ピント外れの忠告をした友達に幸せを見せつけたいアタシを叱ってください


テレフォン人生相談 2017年5月26日 金曜日

社会に出てコスプレを卒業しようとしたら仲間から意地悪をされるようになった。これからこの関係をどうすれば?

パーソナリティ: 今井通子
回答者: 高橋龍太郎(精神科医)

相談者: 女32歳 夫31歳会社員 結婚2年目の妊娠中

スポンサードリンク

今井通子:
もしもしい、テレフォン人生相談でーす。

相談者:
あ、もしもしい

今井通子:
はいー

相談者:
本日はよろしくお願いいたします。

今井通子:
はい、こちらこそー

相談者:
はい

今井通子:
今日はどういったご相談ですか?

相談者:
えっと友人関係のことでえ、

今井通子:
はい

相談者:
悩んでいましてえ、

今井通子:
はい

相談者:
あの、アドバイスをいただけたらと思い・・連絡をさせていただきました。

今井通子:
はい。あなたはおいくつですか?

相談者:
32です。

今井通子:
32歳。ご結婚されていますか?

相談者:
はい、しています。

今井通子:
はい。ご主人は?、おいくつ?

相談者:
31です。

今井通子:
31歳。お子さん、いらっしゃるう?

相談者:
あ、はい、あのお、お腹の中に。

今井通子:
あ、まだじゃ結婚したて?

相談者:
・・あ、いえ、あのお・・

今井通子:
結婚何年目ですか?

相談者:
2年前に・・

今井通子:
あ2・・

相談者:
2年ん、目です。

今井通子:
2年目。

相談者:
はい

今井通子:
で、お仕事かなんかされてます?

相談者:
あ、いえ。専業主婦を、してます。

今井通子:
あ、専業主婦でいらっしゃる、はい。ご主人は自営?、それとも会社にお勤めとか。

相談者:
あ、会社員です。

今井通子:
さて、お尋ねは・・お友だちとの関係ですか?

相談者:
・・そうです・・ちょっと結婚を機にい・・仲が、こじれてしまったんですね。

今井通子:
はい

相談者:
えっとお、その方あ、とは

今井通子:
はい

相談者:
文通で知り合いまして、

今井通子:
はい

相談者:
わたしが高校2年生の時に、

今井通子:
はい

相談者:
出会いました。

今井通子:
はい

相談者:
同じ趣味を持つ人があ、

今井通子:
はい

相談者:
周りにはいなかったんですね。

今井通子:
うん

相談者:
それでえ、同じ趣味を持っているう、

今井通子:
はい

相談者:
方があ、

今井通子:
はい

相談者:
文通う、募集をしてたので、

今井通子:
ええ

相談者:
打診して、

今井通子:
はい

相談者:
で、凄く仲が良くなったんですよ。もうそれで・・

今井通子:
あ、ちなみにちょっと、聞・・もしもし?

相談者:
はい

今井通子:
聞き忘れちゃってたんですけれども、男性女性どっち?

相談者:
あ、女性です。

今井通子:
女性。はい。で、その趣味というのは、差し支えなかったら・・何だか言っていただけます?

相談者:
わたし、結構オタクでえ、

今井通子:
はい

相談者:
・・あの、コスプレとかあ、コミケとかに行っていただける人でした。(苦笑)

今井通子:
はい・・え、ていうのは、相手もそういう人だったのね?

相談者:
あ、そうなんです。

今井通子:
うん。で、それがだから高校おー、から、高校を卒業して・・のあたりですよね?

相談者:
はい

今井通子:
うん

相談者:
はい

今井通子:
で、その頃からのお付き合いだったわけね?

相談者:
・・はい、えっと、まず、その趣味から始まってえ、

今井通子:
うん

相談者:
仲良くしてたんですけれどお、

今井通子:
はい

相談者:
やっぱり社会に出てえ・・ちょっと、考えが、変わっちゃったんですね。ん、わたしが。

今井通子:
はい

相談者:
なぜかって言うとお。もう、そのコミックマーケットに、

今井通子:
うん

相談者:
行かなくってもお、もう楽しいことは、いっぱいあるしい、

今井通子:
はい

相談者:
コスプレえ・・を、やってもお、なんか・・

今井通子:
はい

相談者:
やっぱり、もうそういうのも・・なんだか卒業したくな、っちゃ、ったんですね。

今井通子:
うん

相談者:
はい。なんかもう・・まるでえ、赤ちゃんが、おしゃぶりをお、いらなくなった時のようなあ、

今井通子:
はい

相談者:
あーのお、そんな、ちょっと、感じで。なんかそれよりも、もっと大切なことは、わたしい、は、必要なんじゃないかな?っていろいろ考え始めるようになってしまったんですね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
その一つが、

今井通子:
うん

相談者:
結婚だったんですね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
それで・・とりあえず彼女に、
「もう・・コスプレやめたい」ってえ、言ったりも、したらあ、

今井通子:
うん

相談者:
なんか・・
「なんで?なんで?」っていう感じだったんですね。

今井通子:
うん

相談者:
またあ、「婚活を、する」って、

今井通子:
うん

相談者:
言った、時とかあ、も、彼女は、
「やめなよ」とか、

今井通子:
うん

相談者:
止めたり、したんですけど・・

今井通子:
うん

相談者:
・・わたしは、なぜか、それが分からなかったんですね。そしたらあ・・彼女が・・
「わたし実は18の時から婚活してるんだ」って・・暴露したんですね。

今井通子:
ええ

相談者:
暴露っていうかカミングアウトしてくれたんですよ。

今井通子:
うんうん

相談者:
でもお、なんか彼女頑張ってたんだから、わたしも頑張らなきゃっていう風にプラス思考に考えられたんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
それでえ・・あの1年後わたしは結婚、しました。結婚・・

今井通子:
ご主人とは、

相談者:
はい

今井通子:
どこでお会いになった?、会社?

相談者:
あ、婚活パーティです(苦笑)

今井通子:
あーなるほどね。

相談者:
はい、あの、彼女に・・1年後に、わたしは、ウェディングドレスを着て見せるって、

今井通子:
うん

相談者:
言って、

今井通子:
うん

相談者:
それをお、成功させたんですね。

今井通子:
なるほど。

相談者:
そしたら・・彼女の・・様子が・・

今井通子:
はい

相談者:
ちょっと変わってしまったんですね。

今井通子:
はい

相談者:
なんか、わたしに対して凄い攻撃的になったんです。

今井通子:
うーん

相談者:
「見下してんだろ」とか、「バカにすんな」とか。
「わたしはあ・・結婚・・できなかったかもしれない。だけど・・モテなかったわけじゃないんだからな」・・って。

今井通子:
うん

相談者:
凄い攻撃的に、なったんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
で・・今おこ、思い起こせばちょっと怖かった。

今井通子:
うん

相談者:
うん

今井通子:
ま、それでもう・・結婚なさってから2年経ちますよね?

相談者:
はい

今井通子:
今でもお、彼女とは、付き合ってるの?

相談者:
いえ、付きあってません。でも、

今井通子:
うん

相談者:
それでえ・・結構わたし、人間不信になっちゃって。結婚するだけでえ、なんか、ひ、あの、こんなに人は変わるのかな?とか・・思っちゃって・・

今井通子:
・・うん

相談者:
しかも、ちょっと会社でも、わたしちょっとお・・あの年上の、先輩からあ、目付けられててえ、

今井通子:
はい

相談者:
何か・・あの、女性え、が、やっぱり、結婚・・してない人が多くて・・
「結婚する」って言ったらなんかみんな、態度が変わっちゃって・・

今井通子:
はい

相談者:
はい

今井通子:
で、そうすると、今日のご相談は何ですか?

相談者:
・・実は・・あのお、赤ちゃんができて、

今井通子:
はい

相談者:
わたし凄く幸せなんですね。

今井通子:
はい

相談者:
はい、だけどお、風の噂を聞いてえ、

今井通子:
ええ

相談者:
あの、彼女はまだあ・・あの結婚してないんですよ。

今井通子:
はい

相談者:
だからあ・・も、凄い、なんか、いろいろ、傷つけられて・・わたしは何もしてないのに、なんで、こんなに、痛めつけられなきゃ、うん、行けなかったんだろう?と思って悔しくなっちゃってえ、

今井通子:
はい

相談者:
幸せな姿をお、
「わたし今、凄く幸せなの」って・・伝え・・たくなってしまったんですね。

今井通子:
それで・・

相談者:
もうちょっと、はい

今井通子:
そのい、言いたくなっちゃってえ・・言った方がいいか?、それとも放っといた方がいいか(苦笑)っていう質問?

相談者:
・・そうですね、ていうか・・も、そんなことするのは、馬鹿馬鹿しいんだよっていうのは自分で分かっているんです。

今井通子:
はい

相談者:
はーい

今井通子:
分かっているけど、止められなくなっている。

相談者:
・・そうですね、昔い・・あの、この人生相談でえ、

今井通子:
はい

相談者:
なんかす、同じような質問をしている方あ、があ、

今井通子:
はい

相談者:
あのお、なんか、叱られてるの・・

今井通子:
うふふ(笑)

相談者:
ん、聞いて、

今井通子:
はい

相談者:
わたしもお、ちょっとお、
「そんなことするのは止めなさい」って叱っていただきたいなって思って・・

今井通子:
あ・・

相談者:
凄い、あま、甘ったれなのは分かるんですけれど、
「もう止めなさい」って、

今井通子:
うん

相談者:
はい、言われたいん、ですかね・・

今井通子:
分かりました。
ということで・・今日叱って下さる先生は・・精神科医の、高橋龍太郎先生です。先生よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

(回答者に交代)


「ピント外れの忠告をした友達に幸せを見せつけたいアタシを叱ってください」への2件のフィードバック

  1. これ音声聞くととても32歳とは思えない
    高校生でももっとしっかりしてるぞって声
    最後しくしく泣き始めるんだけど
    こういう相談にも真摯に向き合ってくれる
    回答者すごいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。