亭主関白がモラハラだと分かったら堪えられなくなった結婚37年の女


スポンサードリンク

(回答者に交代)

坂井眞:
よろしくお願いします。

相談者:
よろしくお願い致しまーす。

坂井眞:
「本音は別れたい」っておっしゃったけど、

相談者:
はい

坂井眞:
ほ、ホントですか?

相談者:
・・ホントです。

坂井眞:
・・あのもう・・こんな夫とは・・ホントは一緒に居たくないんだと思ってらっしゃり・・ますか?

相談者:
・・思ってます。

坂井眞:
それはいつ頃から思ってたんですか?

相談者:
・・えー・・と、ま、実を言いますと、22年前にあのお・・一人息子を亡くしてますので、

坂井眞:
うーん

相談者:
その息・・子お、が、病気、で、亡くなったんですけどお、

坂井眞:
うん

相談者:
「息子が死んで、お前が生きてんのが悔しい、お前が死ねばいい」って、言われたそん時からずーっと思ってます。

坂井眞:
・・それはまあ深い話ですよね、ちょっとね。

相談者:
はい

坂井眞:
・・息子さんはまだ、あれですか、赤ちゃん・・とか、小さかったのかな?

相談者:
・・いえ、13歳でした。

坂井眞:
あーじゃもう・・中学生か、13歳っていうと

相談者:
そうです、はい

坂井眞:
ええ。大変な、経験だと思うんですけど。

相談者:
はい

坂井眞:
で、そんな大変な時に、

相談者:
はい

坂井眞:
「息子が死ぬぐらいだったらお前が死ねばいい」って言われちゃったんですか?

相談者:
はい

坂井眞:
でそれはまあ結構、重たい、話なんだけど。

相談者:
はい

坂井眞:
その頃から・・何?、ちょっと・・もう嫌だなっていう気持ちがあったんですか?

相談者:
・・ええ、その頃お・・ま、その時は凄い・・思いましたけど、その前からも思いましたけどお・・そんなことばかり考えてたら生きて行けませんからあ、

坂井眞:
ないもんね

相談者:
はーい

坂井眞:
で、そうすると、今日の、あのお、ご相談の・・そこのポイントがよく見えなくて、

相談者:
はい

坂井眞:
もし最初のお話のように・・なんか怒りっぽくてえ・・時々、まああのお・・手、手が出たり?

相談者:
はい

坂井眞:
急に怒り出したり、

相談者:
はい

坂井眞:
えー、酷いこと言ったり、

相談者:
はい

坂井眞:
・・っていうのが長く続いて来て、もう嫌だと。で、それはモラハラっていう言葉を知ったからとか、

相談者:
はい

坂井眞:
当てはまるとかじゃなくて、

相談者:
はい

坂井眞:
もうこんな生活は嫌だっていうんだったら、分かるんですけど。

相談者:
はい

坂井眞:
そこがホントにそうなのか?どうなのか?が、ちょっとよく見えないん、ですよ。

相談者:
・・

坂井眞:
これはもうちょっと相談してみたいなと思った・・ポイントはどこにあるんですかね。

相談者:
・・うーーん、とにかくあの暴言吐くとかあ、

坂井眞:
うん

相談者:
あのお、人を威嚇するとかあ、

坂井眞:
うん、うん

相談者:
暴力を振るうとかあ、

坂井眞:
うん

相談者:
そういうようなあ・・ま、男の人とか、主人に対してえ、

坂井眞:
うん

相談者:
女の人って、奥さん・・とか子どもって、そんなに我慢して生きて行かなきゃいけないんですかね?

坂井眞:
いやそんなことはないと思いますよ、だから、モラハラっていう言葉も市民権を得たし、

相談者:
はーい

坂井眞:
駄目でしょっていうことが・・段々、良識になって来ているわけだから。

相談者:
はい

坂井眞:
別に我慢して行かなきゃいけないわけじゃないけど。

相談者:
はい

坂井眞:
あなたは今ままでそれを言わなか・・言わないで来たわけじゃないですか。

相談者:
はい

坂井眞:
で、もう、こんな事を続けられるんだったら、

相談者:
はい

坂井眞:
◆#別れたいというぐらいの気持ちになってるんだったら、

相談者:
はい

坂井眞:
・・それはちゃんと・・まず伝えてみることですよね。

相談者:
・・あ、本人にですねえ?

坂井眞:
そうそう、「こういうのは、ほんっとに嫌なんだ」と。

相談者:
はい・・はい

坂井眞:
「あなたは何気なくやって来ているだろうけれども」

相談者:
はい

坂井眞:
「こっちがこれまで」、あの「何にも言わなかったから、大したことじゃないと思っているかもしれないけれども」

相談者:
はい

坂井眞:
おー、「30年以上こんなことを続けられていたら」

相談者:
はい

坂井眞:
「もう、ホントにとても嫌で・・一緒にいられないぐらい嫌なんだ」と・・

相談者:
はい

坂井眞:
いう話をやっぱり伝えないと、恐らく・・全然分かってないでしょ?相手は、ご主人は。

相談者:
多分分かってないと思います。

坂井眞:
うん。分かってないから続けてると思うんで。

相談者:
はい

坂井眞:
・・で、それをまず伝えて、ちゃんと話をして・・それでも全然変わらないっていうんだったら・・それは別れえ、る、別れないの話になるかもしれないけど。それで変わってくれたら別に別れなくてもいいんでしょ?・・今の・・

相談者:
でも、かわ・・でも変わる・・あのおー・・確率をわたしは全然ないと思ってます。

坂井眞:
だったら別れたら?

相談者:
・・ええ

坂井眞:
で、例えばね、

相談者:
はい

坂井眞:
そういうことを言って、もっと暴力振るっちゃってね、

相談者:
はい

坂井眞:
・・ドメスティックバイオレンスになって怪我しちゃうとかね。

相談者:
はい

坂井眞:
そういう話だったら「止めなさい」と、「早く逃げなさい」って僕言いますけど。

相談者:
はい

坂井眞:
今んとこ、そういう話じゃなさそうなんでね。

相談者:
はい

坂井眞:
・・本音は別れたい、もう嫌だっていうところの、中身がちょっと見えないんでね。

相談者:
・・そうですかあ

坂井眞:
うん

相談者:
・・でも決してもう若、若い年じゃないですよね、58になってしまいましたのでえー

坂井眞:
うん、なんかね、その・・これまで我慢して来たのに、このまま別れるのは癪に障るってい・・言いたいこと分かるような気がするけど、

相談者:
はい

坂井眞:
あんまりそこにこだわって時間をズルズル中途半端にしてるのは、意味がない、ような気がします、わたしは。

相談者:
はい・・

坂井眞:
ホントに、いて嫌な人だったら・・ホントにそう思うんだったら・・元気なうちに、次始めた方がいいんじゃないですか。

相談者:
あーそうですね。

坂井眞:
ま、もちろんね、そこで・・どうやって生活するかとかいう問題出て来ますけどね。

相談者:
あはい

坂井眞:
それも含めて具体的に考えることですよ。

相談者:
・・はい

坂井眞:
うん

相談者:
そうですね・・分かりました。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)

今井通子:
お分かりいただけましたかあ?

相談者:
はい、はい、すいません。

今井通子:
うん、じゃ、じっくり考えてえ・・勇気を持ってえ、

相談者:
はい

今井通子:
ご主人と、話し合ってみて下さい。

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
なんだけど、

相談者:
はい

今井通子:
わたしから一言。

相談者:
はい

今井通子:
なんか、ご主人「難聴かも」っておっしゃいましたよね?

相談者:
はい

今井通子:
うん。難聴だけじゃなくて、もう、年も年だからあ、

相談者:
はい

今井通子:
あなたも含めてえ、

相談者:
はい

今井通子:
ちょっと人間ドックじゃないけどお、

相談者:
はい

今井通子:
体は一応・・お互いに診とい・・たほうがいいかもしれない。

相談者:
あー、まそれは分かってるんですけども、経済的なことを考えるとなかなか行けないんですけど(苦笑)

今井通子:
うん。でえ、ご主人の場合にはあ、

相談者:
はい

今井通子:
えーと、耳だけでもお・・耳鼻科に行って診てもらった方がいい。

相談者:
はい

今井通子:
うん。体のことだからあ、

相談者:
はい

今井通子:
一応は・・や、あの、いつもあなたの声がおっきいんだけれどお、

相談者:
はい

今井通子:
うん。
「もしかして昔から思ってたんだけれども、難聴で、じゃないの」というのは、言った方がいい。

相談者:
ええ、ま・・

今井通子:
本人は絶対、気付かないから。

相談者:
はあ、あ、そうですか。

今井通子:
うん

相談者:
はい、分かりました。

今井通子:
はい・・まあ、いずれにしても・・何とか頑張ってみて下さい。

相談者:
何とか頑張ってですかあ・・

今井通子:
そう。で、モラハラという言葉が、あた、目新しいがゆえにい

相談者:
はい

今井通子:
あー!、そうだったのか、そーんな、病気の人と一緒にいな、いるなんてえ!、という風には思わないでね。言葉が・・

相談者:
はい

今井通子:
変わっただけですからね。

相談者:
あー

今井通子:
やってることには変わりがないんだから。

相談者:
あー

今井通子:
昔の人の言う、

相談者:
はい

今井通子:
職人気質(かたぎ)で、

相談者:
はい

今井通子:
頑固でえ、

相談者:
はい

今井通子:
うん、す、あのなんていうの、気が短くて、

相談者:
はい

今井通子:
ていう性格の人なのかもしれないから。

相談者:
はい

今井通子:
はい

相談者:
分かりましたあ。

今井通子:
はーい

相談者:
・・ありがとうございます。

今井通子:
はい、失礼しまーす。

相談者:
はい、どうもありがとうございました。

今井通子:
はーい

相談者:
失礼いたします、ごめんくださーい。

今井通子:
ごめんくださーい

相談者:
はい

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。