近寄る娘一歳に「こっち来ないで」。ネット対戦ゲームにハマる漁師の夫


スポンサードリンク

(回答者に交代)

高橋龍太郎:
はじめまして、高橋です。

相談者:
はじめまして

高橋龍太郎:
んーー、大変だね
あのお、ゲームっていうのは、ま、本当に、えー、昔の、そのパチンコとか、えー、スロットみたいに、ちょっと罪悪感が伴う、ものだったりすると、

相談者:
うん

高橋龍太郎:
割りと説得し易いんだけれど、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
お部屋に居て、側にい、居て、続いているから、ま、一見、悪さはなさそうなんだけれど、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
一緒に居て、参加出来ない人にとっては、こんな面白くない空間はないわけですよね?

相談者:
そうですねえ、

高橋龍太郎:

相談者:
ヘッドホンして、ゲームしてるんでえ、

高橋龍太郎:
ん、も、(苦笑)音も聞こえないんだ。

相談者:
はい、そお、わたしの、声も聞こえないって感じですね。

高橋龍太郎:
ふううん・・
ただねえ、ま、一般的な経験で言うと、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
もお、ほんとに、治療を必要とする中学、高校生ぐらいから、もう、それこそ、ネット依存になってしまってえ、
(赤ちゃんグズりだす)

相談者:
はい

高橋龍太郎:
自分の勉強も、放り投げて、一日、例えば10時間・・もお、入れ込んでいて、現実の生活が崩壊してるっていうような、人とは違って、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
大人のゲーム、やり過ぎっていうのが、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
そんな、一年も二年も長続きしたっていうのは、あんまり見たこと無いの、お金が掛からないから。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
で、一年くらいすると、段々飽きてきて、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
ま、新しいゲームが出れば別だけど、通常はエネルギーが、すごく下がってくる。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
だからあ、ま、最初は、あれかなあ?、あなたあ、があ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
ま、お子さんにい、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
もお、手を掛けなきゃなんなくて、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
ご主人を少しほっぽっとったのかもしれないけれどお、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
自分が相手にされない分、たまたま、ゲームに少しハマってみたら面白くて、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
延長しちゃったっていうような、たぶん、ニュアンスだと思うのね、最初は。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
だから・・んー、ちょっと辛いだろうけど、えー、もお、しばらく放って置いてえ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
このまんま、どんどん進行して、あなたをないがしろにして、家庭を放り投げてっていうことは、まずないと思うよ。

相談者:
はい・・

高橋龍太郎:
んで、あなたにしてみれば、今一番手が掛かる時期だからあ、

相談者:
はい
(赤ちゃんの声)

高橋龍太郎:
お子さんの面倒とかあ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
色んなことで、一緒に手伝って欲しい、一番重要な時期なんだけれど、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
まあ、そこが、だから、彼にはあんまりよく、理解出来てないんじゃない?

相談者:
そおですね、理解してもらってないと思います。

高橋龍太郎:
そうだね

相談者:
はい

高橋龍太郎:
だから、ま、1年ぐらいい、のうちには、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
振り向いてくれると思うけど、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
それも、まあ、我慢・・その、決め事をしたときには2人で決めたの?

相談者:
いやあ、わたしが一方的に「その日、だけはやめて」って

高橋龍太郎:
言ったの?

相談者:
言いました、はい

高橋龍太郎:
ふうん、そしたら、そん時はなんつってたの?

相談者:
(赤ちゃんの声)
そんときはあ、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
「いや、ムリ」って言ってたんですけどお、

高橋龍太郎:
うん

相談者:
わたしが押し切った形です。

高橋龍太郎:
あ、それじゃ、(苦笑)決め事じゃないない(笑)

相談者:
じゃないけどお、(苦笑)

高橋龍太郎:
宣告しただけじゃない(苦笑)

相談者:
ふふふ
そおですねえ

高橋龍太郎:
ねえ
だからあ、やっぱり、現実的に、例えば、一緒に居たときには、2人で、例えば、えー、何、映画に行ったり、だ、ダーツバーに行ったの?

相談者:
や、バーじゃなくって、

高橋龍太郎:
あ、ダーツのやる、

相談者:
普通のダーツとかですね。

高橋龍太郎:
あ、うん、ダーツの、場所に行ったりい、すごく楽しかったっていうこと、とお、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
それから、今、自分がこんなに寂しいんだよ、っていうことと、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
それから、赤ちゃんを育てるのには、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
どうしてもお、そういう男手が必要なときがあるから、とにかく2人だけの時間とか、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
赤ちゃんを協力するっていう時間を、取り敢えず確保して、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
そっから、あのお、あとはもう、今のところ、ゲームはしょうがないから諦めるけれど、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
「その、二つの時間をちゃんと確保して」っていうふうに、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
伝えることが先じゃない?

相談者:
はい

高橋龍太郎:
うん、そうじゃないと、このまま行っちゃうと、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
単に一方的に、その、筋論みたいなもので、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
お父さんはゲームすべきじゃない、ちゃんと、何曜日と何曜日は止めなさい、みたいなこといくら言っても、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
もお、その、ゲームに熱中してる、真っ只中の、熱くなった脳には、あんまり響いてこないから、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
自分がいかに寂しくて、そいで子育てがどれくらい大変かっていうことを冷静に話して、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
それについて協力してくださいってことを、まず、言った方がいいと思う。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
だから、自分がどれくらい寂しい思いをしてるか分かるか?っていうことをまず、言ってみたら?

相談者:
分かりましたあ

高橋龍太郎:
うん、そうしたら、相当通じると思うよ。
うん、で、漁師っていう仕事は、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
結構、ま、それこそ歌謡曲じゃないけれど、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
その、板子(いたご)の下はもう海で、いつでも死ぬリスクを背負ってたりするから、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
結構、漁の時は緊張感があってえ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
家に帰るとすごく安心しちゃって、ゆるーくいきたいと皆んな思うもんだから、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
その意味では、ある程度のゲームはしょうがないので、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
で、そのゲームも、もお、3年もゲームに熱中して、やってますっていう、そういう人は普通いないので、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
もう少しの辛抱だと思うよ・・

相談者:
分かりましたあ

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

ドリアン助川:
もしもしい?

相談者:
はい

ドリアン助川:
あのお、僕も27歳のときを思い出すとですね、

相談者:
はい

ドリアン助川:
ゲームに思いっきりハマってました。

相談者:
(苦笑)

ドリアン助川:
あの、一人でやるロールプレイングゲームですけどお、

相談者:
はい

ドリアン助川:
も、なっかなか、最後まで行かないんで、あれ、あの、寝ても覚めてもお、ハマった時代がありまして、

相談者:
はい

ドリアン助川:
でもあるとき急に、ま、そのゴールまで辿り着いた瞬間にですね、

相談者:
はい

ドリアン助川:
自分はいかに時間を無駄遣いし、してたんだろうってことに気づいて、

相談者:
はい

ドリアン助川:
こ、サアっとこう、自然に離れて行けた、んですね。

相談者:
はい

ドリアン助川:
で、またその後に、今度は釣りにハマっちゃうんですけどお、

相談者:
んん、(苦笑)

ドリアン助川:
ええ
だから、こう、ハマるものは変わっていくんですけどもお、

相談者:
はい

ドリアン助川:
今、高橋先生がおっしゃられたように、これえ、本人が、そのお、ある程度納得しないと、

相談者:
はい

ドリアン助川:
ええ、このお、熱は続くんですよお

相談者:
はい

ドリアン助川:
うん・・

(再び回答者)

高橋龍太郎:
でも、まあ、普通、皆んな社会の中で生きてる人たちの中でえ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
おんなじように、ゲームだけずうっとやり続けるっていう人は、あんまりいないかな、どっかで皆んな冷めて、一人ひとり脱、あ、脱落っていうか、ゲーム、そのメンバーから離れていくよ。あの、お話を聞いてると皆んな。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
子どもが立って、(赤ちゃんの声)そのお話やなんかし始めるたらあ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
それはどんなゲームよりも、子どもがあ、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
そういうふうにヨチヨチしたり、する風体の方が、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
可愛くてしょうがないから、

相談者:
はい

高橋龍太郎:
そのゲームから離れて、赤ちゃんに向き合うと思うよ。

相談者:
はい

高橋龍太郎:
うん
あん、まあ・・普通・・どんな男性でも、その、赤ちゃんの可愛さには敵わないんじゃないかな?

相談者:
はい

高橋龍太郎:
うん、もうちょっと我慢して。

相談者:
分かりましたあ
ありがとうございます。

ドリアン助川:
はい

高橋龍太郎:
はあい

ドリアン助川:
失礼いたしまあす

高橋龍太郎:
はあい

相談者:
はい

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。