農家の長女80が終わった相続を蒸し返したら弟73からヒドい手紙が来た


テレフォン人生相談 2017年3月11日 土曜日

パーソナリティ: ドリアン助川
回答者: 大迫恵美子(弁護士)

相談者: 女80歳 8人姉弟の農家の長女 兄弟で健在なのは73歳の弟一人と妹4人

スポンサードリンク

ドリアン助川:
もしもし?テレフォン人生相談です。

相談者:
はい

ドリアン助川:
あ、よろしくお願いしますう。

相談者:
はい、お願いしまーす。

ドリアン助川:
はい今日どんなご相談でしょうか?

相談者:
あ、あのおー、遺産相続、うの、ことなんだけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
あの、それはもう・・話、話ていうか話はしてないけど、文章で・・分かったのでね・・弟は、仏様持ってってるから・・今まで、何回か、家の方まで仏様参りに行ってたんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そいであまりい、にも、酷いー、こと書いて、あ、「もう、墓参りに来るな」とか。

ドリアン助川:
ちょっと待ってくださいね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーと、まず基礎的なこと、教えてくださいね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
遺産相続の話ということですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、主に今問題になっているのは、あなた様の、弟さん、との間ですか?

相談者:
そうです。はい

ドリアン助川:
え、あなたさん、おいくつでしょう?

相談者:
80歳です。

ドリアン助川:
80歳

相談者:
はい

ドリアン助川:
それでご兄弟が、弟さんと?

相談者:
あの・・全部で、

ドリアン助川:
はい

相談者:
8人いるとこ2人死んでます・・あ、今、6人いる、

ドリアン助川:
はい

相談者:
男1人と、

ドリアン助川:
はい

相談者:
女5人、わたし入れて女5人と、

ドリアン助川:
はい

相談者:
6人健在です。

ドリアン助川:
はい。妹さんばかり4人ですか?

相談者:
下の妹4人と、

ドリアン助川:
はい

相談者:
農家をしたのは、わたしと、もう1人、の、あ、3番目の、妹と2人は、う結婚するまで、親の手伝いをして来ました。

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで・・あの親もちょうど、年、取るごろに・・水田がたくさんあったのが、それが全部・・売れたんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで今、その畑だけは残ってるんですよね。

ドリアン助川:
はいはいはい

相談者:
それで、残ってるので、母親が亡くなる時に、

ドリアン助川:
はい

相談者:
「あんたがた兄弟で、3人共同で、あの、端(はし)い、の、土地のところお、があるから」、それを、兄弟でやってたんですよ。

ドリアン助川:
はい

相談者:
だから・・1週間に一回は、みんなして・・手伝いに、行ってたんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで・・そのことで、今度は、もうなにせ、そ、弟は怒ってばかりいる(苦笑)いるから、なん、何でかしら、いや・・昔から短気なんだけど。
短気だから、誰え、も、女兄弟は・・弟の言うことに対して・・あの、質問もできないし・・聞くことも、何もできない。ただ・・
「住所と名前と書け」って言えば(苦笑)書くより他なかったんですよね。

ドリアン助川:
それは何につい、どの書類、なん、どういう書類についてですか?

相談者:
あの共同の、

ドリアン助川:
はい

相談者:
畑、

ドリアン助川:
はい

相談者:
農地、

ドリアン助川:
はい

相談者:
それと、もう一つ・・宅地なんですけど、

ドリアン助川:
はい

相談者:
弟が、高校1年生の時に、家を建てて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
下4人は、農家しないんだから、そちらの方に住ませたんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
して・・農家をした者は、あの親と一緒に、やってえ、いたんです。

ドリアン助川:
はい

相談者:
それで、まあ、1週間に1回も行かれない、そういう段階だったんですよ。

ドリアン助川:
はい

相談者:
そしたらその「来ないんだから・・放棄せ」と。

ドリアン助川:
ちょっとここまでの話が、少し複雑なので、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
えー、わたしの方で・・まとめてみますけども。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
もし違ったらおっしゃってくださいね。

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
えーと、あなた様80歳には、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
えー、今、生きてらっしゃるご兄弟、妹さん4人と、弟さん1人いらっしゃると。

相談者:
・・そうですそうですね。

ドリアン助川:
そういうことですね。そして・・お父さん、お母さん・・農家をされて来たわけですね。

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
で、その・・農地と、宅地を継ぐにあたって、

相談者:
ええ。

ドリアン助川:
じ、す・・

相談者:
え、つ、継ぐんでないの。

ドリアン助川:
はい

相談者:
もう、売れちゃったの。

ドリアン助川:
売れちゃった。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
えー、その・・土地が売れた収益に関しては、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
お金に関しては、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
えー「兄弟で分けなさい」という風にお母さんおっしゃったわけですよね。

相談者:
・・「兄弟で分けなさい」とは言わないけども、

ドリアン助川:
はい

相談者:
分けなきゃ、ならんつことは、弟、あのお、それを、理解してるから・・分けて、くれたけども、なんぼあったも教えてくれないし。

ドリアン助川:
あ弟さんが中心になって、その・・

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
それ受けたわけですね?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
はい、えーと待ってくださいね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
弟さんが、その、土地が売れたお金を、まず手に入れたと。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
そしてそれを・・皆さんに分配する、はずだったわけですよね?

相談者:
うんす・・

ドリアン助川:
で、分配されたんですか?

相談者:
いや・・たくさんあったお金の、一部をしてくれました。

ドリアン助川:
一部をしてくれた。そして、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
今日の問題に移って行きますけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー、ま、そういう、う、形で始まって、そして今、一番問題になってるのは、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
その弟さんが、なんか「『権利を放棄せよ』という風に言って来た」って、さっきおっしゃって・・

相談者:
えーそうです。

ドリアン助川:
え、それをもう一度教えて下さい。どういうことですか?

相談者:
あの・・弟が、高校1年の時に父親が・・家を建てたんです。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
家って、その、田舎だから・・駅まで、にー、行くのには、遠い、から・・4人は、し、農家しないんだから、そこに4人を入れて、

ドリアン助川:
はい

相談者:
そで、4人入ったのはいいんだけど・・今度は、あの、お金を分けるのに、なんぼなんぼある・・

ドリアン助川:

相談者:
あるっていうことを教えてくれるはずだって、

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
うん、弁護士さんにも聞きました。

ドリアン助川:
ええ

相談者:
でもね、聞いたけど、何も言ってくれないから、

ドリアン助川:
はい

相談者:
この、お金のことを、言うちゅうことは、去年の秋に、黙って、お金を、も、配っちゃったから、「どうして先に、教えてくれなかったの?」って言っても、返事しないんです。

ドリアン助川:
あー

相談者:
わたしは・・黙ーって来たんだ。それがえ・・悪かったんだなとは、思って、おりますけどね。
それだから、お、弟は、疑ったちゅうことで腹立ってるみたいなのね。

ドリアン助川:
はいはい。
であの・・

相談者:
それで、

ドリアン助川:
はい

相談者:
「お前らと、縁を切る」ちゅうの。

ドリアン助川:
あ、縁を、切るというとこに、来てるわけですね。

相談者:
そう・・そんなのお、はね・・
「切りたい」つったって、こ、「切れるものならこっちから切ってやりたいわ」と思うぐらい、腹立ったんだけど。

ドリアン助川:
はい

相談者:
もう、こんなのね、もう、忘れるって。

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
忘れ・・られる、なんか説明が・・い、教えて・・くれたら・・いいなと思って。

ドリアン助川:
それで電話をくださったんです?

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
あ、分かりました。

相談者:
はい

ドリアン助川:
え、あのおー、ちょっとまだ全貌見えにくいとこもあるんですけども、

相談者:
はい、はい

ドリアン助川:
極々、簡単に言いますと、

相談者:
はい

ドリアン助川:
兄弟同士の争い事になってしまったわけですね。

相談者:
そ、そうですう。

ドリアン助川:
はい。それで、そのお、まあ、弟さん、ひと、男、男兄弟一人?

相談者:
はい

ドリアン助川:
弟さんがあ、そのお金のこと、仕切って来たわけだけどもお、

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
あまりに不透明だし、

相談者:
ええそう

ドリアン助川:
そして、みんなの、ことも、聞いてくれないし。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
強引にやられてしまって、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
それで、みなさん、頭に来たと。

相談者:
え、う、みんなが頭に来てるわけじゃないんです。

ドリアン助川:
はい、あみ・・

相談者:
農家のしないものがした、妹で言えば、女3人・・

ドリアン助川:
はい

相談者:
何も、分からない者が、もう、手一杯、ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃと、

ドリアン助川:
うん

相談者:
弟の、ふ・・肩持ちしてるからと、

ドリアン助川:
あ・・

相談者:
弟の前で、偉そうにね。ドタバタしてね。

ドリアン助川:
はいはい

相談者:
あん、暴言吐かれたんですよ。

ドリアン助川:
ということはその・・農家の跡を継いだ、農作業をした、ご姉弟と、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
農作業をしなかったご姉弟の間にも・・溝があるということですね。

相談者:
そうです。

ドリアン助川:
はい。そ、だけどもお、まあ、80歳というご年齢で、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
このことで、ずーっと心を乱してるのも、もうちょっとお・・嫌になっちゃったと。

相談者:
うーん、もうたくさん。もう嫌なんです。

ドリアン助川:
ねえ

相談者:
はい

ドリアン助川:
そりゃあそうですよね。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
なんかこう、心がスッキリする方法はないかという・・

相談者:
え、す、そうなんですよ。

ドリアン助川:
そういうことですね?

相談者:
ええ

ドリアン助川:
うーん・・えー、で、今その・・遺産のお金がね、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
えー、入って来ないと辛い状況にあると、これは

相談者:
いやいやそんなこと、かん、

ドリアン助川:
それはないんですね?

相談者:
アパート持っておりますからね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
そんなゴタゴタしたくないんですよ。

ドリアン助川:
そうですね。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
そのお、大変失礼なんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
その遺産ん、の、分配金ってのは、大体どれぐらいの額だったんですか?

相談者:
あ、貰ったのですか?

ドリアン助川:
ええ

相談者:
貰ったのは1千万です。

ドリアン助川:
あ1千万ですか。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
あ、おっきな額ですね。

相談者:
もう、ぜん・・この・・母が91歳の時にい、死ぬ・・4年前の時は、1億5千万あったの。

ドリアン助川:
1億5千万あった。

相談者:
はい

ドリアン助川:
うーん

相談者:
農地が売れたから、そのお金は・・あったんですけど。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
弟は、ちゃんと、説明して、ちゃんとしてくれる、もんだと思ったら、説明なしで、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
もう、終わっちゃって、最後には、こういうね、

ドリアン助川:
あー・・

相談者:
別れるようなね、

ドリアン助川:
はいはいはいはい

相談者:
こうなったけども。もう会いたくもないです。

ドリアン助川:
うーん、弟さんいくつですか?

相談者:
73です。

ドリアン助川:
73歳

相談者:
それで73なんだけどね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
あの、癌なんですよね。

ドリアン助川:
あらららら・・なんか、誰もお、笑ってないという誰も勝者がいない感じの何か・・ね、弟さんは弟さんで、

相談者:
うん

ドリアン助川:
苦虫噛み潰したような顔してらっしゃるんでしょうしい。

相談者:
ええ

ドリアン助川:
んな・・

相談者:
だから、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
プライド高いから。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
うん

ドリアン助川:
そうですか

相談者:
プライドが高すぎるからね。

ドリアン助川:
はい

相談者:
兄弟が会ったらね、

ドリアン助川:
うーん

相談者:
「いや、俺、間違ってやってしまったあ」・・で、終わってもらいたかったの。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
ところがもう、手紙にはもう、そういう、この、「姉のくせに、取りまとめできんかった」とやら、なんてやらって書いて、「墓参りするな」とかって書いて来られたらね、

ドリアン助川:
はい

相談者:
もう・・忘れようと思っても、忘れえ、られないんですよ。

ドリアン助川:
うーん

相談者:
だから、それを忘れようと、

ドリアン助川:
はい

相談者:
自分で言い聞かせております。

ドリアン助川:
はい。あのお、その心掛け、大変いいと思うんですけども、

相談者:
はい

ドリアン助川:
えーと、まあ、これ一つずつの問題洗っていくと、大変時間が掛かりますので、

相談者:
はい

ドリアン助川:
まあ、こうした問題というのはあ・・まあ、あるっちゃあると思います。でこういう時に、どういう風に、乗り越えて行くべきなのか、

相談者:
ええ

ドリアン助川:
今日の回答者の先生に相談してみたいと思います。

相談者:
はい

ドリアン助川:
えー弁護士の、大迫恵美子先生です。よろしくお願いします。

相談者:
はい、#$%◆ってお願いします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。