぐに話し合いに、ま、わたしもちょっと仕事をしてますのでえ、

今井通子:
はい

相談者:
すぐに話し合いに行けなくて、ま、一週間後に行ったときにい、

今井通子:
ええ

相談者:
こんな状態だからあ、えーと、年金がどれくらいあって、貯金がどれくらいあってっていうのもお、教えてくださいと。
今のうちに。

今井通子:
ふん

相談者:
そしたらあ、ま、母もお、その方も依存しちゃってるんで、

今井通子:
はい

相談者:
なんか、も、「そんなんは出来ない!」みたいな。
この元従業員の方、ちょっと話し合いにならない人なのでえ、

今井通子:
ええ

相談者:
それで、まあ、そんなことで、なんかあったら知らないうちに入所されてたん、させられてたんですよ、うちの母が。

今井通子:
ふうん

相談者:
わたしと、叔母が知らない間にい、

今井通子:
ええ

相談者:
母が、もお、施設に入所したよ、みたいな形で。

今井通子:
はい

相談者:
施設の方の方も、わたしい、全然無関係の人間、ま、は、娘は娘なんですけどお、その入所に携わってないのでえ、

今井通子:
ええ

相談者:
施設の人にしてみたら、わたしは全然無関係の人間なのでえ、何の情報も教えてくれないんですね。

今井通子:
はい

相談者:
それで、まあ、そんなんで、こう、何回か会ってはいるんですけど、そのうちい、土地を持ってるじゃないですか、母が。

今井通子:
ふうん

相談者:
その上にい、叔母の家が建ってるんですがあ、

今井通子:
はい

相談者:
土地を売らないとお、この先い、お金が足りないって言い出したんです、この元従業員の方が。

今井通子:
はい

相談者:
それでえ、ま、いくら年金が入ってて、どれくらい貯金があって、で、この先どれくらい持ってるかっていうこと、わたしも叔母も分からないのでえ、

今井通子:
ええ

相談者:
それを、その、開示してもらいたいんです、ま、

今井通子:
ふうん

相談者:
ま、言ってしまえば、わたしも叔母もその方と縁を切りたいんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
どっちかって言えば、も、関係のない方なのでえ、

今井通子:
はい

相談者:
で、わたしも叔母もちょっと、甘ん、まあ、その方がずっと面倒看ててくれてたんでえ、

今井通子:
うん

相談者:
ちょっと甘えてた部分はあるんですがあ、

今井通子:
うん
そのお母さまは、今、

相談者:
はい

今井通子:
その介護度4、

相談者:
はい

今井通子:
言ってることも、もう分からない?

相談者:
あ、分からないです

今井通子:
ふうん・・

相談者:
それでなんか、その、叔母の話によるとお、あのお、養女になっちゃえばいいじゃない、みたいなことを母が一度言ったらしくってえ、

今井通子:
ええ

相談者:
はい、それで、もし養女になってた場合にい、そう思ったので、この間、あの、ちょっと、母の戸籍謄本取ってえ、

今井通子:
はい

相談者:
ま、養女には入ってなかったんですがあ、

今井通子:
はい

相談者:
でえ、たぶん、後見人になってたらあ、

今井通子:
はい

相談者:
すごく、もっと強く言ってくるハズなんですけど、

今井通子:
はい

相談者:
たぶん後見人にもなってないとは思うんで、そこはちょっとまだ調べてはいないんですけどお、

今井通子:
はい

相談者:
ただその土地を売って自分がお金を、もらおうっていう考えの方なのでえ、

今井通子:
ふうん
でえ、その、

相談者:
はい

今井通子:
お母さんを、

相談者:
はい

今井通子:
あなた方の方にお返ししますとは言ってないのね?

相談者:
しま、ゆっ、ゆっ、言ってないですね、返すつもりはないと思います。

今井通子:
ああ、そうなんですか

相談者:
はい、もお、とにかくう、母の財産、

今井通子:
うん

相談者:
そんな・・ま、土地もお、田舎なのでえ、そんなに、高く売れるわけではないしい

今井通子:
ふん

相談者:
預金も、そんなにい、ま、わたしが聞いた時はあ、2,3百万あるとは聞いてたんですがあ、

今井通子:
はい

相談者:
10う、5年くらい前には。

今井通子:
ふうん

相談者:
だけどそれもお、ほんとに有るかどうかも分からないですしい、

今井通子:
はい

相談者:
ただとにかく、あの、うちの母のお、その財産を、すべて自分がもらうつもりでいるので。

今井通子:
はい

相談者:
わたしには一切寄越すつもりは、ないと思います。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
ていうことは、

相談者:
はい

今井通子:
その、お母さんの財産を、

相談者:
はい

今井通子:
こちら側で管理したいっていうことお?

相談者:
そうですね、管理したいというか、どれくらい毎月出ててえ、

今井通子:
うん

相談者:
どれくらい残ってるかっていうのを知りたいんですよ。

今井通子:
んん、でえ、知った上で、どうすんの?

相談者:
でえ、ま、それでえ、ま、あのお、もうわたしたち縁を切りたいのでえ、

今井通子:
ええ

相談者:
わたしも叔母も縁を切りたいのでえ、そのお、ま、渡してくれたら、わたしい、後見人、のお、申請をしようかなとは考えてるんですがあ、その後見人の申請をしたくてもお、診断書お、がないと・・申し込むときに診断書っていうのお、が、こう、項目にあるんですけどお、

今井通子:
うん・・

相談者:
診断書も取れない状態っていうかあ・・

今井通子:
それは、

相談者:
はい

今井通子:
そのお、施設の方が、手続きをされたのがあ、その元従業員の方なので、

相談者:
はい

今井通子:
あなた方が家族だと言ってもお、

相談者:
はい

今井通子:
えー、見せてもくれない。

相談者:
はい

今井通子:
っていう状態なの?

相談者:
はい、そうです

今井通子:
ふうん、ふんふん

相談者:
はい

今井通子:
で、その従業員の方との縁を切るにはどうしたらいいか?ってことですか?、

相談者:
そおですね

今井通子:
それともお母さんの、その資産に関してを、こちら側に開示してもらえればいいってことですか?

相談者:
開示してもらうぅ・・んじゃなくてもうこちらに全部、わたしてもらいたいぃ・・ですね、実際は。

今井通子:
ふうん・・

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、弁護士の中川潤先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願いいたします

スポンサードリンク

(回答者に交代)


認知症の母90歳の真の味方は娘か?50年来の同居人か?」への2件のフィードバック

  1. 娘からしたら赤の他人に実親の財産を勝手に処分されたくない。その気持ちは十分にわかる。
    ただ、その気持ちに一片も卑しい気持ちが無く、純粋に思っていたとしても、長年母を放ったらかして、死の間際でそんな事を言ってくる娘を母親と相思相愛のAさんはどう思うか?
    無関係の私でさえ娘は金目当てと思ってしまう。Aさんはもっと思っている。
    勿論Aさんに財産を取得する権利はないけど、主さんのタイトル通り、本当に母親の味方だったのはどちらか?そしてどうすれば母親が一番喜ぶか。そこをよく考えたほうが良いのではないだろうか。

  2. 母親がこの相談者にとってどんな母親であったかはわからないけど
    母親と長い間絶縁していたのであれば
    残された財産なんか欲しくもないという潔さがほしいものです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。