やる気を失った嘱託の夫。外人妻の反省。孤独な2人の再出発


スポンサードリンク

(回答者に交代)

マドモアゼル愛:
こんにちは

相談者:
こんにちは

マドモアゼル愛:
はい、どうもよろしくどうぞ。

相談者:
よろしくお願いしまーすう。はい

マドモアゼル愛:
恐らく21歳・・21年前、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
要するに、上の・・お嬢さんが、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
生まれて、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
もう、とにかく毎月、稼いで来てえ、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
家のためにい

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
働かなくちゃいけないっていう、真面目だからね。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
それでえ、やって来てえ、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいで奥さま・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
当然、大変、子育て大変だったでしょうし。

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
ま、お父さんはお父さんで、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あのお、稼いで、来てくれれば、いいのよという・・あのお、

相談者:
・・

マドモアゼル愛:
なんかそういうのが見え、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
目に見えるような(苦笑)

相談者:
はい、すいません

マドモアゼル愛:
かんじ・・うんあ、する・・

相談者:
うん、そうそう、はい

マドモアゼル愛:
するんだよね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それそ、その中で・・なんか・・ん、会社の中でも・・ん、気張ってえ、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
やって行くエネルギーも段々年齢と共に失って来て。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
えー、「もう辛くなって来た」と。

相談者:
はいそうです。

マドモアゼル愛:
いう、うー、ことだと思うのよね。

相談者:
はい・・はいはい

マドモアゼル愛:
それで・・旦那さんの気持ちが何だったのかな?っていうところに、

相談者:
あー・・はい

マドモアゼル愛:
視点が移って来てるよね。

相談者:
あーそうです・・

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それが、やっぱりあ、旦那さまに、伝わると・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
凄くいいなと思うんですね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そいでえ、じゃその・・その中、方法っていうかあ、としてえ、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
そうだな、大事なのはあ、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
ま、「お父さん分かったよ」と・・
「お父さんはかぜ、家族のためにい」

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「ホントに・・もう」

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「果たしてくれて、辛いことも我慢してやって来てくれた」と。

相談者:
はい、はい、はい

マドモアゼル愛:
「それはわたしはそれは当たり前だと思っちゃってたけれども」

相談者:
・・あ、はい

マドモアゼル愛:
「お父さんが、やっぱり・・定年間近に、そこまでね」

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「大変だったのかなあ、と思うと」

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「もう・・いー辞めてえ・・いつだっていいよ」っていう、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
サインをね、

相談者:
あ、はい

マドモアゼル愛:
奥さまとしての考えとして、

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
「わたしは、そいで、ホントに、もう構わない、もこれまでやってくれたと思うから」

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
「ホント、お父さん自分の人生大事にして、ぼ、わたしもいいと思うよ」と。

相談者:
はい、あーはい

マドモアゼル愛:
それは・・うん、「それでわたしも・・反省して、できたら、一緒にね」

相談者:
あ、はい

マドモアゼル愛:
「居たいし」

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
えー「一緒に老後送りたいし」

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
っていう、ま、「新たな・・気持ちで・・」

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「もう一回始めたい」ていうような、

相談者:
あー、そうですね、はい

マドモアゼル愛:
うんうん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
んー表明っていうのかな、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
を、しておくことが、

相談者:
あ、表明・・

マドモアゼル愛:
うーん、ん、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あの、ん、大事かなって気がすんです。

相談者:
ああ

マドモアゼル愛:
というのは・・旦那さん自体に、もう、絶望してるからといって、家族を捨てて・・んー、わたしは1人になってって、そういう・・

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
感じはないと思うのね。

相談者:
あー違いますね、

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はいはい

マドモアゼル愛:
とりあえずSOSとして、

相談者:
あーそうですね。

マドモアゼル愛:
うん、自分はちょっと今、一人になって、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
何か・・手応え・・

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自分が生きて来た手応えを確かめたいんだ、

相談者:
あーそう・・

マドモアゼル愛:
得たいんだっていう、そういう思いだと思うんだよね。

相談者:
あーそうですね

マドモアゼル愛:
うん。だか、その・・

相談者:
確かに、はい

マドモアゼル愛:
その切羽詰まった思いを、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「それはそうだよね、お父さん」

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「そこまで、こんな・・大変だったんだホント」

相談者:
はい、はい

マドモアゼル愛:
「してわたしも、えいー・・目の前のことでばっかりで」

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
「そのお・・お父さんのことあんまり見てなかったよね」っていうような形で。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
まず分かってあげられるっていうの、

相談者:
はい・・そうですね

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
それだけで随分楽になると思うのよね。

相談者:
あー・・はい

マドモアゼル愛:
お父さんを暖かく、迎える、時が来たのかなって、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
気がするよね。

相談者:
そうですね

マドモアゼル愛:
うん、その上で、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
決断してもらうと。

相談者:
あーはい

マドモアゼル愛:
いうことになると、きっと、

相談者:
ええ

マドモアゼル愛:
一番いい・・結果が、

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
自然と導き出されて行くような気がするんですけどね。

相談者:
はい、そうですね

マドモアゼル愛:
うーん、うーん

相談者:
問題はわたしです、うふふ(苦笑)

マドモアゼル愛:
いやいや問題っていうんじゃない、お母さんはお母さんで、

相談者:
ふふ(苦笑)

マドモアゼル愛:
あの、やるべきことやって来て。

相談者:
うーん

マドモアゼル愛:
ただ、お父さんをやっぱりあのお・・何ていうの、キャッシュカードだと、ちょっと思い過ぎちゃったところが・・あって、

相談者:
そうですね、当たりま、すう・・

マドモアゼル愛:
それがどんなにお父さんにとってね、

相談者:
うん

マドモアゼル愛:
大変だったのかっていうことを、今、分かったんでね。

相談者:
はい

マドモアゼル愛:
あの、そこからは、解放してあげることで、

相談者:
あー

マドモアゼル愛:
うん

相談者:
あーそうです

マドモアゼル愛:
うーん

相談者:
分かりました。

マドモアゼル愛:
うん、加藤先生にもう一回、伺ってみたいなと思いますね。

相談者:
あ、はい、ありがとうございます。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)


やる気を失った嘱託の夫。外人妻の反省。孤独な2人の再出発」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。