地獄のミサワ現る! 離婚?オレはいいけど、あとの4人(妻子)がなぁ‥


スポンサードリンク

(回答者に交代)

中川潤:
こんにちは、中川です。

相談者:
よろしくお願いします。

中川潤:
あのお・・お聞きしたいのはねえ、そのすべて後回しだとかあ、そのお、嫌な・・あー、ま、臭い物に蓋する式だな。わたしが、そ、そうなんだけどもね。

相談者:
はい

中川潤:
んー、例えば、子どもが小さい時にうっちゃっといて・・ろくに面倒も見ない。

相談者:
うん

中川潤:
或いはミルクも与えない・・とか、そういうだらしなさっていうのはあるんですか?

相談者:
それはないですね。

中川潤:
それはないのね?

相談者:
ん、真面目なところは・・真面目なんですけど。

中川潤:
うーん(笑)

相談者:
不真面目過ぎる、要領、効率を考えない、なん#$%◆

中川潤:
あー、あなたから見ればねえ。

相談者:
はーい

中川潤:
はい。
あのお、それからもう一つ、無駄口い、を一切きかない、みたいな、お話がありましたね?、会話をしようと。

相談者:
はい

中川潤:
だけど、子どもさんは、今まあ、一番下の子が、小学校の3年生になられたわけだけども、

相談者:
はい

中川潤:
これまでの間(かん)3人のお子さん育てて来られて、

相談者:
はい

中川潤:
子どもさんのお話っていうのは、お・・あ、そういう話も、いー奥さんの方から何も・・おっしゃらなかったんですか?

相談者:
・・うん、うけ、なんか受け身な人っていうんでしょうか。

中川潤:
で、それをあなたがグイグイ引っ張ってったわけだ?

相談者:
そうですね。

中川潤:
うーん、でえ、す、その時は、それがあなたにとっては、とっても可愛く見えたんだ?

相談者:
・・はい

中川潤:
うーん

相談者:
でも、あんまり引っ張り過ぎると、

中川潤:
うん

相談者:
・・たまに引っ張ってほしくなるじゃないですか。・・うーん、全部、決めるのは、俺が、俺なのかと。うーん

中川潤:
ま、そうなんだけども。あなたにしてみればそのお・・今の奥さんと一緒になった、

相談者:
はい

中川潤:
そん時の想いっていうのは、あのお・・粛々と付いて来てくれるというかね?
あなたのリードに身を任せてくれるっていうかね?

相談者:
はい

中川潤:
その辺のところがとても可愛かった。

相談者:
あ・・もうちょっと一緒に、こ、歩きたかったんですけどね。
うーん

中川潤:
いやそれ、今思えばじゃない?

相談者:
あーはあはあ

中川潤:
そん時はとっても可愛かったんじゃないの?

相談者:
あ・・そうですね。

中川潤:
でしょ?・・うんー

相談者:
・・

中川潤:
一つ思う事はね、

相談者:
はい

中川潤:
あなたって、自分で・・自己完結しちゃってんだよね。

相談者:
・・あーはいはい

中川潤:
はあ。自分ですべてが間に合っちゃってんだよね。

相談者:
あー

中川潤:
だから、逆にあなたが今求めてるパートナーっていうのは、あー・・あなたと同じように自立してね、

相談者:
はい

中川潤:
で適当な距離持ってね、

相談者:
はい

中川潤:
えーでもね・・えそれはそれなりに、そういう感覚を共有できるようなね、

相談者:
はい

中川潤:
パートナーであってくれればね・・っていうのが恐らく理想像だと思うんだけども。

相談者:
はい

中川潤:
うーん・・まそう、上手くはあ、人生行かないわな。

相談者:
うーん

中川潤:
あっははー(笑)元々ねえ・・うんー

相談者:
あと、こういうもんだ、人間ってこういうもんだって・・思えば・・うん・・いいんだなと思うんですけど。

中川潤:
・・うん、ちょっと気になったのはね、

相談者:
はい

中川潤:
あの「人間ってこういうもんだ」って、あ、相手を、あのそういう風に見るっていうことじゃなくて、

相談者:
はい

中川潤:
ご自身が・・

相談者:
はい

中川潤:
す、あんま、ある意味、立派過ぎるんでないかなあと。

相談者:
・・うーん

中川潤:
うーん、もうちょっとええかげんに・・考えられんのかなあと。

相談者:
そう・・

中川潤:
あははははは(笑)

相談者:
(苦笑)

中川潤:
いや(笑)えやー、めちゃくちゃ言いよるなと思ってます?(あは笑)

相談者:
いや・・そんなことないですよ。

中川潤:
うーん

相談者:
それができたらどんー、だけ、楽かってときも・・

中川潤:
うんー、うんー、

相談者:
ええ

中川潤:
でも自分がいい加減だったら、収拾がつかなくなるっていうふうに、

相談者:
あーそうですね。

中川潤:
思ってるんじゃないのかな。

相談者:
あー駄目だ#$%◆

中川潤:
うーん

相談者:
うーん

中川潤:
まあだからちょっとね、わたし、全然これ・・うー、くっちゃべりな、お相手しただけの話い、で終わるのですが、

相談者:
・・いやあ、でも

中川潤:
うん、あなたじ・・

相談者:
それは・・うーん

中川潤:
んん?

相談者:
欲しかったことかもしれないですね。

中川潤:
うーん、あなた自身がね・・どうしても今の状態で・・定期的に、がす、自分でガス抜きをして、

相談者:
はい

中川潤:
またあ、あの気合い入れ直して・・やって行くっていうのの繰り返しで。

相談者:
うん

中川潤:
もうそれがうんざりだと。

相談者:
うん

中川潤:
いうことだったらもう・・別れられた方がいいです。だけど、果たしてそれだけえー、のことなんだろうか?、つまり別れた後・・・あなたとっても寂しくなるんじゃないだろうか?っていう気もするんですよ。

相談者:
うーん・・多分ないと思うんですよね。

中川潤:
ないですか(笑)

相談者:
それがね

中川潤:
うん

相談者:
今までの・・こと考えたら・・もうすっぱりなんですよね。

中川潤:
あ、そうですか。

相談者:
え、だけど・・他の4人が、自分ほど強くないと思うんで。

中川潤:
他の4人っていうのは?

相談者:
あ、子ども3人と、妻が・・

相談者:
はい

相談者:
うー別れたとしたら、

中川潤:
はい

相談者:
うー

中川潤:
いや経済的にあなたが援助して行けばいいんじゃない。

相談者:
あ、経済的にはもちろん養育費っていうのは、

中川潤:
はい

相談者:
まあ・・え、子どもがいる限り、養育費は、出すんですけど。

中川潤:
ええ

相談者:
離婚したという事実が、ずーっと、多分、ずっと自分んらが結婚してもまだずーっとあるんじゃないかなと。

中川潤:
別れるってことをすればですか?

相談者:
ああはい

中川潤:
その・・彼であり彼女たちが、

相談者:
はい

中川潤:
そう思うんじゃないか?と。

相談者:
はい

中川潤:
わたしは平気だけどもと。

相談者:
はい

中川潤:
そうおっしゃるわけ?

相談者:
はい

中川潤:
それ傲慢じゃないですか?、とっても。

相談者:
・・そうですかね。

中川潤:
はあ・・あのもしあなたが、奥さんに対する気持ちがもう切れてるんであれば、

相談者:
はい

中川潤:
でもそれって微妙に、子どもには分かりますから。

相談者:
・・ああ

中川潤:
じゃあさっさと別れてあげた方がいいっすよ。

相談者:
あー、なるほど。

中川潤:
はあ・・で、経済的な問題としてはそれは支えて行くべきだろうけども。

相談者:
あーはい

中川潤:
だからそういう問題とはちょっと違うと思うよ。

相談者:
あー、ありがとうございました。

中川潤:
うーん。で、加藤先生すいません。

スポンサードリンク

(再びパーソナリティ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。