やっと別れられた酒癖悪い夫が癌。関わるのも嫌だが、断ることも出来ない


スポンサードリンク

(回答者に交代)

大原敬子:
こんにちは

相談者:
あ、よろしくお願いしますう。

大原敬子:
物凄く分かります。でもこれね、

相談者:
はい

大原敬子:
なぜそこに揺れるかというと、

相談者:
はい

大原敬子:
基本ん、の、ルールがないんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
この基本のルールさえ作ってしまえば、楽なんです。

相談者:
あ、はい

大原敬子:
で、今回の場合にですね、肝心な基本は・・息子です。

相談者:
はい

大原敬子:
どんなことがあっても・・息子さんが介在させることが大事なんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
だから、息子も、か、い、意志だったらわたしは動きますっていうことを、絶対的に明確にすることですね。
だからあなたとご主人さまではなくって、

相談者:
はい

大原敬子:
息子さんを常に間に入れて、

相談者:
はい

大原敬子:
これ、わたしは、もしわたしだったら息子に言いますね。
「あなたが間に入ってちょうだい」と。

相談者:
・・はい

大原敬子:
で、「あなたが困ったこと。して欲しいことはお母さんは全部する」と。

相談者:
はい

大原敬子:
これが、お母さんができることです、すべて。

相談者:
はい

大原敬子:
分かりますか?

相談者:
はい

大原敬子:
ですから、今回ちょうど良かったの、息子さん、いますよね?

相談者:
はい

大原敬子:
そうすっと、あなたの中でどこにあるかというと、息子がやれと言ったものはできるんです、母親は。

相談者:
はい、できます。

大原敬子:
「お母さん悪いけども、僕のお父さんなんだけども(苦笑)」

相談者:
はい

大原敬子:
「承諾書を書いて」とか。

相談者:
はい

大原敬子:
「こういうことして」とか、ていうのできるでしょ?

相談者:
はい

大原敬子:
あなたが息子さんを抜きにして夫と、は、入ってしまうと、別れた夫になぜわたしがするんだろう?と思っちゃうの。

相談者:
はーい

大原敬子:
で、別れた夫は夫で・・最初は申し訳ないと思っていても、

相談者:
はい

大原敬子:
一度やってくれると・・不満になるんですよね。

相談者:
あ、はい

大原敬子:
で、別れていて、別れてなくなっちゃうんですよ。

相談者:
はい

大原敬子:
今回の話・・

相談者:
それが怖いんです。

大原敬子:
あなたが言った怖さは、これじゃないかしら?、万が一何かあった時に・・自分が適当にやった時の怖さ、罪悪感。

相談者:
はい、はい、そうなんです。

大原敬子:
分かりますか?

相談者:
そうなんです。

大原敬子:
自分に返って来るって怖さです。

相談者:
はい

大原敬子:
それから、子ども達が自分をどう見るか?、だろうってことです。

相談者:
はい

大原敬子:
ね?

相談者:
はい

大原敬子:
それが怖いって意味ですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
それは間違いでね、「わたしそういうことが怖いんです」って言ったときに・・

相談者:

大原敬子:
今後、自分ん、の、長い人生の中で、

相談者:
はい

大原敬子:
この件で、

相談者:
はい

大原敬子:
ずーっと、それが足かせ手かせになるのが嫌だってことですよね?

相談者:
そうですね。

大原敬子:
人間が、一歩前に出るってことは、

相談者:
はい

大原敬子:
今自分が立ってる位置を、整理して、

相談者:
はい

大原敬子:
確認して・・そして決断することなんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
それが一歩前に出るんです。

相談者:
はい

大原敬子:
となると、今日の今のお話を聞いてると・・まずわたしは息子さんに電話します。

相談者:
はい

大原敬子:
で、「あなたの支持はなんでも聞きます」と。

相談者:
はい

大原敬子:
でも、そこにお父さんっていうものを入れないでほしいってことを、息子さんに言いますよね。

相談者:
はい

大原敬子:
それが息子さんとの、ルールです。

相談者:
はい

大原敬子:
そしたら・・えー!?と思う事、例えば、分かりませんけれども、入院してね、

相談者:
はい

大原敬子:
なんかあのお、お母さん悪いけど僕行けないんだけども、お父さんがね、

相談者:
はい

大原敬子:
なんかタオルを持って来てくれってときには、

相談者:
はい

大原敬子:
これは、絶対に息子さんの指示ですから、行く。

相談者:
はい

大原敬子:
行くけれども、

相談者:
はい

大原敬子:
ナースセンターに預ける。

相談者:
・・はい

大原敬子:
分かります?

相談者:
はい

大原敬子:
それぐらいに、毅然とした時に・・ご主人さまも分かる。
でね、いいじゃないか、形は別れてるけども、

相談者:
はい

大原敬子:
かって(かつて)の夫婦だろうって。

相談者:
はい

大原敬子:
例えばですよ、果物でも・・そのベッドに持って行けばいいじゃないか?って人は言うんです。

相談者:
あはい

大原敬子:
でも、それは客観的に無責任な人が言う事であって、

相談者:
はい

大原敬子:
彼にとっては・・病室に来て、くれた時に・・妻になっちゃうんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
すがってしまうから。

相談者:
はい

大原敬子:
それはあなたが覚悟して・・もし、この夫が・・妻として思ってもいいって言うならば・・あなたは病室まで行くべきなんです。

相談者:
はい

大原敬子:
これはあなたの意思です。

相談者:
はい

大原敬子:
分かります?

相談者:
はい

大原敬子:
そして、いやもうホントに関係を切りたいと思ったら、

相談者:
はい

大原敬子:
息子の支持の行動範囲は、とことんしてあげるってことかしらね。

相談者:
はい

大原敬子:
そうすると・・ご主人さまは、あなたに対して恨みはないんですね。

相談者:
・・ああ

大原敬子:
全部やってくれてるけども、なぜ彼女は病室に来なかったんだろと思います、誰でも。

相談者:
はい

大原敬子:
その時に初めて・・ご主人さまは、自分を顧みる心にでる、なるんですよね。

相談者:
はい

大原敬子:
ですから、あなたが、あの、かって(かつて)、彼はあういうことをした・・こういうことをしたって不満をもう切った方がいいんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
切って、

相談者:
はい

大原敬子:
あなたは息子さんが言ったとおりにやってあげる。

相談者:
はい

大原敬子:
でも彼とは、あなたが会いたくなければですよ、これ。か、いい?

相談者:
はい、はい、はい

大原敬子:
なければ、そこを一線を持ったときに、

相談者:
はい

大原敬子:
彼は・・僕が自業自得だったって。

相談者:
はい

大原敬子:
ここまで、子ども、子どものことをやってくれた妻だったんだと。

相談者:
はい

大原敬子:
それがこんな病気になってしまったのは、

相談者:
はい

大原敬子:
・・妻でもなんでもなくして、

相談者:
はい

大原敬子:
僕がやりたいことをやった、と思ったときに、

相談者:
はい

大原敬子:
彼も変わるし、あなたも変わるんじゃないでしょうかね。

相談者:
あー、はい

大原敬子:
わたしはね、

相談者:
はい

大原敬子:
幸せってなんだろう?と思う時あるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
幸せは、全部がそろった時が幸せとは思ってないんです。

相談者:
はい

大原敬子:
今自分ができる基準で・・自分が・・この器ん中で、収めらえ、られるもの・・を、できるだけやりながら、一歩一歩前に進んで行く。そうですよね?、今日、明日、明後日と。

相談者:
はい

大原敬子:
進んで行く中で、

相談者:
はい

大原敬子:
相手も感じるんですね。

相談者:
はい

大原敬子:
で、自分もその門の中で、歩んでいるうちに、過去がなくなるんですよね。

相談者:
はい

大原敬子:
その時初めて・・あー、生きてて良かったなと思うんだと思うんです。

相談者:
はい

大原敬子:
まあ、自分も可愛いですから。将来自分が罪悪感を、と思った時に、

相談者:
はい

大原敬子:
一瞬の感情とかではなくって、

相談者:
はい

大原敬子:
やることはやる。

相談者:
はい

大原敬子:
徹底してやるってことをね、言い聞かせて毎日やって行くと、

相談者:
はい

大原敬子:
体の中の、荷物が減って行くんです。だけど、あなたが、こうしたでしょう、こうしたでしょっていう、説得の時には、どんどん関係は悪くなるんです。

相談者:
はい

大原敬子:
今回この、ご主人さまの、病気がですね、

相談者:
はい

大原敬子:
また良くなってほしいと願っていますけれども、

相談者:
はい

大原敬子:
あなたの今後の人生が、

相談者:
はい

大原敬子:
もっと心が楽になると思うんです。

相談者:
はい

大原敬子:
あくまでも息子さん、わたしが、今日まとめるのは、

相談者:
はい

大原敬子:
あなたの心が楽になって行くことは、

相談者:
はい

大原敬子:
息子さんを、中心にすること。

相談者:
うーん、うん

大原敬子:
その時、息子さんも手を合わせると思いますよ。

相談者:
はい

大原敬子:
そして、

相談者:
はい

大原敬子:
お父さんとお母さんは別れたけれども、

相談者:
はい

大原敬子:
僕にとってはお父さんです。

相談者:
はい

大原敬子:
でも悪口も言わずに、

相談者:
はい

大原敬子:
僕の指示で動いてくれるお母さんは、

相談者:
はい

大原敬子:
僕にとっては唯一のお母さんですよね?

相談者:
はい

大原敬子:
・・それがまたあなたの幸せを運んでくれるような気がするんです。

相談者:
ああ、はい

大原敬子:
そしたらあなたはこの離婚も、

相談者:
はい

大原敬子:
この夫との結婚も、

相談者:
はい

大原敬子:
すべてが・・あなたの、宝になるんじゃないんですか?

相談者:
あ、ありがとうございます。

大原敬子:
ね。ぜひ、この・・大変なところを、乗り越えて欲しいなと、ホントに願っています。

相談者:
ありがとうございます。

大原敬子:
先生・・

相談者:
なんか凄く・・

大原敬子:
はい

相談者:
すっきりしました。

大原敬子:
ありがとうございます。

ドリアン助川:
んもしもし

大原敬子:
ちょっと先生に代わりますね。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。