夫「箱開けるなよ」私「見たわよ、何これ!」亡くなっても治まらない怒りと後悔


テレフォン人生相談 2017年5月8日 月曜日

夫が亡くなる前に持ち物を整理していたら、浮気の証拠を発見。今でも怒りが治まらない。

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 大原敬子(幼児教育研究)

相談者: 女69歳 7つ年上の夫は3年前に他界

今日の一言: 苦しみは神からの贈り物。逃げなければ、いつか幸せになります。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもしい

加藤諦三:
はい、テレフォン人生相談です

相談者:
申し訳ございません、お世話になりますう

加藤諦三:
はい、最初に年齢を教えてください

相談者:
はい、69歳です

加藤諦三:
69歳
結婚してます?

相談者:
しておりましたが、主人があ、3年ぐらい前に亡くなりまして、

加藤諦三:
あ、そうですか、はい

相談者:
今は一人暮らしでございます

加藤諦三:
はい、分かりました。
そいで、どんな相談ですか?

相談者:
とても恥ずかしいんですけども

加藤諦三:
はい

相談者:
主人の荷物を、◆#$なんってことで、ちょっと、「見ちゃいけない」って、言われてたんですけども、見てしまいました。

加藤諦三:
はい

相談者:
整理しようかなって、気持ちもありましたので。

加藤諦三:
はい

相談者:
そしたら、とても、とても・・見てはいけないものを見てしまいまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
ちょっと、ショックを受けまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
今だに引きずっておりますので

加藤諦三:
はい

相談者:
どうしたもんかな?という気持ちでお電話しております。

加藤諦三:
ふうん、はい、あの、見てはいけないものっていうのは、

相談者:
はい

加藤諦三:
どのようなもんですか?

相談者:
えーと、わたくしとお・・知り合う前に、

加藤諦三:
はい

相談者:
沢山のお、女性と交際しててえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
その中のお、交際した人の、お手紙とか?

加藤諦三:
はい

相談者:
写真とか?

加藤諦三:
はい

相談者:
あと・・旅行行ったホテルの領収書とか?

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
2人で行った汽車の切符とか?

加藤諦三:
はい

相談者:
あと、その、ま、おつき合いした女性、の方々が、

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、子どもさんがいる奥さまとかあ、

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
んー、あたくしの想像している主人・・とは、全然、違いますのでえ、

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
シャイで無口で、冗談も言えなくて、ユーモアもないし、お世辞も冗談も言えないような人なので、

加藤諦三:
はい

相談者:
とても、こういうことをして来たような人には思えないと。

加藤諦三:
はい

相談者:
も、人妻も結構たくさんおりましたし、年上の人妻とか、年上の看護師さんとか、

加藤諦三:
はい

相談者:
そういったことも、「あれえー、この人が?」ってことで、大変ショックを受けましてえ、

加藤諦三:
はい

相談者:
あともう一つがショックなのは、あたくしと交際しているときに、あたしがこのように生真面目なもんですからあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
わたくし、あのお、恋愛したこともなくて、初めての人だったもんですからあ、

加藤諦三:
はい

相談者:
そういった深い関係にはならなくて、

加藤諦三:
はい

相談者:
そいで、ま、純愛みたいなことがずうっと続いて、くれたんですけどもお、

加藤諦三:
うん

相談者:
その間にい・・わたしの前に知り合った女性・・で、結婚までしたかった女性、がいたらしいんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
その女性とまたあ、復活してたんですね。

加藤諦三:
はい、はい、はい

相談者:
そいでね、

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、最後の方の介護もやっぱしい、前みたいに一生懸命にはならなくなりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
ですから亡くなるときも、ホント普通なら、「ありがとう今までね、お世話になって・・」、そういうふうな言葉を言いたかったんですけどお、

加藤諦三:
はい

相談者:
フン!、っていう気持ち、半分、フン!って、ざまあみろ、みたいな気持ち?

加藤諦三:
うん。
うん、うん

相談者:
も、ちょこっと出て来たりとか・・もありましたしい、

加藤諦三:
うん、うん

相談者:
そいで、今ちょっと心痛めております

加藤諦三:
うん
うん、うん、うん
そいで、あのお、ご主人はあなたより年上ですか?、同い年とか?

相談者:
ええ、いえ、7つぐらい離れておりました。

加藤諦三:
7つぐらい上ですか?

相談者:
はい、そうです

加藤諦三:
分かりました
そいで、さっきのあなたの話だと、まあ、あなた見てはいけないものを見たと言いましたけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
あなたとの恋愛でね、

相談者:
はい

加藤諦三:
あのお、あなたのご主人が求めていたのはどういうもんだったか、かなあ?というようなことは考えたことあります?

相談者:
たぶんだと思うんですけど、ま、そういった過去に、そういった感じの女性たちい・・と、ばっかしのお付き合い、だった、からあ、

加藤諦三:
うん

相談者:
結局、あたくし真面目で?

加藤諦三:
はい

相談者:
あのお、それは言ってました、真面目で固くて家庭を守ってくれる人?

加藤諦三:
はいはいはい

相談者:
そういう人・・が、希望であったから、お前を選んだってことは聞きましたけどお・・ええ

加藤諦三:
はいはい、はいはい
で、先ほど、そのお・・年上の、人妻とか、

相談者:
うーん

加藤諦三:
奥さんとかが多かったっていう、

相談者:
ええ

加藤諦三:
おっしゃいましたねえ。

相談者:
はい

加藤諦三:
あの、ご主人は、その・・女性というよりも、スゴイ、甘えていたっていうことはないんですか?

相談者:
えーと、この方あ、主人はあの、早くにお母さんを亡くしておりますので、

加藤諦三:
でしょうね、はい

相談者:
末っ子なんですね

加藤諦三:
はい、だから、母親への甘えが満たされてなくってえ、

相談者:
ええ・・

加藤諦三:
そういうものを、求めていて、

相談者:
ええ

加藤諦三:
男と女としてお互いに好きだったっていう人たち、では、ないん、と思うんですけども、どうですか?

相談者:
あーあーあー
んー

加藤諦三:
だから、そのね、会社でもすっごい真面目だったと思うんですけれどもね、

相談者:
はい

加藤諦三:
で、仕事も、きちんとしてたと思うんですけどもお、

相談者:
はい

加藤諦三:
人生全体が、ものすっごい、んん、虚しくってえ、

相談者:
ああ

加藤諦三:
何のために生きてるか分からなくて、

相談者:
ああ

加藤諦三:
生きてる目標も・・人生の意味も、何にも分からなくて、ものすごい、その、無意味感に、苦しんで、その無意味感を、一生懸命、色んな女性と、

相談者:
ああ

加藤諦三:
あの、関わることによって、

相談者:
ええ

加藤諦三:
その無意味感、から、気をそらしていたと思うんですけどね。

相談者:
あー、そおですかねえ

加藤諦三:
とにっかく、あなあのご主人は、生きたっていう実感が、一つもないまま、

相談者:
はい

加藤諦三:
ずうっと、真面目に生きてきたんですよね。

相談者:
あー

加藤諦三:
だからあ、あなたから見ると色んな女性と恋愛してるようですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
心の触れ合った女性っていないと思いますよ。

相談者:
あー、そおですか・・

加藤諦三:
で、今日のあなたの相談っていうのはあ、今あ、も、悔しくってどうしようもなくてえ、

相談者:
うー

加藤諦三:
3年経ったんだけど、まだ悔しくって、どうしたらいいか?っていうことね?

相談者:
(苦笑)そおですねえ

加藤諦三:
はい、分かりました。

相談者:
はい

加藤諦三:
今日はあの、スタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしているので、

相談者:
あ、はい

加藤諦三:
伺ってみたいと思います。

相談者:
ありがとうございますう

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「夫「箱開けるなよ」私「見たわよ、何これ!」亡くなっても治まらない怒りと後悔」への1件のフィードバック

  1. 見るなと言われたら見たくなるのが人間の心理。
    ご主人、自分の余命が分かった時点で何故処分しなかったのかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。