女65歳と猫一匹。ボッチになって考える老後。時間的余裕が借地権をカネに変える


テレフォン人生相談 2017年3月25日 土曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 女65歳 夫とは30年程前に離別 長男36歳独身 長女34歳既婚 母は1ヵ月前に他界 家から20分くらいの場所に弟がいる

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい・・

相談者:
あ、もしもしい

今井通子:
テレフォン人生相談です。

相談者:
はい、よろしくお願いしますう。

今井通子:
はい・・今日はどういったご相談ですか?

相談者:
あの、これからの、

今井通子:
うん

相談者:
身の振り方について相談します。

今井通子:
はい。あなたはおいくつですか?

相談者:
65歳です。

今井通子:
65歳。
・・はい、えー、ご結婚してらっしゃるう?

相談者:
あのお、離別しました。

今井通子:
何年前ぐらいですか?

相談者:
今からそうですね、えっとー、30年前ぐらいです。

今井通子:
あ・・それからずっと・・お一人で?

相談者:
はい、そうです一人です。

今井通子:
はい・・お子さんはいらした?

相談者:
子ども2人います。

今井通子:
はい

相談者:
上が、男で、

今井通子:
はい

相談者:
36

今井通子:
はい

相談者:
え、下が、女で、34です。

今井通子:
はい・・現在その、お子さん達はもう、結婚して独立とか?

相談者:
はい、あの、下のお・・娘が・・ある遠いところに、嫁に行きました。
まあ、日本国内ですけども。

今井通子:
ああ、かなり遠いところにいらっしゃる

相談者:
はい、ちょっと、遠いですね。

今井通子:
はーい
・・で、上の、坊っちゃんは?

相談者:
え、あのお、その子は今、ちょっと、フィアンセが、できまして・・

今井通子:
はい

相談者:
あの、1ヵ月ぐらい、家に戻ってません。

今井通子:
・・あ、まだ結婚はされてないっていうこと

相談者:
ないんです。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
まあ、でも、ほぼ結婚しそう

相談者:
ま、そうですね、ま、決まったようなもんです。

今井通子:
んなるほど。

相談者:
はい

今井通子:
んじゃあ、今あなたは

相談者:
はい

今井通子:
お一人住まい?

相談者:
ま一人と、あのお、ま、ちょっと猫お、ちょっと保護したのいますし。

今井通子:
ははい(笑)

相談者:
はい。それえ、とまあ、同居みたいな感じで、今住んでます。

今井通子:
・・でえ、そうするとお、生活としては?

相談者:
はい

今井通子:
年金生活?

相談者:
そうです、年金です。

今井通子:
どこかにアルバイト、とかで、

相談者:
は、してません。

今井通子:
出て、らっしゃらない?

相談者:
はい

今井通子:
で・・今まあ、皆さん、長生きなんだけど、お父さまお母さまは?

相談者:
あのお、それがですね、

今井通子:
ええ

相談者:
父親は、まあ、8年前に他界しまして、

今井通子:
はい

相談者:
えっと、母親は、1ヵ月前に、亡くなりました。

今井通子:
あ、そうなんですか。

相談者:
はい

今井通子:
あ、それで、色々考え始めたんですか。

相談者:
そうなんです。

今井通子:
うーん・・1ヵ月前だとまだね、

相談者:
そうですね。

今井通子:
生々しいっていうか・・

相談者:
はい

今井通子:
ですよね?

相談者:
はい

今井通子:
はい・・で、ご自身としては、どういう風に思ってらっしゃる・・

相談者:
あのお、実はですね、

今井通子:
ええ

相談者:
えっとー、今、わたしがいる所が・・まあ、は、両親が建てた持ち家なんですが、

今井通子:
はい

相談者:
もう、50年ぐらい、経ってます。

今井通子:
はい

相談者:
でえ、土地が・・人からまあ、借りているう、土地なんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
ま、これからの、身の振り方といいますとお・・とりあえずまあ、この今65歳ですので、

今井通子:
はい

相談者:
まあ、あとお、15年もすると80歳になりますよね。

今井通子:
はい

相談者:
そうするとお、そのお、ま、土地を、返してえ、

今井通子:
はい

相談者:
ま、このお、家を、解体したいと。

今井通子:
ええ

相談者:
ほいでえ、ゆくゆくは、そのお、老人ホームというのを、考えているんですけども。

今井通子:
はい

相談者:
まあ、わたしの中では、その設計がそういうふうになってても、

今井通子:
はい

相談者:
この、家と、その、この土地を・・どうしたらいいのかな?というのがあるんですけども。

今井通子:
ふーん

相談者:
うーん

今井通子:
その「土地をどうしたらいいかなあ」っていうのは、

相談者:
はい

今井通子:
もしかしたら、その、地主さんは、「売りたい」とか言ってるの?

相談者:
いやあ、それはあのお・・全然そういうことなくって。

今井通子:
ええ

相談者:
まあ、あの、わたしもお・・年間ん、ま一回、そのお・・土地代、払っていますけど、

今井通子:
ええ

相談者:
あのお、ま、この家もお、ちょっとリフォームしなきゃ、ちょっと、ところどころあれなのでえ、

今井通子:
ええ

相談者:
ま、リフォームのお金もないしい、アパートも考えたんですけどアパート猫いますのでえ、

今井通子:
うーん

相談者:
入れませんしい。ま、このぐらいの年になると、その今まで、考えたこともないことが、その次から次へと出て来る・・心配材料が色々出て来るんですよね。

今井通子:
そうですね(笑)

相談者:
はい

今井通子:
ふーん

相談者:
それでですね、わたしが今、ちょっと今、心配してるのが、

今井通子:

相談者:
そのお・・弟とちょっと・・え、仲たがいになっちゃいまして。

今井通子:
・・はい

相談者:
はい、あのお、ま、ちょっと、ここから行って、車で、20分ぐらいのとこに住んでますう。

今井通子:
はい

相談者:
ま一応、母親の事で、その、生前生きてた時に・・まあ母親が、わたしい、の、ところに「来たい」と、言ってたんですね。

今井通子:
はい

相談者:
それで、まあ、あのお・・ちょっと認知になりまして、い、生きてた時に。

今井通子:
ええ

相談者:
じゃ、これからどうしようか?という時に、ケアマネジャー付いてくれてえ、

今井通子:
ええ

相談者:
まちょっと、ある介護お、施設みたいなところに行ったんですけど。

今井通子:
はい

相談者:
その時にですねえ、ま、弟のところに行ってえ・・とりあえず、そのお・・
「こういうわけだからあ・・ここに、あの、住所と、名前、と、印鑑を、欲しい」と。

今井通子:
はい

相談者:
その「わたしが身元引受人になるのでえ、あなたは、保証人、になってほしい」というのを言ったんですけど。

今井通子:
ええ

相談者:
いきなり、暴力振るわれたんですよ、わたし。

今井通子:
あら

相談者:
はい。それで
「もう、二度と来るな」って。

今井通子:
うーん

相談者:
だから「書かない」って言われて。

今井通子:
ふん・・

相談者:
ほで、あ、追い返されそうになったんですけど・・
「そこは身内だからお前書け」って言われ、言って、わたしはそれ・・それをお、ま、書いてもらって、言ったんですけど。
「この家に、二度と来るな」って・・言われたんですね。

今井通子:
うーん

相談者:
で葬式、母親が、ま、亡くなって、葬式、した時に・・電話をしたんだけども、電話を切られ、

今井通子:
はい

相談者:
メールを、送っても、

今井通子:
うーん

相談者:
返事も返って来ないんですよ。

今井通子:
うん

相談者:
まあ、わたしとしては、も、それでもう、疎遠に、なってるっていうような感じなんですけどお・・まあ、それも、一つのお、問題い、の、一つなんですよね。

今井通子:
うん、だからその問題というのは、

相談者:
はい

今井通子:
弟さんー、のそばにいたくないから、遠く行こうと?

相談者:
ないですね。
わたしがないです、もう。

今井通子:
うん

相談者:
いやです。

今井通子:
うん

相談者:
も、だからもう、全然もう、行き来はしてませんし・・嫁というのが、ま、外国人なので。

今井通子:
うん

相談者:
ま、それでまあ、一切まあ、母親が、ま・・ちょっと話飛ぶんですけどお、まああの、向こうに、弟のところにいたら・・一切もう、食事を・・与えてもらえなかったんですよ。

今井通子:
ああ

相談者:
ええ、わたしが、もう、毎日毎日三食作って・・やってたんですね。

今井通子:
ふーん

相談者:
で、認知になっても、もう、
「認知になったから、今度お前が見れ」と。

今井通子:
うーん

相談者:
わたしに、押し付けて来たわけですよ、母親を。

今井通子:
ふーん

相談者:
うん。だからそういうので、まあ、これだったら、わたしが、看た方が、親が可哀想なので・・
「いや看る」っていうことで、まあ・・そのケアマネージャー、と3人で話し合って・・わたしが引き取ったんですよ。

今井通子:
うん、うん

相談者:
でえ、ま、わたしも認知にな、親が認知になったところで、ま、どうやって看たらいいのかな?っていうので・・ケアマネージャーの、そのお・・ま、相談したら、じゃあ、ケアマネージャーが、「ちょっと一時的に、介護施設に預けたら?」ってことで、そっちの方に預けたら・・心不全が見つかっちゃったんですね。

今井通子:
ふーん

相談者:
うん、そこで、まあ、病院で亡くなったんですけどね。はは、母親は。

今井通子:
まあ、じゃ、お母さまは、

相談者:
はい

今井通子:
あのお、あっちこっち、たらい回しされたり、ないほ・・

相談者:
ないですね、それはないです。はい

今井通子:
ま、良かったですね。

相談者:
はい、そうですね。

今井通子:
そこで、あなたはじゃあ・・ご自分の身の上を、

相談者:
はい

今井通子:
どうしようという・・

相談者:
そうなんです。

今井通子:
はい

相談者:
母親が亡くなって心細くなったのかなって。

今井通子:
うーん、それはあるかもね。

相談者:
のがあります。はい

今井通子:
ただその、今おっしゃってたのは、

相談者:
はい

今井通子:
借地はずっと、されといてえ、

相談者:
はい

今井通子:
えー、あと、15年ぐらい経って?

相談者:
はい

今井通子:
家を解体して?

相談者:
はい

今井通子:
であなたが・・アパートに・・んま・・移るか・・

相談者:
いや、アパートというか、まあ、施設っていうのが、はい

今井通子:
あ、施設に移りたいわけよねえ。

相談者:
はい。わ・・そうですね、そっちがい・・あの、強い願望ですねえ。

今井通子:
うーん

相談者:
ただあ、ですね、それが・・あの、

今井通子:
ん、で・・もうすでに年金生活でしょう?

相談者:
はい・・はい、そうです。

今井通子:
で、す、そこからお金貯めてえ、

相談者:
はい

今井通子:
なんか施設に移りたいってつっても、猫と一緒だと・・

相談者:
そうですね。

今井通子:
あれやこれや

相談者:
はい

今井通子:
条件が、ね。

相談者:
まあね、

今井通子:
うん

相談者:
あとお・・15年もすれば、猫も、いなくなるのかなとは、ま、思っていますけども。

今井通子:
うーん

相談者:
はい

今井通子:
でも、そうすと、自分が寂しくなっちゃうしね。

相談者:
なりますね。今でさえ、ちょっと寂しいので。

今井通子:
うーん

相談者:
はい

今井通子:
そうすると、ご相談としては何な・・

相談者:
はい

今井通子:
どうなります?

相談者:
ま、そのお、今、土地とお、この、家のことですね。

今井通子:
ええ

相談者:
はい。そっちの方を、ちょっと、これからの・・どうしたらいいんだろうっていう、のが・・あります。
・・ま、段々年も取って来ますしい、あのお・・ま、とりあえず、もう、土地も今・・借りてますけど、いずれは返さなきゃいけないし。
まあ、ここお、もう、50年ぐらい経ってますのでえ・・このお、家も、ま、リフォームにしても、金掛かりますしい。そんな余計なお金ないのでえ・・どうしたらいいんだろ?っていう・・のがありますね。

今井通子:
分かりました、今日はですね、

相談者:
はい

今井通子:
弁護士のお、

相談者:
はい

今井通子:
中川潤先生がいらしてますので、

相談者:
あ、よろしくお願いします。

今井通子:
伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。