普通が優しさに割増しされる洗脳。DVに苦しむ女が夫をけなされて「気分が悪い」


スポンサードリンク

(回答者に交代)

高橋龍太郎:
初めまして、高橋です。

相談者:
あ、よろしくお願いします。

高橋龍太郎:
・・そういうー、状態でえ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
いろんな形でえ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
暴言暴力を、振るわれ、てえ。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
その・・「好きだ」っていう理由が、よく分かんないんですけど。何が、ご主人が・・いいんですか。

相談者:
やっぱり、あのいいところが・・あるん、ですよね。

高橋龍太郎:
どんなところですか?

相談者:
普段はあ・・あの・・一人の娘は母子家庭なので・・あの、
「ウナギを買って持ってってやれよ」って言ってくれたりとかあ・・あは(笑)

高橋龍太郎:
あそれ、それ、それ・・(笑)

相談者:
ま、基本、的には凄くね・・優しい・・

高橋龍太郎:
それ普通だと思うけど、そんなこと。

相談者:
あ、そうですかねえ。

高橋龍太郎:
誰でも(笑)

相談者:
わたしにとっては凄く優しい・・・

高橋龍太郎:
要するに、暴力があるからあ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
酷い暴力からあ、

相談者:
・・はい

高橋龍太郎:
優しい言葉が浮かび上がると、何か凄く優しい人のように、あなたには思えるかもしれないけど。

相談者:
あ、そういうもんなんでしょうか、うん

高橋龍太郎:
普通の男性にとってそんなの、当たり前で、その・・5倍も10倍も優しい男性、世の中にいっぱいいると思いますけど。

相談者:
(苦笑)言わなくたって、そうですよね。

高橋龍太郎:
うーん

相談者:
あ、そういうなんか・・あるかもしれませんね。

高橋龍太郎:
うーん、いやいや

相談者:
うん

高橋龍太郎:
一般的にい・・

相談者:
・・はい

高橋龍太郎:
えー・・家庭内暴力う・・が、あって、本当にい、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
まあ行政の人も、それから

相談者:
はい

高橋龍太郎:
親戚一同も、親も、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
「別れなさい」って言ってえ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
別れない・・女性の典型ですよね、あなたは。

相談者:
あ、そうですか。

高橋龍太郎:
うん

相談者:
え、でもまだ親にもお・・誰にも、このことは話し・・たことはないんです。

高橋龍太郎:
いやいや、それは言ったら、「すぐ別れろ」って言うに決まってるじゃないですか、そんなのは。

相談者:
そうなんです・・そう、親に心配掛けたくないんで。

高橋龍太郎:
うん

相談者:
年老いた親にね、もう80になる親に、

高橋龍太郎:
うーん

相談者:
心配させたくないんで(泣き)・・言えない状態です。

高橋龍太郎:
掛けたくないで、あなたは堪えてえ、

相談者:
はい(泣き)

高橋龍太郎:
別れないでいる分、どんどん、どんどん、

相談者:
(鼻をすする)

高橋龍太郎:
周りにい、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
逆に言うと、迷惑を掛けて、

相談者:
・・ええ

高橋龍太郎:
あなたが一人背負い込むっていうパターンになっちゃうでしょ。

相談者:
・・いやそう、ですかね、やっぱり・・

高橋龍太郎:
で、もう、みんなおんなじことを言うの。

相談者:
あ、そうですか。

高橋龍太郎:
はい。
「わたしが・・この人を」

相談者:
はい

高橋龍太郎:
「見捨てたらあ」

相談者:
はい(涙声)

高橋龍太郎:
「もう、この人は、誰も・・」

相談者:
(鼻をすする)

高橋龍太郎:
「見て・・」

相談者:
ああ

高橋龍太郎:
「あげられなくなるし、可哀想そうだ」或いは「わたしにしか」

相談者:
ああ

高橋龍太郎:
「この人のことを分かってあげられない」って言ってえ、

相談者:
はは(苦笑)まったくその通りです。

高橋龍太郎:
どっか・・英雄的、英雄的な気持ちになるんですけど女性がみんな。

相談者:
(苦笑)英雄とかってまでは思ってないんですけど・・まったくね、おっしゃる通りです。

高橋龍太郎:
うん、でもお、それは・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
そうやって、別に、一生、そのまんま、生きて行ける・・っていうつもりであれば、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
生きて行けばいいし、我々があ(笑)

相談者:
はい

高橋龍太郎:
相談を受けた以上は、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
も、それはもう100%「別れなさい」と言うしかないですよ。

相談者:
あ、そうなんですかあ。

高橋龍太郎:
はーい、娘のためにもならないし、親のためにもならないし。

相談者:
はい(涙声)

高橋龍太郎:
はい。どんどんこの先もお・・そんないい運命なんて待ってないですよ。

相談者:
治る見込みはなさそうですかね。

高橋龍太郎:
なんで治る見込みがあるんですか?

相談者:
あは(苦笑)なんか、まだ少し期待をしているんですよね。

高橋龍太郎:
だから、何をすれば・・それが治るの?

相談者:
それはあ、やっぱり、わたしがあ、

高橋龍太郎:
はい

相談者:
なんかやっぱ・・怒らせてるんじゃないかなあと思・・っているんです。

高橋龍太郎:
で、みんな・・自分が怒らせてるんじゃないかと思って、

相談者:
(苦笑)そうなんですか。

高橋龍太郎:
みんな自分のせいにして・・どんどん、どんどんそうやって、悪い関係になって行くわけ。

相談者:
あそうですか。

高橋龍太郎:
はーい・・あなたはだから何も悪くないのよ。

相談者:
そうですかね(泣き)

高橋龍太郎:
あなたは、じ、全部自分のせいにしてるってことが悪いのよ。

相談者:
そうですかねえ

高橋龍太郎:
うん

相談者:
いや、例えばあ、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
あの、ま、娘の育て方はあ、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
わたしが悪くてえ・・それでえ、結局娘え、の、ことで、怒ってる・・みたいなことも・・あるんですよね。

高橋龍太郎:
そんな程度の酷さに比べたら、ご主人のやってること・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
その100倍くらい酷いじゃないの。

相談者:
あ・・そうですか、やっぱ暴力っていうのは・・ま、一番酷いときは、

高橋龍太郎:
えー?普通・・警察沙汰にしたら、刑法上の罪だよ、それ。

相談者:
え、それも・・できなかったですね、やっぱ主人がそうなっちゃうのがやっぱり、可哀想かなってお、思・・ってしまって。

高橋龍太郎:
別に可哀想とか何とか、同情する余地があるんだったら、も、さっさと出て行って、2度と会いなさんな。

相談者:
・・そうですか・・

高橋龍太郎:
あいそ・・

相談者:
出てったらもう会わない方がいいんですよね?

高橋龍太郎:
だって会ったら、またおんなじように、暴力振るわれるでしょうに。

相談者:
うん

高橋龍太郎:
「何で出て行った」って話になるじゃないの。

相談者:
・・てなりますね、プライドも高いので・・もう、そのまま・・追っかけて来ないかな・・っていう、

高橋龍太郎:
うん・・

相談者:
気もするんですよね。

高橋龍太郎:
そしたら勿怪(もっけ)の幸いで、

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
もう、2度と会わなきゃいいじゃない。

相談者:
ああ、そうですよね。

高橋龍太郎:
はい

相談者:
そうすれば、娘も、もっと伸び伸びしますよね(鼻をすする)

高橋龍太郎:
伸び伸びするしい、

相談者:
うん

高橋龍太郎:
老後、一緒に・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
あなたが年取った時にい、いろんな形で看てあげられるでしょ、娘さんも。それから、

相談者:
あはい

高橋龍太郎:
何かの折にい・・

相談者:
はい

高橋龍太郎:
「おばあちゃんちに行こうか」って言って、お孫さんもあなたんちへ立ち寄れるじゃないの。

相談者:
うんうん

高橋龍太郎:
今あ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
立ち寄れないじゃないの。

相談者:
ま、用でもなければ・・来れないですよね。

高橋龍太郎:
うーん。でえ、そ、そんな人生が良ければあ・・

相談者:
わたしが行くのは多いですけど・・やっぱ寂しいですよね。

高橋龍太郎:
別にそれに殉じる殉じればいいけれど、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
現実にどう客観的に判断したって・・

相談者:
うん

高橋龍太郎:
ご主人は一つもいいところないじゃないのお。

相談者:
うんうん・・そうですよね。
・・わたしい、優しいと思ってたのがなんか・・あは(苦笑)わたしから見、勝手にそうふうに見えてただけなん、ですね。

高橋龍太郎:
うん、暴力とお、対比すれば、どんなことをやっても、優しく見えるっていうだけですよ。

相談者:
なんか洗脳されてるみたいな感じなんですかね?

高橋龍太郎:
うんもう半分洗脳されてると思いますよ、あなたは。

相談者:
あーあ・・あもう、そしたら職場に問題・・とかっていう以前の問題ですね(苦笑)

高橋龍太郎:
いやいや、しょく、ん、だから同じことですよ。

相談者:
うん

高橋龍太郎:
結局、普通ならばあ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
自分が、いろんな問題を抱えていてえ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
ここが面白くないとか、ここが・・自分の、思うようにならないんだっていうことを、

相談者:
うん

高橋龍太郎:
大人は・・それを、

相談者:
うん

高橋龍太郎:
言葉にして、他の人との・・コミュニケーションを測るわけ。

相談者:
あはい

高橋龍太郎:
それが、会社でも同じことで、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
自分が、ここを不満に思ってるっていうことがあ、

相談者:
えーえー・・うーん

高橋龍太郎:
・・自分で言葉にすることができないもんだからあ

相談者:
はい・・うーん

高橋龍太郎:
・・ボンと・・爆発して幸い会社じゃあ、暴力事件は起こせないから、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
ただ辞めるっていうこと、繰り返してるっていうだけで、

相談者:
うーん、はい

高橋龍太郎:
それはもう、全く同じことは、会社でも起きてるし、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
人生の問題でも起きてるけれど、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
男女の間は、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
惚れたもんが弱いので、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
惚れたあなたがあ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
彼のわがままを許しっぱなしにしてるので、

相談者:
あはい

高橋龍太郎:
たまたま長持ちしてるだけですよ。

相談者:
うーん

高橋龍太郎:
普通の女性だったら、とうに・・その、

相談者:
ああ、まあ、わたしも、そう思います。

高橋龍太郎:
付き合ってる時にい、暴力う、沙汰があったもう、その場で、

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
別れて、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
そんな結婚なんかしなかったでしょ?

相談者:
・・そうですよね。

高橋龍太郎:
うん

相談者:
うーん・・#$%◆

高橋龍太郎:
単なる暴力夫だと思いますよ。

相談者:
あ、そうですか

高橋龍太郎:
はい

相談者:
でもなんかそう言われるのも、なんかわたしはあ・・なんかちょっと、今・・正直なところ、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
なんか気分が悪いってい、思うのは・・やっぱり主人ん、のことが好きなんですかね、まだ。

高橋龍太郎:
まあ好きなんでしょうね。

相談者:
て、結局、自分の気持ちが整理が付かなくってえ(泣き)

高橋龍太郎:
うん

相談者:
主人から、離れられない・・っていうか、

高橋龍太郎:
ていうことですよね。

相談者:
ま、洗脳されてるっていうか。

高橋龍太郎:
うん、そういうことですね。

相談者:
離れてしまえばあ・・あ、良かったと思う時が来るんですね?

高橋龍太郎:
ああ、離れればあ、もう少し冷静な判断力ができると思いますよ。

相談者:
ええ

高橋龍太郎:
ただ中にいるうちは、

相談者:
そうですよね

高橋龍太郎:
そういう冷静さは取り戻せないんじゃないの?

相談者:
・・分かりました。

高橋龍太郎:
うーん

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もしもしい?

相談者:
あ、はい

ドリアン助川:
もしもし?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あのお・・前の結婚が、駄目になった時・・別居なさってたんですよねえ?

相談者:
・・はい

ドリアン助川:
で、その時い、も、つまり決断なさったわけですよね?

相談者:
・・そうですね、

ドリアン助川:
ええ

相談者:
やっぱりその(苦笑)前の、旦那、もお、結構・・怒りっぽくってえ・・で、怒った時に、その勢いで、わたしが出たっていう、感じです。

ドリアン助川:
うん・・いずれにしましてもお、

相談者:
はい

ドリアン助川:
決断が必要な時が来てしまったわけですね。

相談者:
あ、そうですね。

ドリアン助川:
どっちに行くにしろ、ええ

相談者:
はい・・分かりました。

ドリアン助川:
はい

高橋龍太郎:
はい

相談者:
ちょっと冷静に・・

高橋龍太郎:
はい

相談者:
考えてみます。

高橋龍太郎:
はい、そうして下さい。

相談者:
はい

ドリアン助川:
はい

高橋龍太郎:
お大事にどうぞ。

相談者:
はい、ありがとうございますう。

ドリアン助川:
はい失礼します。

相談者:
ありがとうございましたあ、失礼します。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。