7年引っ張られてフッた年上元カノがスーパーで〇〇を購入。凹む東北男41歳


テレフォン人生相談 2017年3月16日 木曜日

結婚を考えていた元カノが結婚して子供が出来たことを知り、ショックを受け、凹んでしまった。前向きに生きるには?

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 男41歳独身会社員 65歳の両親と同居 近所に住む弟37歳は家庭持ち

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい、テレフォン人生相談です。

相談者:
すいません、一つどうぞ、よろしくお願いいたしますう。

今井通子:
はい、今日はどういったご相談ですかあ。

相談者:
あの、ちょっと自分の気持ちい、を、ちょっと前向きにい、生きたいと思・・ってるんですけども。

今井通子:
はい。
あなたおいくつですか?

相談者:
えっと、41歳です。

今井通子:
はい。ご結婚されてますか?

相談者:
あは(わ)してないです。

今井通子:
独身でらっしゃる。

相談者:
はい

今井通子:
親御さんは、ご両親お元気ですか?

相談者:
ええ、両親ともに、えと60う、5歳で、

今井通子:
はい

相談者:
健在です。はい

今井通子:
でえ・・そうすると、お住まいは、あなた今、ご実家?

相談者:
はい、実家であのお・・同居です。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
ご兄弟いらっしゃいますか?

相談者:
あ、弟が一人・・37歳です。

今井通子:
弟さんもご一緒?

相談者:
は、あのお・・近所にあの、家建てて、あのお、えー家族・・子ども二人と・・

今井通子:
あ結婚してらっしゃるのね。

相談者:
はい、子ども二人です。

今井通子:
はい。弟さんは結婚してらっしゃる。

相談者:
はい

今井通子:
はい。でえ、あなたはあ、今、会社員?それともなんか自営?

相談者:
あ、会社員です。

今井通子:
そのお、なんか自分ん、があ、なるべく明るくう・・っていうか、

相談者:
はい

今井通子:
あの・・行きたいと思っているっていうのは、何かあったの?

相談者:
あ、すそうです、えーっとですね・・4年前に、

今井通子:
はい

相談者:
ま、8年近く付き合った彼女と別れたんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
その別れた理由っていうのはあのお・・わたし37歳で、彼女の方が40・・2歳です。

今井通子:
はい

相談者:
え、それでちょっとあの、子どもができないかもしれないとかあ、

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと親との同居はあ・・やりづらいなということで、

今井通子:
はい

相談者:
ま、まその辺色々と・・ずっと、付き合ってる7年間は話(はなし)してたんですけども、

今井通子:
はい

相談者:
ええ、で結局う・・じゃあ、だ、駄目っていうことで「別れましょう」と。

今井通子:
はい

相談者:
え、で、別れたんです。

今井通子:
えーちょっと待って。

相談者:
はい

今井通子:
それって・・えーとまずはあ、

相談者:
はい

今井通子:
子どもができないかもしれない。

相談者:
はい

今井通子:
これに対しては何?

相談者:

今井通子:
どっちが「嫌だ」ってい、言ったわけ?

相談者:
あ、いえわたしは、別に・・一緒に暮せれば、もう、これはあ、ホントに・・
「できるかできないかは・・いいよ」と。
・・あの・・

今井通子:
これはじゃあ、えとあのお、彼女の方があ、

相談者:
はい

今井通子:
「わたしと一緒になっても、子どもができないかもしれないからあ」とかっていう言い方をしてたわけ?

相談者:
あそうですね。

今井通子:
はい

相談者:
え・・

今井通子:
で、もう一つはあ、「同居が云々」っていうのは、どちらが、おっしゃったの?

相談者:
えっと、向こうの方が、

今井通子:
はい

相談者:
もう、何ていうんですか、年齢も年齢なんですが、ま、家事とかがあ、ま、ほぼ、ほぼ・・あの、そちらもあの実家暮らしで、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、お母さんの方と、が、みんな家事とかやってくれたみたいで、

今井通子:
はい

相談者:
ええ・・そで、「できないのが不安だ」ということだったんですけどお、

今井通子:
なるほど。

相談者:
ええ

今井通子:
「同居するようなことになったら」

相談者:
はい

今井通子:
「家事とかもできないし、やだなあ」って?

相談者:
そうですね、はい

今井通子:
これってえ・・付き合って何年目頃からいう、言い出した?

相談者:
・・付き合、ってえ、ま、1年くらい・・ん時に、ま、わたし29で、向こう30う・・5でしたので、

今井通子:
はい

相談者:
・・「もう年齢も年・・結婚・・考えない?」っていうことで。

今井通子:
はい

相談者:
ま、出来れば同居、じゃなければ、わたしがあの・・婿に・・あのお、「婿へ入ってもいいですよ」と、最初はあ、そういう話(はなし)していたんです。

今井通子:
おう、ほう

相談者:
「いやそれはわたしはできない」と。

今井通子:
ええ

相談者:
「あなたの家に行きますよ」ということで、

今井通子:
ええ

相談者:
・・ま・・来たんですけどま結局、ずるずるずるずると・・7年、掛かっちゃいまして。

今井通子:
それ1年目はあ・・
「あなたの実家に行ってもいいですよ」って言ってたわけね?

相談者:
あそうですね、はい

今井通子:
それでその1ねーん目ぐらいの時になんで
「結婚しましょう」って話にならなかったの?

相談者:
あの、「もうちょっとお、あの家事とかやりたいので、もうちょっと待ってくれ」と。少し・・あの、親にれん、あのお、習って、

今井通子:
あーあ

相談者:
ええ

今井通子:
ちょっと勉強してから来るっていう話?

相談者:
あそうですね、はい

今井通子:
うん。ていうのは、それは、彼女の方から言い出したわけね?

相談者:
あそうですね、はい

今井通子:
じゃあ、2年目ぐらいになって、そろそろお・・料理もできるようになったんじゃないの?っていう頃には、

相談者:
はい

今井通子:
なぜ結婚しなかったの?

相談者:
そ、その頃ちょうどお、そちらの母親あ・・大病しちゃ・・って、

今井通子:
は、はい

相談者:
「ちょっとお、家の、家事やらなきゃないから」ということで。

今井通子:
ええ

相談者:
「じゃ、もうちょっと待ちましょう」と。

今井通子:
あ、看病もあったでしょうね、それは。

相談者:
ええ

今井通子:
じゃあ3年目は?

相談者:
も、何ていうんですか、そうなったらもなんか、ずるずる、ずるずる来てしまっちゃって。

今井通子:
あなたの方も「結婚しよう」って言わなかったの?

相談者:
は(わ)、言ってましたね。
「どうだ、どうだ」っていう感じでは。

今井通子:
ええ

相談者:
ええ、ちょっとあ・・

今井通子:
じゃ、その都度・・断る理由は何だったの?

相談者:
「ん、もうちょっと待って」とかあ・・そうしてるうちにやっぱ自分の方もあまり・・結婚の話とか・・出さなくなっちゃって。

今井通子:
はい

相談者:
そうしてるうちにあの・・まあ、年も年になって来て、子どもの話になって。

今井通子:
ええ

相談者:
最初はやっぱ、「自分の子どもは欲しいよ」という・・は言ったんです。自分は。

今井通子:
うーん

相談者:
「できれば欲しい」という形で。

今井通子:
んでえ・・えー4年前にい・・別れる時は、どういう別れ方をしたの?

相談者:
え、その、時はあの、
「子どももできないかもしれないし・・やっぱりどう、頑張ってもお・・同居は出来ません」っていう形で・・あったので、もう自分もお、ちょっともう・・言い方悪いんですけど疲れちゃって。

今井通子:
ええ

相談者:
ええ「だったらもう・・別れようよ」と。

今井通子:
・・あなたの方から「別れよう」って言い出した?

相談者:
は(わ)そうですね、はい。
で、向こうも・・「じゃ、分かりました」ということで。

今井通子:
・・ということで、それから4年経っちゃいました。

相談者:
ま、そのお、別れたあとの・・大体1ヵ月くらいあとに、

今井通子:
・・はい

相談者:
「やっぱり・・考え変わった」って言われて、向こうが。

今井通子:
はい

相談者:
「もう、同居でも何でもも・・やり直せるっていうならもうすぐにでもお、入籍でも何でもする」って、は、言われたんです。

今井通子:
はい

相談者:
ただ、ちょっと、自分も・・もう、冷めちゃって。

今井通子:
ええ

相談者:
「もういいよ」と。

今井通子:
はい。い・・

相談者:
で、別れた後そのま、音信不通でいたんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
つい先日ですけど、ちょっと、某スーパーで、

今井通子:
はい

相談者:
その彼女らしき人み・・ちょっと見かけちゃって、

今井通子:
はい

相談者:
あのお・・こども用の紙おむつ、持って、歩いてたんです。ミルクと。

今井通子:
はい

相談者:
ん、なんかちょっと、それ見た途端になんか・・なんていうんですか、それまでずっと、忘れてて、元彼女のことは。

今井通子:
うん

相談者:
で・・自分ずっと婚活とか、まあ、「彼女紹介してくれ」とか、周りに言って。

今井通子:
うん

相談者:
結構前向きに・・来てたんですよね。

今井通子:
うん

相談者:
・・なんかそれ、その彼女の、そのお、元彼女のそれを見たら・・自分でもなんて言ったらあ、いいか分からないんですけど・・嫉妬でもないですし、

今井通子:
うん

相談者:
なんか変な・・「え?」って。

今井通子:
ま、所謂ショックを受けたわけ?

相談者:
あそうですね、はい

今井通子:
はい

相談者:
で、ちょっともう・・ま、仕事の方にもちょっと・・丸っきりじゃないですけど実がちょっと入らない形になって。

今井通子:
はい

相談者:
で、まあ、夜も・・ちょくちょく目が覚めたりとか、何ていうんですかね、また彼女作りたいっとかっていう前向きな気持ちが、ちょっと出なくなっちゃって。

今井通子:
はい

相談者:
ええ、ちょっとそのことでもう・・なんともならなくて・・ご相談、お願いしたいなと。

今井通子:
ま、所謂う、

相談者:
はい

今井通子:
そのことがあってから、落ち込んでしまいました。

相談者:
あ、そうです、はい

今井通子:
落ち込んで今、1ヵ月目ですと・・

相談者:
あそうです、はい

今井通子:
いうことですね。

相談者:
あそうですね、はい

今井通子:
はい。
要するにじゃあ・・気持ちを奮い立たせるにはどうしたらいいでしょう?っていう、お話ね?

相談者:
あそうですね、はい

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、

相談者:
はい

今井通子:
三石メソード主宰で作家で翻訳家の、三石由起子先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:
あ・・はい

今井通子:
先生よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。