深刻度低。お婆ちゃんだけに向けられる中2孫娘の反抗期


スポンサードリンク

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
はい、こんにちはあ、どうも

相談者:
あ、よろしくお願いいたします。

マドモアゼル愛:
はい。あのお・・大事な・・ことっていうのは、今いろいろある、でしょうけどもね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
なんか自然であるっていうことが凄くう、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
家の中では大事だなっていう、気がするんですね。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
そいでえ・・度が過ぎたあ・・態度とか、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
度が過ぎたあ・・元気がないなとか。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その・・それに応じて人間っていうのは、ハッと、こうセンサーが自然と働いて、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ここは・・優しく受け止めてあげなくちゃなとか。

相談者:
ああ・・

マドモアゼル愛:
そして度が過ぎたあ・・ままで放っておけばあ、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
これは・・いくらなんでもこの子やり過ぎだよと。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その時は、多少いつもよりひ、厳しく叱るとか。
そこの反応が、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自然である・・かどうかが大事だと思うのね。

相談者:
はい、分かりま、そうですね。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自然であれば、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
その時は一時的にい、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「うるさいな」という風に、思われたとしてもね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ま・・ちょっと冷静になってみれば、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「そうだったな」っていうような、ことで、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自ずから・・反省っていうかね、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお、心が治まって行く・・もんだと思うのね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ただ人間は・・不自然なことを強要されるとお・・

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
どうしても憤りますよね。

相談者:
そうですねえ

マドモアゼル愛:
うん・・だから、今心配なのはあ、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そのおばあちゃまが、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
むす、ま、お孫さんのお・・ことを心配するあまり、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自分ん、自身の、対応、反応に、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自信を失ってることが心配なのよね、ちょっと。

相談者:
そうですね、わたくし自身が、自信を失っておりますねえ。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
やっぱり自信を持って、毅然としてれば・・

マドモアゼル愛:
いや、いや自信を持つっていうのは何も毅然とすることではない、と思うんですね。

相談者:
はい。はい

マドモアゼル愛:
自信を持つっていうことは・・判断に・・毅然とするっていうことは大事だと思うけれども、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そこの基準がだから・・自然であるか、不自然であるかっていう辺りがあ、

相談者:
ああ・・

マドモアゼル愛:
僕はやっぱりねえ、

相談者:
わたくし自身の態度がですねえ

マドモアゼル愛:
そうそうそう

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
い、それが、そこに・・ん、何でこのままじゃ不味いからとか、どっかから、持って来た・・教育の情報があるからとかあ、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それからあ・・子育ては・・こうしなくちゃいけないとかあ、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
なんか、かくあるべしとかあ、

相談者:
はあ、ああ

マドモアゼル愛:
何か・・消化しきれない、不自然な、不自然なものが入って来るとお、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
なんか、ちょっと違うかなと僕は、気がするのよね。

相談者:
あーそうですか。

マドモアゼル愛:
だから、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
向こうもお、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
不安から、色々なものを考えるわけですよ。

相談者:
そうですね

マドモアゼル愛:
ね、社会も・・どんどん変わって行く、未来のことも、心配になって来る。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
肉体的な、変化も色々出て来る。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
色ーんな意味で不安があるわけ・・

相談者:
そうですねえ

マドモアゼル愛:
じゃない、な年齢じゃないですか。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そこを・・まずそういう時期、時期で時代であって、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そういうとこから来る・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そのお、複雑な・・思い

相談者:
・・はい

マドモアゼル愛:
っていう、ん、また複雑な反応がやっぱり、おじょ、あの、お孫さんにあるような気がすんのね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
だから、絶対的な信頼と、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
でも、自分も成長して行かなくちゃいけないから、見守って欲しいっていう気持ちと、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
遠くから、支えて欲しいっていう気持ちが、

相談者:
そうですねえ

マドモアゼル愛:
やっぱりい・・芽生えて来る時代だと思うのね。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
そこら辺の・・お孫さんのお、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
今・・ん、今のお孫さんに対する関心の度合いが、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
おばあちゃんの愛情を、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
彼女が、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
感じるバロメーターになるような気がするのよ。

相談者:
あーそうですか。

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
今ねえ

マドモアゼル愛:
だからそこで、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「なんかこうした方がいいだろうか」とか、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお・・「やっぱり正しいことは言った方がいいんでしょうか」とかそういう、考え方はちょっと違うかなって気がするん、ですよね。

相談者:
あーそうです、はい

マドモアゼル愛:
やっぱり、もうケースバイケース、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
日々、日々の・・

相談者:
自然体です・・

マドモアゼル愛:
うん、自然体の中で対応して行って、

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
自分も・・同時に・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
14歳だった時の自分も、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
この問題は、内包しているわけですね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そこで・・お嬢さん、お孫さんを見て行くと・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
なんか違った世界が、違ったアプローチが見えて来て・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
お・・おばあちゃん自身が、生き生きされて行くような気がしますね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
はい

相談者:
分かりました。ありがとうございました。

マドモアゼル愛:
ちょっと今井先生にね、また伺ってみたい・・

相談者:
はい、ありが・・

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)


深刻度低。お婆ちゃんだけに向けられる中2孫娘の反抗期」への4件のフィードバック

  1. 全然心配いらないよね。このお孫さんは。

    父親はいないけど、母親が父親、お祖母ちゃんが母親もたいなもんでしょ?
    父親が(今回で言うところの母)が不在がちで厳しくしない。その分母親(今回で言うところのお祖母ちゃん)が口うるさく言う。
    よくバランスとれてるじゃん。母親もお祖母ちゃんも煩かったらこの子の逃げ道がなくなっちゃって辛いだろうけど、そうじゃなさそうだよね。
    単なる反抗期でしょ。

    多分この子お祖母ちゃんの事大好きだよ。
    甘えられるから反抗してるんだよ。
    甘えられない人には反抗しないからね。
    お祖母ちゃんが亡くなった時、この子は誰よりも悲しんでくれると思う。お祖母ちゃん大好きだと思うよ。

  2. 反抗期ではあるんだけど、
    おばあさんが、反抗させてる。
    「早く寝なさい」とか「勉強する時は、テレビ消して」とか。
    言えば、どうなるかわかってるのに、
    言う(笑)
    言わなきゃいい。
    言わなきゃ「冷たい」と言われると言うんだったら、いい所を言えばいい。
    勉強してれば「頑張ってるね!」とか。

    寝るの11時ころっていうの、
    まあ普通だよ。
    っていうか、そのくらいの子にしたら、早いくらいかもしれないよ。

    とにかく、おばあさんが、孫にいろいろ言い過ぎ。
    おばあさんは、自分のすべきこと終わったら、「おやすみ」って寝ればいい。
    起きていて、孫のこと気にしてばっかりいるから、言いたくなる。

    回答者も言ってるけど、
    相談者は、孫を、幼稚園、小学校の時のままだと思ってる。
    もう、中学生。成長してるのに。
    学習しましょうよ、おばあさん。

    でも、うちの姑の口うるささは、
    相談者の10倍以上である(笑)

    1. お孫さんは深刻度は低いと思う。

      キツいのは相談者自身じゃないだろうか。
      相談者が孫にかまいたがるのは、老いから来る寂しさじゃないのかな?
      相談者自身の健康や生きがいは?

      72歳で反抗期の中学生を育てるなんて、自分の子どもじゃあり得ない訳で。
      反抗期のパワーを受け止めるには、相応の気力も体力も必要。
      30代、40代の母親と同じことを求めるのは酷というものだ。

  3. 14歳の子は高校生になったらアルバイトしよう。
    そのときが自立の始まり。
    孫離れしていこう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。