女「思いやる関係に戻りたい」女弁護士「妻の座を高い値で買ってもらうとか」


スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけましたか?

相談者:
はい・・ありがとうございます。

今井通子:
うん。主導権はあなたにあるから。

相談者:
そうですね。はい。主導権はわたしにある。

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
うん、でもお・・疑った以上は、彼が・・何かしてるかどうかは、ちゃんと調べとく。

相談者:
・・はいー

今井通子:
彼が、に分かんないように。

相談者:
はい、そうですね。

今井通子:
うん

相談者:
ありがとうございます、先生。

今井通子:
はーい

相談者:
大迫先生も。

大迫恵美子:
はい

今井通子:
はい

相談者:
ありがとうございました。

今井通子・大迫恵美子:
はーい

スポンサードリンク

(内容ここまで)

バスルームにコンタクトレンズ・・

このリアリティ。
だって、作れる話じゃないし。

ビニールの破片なんて、普通、必死で探しても見つからないもんだけど、不思議ね、こういうの。

てか、

女がコンタクトを失くす可能性。
それを男が身体にくっつける可能性。
くっついたコンタクトを落とさない可能性。
排水口に流してしまわない可能性。
そして、妻が見つける可能性。

コレ全部、満たすのって、一体どれくらいの確率なん?

旦那にカマかけて遊べそう。
「ねえ、コンタクトレンズって、どこのがいいと思う?」

 

さて、今週は特別企画だったんだとか。
「ゲス不倫で壊れた夫婦。それでも別れたくないワケ」

サブタイトル、リアリスト大迫特集でも良かったかも。

塩も、眞もいたみたいだけど、正直、いたか?って感じ。
ラジオで無料法律相談やってます、みたいな。

人の悩みを娯楽に変えられるのは大迫女史だけってのだけははっきりした。

「大迫恵美子のオールナイトニッポン ミュージック10」

イケルかも(笑)

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。