後で分かった遺産総額3億円。10年後の遺留分請求は可能か?


テレフォン人生相談 2017年4月1日 土曜日

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 坂井眞(弁護士)

相談者: 男71歳 実家で暮らす兄夫婦 父は10年近く前に他界 母はその5年前に他界

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい、テレフォン人生相談です。

相談者:
あ、どうもお、お世話になります

今井通子:
はい
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
えーっと、相続の問題なんですけどもお

今井通子:
はい、あなたおいくつう?

相談者:
ああ、あたしは、71

今井通子:
はい、で、相続と仰ってるんだけど、どなたか亡くなったんですか?

相談者:
うん、わたしの父です。

今井通子:
あ、お父様、はい
おいくつでいらっしゃいました。

相談者:
90・・5ぐらいやったかな

今井通子:
あ、つい最近なんですか?、亡くなったのは、じゃあ。

相談者:
いやあ、あの、もう、7、8年・・10年近くう、なるんですけどもお、

今井通子:
はい

相談者:
うん、ちょっとそれで、腑に落ちないことがあるんでえ

今井通子:
あ、なるほど

相談者:
ええ、ええ、ええ

今井通子:
10年ぐらい前ぐらいに亡くなった?

相談者:
はい

今井通子:
はい、そうするとお、お父様の相続についてえ

相談者:
はい

今井通子:
あなた自身、ご兄弟は?、どういうふうに・・

相談者:
兄弟はね、

今井通子:
はい

相談者:
わたしとね、

今井通子:
はい

相談者:
それから、兄貴

今井通子:
お兄様

相談者:
と、兄嫁?
兄嫁っていうのは、これは結局、あのお、ホントの子どもじゃないんですけどお、養子縁組っていうやつ?
お嫁にもらってから、養子にしたんです。

今井通子:
で、ご夫婦が養子ってことですよね?だから

相談者:
いや、だから、兄貴は、ほん、実の子ですよ。

今井通子:
あ、分かりました

相談者:
うん、だから(笑)

今井通子:
あ、そっか、そっか

相談者:
兄貴はほんとの子で、

今井通子:
はい

相談者:
嫁をもらったら、あの、その嫁さんを、養子にして、ほんとの子どもとして、

今井通子:
あー、なるほど

相談者:
遺産分割じゃ、遺産をするのに、

今井通子:
うん

相談者:
結局、あの、長男には多くやって、

今井通子:
ええ

相談者:
で、次男は、あの、しようっていうふうな考えだった、らしいです。

今井通子:
うーん
で、

相談者:
あ、はい

今井通子:
ご兄弟はそうすると、お兄さんと?

相談者:
ふた、本当は2人。

今井通子:
ええ

相談者:
だけど、実質は3人になるわけですよね?

今井通子:
なるほど

相談者:
うん

今井通子:
はい
それで?

相談者:
はい、それでえ

今井通子:
ええ

相談者:
結局、相続うの、申告書を書いたときにですね、

今井通子:
はい

相談者:
兄貴が書いて、それで、それ申告書出すんだから、って言うんで、あのお、印鑑を押してくれってんで、実印を押したんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
それで、後でえ、遺産・・の、協議っていうのかなあ、なるわけですよね?、本当はね。

今井通子:
うん

相談者:
資産のお・・結局う、いくら寄こすっていうふうなことで。

今井通子:
はい

相談者:
それで、色々(苦笑)、揉めたんですけどもお、

今井通子:
はい

相談者:
うん、わたしもよくほら、その申告書の見方とかそんなのは分かんないじゃないですか。

今井通子:
はい

相談者:
結局、一千万しか貰わなかったんですよ、これでえ、んじゃ、なんとかしろよ、っていうことでえ

今井通子:
はい

相談者:
あとはあ、兄貴と、兄嫁で分けたってんのが、後で分かったんですわ。

今井通子:
はい

相談者:
んん、で、ま、だいぶ経ってからの、これは、ごく、最近なんですけどねえ、

今井通子:
ええ

相談者:
だいぶ、あのお、全部・・兄貴と義姉さんのもんになってるんですよね。

今井通子:
はい
それってえ、

相談者:
それで、あたしの、わたしの取り分は、ないんですよ。

今井通子:
あ、元々、一千万は、いた、もらっ・・たんですよね?

相談者:
うん、1千万もらったんだけどお・・結局、

今井通子:
で、そのお、お兄さんと、お義姉さんっておっしゃるんだけど、まず、どんなものがあったんですか?
例えば、不動産は何がとか。

相談者:
うん、不動産と、それから株券と

今井通子:
はい

相談者:
ま、だいたいそんなもんですよね、ここに書いてあるけど。
有価証券と、現金てんがあるけど、これは、3万とか、5万とかだから。

今井通子:
はい

相談者:
でえ、それからあとは土地。

今井通子:
はい

相談者:
うん
そのくらい、それだけですね、やっぱりね。

今井通子:
ご実家はあ、

相談者:
うん

今井通子:
持ち家だったんですか?

相談者:
あ、家はもちろん、あの、親も代々受け継いだ家だから、

今井通子:
うん

相談者:
あーの、持ち家なんですよね。

今井通子:
で、そこを、お兄さまが、ま、奥さん

相談者:
ここは兄貴が取ったわけね。

今井通子:
うん
で、それ、

相談者:
で、住んでいるわけだからね

今井通子:
うん、住んでらして、

相談者:
うん、住んでる

今井通子:
でえ、そのお父様とは同居してらしたの?

相談者:
そ、そ、そ、そ、同居しててえ

今井通子:
はい

相談者:
世話をしてたわけ

今井通子:
はい

相談者:
わたしは次男坊だから、

今井通子:
うん

相談者:
遠くの方に出されちゃったわけ(苦笑)

今井通子:
ううん

相談者:
「おめえは」、「向こう行け」ってんで。

今井通子:
はい

相談者:
うん

今井通子:
でえ、お母さまは、

相談者:
も、うん、そのお、

今井通子:
もっと前に亡くなった

相談者:
うん、あのお、5年?、5,6年前。
あの、親父が亡くなる5、6年前に亡くなってるわけ。

今井通子:
はい

相談者:
うん
お袋のときは、まあ、わたしも何も言わなかったんですけどね。

今井通子:
ええ

相談者:
ええ

今井通子:
ご実家はあ、自営だったんですか?、なにか

相談者:
あん、もちろん自営なんですう

今井通子:
はい

相談者:
だから土地があるんですよ。

今井通子:
なるほど
それで、その、

相談者:
それで、さっき、

今井通子:
ん?、借金?

相談者:
ん、いやいや、借金じゃなくて、ここに、これえ、見ますと、

今井通子:
ええ

相談者:
株式?

今井通子:
はい

相談者:
が、結構、あったんですね。
これがほとんですね。

今井通子:
あ、じゃあ、そのお父様は株をいっぱい持ってらした。

相談者:
あ、好きだったですね、わたしが子どもんときからですね(苦笑)

今井通子:
ふうん

相談者:
うん
それで、土地の方はねえ、

今井通子:
ええ

相談者:
これは出てないんだけど、わたしが、調べたんだけど、

今井通子:
はい

相談者:
生前贈与ってなってたんですよ。
だから、これは、あの、

今井通子:
あ、

相談者:
あのお、遺産相続の方の、あれには出てこない。
んん、全部、

今井通子:
この生前贈与は、お兄様に?
それとも、お兄さんと、奥さま、ややこしいんだけど、お義姉さんに?

相談者:
んん、お義姉さんんは、あの、いらない。
兄貴にだけは、結局う、あのお、「俺も、親からもらったんだからあ、ここを、守る人に、やるんだ」っていうようなことを、ちょっと(父親が)言ってたような気がする。

今井通子:
ああ、はあ、はあ

相談者:
うん、結局、ここの家を守る人に?、これをやるんだって。

今井通子:
はい

相談者:
それだから、わたしが調べてえ、も、全部、兄貴でしたね。名義は。

今井通子:
なるほど

相談者:
全部、贈与、でしたね。

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
そうすると、さっきのお話で、その、お兄さんと、お義姉さんが養子に入れば、あの、2人で分、取り分が多くなるって仰ったけど、お義姉さんの方には何もいってないんですか?

相談者:
分かんない・・けども、結局、株やっとんんじゃないんですかね。

今井通子:
なるほど

相談者:
だから、見えないですね、こっちはね。

今井通子:
うん

相談者:
うん

今井通子:
ということは、何がちょっと疑問なんですか?

相談者:
いや、だからですね、その申告した金額の、遺留分があ、

今井通子:
うん

相談者:
一千万じゃあ、わたしは利かないなと思うんでえ、

今井通子:
遺言書があったんですか?なんか。

相談者:
遺言書はありましたけどお、「全部、兄貴にやれ」と。

今井通子:
うん

相談者:
「やる」という遺言書なんですよ。

今井通子:
ああ、なるほどね

相談者:
それで、その遺言書はだから・・わたしは疑ってるんですけどお、そこはだから、鑑定してもらおうかなと思ったけど、こっちもカネがないから、ま、いいや、ってことになっちゃったんですけどお

今井通子:
うん、ふん、ふん、ふん

相談者:
ええ
だから、その検認を裁判所でしてもらったから・・

今井通子:
うん

相談者:
そしたら、ふにゃふにゃふにゃって・・あのお、ほんとにミミズがあ、あの、たくったような字で書いてありましたね。
あの、強制的に書かせたかあ・・

今井通子:
ふうん・・

相談者:
これもあたしは、疑問に思ってますけど

今井通子:
なるほどねえ

相談者:
ええ

今井通子:
で、結局、今日のご相談は、そうすると、なんですか?

相談者:
うん、だからこの遺留分が貰えるかどうか?ってことっていうことなんですよ。

今井通子:
や、その遺留分というか、全体は、いくらかお分かりになってんの?

相談者:
全体はね、うん、分かってんです。
えーと、課税価格の合計額っていうのがですね、2億1千8百う、20万、1千円。
それで一人頭、だいたい8千万ぐらいはあたりなんですけどもお、

今井通子:
うん、それがあ、

相談者:
遺留分てんがあって、遺留分は、これは、あの、子どもであれば貰える額?、ま、特別、親を、虐待したとかそういうのがなければでしょうけども、

今井通子:
うん、て言うより、遺言書に、全部、

相談者:
ええ

今井通子:
「全部、お兄さんに」、っていうことがあったので、

相談者:
ええ

今井通子:
遺留分としては、

相談者:
はい

今井通子:
えー、だから、8千の、半分で4、4千万が貰えるはずだと。

相談者:
ええ

今井通子:
いうふうに思ってらっしゃるわけね?

相談者:
そういうことです。

今井通子:
で、これ、お兄さんに言ったんですか?

相談者:
うん、言いました。

今井通子:
はい

相談者:
うん、でも、いう、話すう、前に、

今井通子:
ええ

相談者:
喧嘩になっちゃうんですよね。
喧嘩になってえ、

今井通子:
ええ

相談者:
でえ、

今井通子:
はい

相談者:
んで、結局、「一千万やって、お前は納得したんだから、いかんべ」って、いうふうなことで、終わりになっちゃうんですけどお・・
おー、「世話もしなかったんだからあ、」

今井通子:
うん

相談者:
「それでいいだろ」、っていうことなんですよね。

今井通子:
うん

相談者:
ええ

今井通子:
で、あなたとしては、それが不満?

相談者:
そおです。

今井通子:
の理由は?

相談者:
理由は?って、言われれば、遺留分っていうのは誰でも貰える、額でえ、結局それを、あのお、2人でね、分けちゃうっていうことは、どうも納得がいかない、ですよね。
結局、法律的には貰えることになるんでしょうから。

今井通子:
うん

相談者:
はい
そういうことです。

今井通子:
うん
それでえ、結局、ご質問としては?

相談者:
はい

今井通子:
その裁判され、されるとか?

今井通子:
ただ、はい、そのことは、結局、ただ、だいぶ時間が過ぎちゃったっていうこととお、

今井通子:
はい

相談者:
遺産分割協議書?
これも、作ってないということとお、それから、ちょっとお問題になるのは、あの、申告書にですね、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、実印を押して出しちゃったけどもお、

今井通子:
うん

相談者:
これえ、で、裁判してもいいものかどうか?

今井通子:
うん

相談者:
を知りたいんですけど

今井通子:
分かりました。

相談者:
はい

今井通子:
今日はですね、

相談者:
はい

今井通子:
弁護士の坂井眞先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。

相談者:
はあい、すいません

今井通子:
先生よろしくお願いいたします

スポンサードリンク

(回答者に交代)


後で分かった遺産総額3億円。10年後の遺留分請求は可能か?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。