同じ浮気相手と30年続く夫。相談する妻の今さら


テレフォン人生相談 2017年3月24日 金曜日

夫が30年前から浮気をしている。別れて欲しいと言うけど夫は応じない。どうすれば浮気相手と別れてもらえるか?

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 三石由起子(三石メソード主宰、作家・翻訳家)

相談者: 女67歳 夫71歳自営業 父の仕事を手伝う独身の長男44歳との3人暮らし 次男42歳は結婚して別に暮らす

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい、テレフォン人生相談でーす。

相談者:
はい

今井通子:
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
え・・あの、夫の浮気のことで、

今井通子:
はい

相談者:
教えて頂き、たくて電話いたしました。

今井通子:
はーい

相談者:
はい

今井通子:
あなたおいくつですか?

相談者:
・・えっと、67歳です。

今井通子:
67歳

相談者:
はい

今井通子:
ご主人は?

相談者:
71です。

今井通子:
71歳

相談者:
はい

今井通子:
お子さんは・・

相談者:
男の子が二人で、

今井通子:
はい

相談者:
40う・・・2い、と、44です。

今井通子:
44歳の、ご長男と、

相談者:

今井通子:
42歳の、

相談者:
次男、次男・・

今井通子:
次男の方。

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
あん、両方とももうご結婚されて独立しされてんの?

相談者:
ええ、2番目が、結婚しております。

今井通子:
はい

相談者:
え・・長男が、うちにおります。3人で生活しております。

今井通子:
あ・・そうですか。

相談者:
あ、はい

今井通子:
まだ独身でらっしゃる?

相談者:
はい

今井通子:
44歳の方の方ね。

相談者:
よんです、はい

今井通子:
で・・まずご主人のお仕事は・・自営ですか、会社ですか。

相談者:
そうです。自営です。

今井通子:
あ、自営でらっしゃるのね。

相談者:
ええ

今井通子:
はい

相談者:
二人とも、手伝っております。

今井通子:
あ、それを、息子さんお二人が、手伝ってらっしゃる。

相談者:
はい・・はい

今井通子:
はい・・であなたは?手伝ってらっしゃる?

相談者:
手伝っております。

今井通子:
例えば、経理の仕事とか?

相談者:
あはい、はい

今井通子:
うん・・分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
それでえ、ご主人が浮気されたの?

相談者:
・・そうです。

今井通子:
それいつ頃、ですかね。

相談者:
えーとねー・・#$%◆

今井通子:
何年?

相談者:
30年(苦笑)くらいなるんです、もう。

今井通子:
あ、30年前に、浮気された?

相談者:
前、から、はい、ずーっと続いておりますう。

今井通子:
30年前から、続いてる?

相談者:
はい

今井通子:
同じ人で?

相談者:
そうです。

今井通子:
・・30年前から同じ人で続いているということは、ちょっと待って・・えー、相手の方も相当もうお年ですよねえ?

相談者:
そう、ですね。まだ勤めてはおりますけれども。

今井通子:
・・あ

相談者:
ええ

今井通子:
あなたのお、その自営の会社あ、に、勤めてる?

相談者:
いや、違います。違います。

今井通子:
・・あ、別う・・

相談者:
ええ、別に勤めて、おります。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
ていうことはあなた、相手の方がどんな、誰か知ってるわけね?

相談者:
ええ、一回・・別れるように・・会わせてもらった時があるんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
全然・・うん

今井通子:
はい

相談者:
変わりなく、まだ続いてるんです。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
で、その方がどっかの会社に勤めてるっていうのも、知ってるわけね?

相談者:
知ってますう。

今井通子:
・・相手に、子どもがいるなんてことある?

相談者:
ないー・・みたいです。

今井通子:
それはないのね。

相談者:
うん、はい

今井通子:
はい

相談者:
体の弱い、弟さんいらっしゃるみたいで。

今井通子:
はい

相談者:
ええ、そういうの面倒っていうか、看てるみたいです。

今井通子:
ふーん

相談者:
うん

今井通子:
・・だ、ご主人がじゃ、40代、41歳ぐらいの時からの付き合い?

相談者:
そう・・そうです。そうです。

今井通子:
はい。
・・で・・えーっと今になってその、浮気のことで、な、何が、ご相談、になります?

相談者:
えーそうですね・・一つは別れてもらいたいということお・・と、

今井通子:
うん

相談者:
・・もう、どうしていいか分からないん、です、もう長いんで。
・・離婚・・「うん、好きなようにしていい」とは言うんですけど(苦笑)わたしに力がないもんですので、

今井通子:
うん

相談者:
ええ、別れ・・ないでこのまんま、行くには、どうしたらい・・い、どんないよ、どんな風に考えて生きて行ったらいいのかなあと思い、教えてもらいたくて・・電話しました。

今井通子:
あ、なるほどね。

相談者:
はい

今井通子:
要するに・・

相談者:
#$%◆・・

今井通子:
えーと、あなた自身は、その浮気相手と、んに対して別れて欲しいんだけどお、

相談者:
はい、はい

今井通子:
夫はあ・・あなたに対して好きなようにしていいと言うけれど・・

相談者:
で、も、「いい」」って言って、自由にしてるんですよね(苦笑)

今井通子:
で、自分が自由に浮気してると。

相談者:
ええ、ええ・・

今井通子:
うん

相談者:
わたしの力がないもんですので、

今井通子:
うん

相談者:
分かってるから、はい

今井通子:
うん。でそれえ、をお、ずーっと、この30年間?

相談者:
はい

今井通子:
見て、来てえ・・

相談者:
はい

今井通子:
え、何回かは、その、「別れて欲しい」っていう、トライはしてるんですか?

相談者:
はい、しました。

今井通子:
それ・・どれぐらい?・・しょっちゅう言ってた?、それとも・・たまに?

相談者:
うん・・たまに、です。

今井通子:
・・で、現在はあ、

相談者:
はい

今井通子:
お子さんたちは、この事に対して、どう思ってんの?

相談者:
・・ん、だーいぶ前に、2番目に・・
「電話来るんだあ」という話を・・したことがあります・・

今井通子:
はい

相談者:
けれども・・もうだいぶ前なので・・それから・・言ってないので。

今井通子:
・・その・・

相談者:
うん

今井通子:
うん、息子さんたちは、

相談者:
はい

今井通子:
どっちの味方でもないっていうこと?

相談者:
・・はい。まだハッキリは、言・・ってないので(苦笑)ただ電話来るということだけ・・言ったので。

今井通子:
うん

相談者:
うん・・具体的には言・・ってなかったので。

今井通子:
うーん

相談者:
うん

今井通子:
で、そのお・・相手の方に対してえ、

相談者:
はい

今井通子:
あなたがあ・・

相談者:
はい

今井通子:
「会わせてくれ」って言ったら、ふ、ご主人は会わしてくれたわけでしょ?

相談者:
・・ええ、やっと。ええ、かなり、時間掛かりましたけれども、

今井通子:
うん

相談者:
うん。それで「やめる」ということの約束で。

今井通子:
うん

相談者:
ええ、ええ

今井通子:
それは今から何年前ぐらいなの?

相談者:
・・20う、年以上前です。

今井通子:
20年前。

相談者:
前ですね、もっと前。

今井通子:
もっと前。

相談者:
うん、はい

今井通子:
で、し、あの・・あなたに「好きにすれば」とは言ってるんだったら、

相談者:
ええ

今井通子:
その意味を変えて、

相談者:
ええ

今井通子:
そのお・・相手の女の人に会いに行くっていうことも、できないことはないのね?

相談者:
・・あはい。勤め先が分かりますので。

今井通子:
うん。じゃそれは、やろうと思えばできるわけね?

相談者:
あの・・ええ、会ってくれればあ、なんですけれども。

今井通子:
うん

相談者:
今まで逃げ、逃げるっていうか、会ってくれなかったので、一回だけ会ってくれて・・

今井通子:
うん

相談者:
ええ

今井通子:
・・まあだからあ、それは・・会ってくれなくても、勤め先行くとか、そういうのは、

相談者:
ええ

今井通子:
分かってるから・・やることはできるのね。

相談者:
でき、できます。

今井通子:
うん

相談者:
・・できると思います。

今井通子:
うん。
・・でえその、1回会ってくれた時っていうのは、

相談者:
はい

今井通子:
会社に行ったの?それとも・・あの、お家に行ったの?、それともご主人がどっか設定して、行ったの?

相談者:
そう、そうです。

今井通子:
・・どっか設定して?

相談者:
そ、ええ、公園ん、で、会いました。

今井通子:
は、なるほどね(笑)

相談者:
うんはい

今井通子:
公園でね。

相談者:
はい

今井通子:
はい・・で、この方は、独身なんですよね?

相談者:
そうです。

今井通子:
で、会社にも勤めてるからあ、

相談者:
ええ

今井通子:
自活もしてるわけよね?

相談者:
そうです。

今井通子:
ということは、あの、所謂昔よくあった、その、2号さんっていうか、

相談者:
あ、はい

今井通子:
あの・・えーっとご主人があ、お金払って面倒見てる人じゃないのね?

相談者:
ないです・・みたいです。

今井通子:
うん

相談者:
ええ

今井通子:
いや、あなた経理かなんかやってんじゃないの?おうちの。

相談者:
はい、やってます。

今井通子:
そうすと・・その人にお金使ってれば、ん、分かるわけでしょ?

相談者:
ええ、あの・・最初の方は、経理してなかったんですけれども、

今井通子:
うん

相談者:
その頃は、結構お金が・・出てました。でも、わたしがや・・見られるようになってからは、そんなに・・お金が出ないようになりましたけれども、

今井通子:
だから、うん

相談者:
うん

今井通子:
お金が出て行かないっていうことは、その・・

相談者:
ええ

今井通子:
その女性は、ちゃんと自活してて、

相談者:
ええ、ええ

今井通子:
会社へ勤めてて、自活してて。

相談者:
そうです。

今井通子:
ご主人が、お金で、

相談者:
ええ

今井通子:
・・その面倒看てるわけではないのね?

相談者:
ない、です、はい

今井通子:
・・分かりました。

相談者:
ええ

今井通子:
大体の事情は分かったんだけれえ、ども。

相談者:
はい・・ええ

今井通子:
それで・・今のあなたは、どうやったら別れてもらえるかっていうことを聞きたいわけ?

相談者:
そうです。

今井通子:
・・うん

相談者:
でお・・と、

今井通子:
それの、それ・・

相談者:
それと、自分が・・どんな風に考えれば楽に・・毎日が地獄みたいなんです(苦笑)だから・・

今井通子:
うん。どう考えれば、毎日が地獄じゃなく過ごせるようになるか・・

相談者:
ええ

今井通子:
っていうことを

相談者:
はい

今井通子:
・・なあ、どっちも、ですかね?

相談者:
はい、そうです。別れてもらいたいということと、

今井通子:
うん

相談者:
うん。

今井通子:
分かりました。

相談者:
後は何か・・うん、はい

今井通子:
今日はですね三石メソード主宰でえ、

相談者:
はい

今井通子:
作家で翻訳家の、三石由起子先生がいらしてますので、

相談者:
はい

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

今井通子:
先生よろしくお願い致します。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。