バツ1子持ちのアラフォー。見合いでいい仲になった彼と連絡取れなくて職場へ行く


テレフォン人生相談 2017年3月21日 火曜日

バツイチの40歳女性。結婚を約束している男性に「仕事が忙しい」と言われ、連絡が取れなくなった。これからどう交際していけばよいか?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: マドモアゼル愛(心についてのエッセイスト)

相談者: 女40歳 2年前に離婚 長男19歳 次男16歳

今日の一言: 寂しさは、本当の自分の感情を認識することを妨害します。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもしい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談で・・

相談者:
よろしくお願い致します。

加藤諦三:
はいー。最初に、年齢教えて下さい。

相談者:
はい。40歳

加藤諦三:
40歳・・結婚してます?

相談者:
えーっと離婚してえ、子どもが二人おります。

加藤諦三:
あーそうですか。お子さん何歳ですか?

相談者:
19歳と、16歳・・二人とも男の子です。

加藤諦三:
二人とも男の子。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、離婚してどのぐらい経つんですか?

相談者:
えーと2年ん、ぐらいです。

加藤諦三:
2年ぐらいですか・・はい分かりました。で、どんな・・相談ですか?

相談者:
あ、はい。あのお、今お付き合いしてる、男性がいるんですけど。

加藤諦三:
はい

相談者:
7ヵ月か、8ヵ月ぐらい、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、お付き合いさせていただいてて、

加藤諦三:
はい

相談者:
とてもお、あの、元々お、凄く忙しい、お仕事、だっ、なんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、6ヵ月ぐらい前から・・あ、そのお、彼の方の、職場の人も減って、更に忙しくなってしまって、

加藤諦三:
はい

相談者:
で、それまでえ・・家に来たりして、子どもとも仲良くしてたんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
4ヵ月ぐらい前に、わたしが、ちょっと体調こわ、しまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
そのあとは、メールうー・・などは、あの「体調どーお?」なんていう、メールはもらってたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
それからあ・・まったく・・来れなくなってしまいまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
・・今から、い、1ヵ月半、ぐらい前に、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと、ま、職場あ・・には、行けるような、ところなので・・彼の職場に行きましたら、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、ま、たまたま、会えて、少しだけ、話は出来たんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
「仕事で、トラブルがあって」

加藤諦三:
うん

相談者:
「連絡、が、できない」って、言われまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
それでえ、ま、「メールは、こちらからしていいか?」って聞いたら、ま、「それはいい」っていう風に言われたんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
更に・・えーと2週間ぐらい前に・・あーのお、職場までもう一回行ってみたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
そ、そ、その時も、また、たまたま会えまして、

加藤諦三:
うん

相談者:
「10分待ってて」って言われたんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと呼ばれてたもので、

加藤諦三:
はい

相談者:
走って、彼は行ってしまいまして。

加藤諦三:
はい

相談者:
そしたら、メールが・・来て「今日は・・重要な会議があって忙しいので」

加藤諦三:
うん

相談者:
「今晩メールする」っていう・・あの、返事が来たんですけど、

加藤諦三:
うん

相談者:
2週間経ってもお・・あ、えーと、それは1ヵ月前のことで、

加藤諦三:
うん

相談者:
2週間経っても・・あの、何の連絡もないのでえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
・・ちょっとこれからどうしていいかなという、

加藤諦三:
うーん

相談者:
ことを、相談させて頂きたいと思いまして・・

加藤諦三:
あのお・・何歳ぐらいの方・・ですか?

相談者:
あ、あのお・・年は同じ、ぐらい・・です・・

加藤諦三:
あ、同じぐらいですか。

相談者:
はい・・まだ結婚、してない・・

加藤諦三:
・・そうすと、や・確かに、職場だ、が、忙しいということはあ、ほぼ・・間違いのないことなんでしょうね。

相談者:
はい、そうです。・・もう、ね・・

加藤諦三:
ただ・・ホントに・・

相談者:
寝られないこともあるし、

加藤諦三:
うん

相談者:
食事も、夕飯しか食べれないような時もあるんで。

加藤諦三:
うーん・・
あなたがその・・付き合い出した始めのお・・ほう、うちは、やっぱり・・一緒に食事をしたりい、家に来たりと・・

相談者:
はい

加藤諦三:
してたわけですね?

相談者:
あのお、ま、それは、週1ぐらいで、できてたんですけど、

加藤諦三:
あはい

相談者:
大体い、会うのもお、12時だったりとかあ、かなり遅くて、向こうのペースに合わせないと・・いけないので、

加藤諦三:
はい

相談者:
・・最初からあ・・ま・・あの、予定はいつって立てられなくて、「今日、今からどーお?」っていうような形で、

加藤諦三:
うーん

相談者:
会ってました。

加藤諦三:
最初からね?

相談者:
はい

加藤諦三:
そうすと、最初の出会いっていうのは、ど、どういう出会いなんですか?

相談者:
えっとお・・お見合いです。

加藤諦三:
あ、お見合い・・

相談者:
はい

加藤諦三:
なるほどね。

相談者:
はい

加藤諦三:
で、お見合いで、お互いに、「いい」ということで、付き合いが、始まったということですね。

相談者:
はい、そうです。

加藤諦三:
うーん。
・・そうすとあなたはまだあ・・それほど相手の男性の・・こう何ていうのかなあ・・

相談者:
はい

加藤諦三:
人間性、その他は分かってないわけですね?

相談者:
・・そうですね、まだ分からないところもお、多いです。

加藤諦三:
多いですよね。

相談者:
はい

加藤諦三:
つまりい・・非常に・・外面が良くて、
「仕事が忙しい忙しい」っていうけど、要するに職場でも何でも・・みんなにいい顔して、も、振り回されて・・という・・そういう人なのか?、

相談者:
はい

加藤諦三:
本当に、仕事が忙しくて、本当に忙しいのか?、そんないろんな事は、まだ分かんない・・ですね?

相談者:
ええ、ただやっぱりその仕事をするためにい、

加藤諦三:
うん

相談者:
あのお、かなり努力してえ、大学も入り直したりし、てえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
ここまで来てるのでえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
あの、どうしても仕事優先にな・・ってえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
ここまで、まあ、あのお、二つのことを両立できない、らしいんです。

加藤諦三:
うん

相談者:
それでえ・・仕事優先になってしまって、なかなか、結婚はしたいんだけど、できないっていう。

加藤諦三:
うーん

相談者:
で、今回の、仕事も、ちょっと解雇になるう、ぐらい・・大変なことが起きてるらしいので、やっぱりここまで・・

加藤諦三:
あ・・その彼、彼自身が解雇になる

相談者:
はい

加藤諦三:
可能性があるっていうことね?

相談者:
ええー、はい

加藤諦三:
うーん

相談者:
なのでえ、

加藤諦三:
うん

相談者:
やっぱり、これまでの努力とかを考えるとお、

加藤諦三:
うん・・ま、必死で・・

相談者:
ま・・

加藤諦三:
女性が好きでも・・あ、会うどころの話じゃないという・・

相談者:
・・はい

加藤諦三:
ことも考えられるということですね。

相談者:
かん、がえられるんですけどお。

加藤諦三:
あはい

相談者:
なんか、色々相談してみるとお、

加藤諦三:
はい

相談者:
あの、付き合う気が、ないんじゃないかっていう意見とお、

加藤諦三:
んあい

相談者:
・・もう一つはあ、まあ、こんな状況の中、

加藤諦三:
あい

相談者:
連絡を取る、心境お、にもなれないぐらい、大変なんだっていう・・ふうに、意見が・・結構分かれてしまってえ、

加藤諦三:
ん、ああ、分かれると思いますね、だって、

相談者:
ええ

加藤諦三:
これえ、だけの情報だとね、

相談者:
はい

加藤諦三:
どっ・・ホントに忙しくて、それどころじゃない・・

相談者:
はい

加藤諦三:
という人なのか?

相談者:
ええ、ええ、ええ

加藤諦三:
ん、もう、あんまり好きじゃない・・から、

相談者:
ええ、ええ、ええ

加藤諦三:
こうなんだっていう風に、

相談者:
はい

加藤諦三:
両方・・解釈できますからね。

相談者:
ええ・・はい、そうなんです。

加藤諦三:
で、あなたとしては、

相談者:
はい

加藤諦三:
そのどちらかが知りたいということですね?

相談者:
そうですね・・知りたいし、これからどうしていいのかあ・・

加藤諦三:
はい、分かりました。
今日はスタジオに、心についてのエッセイストとしてお馴染の、マドモアゼル愛先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。