地獄のミサワ現る! 離婚?オレはいいけど、あとの4人(妻子)がなぁ‥


テレフォン人生相談 2017年5月19日 金曜日

結婚17年。妻と生活上の価値観や考え方の違いで離婚を考えているが、間違っていないか?

パーソナリティ: 加藤諦三
回答者: 中川潤(弁護士)

相談者: 男45歳 妻47歳 結婚17年 長女中3 次女中1 長男小3

今日の一言: 離婚が大問題の人もいれば、離婚なんてどうでもいいという人もいます。

スポンサードリンク

加藤諦三:
もしもし?

相談者:
あ、もしもし、よろしくお願いします。

加藤諦三:
はい、はいテレフォン人生相談です。最初に年齢教えてください。

相談者:
45歳

加藤諦三:
45歳

相談者:
はい

加藤諦三:
結婚してますう?

相談者:
はい

加藤諦三:
えー奥さん何歳ですか?

相談者:
47歳。

加藤諦三:
47歳、お子さんは?

相談者:
え3人おりまして、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー上から、中3の長女、

加藤諦三:
はい

相談者:
え中1、次女

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、小3、長男

加藤諦三:
はい、分かりました。で、どんな相談ですか?

相談者:
えーと、妻あ・・との、おー離婚・・

加藤諦三:
はい

相談者:
問題

加藤諦三:
はい

相談者:
です。

加藤諦三:
そのもう・・離婚ん、しようかどうか?っていう話を、奥さんとしてるって、わけ?、そうじゃなくてあなた一人がそう、今思ってるの?

相談者:
はい。一切まだ言っておらずう、

加藤諦三:
はい

相談者:
あ、そうですね、自分の頭の中で・・毎日考えてるというところですね。

加藤諦三:
うーん・・いつ頃からですか?、その、あーもう、これ二人でやって行くのは・・できないかなあっていうような・・思い出したのは。

相談者:
あー・・結婚してから10、12年ぐらい、経ってからですかね。

加藤諦三:
ああ

相談者:
えー

加藤諦三:
結婚してえ、からは今はど・・何年た・・

相談者:
今10う、7年ぐらいですね。

加藤諦三:
結婚してから17年。じゃ・・4、5年ん、でも、そんな風に思い出したっていうことですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
うーん、恋愛結婚ですね?

相談者:
はい

加藤諦三:
・・で・・ん、どういう・・ところです、からですか?

相談者:
ええー

加藤諦三:
やあ、ちょっとお、無理だなあ、と思い出したのは。

相談者:
そうですね、あのお・・まず・・価値観の、違い。

加藤諦三:
価値観のちが、うん

相談者:
あー、ですから先程、10、うーん、5、6年前から・・って、言いましたけど。そういう風に言ったら、じわーっとだから、もうちょっと前からかな、と思いますけど。

加藤諦三:
あ・・はい

相談者:
えー、価値観の違い・・考え方の違い。

加藤諦三:
うーん

相談者:
えー、それってよくあることかと思うんですが、

加藤諦三:
うーん、その例えば価値観の違いっていうのは、色々あるとは思うけど、具体的な生活の場面で言うと、例えばどんなことですか?

相談者:
うーん、そうですね、あのお、物お、を、ま自分はあ・・なるべく早く、今できることをやってしまうタイプなんですけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、まあその逆で、うーん、すべて後回しと。

加藤諦三:
あ、はあは・・

相談者:
特に・・えーと、嫌なこと、

加藤諦三:
うん

相談者:
あ、生活すれば色んーなことがありますけど、

加藤諦三:
はい

相談者:
・・うーん、取り組んじゃう自分に対して、うー、なるべく後回しで見ないようにして。

加藤諦三:
うーん

相談者:
うーん、ただ最後の最後には、どこも行くわけないんで、

加藤諦三:
うん

相談者:
出て来ますよね。うーん、で、そうなった時に、騒ぐと。

加藤諦三:
うーん

相談者:
うん

加藤諦三:
そうすっとお、ま、た、単純な言葉で言うとお、ま、優柔不断と言うか・・いうと後回しにしてる、中で、

相談者:
はい

加藤諦三:
誰かが助けてくれるだろう、とか、

相談者:
そうですね。うーん

加藤諦三:
或いはなんか、幸運があって、解決できるだろうとか、

相談者:
はい

加藤諦三:
ま、そういう、事態を甘く見るタイプ?

相談者:
そうですね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
まあ、それで、今までは、当然ながら、あー、自分が全部・・うーやってまして。
えーと、お金のこととか、

加藤諦三:
うーん

相談者:
えー、たまにしか書かないようなあ・・難しい書類とか、

加藤諦三:
はい

相談者:
えー、ちょっと腰据えなきゃ、時間作って腰据えなきゃいけない・・書類・・え、時間はないと。あ、夜中に書くしかないんだけど、って時にはもう、締め切り直前まで、放っといて、

加藤諦三:
うん

相談者:
それを見かねた自分が書くと。だから結局う、自分、甘えてるとしたら自分、自分の旦那に甘えてるってことだと思うんですけど。

加藤諦三:
あー、さっき言った、誰かがやってくれるってのは、ご主人が、やってくれるっていう・・

相談者:
はーい、で、自分はそういうの、嫌いじゃないんで。

加藤諦三:
うん

相談者:
物事満足に、つか、キチっとするのが、逆に好きなんで。

加藤諦三:
うん

相談者:
うーん、疲れてるのに、キチっとするっていうのが、好きなんですよね、結構。

加藤諦三:
うーん、その、あれですか?・・この、きちんとしない・・っていうのは分かったんですけれども、

相談者:
はい

加藤諦三:
心お、の、触れ合いの方お、も、なくなってるわけ?

相談者:
あ・・そうです、んで、で、自分は・・
「会話を、しよ」って・・うん・・うん、ずっと言ってまして。

加藤諦三:
うん

相談者:
うーん、夫婦が会話・・うん、とにかく会話しよう、笑っていよう・・うん、

加藤諦三:
うん

相談者:
そんな感じで、子どもの前でも・・無理矢理、チューしますし。あーん、ハグしますし・・うん

加藤諦三:
そうすっと、あなたがあ・・から見るとお、

相談者:
はい

加藤諦三:
自然と、なんか知らないけども無駄話をするってんじゃなくて・・「さあ会話しましょう」て言って、

相談者:
ああ

加藤諦三:
会話するって感じなの?

相談者:
あー、まー・・あ、そ、そうです、今、そうです、そうだなと思いました。

加藤諦三:
うーん

相談者:
「さあやるぞ」って言ってやるんです。

加藤諦三:
うーん

相談者:
もう、自然にやれるような、間柄じゃないんです。

加藤諦三:
・・ああもう・・

相談者:
あー

加藤諦三:
そこまで・・心が離れてるっていうこと?

相談者:
ええ、見た目には全く気付く、人はいないと思いますけど。

加藤諦三:
・・うん

相談者:
ああ

加藤諦三:
分かりました。そして、今日の相談としてというのはあ、

相談者:
はあ

加藤諦三:
ま、今夫婦関係がそういう、関係になっていると。

相談者:
はい

加藤諦三:
奥さんに対しては、言ってないけれども、自分の中で・・は、離婚ということを考えだしていると。

相談者:
はい

加藤諦三:
・・どうしたらいいのかなあ?という・・ことですね?

相談者:
そうですね

加藤諦三:
はい

相談者:
ま、ただ妻が憎いわけではないんですよ。うん

加藤諦三:
憎いわけではないけれどもお、

相談者:
はい

加藤諦三:
内面的に遠い存在なんです・・

相談者:
遠いですね、かなり遠いですね。

加藤諦三:
うーん

相談者:
#$%◆

加藤諦三:
要するに・・近い人との、内面的遠さですよ。

相談者:
あーはは(苦笑)

加藤諦三:
大変難しい相談・・

相談者:
あ(苦笑)

加藤諦三:
だと・・

相談者:
あーでー、ただあ、これで「離婚しなさい」とかいう言葉を求めてるわけではないんですよ。

加藤諦三:
ええ

相談者:
ええ、そういうのがあれば、結構深刻な問題だから、「離婚するのも手だよ」・・って・・ちょっとでも、言ってもらえるかなあと思いまし、て。
それとも「何を言ってるんだ、こんなことで離婚なんて、馬鹿者」って言われるのかなあってその辺ん、の基準が・・

加藤諦三:
なるほどね。(微笑)

相談者:
うん

加藤諦三:
今日はスタジオにですね・・

相談者:
はい

加藤諦三:
弁護士の中川潤先生がいらしてんので、ご意見を伺ってみたいと思います。

相談者:
はい

スポンサードリンク

(回答者に交代)


地獄のミサワ現る! 離婚?オレはいいけど、あとの4人(妻子)がなぁ‥」への1件のフィードバック

  1. 感想コメに胸すきです
    ミサワと意識してもう一度聞くと大爆笑!
    もうミサワとしか思えません
    この相談者の”痛さ”というか”性格の悪さ”を
    ミサワに例えるセンスに脱帽です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。